July 22, 2018

第16回民家の甲子園・香川県大会

 今日は、夏の高校野球香川県大会の決勝が行なわれた日で、多くの方たちの注目はそちらに行っていると思われるが、その裏側?で、丸亀市綾歌町にある岡田コミュニティセンターを舞台に、「第16回民家の甲子園 全国高等学校対抗民家・町並みフォトコンテスト」香川県大会が行なわれた。今年のテーマは「巡」で、どのような形で「巡る」を表現するか、難しい面があった。

 午前中に家の用事を終え、大会会場まで、機材や小道具を持って行った。私が到着した頃には、各チームが大体揃っており、本校の2チームと見学の1年生たちは電車の時間で遅れてくるのがわかっている者を除いて、大体揃っていた。受付での発表順の抽選を行い、その後リハーサルを行なった。去年の高松の瓦町FLAGとはちょっと違う舞台なので、それに合わせて立ち位置などを調整しながら、リハーサルを行なった。

 大会では、本校だとAチームが4番目、Bチームが6番目の発表となったが、県内他校チームの発表を見ると、寸劇を交えた報告形式のもの、吉本新喜劇風の仕立て方をしていたものなど、各チームがそれぞれ趣向を凝らしたものであった。本校Aチームは坂出の駄菓子屋さんを舞台にした、幼い姉妹とおばちゃんとの人間模様を中心に、Bチームは全国放送されたアニメ作品にちなんだ「聖地巡り」をテーマとしたプレゼンを行なった。Aチームの方は、例年の本校チームのやり方を踏襲したプレゼンを行い、Bチームの方は、今まで聞いたことがないアプローチのため、私が「この子達の普段の様子とギャップがありすぎるし、審査員さん達が十分内容を理解できるのかなぁ?」という不安を覚えたが、割と順調に行なえた(・・・と、思う。)

 審査の結果、最優秀賞は多度津高校チーム、優秀賞は高松西高校チーム、審査員長賞は本校Bチーム、最優秀個人賞は本校Aチームで応募した作品が選ばれた。最優秀賞・優秀賞・審査員長賞の3チームは、8月8日に丸亀市で行なわれる全国大会に出場する。本校Bチームには、全国大会に備えて、最優秀賞・優秀賞チームのプレゼンにあって、本校Bチームになかった部分を補わせながら、再構成させようかと考えている。

 今日は夏休みに入ってすぐで、本校写真部としては幸先の良いスタートとなった一日だった。明日から前期課外が始まり、その期間中の午後に部活動を行なっていく予定で、文化祭に備えていく。子年は今までと継続して行うものと、新しく行なうものがあるので、多少は試行錯誤をしていかないと難しいかな・・・と思っている。

にほんブログ村 教育ブログへ ←ランキング参加中のため、クリックをお願いします。
CEX.IO Bitcoin Exchange




July 21, 2018

午前は職場で・・・。

 今日の午前中は、硬式テニス部の練習を見る当番が当たっていたのと、明日の民家の甲子園香川県大会で必要なモノを、高松市役所観光交流課の方が届けてくださるので、受け取るためでもあった。

 朝9時にテニスコートに行って、出欠を取り、熱中症予防のことを連絡して、練習を始めたのを見た後、図書館に戻って、平日だとなかなかできない作業をこつこつとしていた。学校というところは、普段もバタバタしているけど、休日にちょっとした用事で来た時ですら、なんらかの形でやっておきたい作業はあるもので、どこかで区切りをつけて作業を終わらせないと、帰れなくなりそうになる。

 しばらくして、図書館の勝手口をノックする音がしたので、出てみると、高松市役所観光交流課の高松まつり担当の方で、高松まつりのポスターを届けてくださった。ホントは昨日本庁・学校間のメール便で届くはずだったのだが、どういうわけか、こちらには届かなかった。昨日の夕方に電話連絡を入れ、担当者の方が今日の午前中に業務で出かけるそうで、そのついでの便に届けていただいた。

 高松まつりのポスターを頂くための相談で、電話口で話していた時には、それなりの年代でかなりしっかりした方かな?と思っていたら、想像以上にお若くて、非常に清楚で感じのよい方だったので、こちらの方がびっくりしてしまった。高松市役所観光交流課のS本さん、こちらのムリを聞き入れてくださって、ありがとうございました。これで、明日の民家の甲子園香川県大会、本校の片方のチームは、ポスターがプレゼンで戦う武器になるし、県内に高松まつりのPRもしっかりやってこようと思います。県内の他チームには、地元自治体との強い連携をもとに、作品作りをしているところもあるので、本校は本年度の試みとして、高松市役所観光交流課の手助けを得る形でやってみている。

 お昼になり、硬式テニス部の練習も終わり、その後、車に明日使うさまざまな道具類を積み込んで帰ってきた。明日、丸亀市綾歌町の岡田コミュニティセンターで12時半受付開始、午後1時〜午後3時の予定で、民家の甲子園香川県大会が行なわれる。去年は高松市瓦町のFLAGだったが、今年は主催団体の地元での開催となった。今年の全国大会は、第7回以来久しぶりの香川県での開催となり、8月8日に丸亀市で行なわれる。今年の本校写真部チームは、例年とは趣向を変えたプレゼンにしてみたが、これがうまくいくかどうか、やってみないとわからないなぁ・・・と思っている。

にほんブログ村 教育ブログへ ←ランキング参加中のため、クリックをお願いします。
CEX.IO Bitcoin Exchange




July 20, 2018

明日から夏休みへ。

 今日はSHRの後に大掃除が行われ、その後にAETの先生の離任式、終業式が行なわれた。AETの先生は2年間おられたが、このたび離任されるが、高松で仕事を続けられるそうである。また、どこかで見かけるかも知れないなぁ・・・。

 今日の午後は、MM教室を作業場所として、写真部は活動していた。あさっての午後、丸亀市綾歌町の岡田コミュニティセンターで、民家の甲子園、香川県大会が行なわれるので、プレゼンテーションの練習をしていた。台本の読み合わせは何度かしていたが、実際に動きを入れた形でやってみると、案外難しいので、色々と試行錯誤をしていた。民家チームではない部員たちは、文化祭企画のための撮影活動を行っていた。

 明日から夏休みだけど、今度の月曜日からは前期課外があるので、1・3年生にとっては、夏休み気分には、少々なりにくいかな。

にほんブログ村 教育ブログへ ←ランキング参加中のため、クリックをお願いします。
CEX.IO Bitcoin Exchange




July 20, 2017

本日、終業式。2

 今日、夏休み前の最後の表彰伝達の後に、終業式が行なわれ、校長訓話では、社会的なことに目を向けることを促す内容が多かったように感じられた。今までのこの時期に話される訓話では、学習面を中心とした夏休みの過ごし方について、多く語られることが多いが、今年の夏休み前の訓話は、ちょっと趣向が変わった印象を受けた。

 明日から夏休みだが、明日から1年生は全員対象、3年生は希望者対象で前期課外授業が行なわれる。今年度の夏休みの課外授業では、私は前期で授業を担当することになったので、しばらくは、普段と余り変わりない感じの過ごし方になるかなぁ・・・と思っている。

にほんブログ村 教育ブログへ ←ランキング参加中のため、クリックをお願いします。
CEX.IO Bitcoin Exchange




July 16, 2017

民家の甲子園、香川県予選大会。2

 今日の午後、瓦町FLAG8階のアートステーションのホールを会場に、第15回民家の甲子園香川県予選大会が行なわれた。県内の各校写真部チームが出場し、石川県小松市で行なわれる全国大会出場を目指して、各チームが趣向を凝らしたプレゼンテーションを行った。

 今年も勤務校からは2チームが出場し、Aチームは八栗地区を題材に、Bチームは仏生山町を題材にした作品を制作し、プレゼンテーションを行なった。今年はプレゼンテーションのレベルが、一気に上がった印象を受け、かなりハードルが上がった印象を持っている。

 今年度の県代表として、多度津高校、高松西高校、坂出商業高校の各チームが出場することになった。普段は撮影活動を行い、作品を見せる機会はあっても、作品について話したり、語る機会は余りないため、勤務校の写真部員にとっては、多くの人たちの前で話すことは、なかなかない体験だろうなぁ・・・と思った。今年は2チーム合わせて10人のうち、8人が1年生だったから、慣れていない面が多くあったが、来年につながる体験になってほしいなと思っている。

にほんブログ村 教育ブログへ ←ランキング参加中のため、クリックをお願いします。
CEX.IO Bitcoin Exchange




July 09, 2017

夏の技術講習会。2

 今日は、勤務校を会場にして、県高校文化連盟写真専門部の技術講習会が行なわれた。私は朝8時半に来て会場を開け、その後、専門部の先生方が機材などの運び込みとセットアップを行なった。午前9時から受付が始まり、県下10校60名を越える高校写真部員と各校顧問の先生方が来られた。

 講習会の最初に、講師の根岸先生から、写真撮影全般についての基本的なことと、ポートレートの基本的な撮り方について、お話いただいた。その後、栗林公園に移動して、撮影活動を行った。今日は雲が多く、日差しがきつすぎて白飛びが出る可能性はないので、ポートレートを撮るにはほどよい感じであったと思う。各校写真部員は思い思いの場所で、色々と考えながら撮影をしていた。

 午後1時半には講習会会場に戻り、今日のベストショットをプリントする作業を行なった。今回はポートレートということで、同じ学校の写真部員を撮りあう形となった。2L判に引き伸ばしたプリント作品をテーブルの上に並べ、それをぐるりと巡回する形で見ていった。今回は参加者全員で投票を行い、投票用紙は個別包装の飴で行なった。多くの票を得た作品を見ると、「あ、ポートレートの撮り方を、ある程度わかっていて、撮っていったみたいだなぁ・・・。」と思った。

 今日の講習会の最後に、今高松市美術館で行なわれている蜷川実花展の案内チラシを配付し、私の方から案内を行なった。高松に来るまでの2館ではどうだったかはわからないが、高松市美は高校生以下は入場料は無料となっている。写真を専門としたギャラリーがない四国では、貴重な展覧会だし、高校生以下ならば無料で見られるというのもいい機会だと思っている。私は、夏休みの前期課外期間の午後に、1年生部員たちを連れて行こうかな・・・と考えている。

にほんブログ村 教育ブログへ ←ランキング参加中のため、クリックをお願いします。
CEX.IO Bitcoin Exchange




July 08, 2017

今日は試験監督をしたり、別の仕事をしたり。2

 昨日は地味にバタバタしていたし、明日は県高文連写真専門部の技術講習会が、勤務校で行なわれるので、その準備をしておきたかったのだが、今日の朝から午後1時過ぎまで、校外模試の試験監督をしていた。

 昨日、美術館から戻ってきた後、写真部の定例部会をやって、民家の甲子園県大会の用意や、夏の高校野球県大会の用意など、ある程度できることはしておいた。今日のうちには、案内掲示の用意や、必要なモノを技術講習会の会場となる大会議室に持って行っておくことはできた。

 夕方には、明日の技術講習会の講師の根岸先生や写真専門部の先生方と食事を取り、明日に向けての相談をしていった。夏の技術講習会は、ちょうど民家の甲子園県予選大会とバッティングすることが多いので、なかなか行けていないが、今年は1週間ずれたので、会場校を引き受けることができた。

 しかし、明日は夏の高校野球県大会の開幕日なので、試合日程の関係で来れなくなった学校もいくつか出てきた。さらに勤務校野球部主将が選手宣誓を行なうので、臨時編成の写真部記録撮影隊が出張る予定なので、参加人数が予定より少なくなる。それでも、60人を越える参加者があるので、雨が降りさえしなければ、いい技術講習会になるのではないかなぁ・・・と、考えている。

にほんブログ村 教育ブログへ ←ランキング参加中のため、クリックをお願いします。
CEX.IO Bitcoin Exchange




July 07, 2017

蜷川実花展開展式(高松市美)に行って来る。2

 今日は、40分6限授業の日で、放課後に夏の壮行会と1年生の応援練習が行なわれた。そういう日だと、大抵壮行会の記録撮影をするため、機材を用意しておくのだが、今日は違っていた。私は機材を持ってお昼から出張に出かけたのである。

 先月に、高松市美術館特別展として蜷川実花展が行われ、開展式のテープカットに勤務校の写真部長に来て欲しいとのお話が、高松市美術館から来た。私の方から部長に聞くと、貴重な機会なので行きたいとのことだったので、このお話を受けることになった。どうも高松市の部局で、最も芸術関係の写真に関係が深いのが、勤務校写真部ということになるためだろうと思っている。(結局、理由は聞いていない)

 美術館の近くのお店でお昼を取り、その後美術館に入って、学芸員さんなどから説明を聞いて、準備をしていると、親御さんとともに部長がやってきた。部長に連絡内容を伝え、会が始まるまで、待機してもらった。今日のオープニングには、蜷川実花先生が来られるので、20代中ごろから30代くらいの女性の方たちが多く集まっているように感じた。

 私の知っている範囲では、蜷川先生は、HIROMIX、長島有里枝とともに、木村伊兵衛賞を同時受賞した女性写真家の1人で、コンタックスの一眼レフとアグファのULTRA100フィルムを使い、極彩色の作品を作ってきた記憶がある。デジタル化した後は、何をお使いなのかはよく知らないが、ある展示コーナーでは、オリンパスペン(デジタルのミラーレス機の方)を持っている姿が写真になっていたので、オリンパス機も使っておられるんだなぁ・・・と思った。

 開展式が始まり、高松市長、美術館友の会会長の挨拶の後、蜷川先生が挨拶に立たれた。今朝飛行機で高松に来られて、すぐにタクシーを飛ばして、坂出市のがもううどん店に行って来たそうである。いきなり驚かされたが、作家として活動されてきた中で、生み出された作品400点余りを展示する形となっているので、ぜひ見て欲しいとの趣旨であった。テープカットは、高松市長、高松市美術館館長、友の会会長、蜷川先生、丸亀町商店街の代表の方などとともに、勤務校写真部長も加わった形で行なわれた。後で部長によると、蜷川先生に部活動について聞かれたそうである。かなり緊張していた状態で式典に参加し、その直後に声をかけられたので、かなり驚いたようだ。

 式典の後、展示を見て回ったが、鮮やかな色彩感を大事にした感じで、大胆な構図やモチーフの扱い方をした人物写真群や、モノクロで私生活を心象風景的に扱った作品群、独特な感覚で切り取った風景など、見て回っていく中で、色々と驚かされるものが多かった。見に来られた人たちも、20〜30代の女性の方が多かったので、そのあたりの年代の方たちにとっては、非常に感覚的に受け入れやすいものなんだなぁ・・・と思った。この写真展、高松市美術館では、高校生以下は無料なので、夏休みの早い時期に、部員たちと一緒に見に来て、文化祭に向けた企画や作品づくりへの刺激にしたいなぁ・・・と思っている。

 今回、学芸員さんにムリをお願いして、今度の日曜日に行なわれる県高文連写真専門部主催の技術講習会に参加する生徒向けに、まとまった量の案内チラシをもらってきた。四国には写真専門のギャラリーがなく、大きな写真展はめったに来ないので、この貴重な機会に見に行って欲しいな・・・と考えている。

にほんブログ村 教育ブログへ ←ランキング参加中のため、クリックをお願いします。
CEX.IO Bitcoin Exchange




June 25, 2017

エソテリックの新譜(アルゲリッチとカラヤン)2

 今日の午後、成合町の専門店に行き、先日発売されたエソテリックSACDシリーズの新譜2枚を買ってきた。新しいのが出るたびに、買っているのだが、シリーズで一貫して買うからか、曲目などでのダブりが出なくていい。エソテリックSACDシリーズの新譜には、時折かなりマニアックな方でないと知らない演奏者のものが出てくることもあるが、今回は、アルゲリッチとカラヤンという、多くの方に知られている演奏者なので、取っ付きやすいかな・・・と思っている。

1枚目は、アルゲリッチのピアノ独奏による、J・S・バッハの作品集である。




 アルゲリッチというと、力強くて、時々怖いまでの迫力を出し、結構自由な感じで弾くピアニストのイメージがある。初の来日公演の時、ラジオか何かの音源でしか聞いたことがなく、写真を見たことがない人がいたらしく、「アルゲリッチって、女性だったんだ。」と言ったぐらいである。そんなイメージのある人なので、どんな感じになるかなぁ・・・と思ったが、意外にも正面からバッハに向き合って、横綱相撲を取っているような感じだった。音質的もきつさを感じることはなく、ちょっとした広さのスタジオに置かれたピアノが鳴り響いている印象を受けた。うまくセッティングされた場所であれば、聞いている人のちょっと前で、弾いているようなイメージになると思われる。

 曲目については、定番と言えるもので、本来はチェンバロで弾かれるものだが、楽器としての特性が相当違うピアノで演奏されているわけだが、ムリして合わせている印象はなく、違和感を感じなかった。

 もう1枚の方は、カラヤン/ベルリンフィルのものである。
レスピーギ:ローマの噴水、ローマの松、他
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 カラヤン(ヘルベルト・フォン)
ユニバーサル ミュージック クラシック
2007-11-21



 こちらの方は、イタリアの作曲家レスピーギの「ローマ三部作」の2つと、リュートによる古典的舞曲とアリア第三組曲などが組み合わされている。聞いてみて、結構高音域まで収録されているのと、マスタリングが少々強めに入れてあるためか、私のところの機材では、ちょっとキンキンした印象があった、多分、オン気味のマルチマイクによる収録と思われるので、私には強めの音として聞こえたせいだと思う。演奏の面では、全体的に流麗で、聞かせどころはしっかり押さえてくるカラヤンらしいものである。

 CDだとローマ三部作3曲とも揃った状態でリリースされていることが多いが、カラヤンのものには「ローマの祭り」が入っていない。多くの曲目を録音してきたカラヤンにしては珍しく、ローマの祭りの録音はないそうである。ローマの祭りという曲が持つ、独特な猥雑とも言える雰囲気が嫌いだったため、録音しなかったのだとか。(カラヤンのレコード関連の本より)レスピーギのローマの松は、学校の音楽の時間で聞いた記憶があるし、古典的舞曲とアリア第三組曲のシチリアーナは、昔々のNHKクラシックアワーのエンディングに使われていたものである。そんなことを思い出しながら聞いていた。

 今回リリースされた2枚、ピアノ独奏曲とフルオーケストラのものと、演奏の編成は対照的だが、曲目の面ではバロック時代のバッハと、現代には近いが、古典的な形式を踏襲していたレスピーギといった形で、そんなにかけ離れているわけではない。バッハの鍵盤楽器では定番の曲目、レスピーギの定番の曲目が入っている2枚なので、レパートリー的に持っていない人には、ちょうどいいのではないかなぁ・・・と考えている。

にほんブログ村 教育ブログへ ←ランキング参加中のため、クリックをお願いします。
CEX.IO Bitcoin Exchange




June 24, 2017

夏服を買いに・・・。2

 今年の梅雨は、日差しが強い日々が続き、忘れた頃に雨が降る・・・といった感じである。夏場は大丈夫かな・・・?と思うほどだが、余りにも暑すぎる日々が続いている。

 今日は夏の仕事用の服を買いに、新空港通りを行って、ゆめタウン高松の近くにある紳士服の量販店に行ってきた。あそこには紳士服の量販店は2つあるけど、お店の名前がひらがなの方である。私の田舎の方にも、チェーン店があったし、こちらに来てからも、過去には何度か買っていたので、割となじみが深い。店の名前が漢字の方は、買い物に行ったことはあるけど、また行こうかな?と思えるようなご縁はないなぁ・・・。

 こちらでは、改装前のセール中だったこともあり、夏場に職場に着ていく半袖のワイシャツ3枚、スラックス2本、ベルト2本を買った。どういうわけだか、私の夏物衣料は1念か2年しかもたないし、消耗品のような感じなので、安いものを毎年買った方がいいようだ。今年の場合は、結構安く、お店の方たちはかなり親切で、相談に乗ってもらって、ほどよい感じのものにまとまった。

 今年の冬場に、スーツを1着買い換えようかな?と考えている。今2着あるけど、就職してしばらくした時に買ったもののため、表側から見えないところが、結構ほつれてきている。そろそろ限界かなぁ・・・と思っているので、買い替えを考えている。その時には、今日行ったお店は、改装が終わっている頃だから、落ち着いて色々と見られるのではないかなぁ・・・。

にほんブログ村 教育ブログへ ←ランキング参加中のため、クリックをお願いします。
CEX.IO Bitcoin Exchange