November 16, 2006

うつりますよー。

smile突然ですが。特に深い意味はなく、移転します


Pole, pole. -Sonnes Tagesbuch-

この牛歩ブログ、これからもよろしくねー。
(ちなみに写真は、中目黒の川沿いで見つけたスマイル。小粋な町です。)

sonne7922 at 20:11|この記事のURL

September 27, 2006

同期ディナー

927横浜今日は同期の朋子&元同期の裕美子とデート

今夜は運良く18時前には集合できていたから、Queen's Squareでしばしお茶してからほぼ私のわがままにより横浜ベイクォーター

生粋のハマッコ裕美子の案内で、まずはベイクォーター内の雑貨屋さんやパン屋さん、バッグ屋さん巡り。平日の早い時間だったから混雑もしていなかったし、できたばかりで新しくて綺麗だし、なにより素敵な雑貨たちに目を奪われつづけてしまいました

927ゆみこ

927ともこ食事はベイクォーター内のPizzeria Intervalloへ。平日の19時くらいに夕食を取れるなんて久しぶりで、時間がたっぷりあって嬉しかったなぁ 始め、こんなに食べられないよーと言っていた私たちも、終わってみるとデザートまでペロリ。女の食欲の秋は止まりません

それにしても、この2人との時間は楽しいだけじゃなくて、優しい空気が流れてて凄くホッとします。あっという間に4時間近く経過してしまったほど、大好きな大好きな時間

また会おうね!

September 26, 2006

テニス日和

924集合前々日まで雨の予報だった日曜日 起きてみたら、すっかり晴れてるじゃないのー みずきからも「テンション上がるぅー!」とをもらい、ニコニコで準備 最高のテニス日和。

yoshiが取ってくれた芝公園のコート。肝心のyoshiは突然のインド出張により来られなってしまったのだけど、意思を引き継ぎ計7名でかなり楽しませてもらったよー

924ナイスゲーム
今日のメンツは、みずき、卓哉、イトコウ、蘭、蘭友のカズト(なんと、元青学のオール)、ひで、私の7名。しかもわかる人はわかる、このメンバーがなんと13時ピッタリにコートに集まってたという奇跡

皆かなり自由なペースで2時間のテニスを楽しみました(私とみずきは30分間のストレッチ。)最後にはミックスの試合までしてかなり和気藹々 Leiいいわぁ。しみじみ。

924たくや924らん
924いとこうひで
みずきはテニス中あまり言葉を発しないのに、終始笑顔で誰より楽しそうだし、蘭は不動の女帝の位置にいるし(あの鬼サーブに磨きがかかってた〜)、イトコウは相変わらずのムードメーカー(写真のとおり、ミニ試合でもいちいち喜んだり悔しがったりする)、帰り道の卓哉はドライブしようぜぇ〜って徒歩2分の駅まで行って送ってくれちゃうし、初対面のカズトは青学のオールで相当な上手さなのにうちらに合わせてくれてイイ人。ひではテニス経験があまり無いのに皆とラリーをしたり(卓哉、イトコウ、ありがとう!)試合でもかなり走り回り飛び跳ねてて、レイの皆に感謝のきもちでいっぱいでした 全員が全員、間違いなく凄く楽しんだ一日

それにしても、芝公園のコート、良かったなぁ そもそも芝公園自体が都心だし駅から近いしオムニだし緑も多くてキレイだし。こういう所を活用して、もっともっとスポーツの秋を満喫したい

yoshi、本当にありがとう。次回はまたyoshiも一緒によろしく

September 24, 2006

由紀からの祝

924ゆき夜は、ふーちゃん・康平・ひでと目黒のお蕎麦屋さん『川せみ』へ 自宅から徒歩5分のところにすっごく美味しいお蕎麦屋さんを発見して嬉しくなった私たちは、早速蕎麦グルメな彼らをお誘い いつもお店を紹介してもらってばかりだもんね。

夏限定の「夏かわせみ」っていうお蕎麦には、ミョウガや紫蘇、梅、とろろや湯葉という私の大好きなものたちがテンコモリ それよりも隅に置けないのが、モロコシのかき揚げ 甘すぎて美味しすぎて、毎日でも食べたいくらいで、ひでや私は勿論、グルメな二人も大絶賛してくれました。

由紀は用があってお蕎麦には来られなかったのだけど、その後わざわざ我が家まで来てくれた〜 こんなに素敵な贈り物をつれて。

9月23日で結婚1周年だった私たちへの、家宝にしたいくらいの温かい言葉と、由紀のお菓子。1軒のおうちの後ろには、2人のスマイルが居て、その後ろには秋を感じさせる葉っぱの形のクッキー。この秋にこの家で笑顔で1周年を迎えた私たちへの最高の贈り物でした 本当に本当にありがとう、由紀

どういう流れか、由紀・ふーちゃん・康平・ひで・私の5人で順番に、全身で「祝!」っていう表現し合ってあまりのアクロバティックさに大笑いして、日曜の夜を終えたのでした

帰り際、由紀に「そういや『直接顔をみて話したいことがある』って言ってたけどなんかあった?」って聞いたら「いや、それは『遠いからわざわざ来なくてもいいよー』って言われないための、ただの口実。」って返事で、粋な親友にニンマリしてしまった。ありがと そういうとこ素敵よ。いつまでも見守っていてね。

September 23, 2006

めぐる

0923めぐる

かほの初監督映画、『めぐる』上映会の日。


923そら今回、かほはこんな私に写真撮影隊を任せてくれました。凄く嬉しいのと同時に少し緊張しつつ、ジャケットを羽織って自宅を出発。 渋谷駅から上映会場に向かう10分の道のりを歩きながら、あぁなんだか今日はいい日だなぁ、と思って撮影した秋晴れの空。

開場の1時間以上も前から、素敵な着物を羽織った初老の女性から若い男性までたくさんのお客さんがいらしていて、開演時には200〜300人は入りそうなホールはあっという間にいっぱいになって立見が出たほど。

923かほ
上映中は私もカメラを置いて、かほの世界に入らせてもらった。

45分間のドキュメンタリー『めぐる』。木版染めの職人である藤本義和さんが来る日も来る日も、反物に桜色の息吹を与え続ける。大小様々、桜の花や花びらをかたどった小さな木版を、何百、何千と押し続ける日々。その空間の優しいこと、美しいこと。ゆっくりと時間が流れる八王子の工房の中で一本の桜模様の反物が出来上がる工程は、何百年もの時をかけて大事に大事に育て上げられた一本の桜の木が咲いたような感覚だった。

最後に、宙に舞う桜の反物の姿を見た時はなぜか涙が止まりませんでした。かほ、こんなにも素晴らしい映画を作ってくれて、世に輩出したこと、ありがとうという気持ちだ。


923舞台上映会を終えた後は、かほと藤本さんの舞台挨拶が。藤本さんが染めた反物から作られた着物で登場したかほは本当に美しかったよ。「石井さんのようなお若い方に、こんなにも地味な仕事に目を向けていただいて、映画にしていただいた。ありがとうございます」とおっしゃる石井さんと、藤本さんへの感謝の言葉を、一言一言、大事に選んで話すかほ。世代や業界を越えて出会った2人の信頼関係が、大勢の人の心を温めた日。

舞台挨拶の後は、かほや藤本さん、カメラを回した方や映画製作のスタッフ、当日お手伝いをしていた皆さんとランチ。私は恐縮にも、かほ・藤本さん・司会の方と同じテーブルに座らせていただいて、少し高揚した藤本さんの話をゆっくり聞かせてもらう中で、その生き方、考え方にあまりに感動すると同時に、シゴトのことで少し張りつめていた糸がフニャ〜ンと緩んで、ホッとしてしまって、また、ポロポロと涙を流してしまいました。

その他にも、かほと藤本さんやかほと司会の方など、どんどん繋がっていった出会いの話や撮影秘話を聞かせてもらったり、かほの映画学校友であるkuriさんの初恋話を聞かせてもらったり、なんだかよくわからないけど前から知っているような感覚になる人々と、凄く安らげる空間で食事を楽しませてもらったのでした。

923木版染めかほの映画『めぐる』は11月25日〜12月15日にわたり、渋谷の映画館UPLINKにて上映されます。ぜひぜひたくさんの人に、この作品を観てもらいたいと思います。

土曜の午後

お友達のオオノさんと一緒に『めぐる』に来ていた母。伝統工芸好きな二人はその後のランチでも話が盛り上がったようで何より

お互いのランチ後は、母と二人、ぷらーりぷらりと青山を歩きながら帰路へ。途中、オシャレな雑貨屋さんに寄って二人であーだこーだコメントしたり、私は別に寄るところがあったから別々になるかと思いきや結局その用に付き合ってくれて、30分の距離を一緒に歩いてくれたり 家族との話は尽きませんなぁ

一緒に帰った実家ではおばあちゃんと3人でおはぎをむしゃむしゃ そんなこんなしているうちに、会社のゴルフコンペから帰宅中のひでから連絡が 実家の近くを通るとのことだったからひょいっと車に乗せてもらいました

「ひで君が来た!」と玄関の前にわらわら出て行く父・母・おばあちゃん。いつものことで、なんだか笑っちゃうけど、ありがとーー。

さて、ひでが車で送っていた人の中にひでの後輩のマキちゃんが 彼女は、愛する友・裕佳のサークル友で、2人は私たちの結婚式2次会で「なんでここにいるのー!」という素敵な再会をしてくれたのです

さすが裕佳の友とだけあって、かわいく優しく楽しい雰囲気にすっかり惚れ込んでしまいました。マキちゃんと同じ空間にいた30分を120%堪能 自分で言うのもなんだけど、初めて話すとは思えない盛り上がり様で後部座席ではしゃぐ私たち 裕佳やひでも一緒にゴハン食べに行こう!テニスしよう!ゴルフしよう!(と言ってもマキちゃんはゴルフ歴5年でかなり上手い)と固く約束をして別れたのでした

そして最後は、車を返しにひでの実家へ ひでママの第一声は『結婚1周年おめでとうございま〜す』。そう、今日が私たちの入籍記念日だったのです。あれから1年。幸せに楽しく過ごせてるのも、家族や友人たちのおかげです

美味しいパスタとスープ、紅茶をいただいた後は、ひでパパが自宅まで送ってくれました。いつも感謝です 今回はひでママと愛犬モコちゃんも一緒で夜のドライブ気分 ひでパパも朝からゴルフでお疲れだったところ、ありがとうございます(しかも、私のオトンとゴルフ場でばったり会ったとのこと 親戚同士が同じゴルフ場で遭遇とは笑える

快適な運転で自宅に帰宅するも、朝4時半起きで運転だったひではそのままソファに倒れこみ、それはもうどんなイタズラをしても目を覚まさない石像と化してました おつかれさまぁ〜

このシンプルな暮らしの中で、素晴らしい人たちに囲まれて迎えた1周年記念日。自分たち以外にも私たちの1周年を祝福してくれる家族や仲間がいることに何よりの幸せを感じながら、これからもお互いを尊敬し合って生きていきます。

September 21, 2006

亜希27歳

921アキ社学仲間、亜希のバースディでした

今回は亜希ダーリンのハジメさん企画。亜希のお誕生日当日に、亜希パパのお店「あぶさん」でお祝いというかなり贅沢な夜

当日だし、あぶさんだし、お店のお客さんが次から次へと亜希のところにやってきて「お誕生日おめでとう〜」の連続なので、サプライズというより終始お祭りモード 妹のサキちゃんと一緒に、20年も前から看板娘なんだもんね。

今回の総指揮官ハジメさんの一声で集まったのは、裕佳、由紀、ふーちゃん、明子、ロッキー、美礼、亜希イトコの和可女(わかな)、そしてアタシ。お店にいらしてた何十人ものお客さんも祝い隊です それにしても、あぶさんに入ってくるみんながみんな、亜希を祝福に来るだなんてスゴイ あぶさんに来ている皆が家族のようだね。(ひでは先輩とゴハンで来られなくて残念

921集合いつものように美味しいお料理を一通りいただいた後は、ハジメさんプロデュースの演出開始 お店を歩き回って何してるのかなーと思いきや、亜希にバレないように一人ひとりにクラッカーを配ってくれていました。

そして好例のローソクを消した後は、どこからともなく出てくる、出てくる、パーティグッヅ 亜希が付けたカチューシャはティアラみたいに輝いてたよー。そしてこのタスキ。一文字一文字、丁寧に文字を書いているハジメさんを想像したらかなり心が温まりました。亜希への愛、感じたわぁ その他にも、パーティ帽や風船や。童心にかえったなぁ(思わず、隣にいたヒビキちゃんとたわむれてしまいました)

今日初対面の和可女もかなり素敵な子だったなぁ 私が抱いている「沖縄人イメージ」の期待を裏切らない、太陽のように明るくて、海のように心が広くて豪快な女性。21年間、のびのびと生きてきた感じの笑顔。しばらく東京にいるとのことだったから、また会えたら嬉しい

921はじめさんハジメさん、自分は「照れるからいいよぉ〜」と写真にも入ろうとしないのだけど、おかげさまでアタシ達は最高に楽しませてもらっちゃったのでした。ありがとう そして亜希、改めてお誕生日おめでとう 共に愉快な1年を送ろうね


September 20, 2006

きびマイラブ

0920きび

義姉の淳ちゃんから、明日か明後日、目黒で会えるぅ〜?とのお誘い なんと、淳ちゃんの実家青森から、今が食べ頃のトウモロコシが送られてきたのでお裾分けしてくれるとのこと

もう、トウモロコシ、世界一好き。モロコシためなら上司がまだ仕事中でも「お先に失礼します」とあっさりオフィスを出てしまった程

少し久しぶりに会った淳ちゃんとしばし立ち話をしてから、素敵に包まれたモロコシを大事に大事に抱えて帰宅しました ちなみに青森ではモロコシを「きび」と言うそうです。

そして肝心のお味ですが・・・とろけそうなほど美味しかった 幸せです。淳ちゃんばんざーい 青森ばんざーい ありがとう また来年も待ってまーす


September 19, 2006

裕佳ランチ

0919hiroka
オフィスが近い裕佳や亜希とランチできる平日はかなりウキウキ 今日は赤坂にある土佐料理のお店、祢保希(ねぼけ)へ。

オシゴトで何か面倒なことがあろうとも、この1時間は全てを忘れて笑顔になれる。裕佳の笑顔にはいつもホント、元気をもらうなぁ 1時間があっという間で、ランチを終えるといつも、公園にでも行って日向ぼっこしたいなぁ〜っていう清々しい()気持ちになる 現実逃避したくなるけど、でも同時に、よぉーし午後もがんばるぞー、って気持ちにもなれる不思議な時間なのです

アッコと過ごした大阪・奈良・京都の報告を受け、お土産には八橋入りドラ焼きをいただきました。祢保希のカツオのたたきも相変わらず美味しかった〜

今日は亜希が急遽来られなくなってしまったのだけど、次回はぜひ亜希も一緒に 裕佳、異動先でもがんばってね。


September 18, 2006

ある祝日のイチニチ

0918ひでの元同期である集くん夫妻が東京に来ているとのことだったので、OAZOのバスティード・クリヨンでランチ 見た目はまさに神戸のセレブという感じのご夫婦で、でも話すとフランクでおっとりした雰囲気も素敵でした

お腹いっぱいになった後、敬老の日ということで、ひでのおばあちゃんに会うべくひでの実家へおじゃましました おばあちゃんも一緒に、先日の河口湖旅行の写真や動画の鑑賞会となり盛り上がりましたひで弟のタツヤくんにも久しぶりに会えて嬉しかったなぁ。

夜は、神戸から司会役のトモエが東京に来ていたので、恵比寿のCafe Heaven'sで明子&ロッキー2次会のプチ幹事会 底抜けに明るいトモエ、当日は康平との共同司会で盛り上げてくれることでしょう

September 16, 2006

愛理祝@長縄&ドッヂ

916愛理
26歳の誕生日を3日後に迎えた愛理。彼女のために、旦那さんである康平が企画したのは、長縄&ドッヂボール+ピクニック大会 それぞれお弁当を持ち寄って代々木公園に集まりました。

916集合
自分が主役だというのに朝から超ハイテンションで握ったという愛理夫妻のおにぎりや唐揚げも、あつこちゃんの丁寧でゴージャスなサンドイッチも、愛理の後輩・元気印アヤちゃんのシュークリームも、皆で囲んで最高の美味しさだったよー 見事な秋晴れの中、全身全霊を注いで大ハシャギ。気持ちよかったなぁ〜

916ヨガ長縄(ときに愛理は一人で26回跳んだ)もドッヂボール(愛理は豪腕だった)も、間違いなく小学校ぶり。想像するだけでも愉快だったのに、いざ始まってみると超の付く楽しさ 円陣になってバレーボールや、調子に乗って二重跳びもしちゃって、腿パンパンになりながらも全員フル活動でハシャギました。27歳になってまでこんな楽しみがあるとは知らなかったよー。


916卓球らうんじ916卓球台

そして夜は中目黒の卓球ラウンジへ移動し、愛理&明子&今井君のお祝いをしてたのでした。終日お祝いムードにどっぷり浸かった幸せなイチニチ916集合2

September 09, 2006

トリプルサプライズ

みずきよしケーキみずき邸に、レイの大好きなメンツが大集合。みずきの新居公開&手巻き寿司やりまーすという名目で、実はこの日、みずきと私は「8月のヨシ誕生日」を、ヨシと私は「9月のみずき誕生日」をサプライズで仕込んでいたのです

集合勿論ひでや優子、イトコウにも協力を要請し、「どっちのサプライズも絶対成功させるぞー」と意気込んでいた私は、みずきにコソコソ、ヨシにコソコソとケーキや風船、お部屋の飾り付けを仕込む、仕込む まずはヨシ登場でクラッカー みずきに向けられたクラッカーだと思ったヨシは、「え、俺」と素で驚いてて大成功

てまき
みずき


その後、和気藹々と手巻き寿司を平らげ、ひでが不自然なほど大量のお茶を飲み干し、一方イトコウは「飲み物がなくなったので、買いに行くぞ。」と上手くみずきを買い出しに連れ出してくれました その間にケーキのデコレーションに「Happy Birthday みずき」を追加、帰ってきたところでドリカムの「Happy Birthday」を流し、「みずきオメデトウ〜」と風船のお出迎え。みずきも相当びっくりしてくれましたこちらも大成功

涙!両方大成功でやったーと喜ぶのも束の間、なんと「ひで&陽子、結婚1周年おめでとうー」と、もう一つのサプライズが 私たちに内緒で、みずきとヨシが発案、企画してくれてたのでした。そんなサプライズに、あまりにびっくりしすぎて&嬉しすぎて、本気で泣いてしまった。(結局自分が一番感動してた

にこたまお互いの誕生日を本気で祝い合う仲間とのハッピーな余韻を残し、帰路についたのでした。この日のことは、いくら時間があっても語り尽くせません。最高だよ、きみたち。かざり

September 07, 2006

河口湖プチ旅行

葉たち2日間のプチ夏休みを取って、ひで、ひでママ&ひでおばあちゃんと4人で河口湖へGO ずっと雨の予報だったのにも関わらず当日は晴天に恵まて、現地へ向かう車の中から「晴れてるー!晴れてるー!日差しが気持ちいいー」とはしゃいでしまいました今日から旅行と知っていた由紀からも「晴れたね、さすがー!」と。わかってるなぁと笑顔になってしまう 自称、三世代の晴れ女

腹が空いては戦はできぬ!(なぜ戦う)ということで河口湖ICに到着するなり、ひでママが目聡く発見してくれたパスタハウス「VERDE」で大盛りパスタをいただき ログハウスの素敵な店構えで、あっという間に店内は満席になるほどの人気っぷり 量も味も良かったし、何より「ピンキープリンセス」とか「エーゲ海の宝物」、「恋するオリーブ」などと命名されていてメニューが楽しかったわん

そして宿泊先へ到着〜 おばあちゃんが入れてきてくれた珈琲を飲みながら、まずはバルコニーでおぉぉぉきく深呼吸してみる。久しぶりに、ホンモノの緑のにおいを嗅いだ気がします。ちょっとひんやりした空気も気持ちがいいバルコニー

おばあちゃんさぁ〜遊ぶぞー!ということで早速テニスコートへ 平日だったということもあり、14面近くあるコートの中で使用されていたのは私たちのコートのみ。周りには緑が多いし、オムニだし、贅沢なコンディション


tennisひでが決めた!と思われた会心の一打を、ベテランのひでママが余裕でリターンしてて微笑ましかったのです。おばあちゃんもずっと見てくれていたのだけど、観戦ファッションも決まってるなぁ

夜は宿泊先に入っていたエスニックレストランで美味しいゴハンをたらふくいただき、早々と眠りに就きました

breakfast翌朝も、富士山も顔を出すほどの晴天 お部屋の外に出て鳥のさえずりを聴きながら、かなりヘルシーで美味しい朝食をいただきました。んーしあわせ。


ゴルフ!ひでごるふ早速向かったのは、宿泊先に併設されていたショートコース 先日のゴルフ打ちっぱなしで目覚めてしまった私は、コースに付いていくだけでも楽しくて楽しくて 主にひで&おばあちゃん(なんとゴルフ歴40年の大ベテラン)が打ち進む中、撮影隊であるひでママと私はひたすら、二人のショットを撮影&応援 最後に少し打たせてもらい、殆ど飛ばなかったけどゴルフの気持ちよさはじゅうぶんにわかったよー 今日も、まわりには誰もいなかったのでのんびりのんびり9ホールを堪能しました。

河口湖3
雲行きが少し怪しくなったかな・・・?と思いきや、ここは相変わらずの晴れ女パワー。またもや一気に晴れ上がり、美しく青い空のもと河口湖畔ドライブ 河口湖ってこんなに綺麗だったんだねぇ。知らなかった。どこからともなく100円のボールをゲットしてきて「買っちゃった・・・」とキャッチボール欲を目で訴えるひでとキャッチボールをし、ここでも深呼吸〜 最後は山梨名物「ほうとう」をいただき、帰路に就いたのでした。

コート2日間ながら、盛りだくさんの河口湖旅行。大満足、大満喫 ものすごく楽しかったぁ 小さなことでも大爆笑のノナカ家、身内ながら更に大好きになりました また一緒に旅行したいなぁ