男を最優先する女が、皮肉なことに恋愛をうまく運べないのは、ひとえに男をイイ気にさせるから。

いまさらあえて断ることもないけれど、恋愛は見事にシーソーゲーム。女のほうが男に尽くせば、男は面白いようにつけあがり、どんどん尊大になっていく。これはどんなリッパな男性でも同じ。逆に彼氏がやたら尽くしてくれるタイプだと、自分がどんどん尊大になり、自分でもイヤな女と思うようになっていくことがあなたにも、きっとあったはず。

人間はそこまで安易にできていないと思うかもしれないが、人間はその一方で、非常に順応性ある生き物。チヤホヤされればその分だけ我がままになれる。しかも恋愛は人間をどこか安易な生き物にしてしまうから、それは避けようのないことなのだ。

で、男は最優先されれば、その分だけ“優位に立つこと”それ自体が、恋愛感情でも優位に立ってしまうことになり、相手にしだいに飽きていく。恋愛における“飽きの法則”は、そこにある。

一般には、女が尽くしすぎると、男は女をうっとうしく思うようになり、だから関係がこわれていきやすいと言われるが、もっと深いところで、相手を優位に立たせてしまう力関係が、相手の恋愛感情を減退させていくというのが、ひとつの真相。だから恋愛はどちらが優位に立ってもぜったいいけないのである。