「ハピネストソング」のブログは引っ越しました!

ビッグダディオーナーズクラブ共有馬「ハピネストソング」のブログは引っ越しました!

母馬「フライトソング」父馬「ニューイングランド」
期待の牝馬「ハピネストソング」のブログです

           

お世話になっております。
ハピネストソングのブログを以下に引っ越しいたしましたのでお知らせいたします!

ビッグダディオーナーズクラブのホームページ
http://www.maroon.dti.ne.jp/big.daddy.owners.club/
からブックマークの変更、もしくは以下をご覧ください。

引っ越し先のブログです。
お手数おかけいたしますが、
よろしくお願いします。
https://happinestsong.blogspot.com/

◆矢沼ステーブルコメント
 
ハピネストソングは馬場入りの時や馬場から出ていく時にうるさかったのですが、
最近はずいぶん落ち着いてきました。
調教では、以前からリラックスしていたのですが、日常が落ち着いてきました。
そのために馬体は少し肉がついてきた感じがします。
良くなってきています。

ハピネストソング2











◆事務局から

ハピネストソングは、入厩当初より馬体はようやく肉がついてきた感じでした。
また背肉が付いてきてキコウが尖って見えなくなり普通の馬の少し痩せ気味の馬
といった印象にまで戻ってきました。
腰も骨で尖った部分が無くなってきました。
 
本日もダグを2周、キャンターを2周乗り込んでしましたが、気持ちよくというよりも少しかかり気味の周回をしていました。

騎乗者の話では、
入厩当初のカリカリとした入れ込みの度合いが小さくなり、少しは走りに落ち着きが出てきた分、良くなってきている。
素軽い走りでスピードがあるが、これに力強さが加わればさらに良くなってくると思う。
また、飼い葉はゆっくりだが完食しているし投げ草は常時与えているので、その分は余計食べているので飼い葉食いは問題ないと思う。

もうしばらくはゆっくりさせて、もっと馬体をふっくらとさせたいと考えております。
それまでもうしばらくお待ちください。
よろしくお願いします。




IMGP9711



IMGP9710


IMGP9713



IMGP9714



IMGP9697



IMGP9701



IMGP9702



IMGP9703



IMGP9720



IMGP9724




IMGP9628



IMGP9629



IMGP9644



IMGP9645



IMGP9659



IMGP9660













◆山浦厩舎コメント
 
ハピネストソングは、脾腹が少し膨らんできたように感じました。
歩様も問題なかったですし、調教もダグ2周、キャンター2周乗り込んでいるとのことで
問題なく進められているようです。
もう少し腹袋を作ってもらうよう依頼してきました。
引き続きよろしくお願いします。
















 

◆矢沼ステーブルコメント
 
ハピネストソングは、馬場入りの時に気持ちが入りすぎるため、
気持ちを落ち着かせるためダグを2周行ってから
キャンターを2周行っています。

今は落ち着いて調教を行っています。

また、トモの緩さを改善するため定期的に治療を行っています。
合わせて馬体をふっくらさせるために改善を図っています。
その甲斐あってか、少しふっくらした感じが出てきました。















 

◆矢沼ステーブルコメント
 
ハピネストソングは、痩せています。
まずは、腹袋を作るようにふっくらさせる予定で、
方針通りオゾン治療を行いました。

今は、飼い葉を抑えて与えていますが、
今後は徐々に飼い葉を増やして与えていきます。

また、歩かせてみますとトモの送りがフラフラと頼りない足取りで、
後肢の股関節と膝間接がしっかりしていないと判断できるため、
強化を目的に間接注射を定期的にしていきます。



IMGP8946



IMGP8945




IMGP8948




IMGP8968



IMGP8969



IMGP8957



IMGP8970




IMGP8964



IMGP8965



IMGP8956



IMGP8951



IMGP8953



IMGP8950



IMGP8955



IMGP8942



◆矢沼ステーブルコメント
 
ハピネストソングは、騎乗して状態を確認しました。
獣医師の診断では、
傷んでいることはなく、痩せ細っている。
でしたが、同様にトモの疲れなどはなく、歩様も変わったところはなく、
単に全身の脂肪どころか筋肉まで生命維持に取られてやせ細った状態と判断しました。
そのため、笹針治療などはしないで、軽めに乗り運動を続けながらオゾン治療で免疫力を高め、
活性化を促していきます。
また飼い葉をしっかり与えて馬体を膨らませることに努めていきます。
 
騎乗した感触からは、精神的な成長の跡が見られます。
本日、軽めキャンターを行いましたが気持ちよくゆったりと走っていました。
これからしっかりと進めていきます。
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

◆矢沼ステーブルコメント
 
ハピネストソングは、昨日移動してきました。
1年ぶりに見ましたが、背丈が高くなってました。
見た印象からは、背肉がだいぶ落ちて、トモの筋肉も落ちていて疲労がたまったているような感じです。
レース後間もないので、来週から数日乗り運動をして状態を確認してから、治療方法を検討します。
よろしくお願いします。





















2018年4月12日(木) 船 橋 第1競走 ダート 1200m(左)15:00発走
天候:晴  馬場:良
3歳六(サラブレッド系 3歳 )
 
賞金 1着1,200,000円 2着480,000円 3着300,000円 4着180,000円 5着120,000円
 
3枠3番 ハピネストソング 牝3 -54.0kg  439㎏ +7㎏  7人気 矢野 貴之騎手で出走いたしました。

 
結果:10着
 
勝時計:1:16:7 本馬:1:19:3 2.6秒遅れ 本馬上がり 41.8秒
 
 
◆矢野騎手コメント
 
スタート良く前に行けたのですが、まったく伸びなかったです。
すみませんでした。
 
 
◆山浦厩舎コメント
 
今回の競馬は、これまでのハピネストソングのレースの中で一番悪い競馬でした。
体重は増えていましたが、心身ともにどこか見えない疲れが溜まって
きたものと思います。

これから暑くなる時期に突入して期待したいところでしたが、
これでは良い結果は得られないと思いますので、
思い切って放牧に出して心身をリフレッシュさせて成長促進をさせたいと考えます。
早速ですが、境トレセンにある矢沼ステーブルに放牧に出すこととします。
よろしくお願いします。
 
 
IMGP8635


IMGP8638

◆パドック

IMGP8636



IMGP8646


IMGP8641




IMGP8642



IMGP8639



IMGP8647

◆矢野騎手

IMGP8651



IMGP8654



IMGP8653



IMGP8656



IMGP8655



IMGP8659

◆レース後

IMGP8664




 
 
 
  

2018年4月12日(木) 船 橋 第1競走 ダート 1200m(左)15:00発走
3歳六 (サラブレッド系 3歳 )

賞金 1着1,200,000円 2着480,000円 3着300,000円 4着180,000円 5着120,000円
 
3枠 3番 ハピネストソング 牝3- 54.0kg  矢野 貴之騎手で出走します。
 
 
◆山浦厩舎コメント
 
今回は思い切って、単走ですがほぼ一杯追い切りを行いました。
これが吉と出るか、不安半分期待半分の心境です。
 
ハピネストソングの状態は変わりなく、落ち着きがあり何とかしたいです。
また内枠ですが、何とか外に出した競馬をしてもらいたいです。
よろしくお願いします。











◆山浦厩舎コメント

日曜日に中3日で追い切りました。
今回は、心臓を作るために強い追い切りを行いました。

半マイルから25.9秒の入りでテンから速かったのですが、
終いもばてずしっかりと伸びてきて25.2秒、51.1秒でした。
自己新記録のタイムで、やはり動かせば動きます。

ハピネストソングはさすがに少し食いは落ちていますが、ダメージを少なくするべく飼い葉を工夫して与えています。

レース当日の入れ込みを小さくできないかと考えております。
また、トモは非力なところがあり筋力アップにも心掛けております。
よろしくお願いします。
 

IMGP8565



IMGP8569



IMGP8579



IMGP8578


IMGP8581



IMGP8582



IMGP8589




IMGP8595



IMGP8591



IMGP8598



IMGP8599





 
   

◆山浦厩舎コメント

ハピネストソングは、とても落ち着いています。
馬房を引っ越して静かになったこと調教時間を5:30から8:00に変更したこと、
また乗り役を替えたことも落ち着きに繋がったんだと思います。
飼い葉も食べていますので、身になってくれるとありがたいのですが。
よろしくお願いします。














 

このページのトップヘ