よく晴れて、写真部展は大盛況?(文化祭第2日)本日より、平常授業に戻る。

September 14, 2009

メンデルスゾーン序曲集(マズア/ライプツィヒ・ゲバントハウス管)などを聴く。2

 一昨日・昨日と文化祭が行われ、夏休み後半から3週間ほどは、あれこれと準備に追われ続けた。そのドタバタ劇も昨日でおしまいで、緊張感がほぐれ過ぎたせいか、今朝は家人が定時に起こすのをためらうほど、爆睡状態だったらしい。

 先週一週間を通して、右肩や腰に違和感や痛みがあったので、午前中に整体治療院に行って、治療を受けてくる。整体師の先生に治療を受けていたら、意外なところが凝り固まった状態になっており、今まで治療中に「い、痛い」と言ったことはなかったのに、痛い・・・と言ってしまった。その意外な場所とは、左肩と右ふくらはぎである。左肩は全く意識したことがなかったのだが、よほど凝り固まりすぎて、痛みや違和感を感じなくなったほどであったらしい。治療を受けた後は、頭の中が眠気で一杯になり、多少横になって休みたいのに、家人にせっつかれて家の用事を色々片付けた。

 夕食後、やっとゆっくりできる時間となり、買ったはいいけど、聴く時間が取れなかったCDを聴いてみた。今日最初にかけたCDはこちらである。
メンデルスゾーン:序曲集
メンデルスゾーン:序曲集
クチコミを見る

 メンデルスゾーンはユダヤ系の作曲家で、劇付随音楽「真夏の夜の夢」(結婚行進曲は、定番的によく知られる)やヴァイオリン協奏曲などで、よく知られている。(職場に近い有名うどん店「大円」でも、この人の名は登場する。どこに登場するかは、行って見て確認してもらいたい。)この人は、バッハやヘンデルの曲を発掘して演奏し、再評価の方向を導いた人(最も有名な例は「マタイ受難曲」)で、指揮者としてはライプツィヒ・ゲバントハウス管弦楽団の指揮者として活動していた。(ライプツィヒ・ゲバントハウス管弦楽団は、現存する世界最古のオーケストラの1つである。)

 メンデルスゾーンにゆかりのあるライプツィヒ・ゲバントハウス管弦楽団は、東ドイツの国営レコード会社「ドイツ・シャルプラッテン」(ドイツ統一とともに消滅)に、様々な楽曲を録音していた。レーベル消滅後、徳間ジャパンが持っていた音源をキングレコードが発売したものが、「ドイツ・シャルプラッテン」レーベルのシリーズである。その中で、今回入手していたのは、クルト・マズア指揮による「メンデルスゾーン序曲集」である。マズア/ライプツィヒ・ゲバントハウス管の組み合わせだと、リスト交響詩全集(仏EMIのCD)を持っていたりする。

 今回買ってみて、最初にかけ始めた時の印象は、「調子の悪いEMIみたいに、ホールトーン(教会堂で収録)を多く取り入れ過ぎで、少々ボーッとした感じの音だなぁ・・・。」と思った。しかし、よく聴いてみると、これは間違った印象であり、楽器の直接音とホールの反射音とをバランスよく収録し、ホール中段辺りで聞く感じにまとまっていた。スピーカーの前に椅子を置いて、ここの管弦楽団独特のテンポや楽器の響きに聞き入っていた。旧東欧圏特有の古い仕様の楽器や演奏スタイルに、田舎風の味わいを見出して愛好する方もいるが、私も聴いていて、そういった好みがあることは、わからないでもないなぁ・・・と思った。演奏そのものは、穏やかな美しさを持った聴きやすいものであった。

 我が家には、旧東ドイツの国営企業「ドイツ・シャルプラッテン」、旧ソ連の国営企業「メロディア」、旧チェコスロバキアの国営企業「スプラフォン」の録音で、西側のレーベルが発売したCDが少しある。これらの「旧東側ブロック」旧国営各社の録音スタイルは、どうも英EMIをお手本にしたようで、マイクを結構引き気味にセッティングして録音した感じである。だから、演奏会場の雰囲気を感じ取れるような録音である。会場最前列にいて聞くような音ではない。

 私の家にある旧式音響機材の問題か、スピーカー設置方法の問題か、こういう古い録音の音源も、案外バランス良く聞けている。だけど、イマドキの最新鋭機材を使って、全ての音楽データ情報をストレートに出すようなシステムだと、「周波数帯域が狭く感じられ、物足りない。」だの、「ホールトーンを入れすぎて、ボーッとした音楽に聞こえる。」だのといった不満が一杯出るだろう。だから、新しくて強力な音響機材を持っている人には、こういった復刻盤CDはお勧めできないなぁ・・・。私は店頭で見ていて、聴こうかな?と思うCDが、そういうのが多いだけなんだけどね。

にほんブログ村 教育ブログへ ←ランキング参加中のため、クリックをお願いします。

携帯アクセス解析


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by クライネ・フォト・マイスター   September 15, 2009 07:25
昨日のアクセス数は39人。今日は朝から少々雨が降っており、少し涼しい。職場では、朝のSHR後、机・椅子の運び入れ、大掃除が行われてから、日常の学校生活に戻っていく。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
よく晴れて、写真部展は大盛況?(文化祭第2日)本日より、平常授業に戻る。