ブログネタ
話題の商品 に参加中!
またコンビニで杉本さんの入浴剤をみつけたよ。

すごい入浴剤しかも今回隣には川島さんもいるよ。

でもやっぱり杉本さんの方がセクシーです。

そしてまたパワーアップしてない??

姐肌風呂。
熟肌風呂。
虜肌風呂。

ネーミングが・・・。
もうひれ伏しちゃいたくなるようなネーミングです。
もうネーミングで白旗ですわ。

川島さんみたく「川島なお美プロデュース」みたいな企画色アピールするのではなく、

新杉本彩風呂

って言いきってるとこにもガツンとくるものがあります。

(そうか?)

そこで、好奇心むき出しの私は杉本さんの”虜肌(とりこはだ)風呂”と川島さんの”恋するロゼ風呂”を買ってみました。

早速、虜にしてやろうと我が家は新杉本彩風呂に挑戦。

有無を言わさずですが。

ラメ入り!ひるむ!!!

この色ひるみます。

アナログな生活をしているアフリカ原住民はきっと「呪いだ!」って震えるよ!?

おしゃれに言えば、「深いボルドー」ですが。
パッケージを見ると、

「誘惑する漆黒のシマーラメ湯」

って書いてある。
よく見ると本当にラメが!!!
キラキラしてるよ!
ちょっと興奮。
そして、風呂釜が心配に・・・。
まあでもいいのよ、虜肌になるんだから。
香りはですね、

「絡みつくセクシーフェロモンの香り」

です。
絡みついて色っぽさがUP間違いなしです。
そして、美貌を保つに必須な”プラセンタエキス”も入ってる。
さらに、”メスフェロモン”入り。
さすが杉本彩風呂です!

むせるばかりのフェロモンの香りが私をとろけさせる〜〜。

至って庶民的なお風呂であるってのがとても残念。
こんなお湯であれば、金のライオンの口からお湯が出てくるぐらいのゴージャス感が欲しいよな。
灯りもローソクとかでメラメラゆらゆらさせちゃって、ワイン傾けながらしっとりと汗をかく。
うーんメスフェロモン全開〜。

毎日入ると杉本さんみたいになれるのだろうか。

最後に、虜肌風呂のキャッチコピーを記そう。


「私のために苦しむ男が愛おしい。」


私の一生の間にこのフレーズを使う瞬間ってくるだろうか。
そんな、どーーーでもいいこと考えながら、フェロモン風呂で長湯です。

次の日。
フェロモン出しまくって、私のために苦しんだ男がいたかどうかは言うまでもない。

ランキングに参加しています♪クリックお願いします♪