For The Urban Dweller... / 都市生活者の為の…

タイトル通りの都市生活者の為の音楽や映画等を、個人的に紹介していきます。 セレクト・ショップのポップを見る感じでお楽しみ頂けたら幸いであります。

Soulection - The Sound Of Tomorrow mix 2016



BrainfeederStones Throw Recordsに次ぐLAのレーベル、Soulection。先日行われたショーケースも好評だったようですね。そんなレーベルのフローティングな部分をイメージした音源を使ったミックスを作ってみました。
SoulやR&B、Hip-HopからTrapにFootwork等、ストリート・ミュージックの持つバウンシーな持ち味を活かした音作りも特徴の一つのこのレーベル。ここ数年でその頭角をジワジワと出してきていますね。今後楽しみなレーベルの一つなのであります。

01:Evil Needle & Sivey / Down There
02:LAKIM / Contemplating
03:Dpat / Cutthroat
04:Atu / Way I Feel
05:Iamnobodi / Maputo Dance
06:starRo feat Jarell Perry / Tainted
07:Mr. Carmack / Bells
08:J-Louis / Perseverance
09:Jarreau Vandal / Essence
10:Jay Prince / All You
11:Ta-ku / CaseyBanks
12:Jo Def / Ask Anything
13:GoldLink / Dance on Me
14:AbJo / Omnism
15:Esta / Rock With U
16:Sivey / Pillow Talk
17:Leland Aleem Fākir / Momma's Hoopty
18:Sango feat Ta-ku & Tracey / Until Saturday
19:Soulection / The One
20:AbJo / I Still Really Love You

PLASTICS :Welcomeback Some Again mix 2016



先日、ブルーノート東京で行われたライヴも好評だったPLASTICS。そんな永遠のパーティ・バンドである彼等の楽曲を使ったミックスを公開しました。
いやぁ、今聴いてもシビレる感じですね。最高にお洒落でもあります。
こう言うバンドがいたからこそ、Pizzicato Fiveのようなバンドが生まれるんですよね。

01:Top Secret Man
02:Copy
03:I Am Plastics
04:Welcome Plastics
05:Diamond Head
06:Ignore
07:Deluxe
08:I Love You Oh No
09:Delicious
10:Park ~ Eight Days A Week
11:Digital Watch
12:Too Much Information
13:Can I Help Me?
14:Complex
15:Good!
16:Peace
17:Robot
18:Cards
19:Last Train To Clarksville
20:Copy
21:Relax
22:Top Secret Man

a Tribute to Prince: Jazzy mix 2K16



2016年は何があったの?と言うくらい大物ミュージシャンの訃報が多い感じがします。そして先日、4月21日にもまた一つの星が堕ちてしまった…ミネアポリスが生んだ王子ことPrinceが。57歳と言う、逝ってしまうにはまだ早過ぎるでしょう…と言った感じ。死後、彼の自宅兼スタジオでもあるペイズリー・パークの金庫からは、アルバム約100枚分もの音源が見つかったそうな。いやはや残念でありますよ。
そんなPrinceへの追悼の意味も込めまして、彼の数多い楽曲の中から、個人的にジャジーだなぁと思いながら選曲したミックスを公開させて頂きました。とてもじゃないですが、ミックスの一つや二つでは、彼の魅力のほんの爪先程も紹介しきれないのは解っております。

01:Xosphere
02:Everywhere
03:2morrow
04:Dance On
05:The Rest Of My Life
06:Tamborine
07:Love Like Jazz
08:Interlude (Wendy)
09:A Case of You (Joni Mitchell cover)
10:Digital Garden
11:Props 'N' Pounds
12:My Little Pill
13:On The Couch
14:Golden Parachute
15:excerpt from South
16:Tokyo
17:When The Lights Go Down
18:Visions

4-D mode1 / Kore Electro 2K16 v1.0.2



日本を代表する世界レヴェルのエレクトロ・ユニット、4-D mode1。東京のP-Modelと双璧を成す、80年代ニュー・ウェイヴ時代からの活動を経て、2000年代に再集結。DADA、P-Modelの小西健司、99.99~Urban Dance~N.O.Tの成田忍、99.99~After Dinner~P-Model~Metro Farceを経た横川理彦の3氏が織りなす、極東の電子音響。そんな彼等のシングルの楽曲から選曲したミックスであります。

New Order / Solo Works selected mix 2015



New Orderの新作、そして5月末の来日公演も決まりジワジワと盛り上がってきています。先日も彼等の新作アルバム『Music Complete』のエクステンデッド・ヴァージョン、『Complete Music』の楽曲だけのミックスを作ったりと個人的にも盛り上がってきております。
と言う訳で、こちらは昨年の3月に、知り合いのBarにて行った"New Order好きの為の夜"と題した会合で行った、メンバーの様々なソロ活動の楽曲だけでプレイしたミックスであります。本家同様イカした楽曲の数々、やはりカッコいいですな。

01:Electronic / Make it happen
02:Revenge / State Of Shock (US Edit)
03:The Other Two / Cold Feet
04:Monaco / Shine
05:Peter Hook And The Light / The Perfect Kiss
06:The Other Two / You Can Fly
07:Electronic / Getting Away with It
08:Revenge / Slave
09:The Other Two / Feel This Love
10:Electronic / Disappointed (Stephen Hague 7" Version)
11:Revenge / Pineapple Face's Big Day Out (US Remix)
12:Electronic / Free Fall
13:Monaco / Junk
14:Bad Lieutenant / Twist of Fate
15:FreeBass / The Only Ones Alone

New Order / Music Complete Extended mix 2K16



単独公演としては29年振りの来日が決まったNew Order。昨年発表されたアルバム『Music Complete』は、個人的にかなりツボな感じでもありました。『Waiting For The Sirens' Call』~『Lost Sirens』の流れは、"バンド"としての良さが発揮されていた好作でしたが、今作は久々に"エレクトロニクス"部分の比重が多い感じの作り。やはりこう言う感じもカッコいいですな。
と言う訳で、このアルバムにハマりまくっているのですが、5月にはエクステンデッド・ヴァージョンが『Complete Music』としてCD化もされるそうで嬉しい限り。そんなエクステンデッド・ヴァージョンの楽曲だけで、一発録りミックスを作ってみました。オリジナルのアルバムも良いのですが、このエクステンデッドの方のミックスの方がカッコいい曲もあったりして…と言っても、オリジナルとも甲乙付け難い感じ。なんにせよ、どっちも良いと言う事で。

01:Restless
02:Singularity
03:Plastic
04:Tutti Frutti
05:People On The High Line
06:Academic
07:Nothing But A Fool
08:Unlearn This Hatred
09:The Game
10:Stray Dog
11:Superheated


some kind of "Private Music"



元Tangerine DreamのPeter Baumannが1984年に立ち上げたレーベル"Private Music"。世の中は"New Age Music"と言うものが流行り出した頃。シンセサイザーを多用した静かに大袈裟なサウンドに、癒しを求めていた方も多い(本当か?)のでは?
レーベル発足当初は、Eddie JobsonやPatrick O'Hearnと言うZappa Band卒業組から、JB~David Bowieのバンドを陰で支えてきた名手Carlos Alomar、御大Peter BaumannやNY裏街道からDavid Van Tieghem等のロック勢から、これぞNew Ageと言ったYanniやLucia Hwong。そしてJohn McLaughlinのバンドにも参加アーティスト、Jerry Goodman等そうそうたる面子でしたが、80年代後半になるとその勢いも衰え、只のディストリビュートするレコード会社へと変わっていってしまったのは残念。
そんなこのレーベルの全盛期時代の音源を使ったミックスを作ってみました。今でこそ聴き直した方が良いのでは?と思ったのですが…如何なものでしょう…???

where are you now ? ~ David Bowie tribute mix



2016年1月10日、まさかそんなNewsが入ってくるとは思わなかったと言う方も多いのでは?その前日には、更なる意欲作『★』が発表されたばかりだったのですから…
今は何もかけません。ただ、David Bowieの訃報がこれ程迄に大きい事だったと言う事を実感しているだけ…
そんな彼への追悼の意味も込めて、彼の楽曲でのミックスを作ってみました。

01:Warszawa
02:Neuköln
03:South Horizon
04:Sound & Vision
05:Some Are
06:V-2 Schneider
07:Ashes To Ashes
08:The Mysteries
09:Crystal Japan
10:Untitled No. 1
11:Moss Garden
12:Ian Fish UK Heir
13:Where Are We Now?
14:Art Decade
15:Thursday's Child
16:Shadow Man
17:Subterraneans
18:All Saints
19:I Can't Give Everything Away

Dedicated to You...memories of Robert Wyatt 28th Jan 2016



今日1月28日は、敬愛するRobert Wyattの誕生日であります。数年前に引退宣言をしてしまい、もう"世界一悲しい歌声"を聴く事ができないのは残念であります。
そんな彼が、これまでに数々のアーティストの作品に参加して、その素晴らしい歌声を披露してきました。Arto LindsayやDavid Sylvian等、やはり"声"に特徴があると言う事は素晴らしいですな。そんなWyattが参加してきた楽曲を纏めたミックスを作ってみました。

01:Phil Manzanera / Vozero
02:John Cage / Experiences No. 2
03:Björk / Oceania
04:Anja Garbarek / The Diver
05:Robert Wyatt / Love
06:Brian Eno & Robert Wyatt / A Plague of Flies
07:Grasscut / Richardson Road
08:Phil Manzanera / 50 Minutos Mas Tarde
09:Working Week / Venceremos
10:Robert Wyatt / Salt - Ivy
11:Ultramarine / Kingdom
12:Ryuichi Sakamoto / We Love You
13:Hatfield & The North / Calyx
14:Monica Vasconcelos / Still in The Dark
15:Millennium / Erup Peru
16:John Greaves / The Songs
17:Bruno Coulais / Masters of the Field
18:Kevin Ayers / Whatevershebringswesing



physical object from HUBRO music



ECMACTRune Grammofonと並びヨーロッパのジャズやエクスぺリメンタルな音楽を発表してきているレーベル"Hubro"。そんなレーベルの音源を使ったミックスであります。ジャズと電子音響、ポスト・ロック的なサウンドを行き来するアーティスト達の特異な楽曲の数々は、ジャズ・リスナーだけでなくもっと幅広く聴かれてもいいのでは?

01:sPacemoNkey / Landing Day
02:Erland Dahlen / Monkey
03:Ivar Grydeland / Lag Accumulated B
04:Erik Honoré / Sanctuary
05:Mats Eilertsen / Splendor
06:Moskus / Lille Trille
07:Håkon Stene / Sit
08:Astro Sonic / Analogue Karma
09:Kirsti Huke & Tore Brunborg / Bin
10:Bly De Blyant / Westkreuz
11:Building Instrument / Historia
12:Christian Wallumrød / School of Ecofisk
13:Finland / Magnetic Sail
14:Geir Sundstøl / Din gamle Arak
15:The Island Band / Great Ocean Lookout
16:Morten Qvenild / We Found Love
17:Splashgirl / All The Vowels Missing
18:Skydive Trio / Signs
19:Møster! / Journey



アクセスカウンター
  • 累計:

QRコード
QRコード
記事検索
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
ギャラリー
  • Ná Ozetti e Zé Miguel Wisnik / Ná e Zé
  • Brian Wilson / No Pier Pressure
  • José González / Vestiges & Claws
  • Eberhard Weber / Encore
  • The Pop Group / Citizen Zombie
  • Aphex Twin / Computer Controlled Acoustic Instruments Pt2 EP
  • ライブドアブログ