ひっそりと工作活動中。風の強い日に機材の手入れ

January 06, 2007

午後は荒れ模様2

 今日は午前中は割と暖かい日だったのに、午後から段々怪しい雲行きとなり、午後3時頃からは雨が降り出した。夕方になるまで雨は断続的に降り続き、時々強い雨が降ることもあった。昨日の天気予報では、明日は関東を中心に大荒れの模様ということで、西日本は余り影響はないと思っていたのだが、判断が甘かったなぁ・・・。

 今日は、『概論・日本の歴史』(吉川弘文館)をじっくり読みながら、午後の半日を過ごしていた次第。現代日本を代表する歴史研究者達の共著で、概論的に歴史を扱った内容だが、最近の歴史研究の成果から、色々な出来事や時代の評価について、現在職場で使っている教科書とは違う捉え方をしている。具体例を書き出すと切りがないのでやめとく。

 最新の研究成果を盛り込んでいるから当たり前だと言われたらそれまでだが、これが高校の日本史教科書で普通に記述されるようになるのは、大体定説として固まる10年〜20年後くらいかなぁ・・・・?私が大学に入ってから、歴史専門の先生達に講義で学んでいた時に「え、高校で勉強した日本史とは違うんだけど・・・?」と思っていた部分がいくつかあった。その内容が今では教科書では普通に記述されるようになっているから、定説として固まるまで15年程度はかかる・・・ということになるのだろうと思う。

 ま、今日読んだ本の内容が、教科書に本格的に反映されるのは、10年後くらいかなぁ・・・。その頃には、社会情勢がや歴史教育に対するニーズが変わっていて、歴史教科書のスタイルも変わっていると思う。ただ、確実に言えていることは、学習指導要領が変わり、歴史教科書が「大改編」が行われるたびに、扱われる用語数が増えていく傾向があるってことだなぁ。「ゆとり教育」の現行学習指導要領に基づいた現行歴史教科書では、扱われている用語の数では「やや減少傾向」が見られた。これは今回のみで終わると思われる。「学力向上」に主眼が置かれる(?)次の学習指導要領では、用語数は現行よりも増えていくと思われる。

 ただ、去年秋から騒がれた「世界史必修なのに未履修であった」などといった「未履修問題」の絡みで、教育基本法も変わる関係で「世界史必修は無理があったから、日本史を必修にする」という変化は起きるかどうかはわからない。

にほんブログ村 教育ブログへ ←もし、よろしければ、クリックしてね。

sonnarwiz at 20:30│Comments(2)TrackBack(0) mixiチェック 日々の記録 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by クライネ・マイスター   January 07, 2007 08:14
昨日のアクセス数は22人。やはり歴史関係の話は、色々な要素があって難しいので、敬遠されたかなぁ。
2. Posted by クライネ・マイスター   January 09, 2007 21:19
 今日職場で聞いた話だが、昨年12月末の県議会で、賛成多数で「日本史必修化の要望書」が決議されたそうである。全国に先駆けての決議なのだが、他県に広まるだろうか?
 以前にも香川県議会は、「歴史教科書中でのある不適切な記述の削除を要求する要望書」が全国に先駆けて決議され、他県にも広がったことがある。
 今回の県議会決議は、他県に波及効果が出るのだろうか?個人的な関心事である。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ひっそりと工作活動中。風の強い日に機材の手入れ