29420623



藤子・F・不二雄先生のSF短編集を知っているだろうか?

その中で「パラレル同窓会」というお話がある。
自分自身のありえたかもしれない未来にたどりついた様々な自分。
あの時にあの選択をしていたら違った未来の自分がいたよなって
思うことはなかっただろうか?
そんな違った様々な選択をした様々な未来の自分が
たくさんいる同窓会の話。

BBAさんのコメントを読んで思い出した

「この年になると、利害関係以外の繋がりもなくなるでしょ。

進む道が違うから、友達とも段々話も合わなくなって、疎遠になる」

高校・大学の友人でもすでに多くは違う未来を生きているし
たしかに話もあわなくなってくるし、孤独感が強くなってくる。
そしてその孤独感が当たり前になってきたのが現在なんだと思う。

だけどそれは仕方ないことだと思う。結局人間は孤独だし
いくらお金を稼いだとしても死んでは使えないし
いつかは必ず人間は死ぬからね

利害関係のある関係ではたしかに話の内容も
限定されるし何も言えないのもわかる

そういう意味では電撃ソニック団は間口を広げておきたいと思うね
投資は一つの入り口にすぎない。
そういえばGE坊やのところからソニックゲートの入り口が消滅してしまった
たまに消滅してしまうのだ・・・
GE坊やは中国、ここは北朝鮮、という間柄だからね
ソニックゲートのあるなしでやはり交流が違うんだよな

雑談につぐ雑談、それでいいんじゃないか
そしてソニック飲み会で今を楽しむ

フォレスターでソニックキャンプ会もしたいなあ
焚き火とかしてパチパチと燃えるのを
眺めながら酒を飲んで語る。楽しそうだろ?
それでいいんだよ

ソニック飲み会への希望が高まってきたら次回またやろうかね


DUO 3.0