2020年08月09日

【 2020.08.09.1102 】

A0230E2A-E5A8-486B-AECE-4450DA3D3B31





「今年の平和記念式典は家で行われます。(と、想像してみよう。) 」
本日の長崎新聞 特別ページ紙面を床に広げ、私と妻と次男は自宅で、長男は登校日の学校で...毎日に感謝すること、自らの使命を果たすこと、次世代へ伝えること…長崎に生まれ育ったみんなで祈りましょう。
毎年の式典で歌われる「千羽鶴」、テレビ画面に想いを馳せて、一緒に歌わせて頂きました。
現在、新型コロナウイルス感染症による誹謗中傷の問題が叫ばれています。原爆投下から75年、被爆者とともに乗り越えてきた長崎だからこそ、『一人ひとりが寄り添い、助け合い、支え合う』を考え、伝え、広げていきましょう。

75年前、長崎市に投下された原子爆弾で瀕死の怪我を負った被爆者は機関車に乗せられ、早岐駅(佐世保の手前)や佐賀県まで運ばれました。
その間、諫早市、大村市、東彼杵、各地で懸命の救護活動が行われました。
当時の大村市役所では、炊き出しが行われ、壊滅的な状況の長崎市内まで沢山のおにぎりが運ばれました。
一丸となって、近隣の市町村は、長崎市を助けようと懸命になったそうです。

大村市松原地区が継続的に取り組む啓発事業をご覧下さい。広げて下さい。伝え続けて下さい。

#8月9日に想像したこと




sonoda_hiroshi at 12:43|PermalinkComments(0)

2020年08月08日

【 長崎県知事・県内21市町首長から、新型コロナウイルス感染症拡大防止に向けた新たな対策とお願いです。】

S__29401202



昨日、新型コロナウイルス感染症拡大防止に関して、長崎県知事と県内21市町の首長による緊急テレビ会議が開催。「お盆休みのお願い」「誹謗中傷対策」「今後の県の取り組み」に対して、ご理解とご協力を宜しくお願いします。

*誹謗中傷などに関する専門相談窓口を県庁内に開設、弁護士などによる支援体制を整備します。

*接待を伴う飲食店などを県職員が8月中旬までに訪問。チェックリストを使った自己点検を基に県職員が状況を確認します。また、スナックや宿泊施設についても同趣旨の状況確認を行います。

*飲食店などの換気、空調設備の整備に対し最大200万円を補助します。(8月25日に受付開始予定)

*社会福祉施設や教育施設、自治体、企業、各種団体などに「健康管理アプリ」を無償提供し、活用を促します。

その他、詳細な内容は以下をご確認下さい。

1

2

3

4

5

6



sonoda_hiroshi at 17:22|PermalinkComments(2)

2020年08月07日

【「自分がされたら嫌なことば 人にせんごとしようで」】

新型コロナウイルス感染症は、誰しも感染する可能性があります。あなたが感染するかもしません。自分だったら、自分の家族だったら、自分の子どもだったら、自分や家族や子どもが働いている職場だったら、通っている施設だったら、商売をしていたらお店だったら…を、一人ひとりが考えていきましょう。家族みんなで話をしていきましょう。大人から子ども達にも伝えていきましょう。



≪令和2年8月7日≫大村市内の新型コロナウイルス感染症患者の発生について、最新情報をお知らせします。
本日更新、8月6日、新たに大村市で2人(市内19・20例目、県内147・148例目)、県内全体で4人(145〜148例目)の新型コロナウイルス感染症の患者が確認されました。
本投稿に対して、個人及び周辺情報や企業名等に関する書き込みは、様々な誤った情報や風評被害等を引き起こす可能性もあります。個別メッセージにて対応しますので、ご理解とご協力を宜しくお願いします。

長崎県内の新型コロナウイルス感染症患者の発生について(8月7日現在)・大村市内での発生状況・
県内での発生状況をお知らせします。



sonoda_hiroshi at 18:54|PermalinkComments(0)

2020年08月05日

【 V・ファーレン長崎クラブハウス拠点整備についての最終報告を致します。】



株式会社ジャパネットホールディングスが、7月30日付けで、大村市クラブハウス構想計画の中断を発表しました。
これを受け、大村市におきましては、V・ファーレン長崎拠点整備を踏まえた大村市総合運動公園の整備計画を白紙といたします。

「以下は、今年1月31日の市議会全員協議会及びジャパネットホールディングスとの合同記者会見において、ご説明した内容です。」
V・ファーレン長崎の拠点整備について、ジャパネットホールディングスと、本市での整備の可能性について協議を重ねてまいりました。
その結果、市総合運動公園周辺で整備を進めていく上での、基本的な考え方が一致に至りましたので、ご報告いたします。
市は、市総合運動公園内にサッカー場などを段階的に整備し、市民の健康増進や地域活性化などにつなげるため、スポーツを軸としたまちづくり、いわゆるスポーツシューレ構想の実現に向けて、取組を進めていきます。
V・ファーレン長崎は、隣接地にクラブハウスなどを建設し、本市の魅力を地域一体となって磨き上げ、市民や本市を訪れる方に感動と誇りあふれる「今」をお届けする拠点を整備されます。
クラブハウスでは、選手の育成に力を入れていく方針で、選手やアカデミーの子どもたちの宿舎として、また、事務所としてスタッフが勤務することとなります。200名前後の人口増が見込まれ、地域活性化や交流人口の拡大に寄与するものと考えています。
今後は、各競技団体、また、国や県との調整を図っていきます。

「以下は、私が、スポーツを活かした街づくりとして、V・ファーレン長崎クラブハウス拠点整備を含めて実現したかった大村市の未来構想です。」
 私が考える、また、大村市が今考えているスポーツシューレ構想には、大きく3つの視点があります。
まず、1つは、これだけ成熟している日本において、成長する分野というのは、もう幾つか限られていて、国が示す成長戦略には5つあります。それは、1つは、AI、IoTを用いた第4次産業革命、もう一つは、世界最先端の健康立国、そして、もう一つが、エネルギー分野の活用、もう一つがスポーツの産業化、観光化、最後の5つ目が、リフォームや空き家住宅の活用、この5つが成長戦略だというふうに、2016年に発表されています。
 つまり、これから成長する分野というのは、多くはなく限られているということです。その中で、スポーツということに目を向けて、そして、2つ目に言った、最先端の健康立国ということに目に向けたときに、この構想が実現できるのではないかというのがスポーツシューレ構想だと受けとめています。
 同時に、産業や観光の分野においても、日本は、まだまだスポーツにおける成長の可能性がありまして、例えば、アメリカで言うメジャーリーグやアメリカンフットボール、ヨーロッパで言うサッカーやラグビー、こういった分野、またはそこからもたらす経済波及効果には、まだまだ日本は追いついていません。つまり、逆にまだまだ成長できるということが十分に可能性としてありますので、その分野について、これだけ交通の要所としてポテンシャルがある大村市だからこそ、チャレンジをするべきじゃないかというふうなことを、このスポーツシューレ構想でやりたいと。それが、新しい地域創生につながるのではないかというふうに考えています。
 2つ目は、じゃあ何でこの大村市で9万7,000人のまちで、身の丈に合っていないじゃないかという話があるんですが、今から20年前にシーハットおおむらの計画、またはその取り組みが進められたときに、大村市の人口は8万人ちょっとでした。100億円の施設をつくるということに、さまざまな議論が議会でも市民の中でもあったというふうに、当時の方から聞いています。ただ、20年後に、今、シーハットがあるからこそ、スポーツコンベンションというものがしっかり広がって、結果的にこの大村市においては、2018年度のスポーツ表彰対象者が小中学生で262名、2019年度は、表彰式は中止しましたが、186名という形で、しっかりと数字にあらわれてきています。
 3つ目は、大村市は、これまで何となく交通の便がいい、何となく子育て支援が充実しているということから、人口が増加をし続けています。しかし、2040年、今から20年後には人口が維持できているか、もしくは減少しているかというようなことが予測をされています。その中で、まちの活気をしっかりと持って、また、市民が大村市に住んでいてよかったと、また外から大村市に行ってみようということを実現をするためには、この成長戦略であるスポーツをする人、見る人、支える人を取り巻く環境を、このスポーツシューレ構想で整えたいということでございます。
 同時に、この総合運動公園内には、当初、3期計画でおおよそ100億円の事業で計画を立てられたもので、1期工事が、今30億円で用買が完了して、まだ事業は全部進んでおりません。その中で、遅々として進まないこの状況の中で、一番活用できる、一番市民が活用して、また、外からも人に来ていただける、それが、新たな方向転換、または計画を見直すことによって実現できるのではないかというふうに考えています。
 当然ながら、財源を短期間に圧縮をするという意味においては、財政負担や財政規律、また計画的な事業をしなければいけませんが、もともと100億円の事業計画を策定して、長くかかれば結果的に100億円、あの計画を実行するにおいては、現時点ではそれ以上かかると思います。それを圧縮して、事業を効率的にすることで効果を発揮することができないかということを考えています。
 3段階目、3つ目がございますが、これらの取組に、V・ファーレン長崎のホームタウン拠点、クラブハウスが加わるということで、相乗効果を発揮できるものというふうに考えています。
 あの土地の近隣には車両基地の駅ができること、または、北部地区、または住宅密集地の周辺ということもあって、今後、北部地域の活性化の大きな拠点になるというふうに考えております。子供たちの教育、大人たちの生涯学習、高齢者の健康寿命の延伸、ひいては、この社会保障費の抑制ということにもつながってまいります。または、新たな観光客を誘致することができる、新たな産業ビジネスを創出することができる、また、松原小学校で特別転入学制度を今実施をしておりますが、例えば、その特化したメニューの中にスポーツ、トップアスリート、もしくは外国人という形の中で、子供たちの交流というものが育まれるということも考えられるというふうに思います。
 いずれにしても、いろんなことを実行していくためには、新しいチャレンジですので、いろんな御意見もあるかと思いますし、御批判もあると思います。そのことをしっかり議会、市民の皆さんの御意見を受けとめながら、協議をしながら前に進めていき、理解をいただければというふうに考えておりますが、やはり、シーハットのこの20年前の計画のときにもあったように、将来を見越して、その中での投資、まちの右に行くのか左に行くのかということを、人口がふえ続けてきた大村市だからこそ、今、まさに未来のまちづくりを、この市議会の中で御議論して、方向性を決定していくということができればというふうに考えております。

「最後に、今後についてご説明致します。」
上記にあります想いと計画を段階的に整備することができないかという交渉と協議を続けてきましたが、整備スケジュール、維持管理費及び使用料負担に対する双方の意見がまとまらず、結果として議案を上程することができませんでした。
今後、大村市総合運動公園については、クラブハウス拠点整備とは別に、当初の計画から20年以上が経過していることを受け、市民や様々な競技団体等の声を改めてお聴きしながら、市民の皆さまにもっともっと利用していただけるような拠点として、スポーツや文化を身近に感じて、自らも参加して、みんなが健康で、観光や経済につながって、教育や夢が広がって、そんなスポーツや文化を活かした街づくりを進めていけるような計画変更を実現したいと考えています。
この間、協議を重ねてきましたV・ファーレン長崎、ジャパネットホールディングス、関係者の皆さま、様々な意見をお聴きしました市民、県民、サポーターの皆さま、長期間に及びご議論頂きました大村市議会に対しまして、心から感謝を申し上げます。
現在、単独首位で頑張っている県民球団を、引き続き、オール長崎で応援していきましょう。


sonoda_hiroshi at 14:48|PermalinkComments(0)

2020年08月04日

【≪令和2年8月4日≫大村市内の新型コロナウイルス感染症患者の発生について、最新情報をお知らせします。】




本日更新、8月4日17時00分時点、8月3日、新たに大村市で3人、長崎県内全体で18人(県内118〜135例目)の新型コロナウイルス感染症の患者が確認されました。
長崎県医師会は、長崎県等と集合契約を結び、近日中に多数の医療機関でPCR検査出来るようになります。「もしかしたら自分が感染しているのでは」と心配されている方は、積極的にかかりつけ医でPCR検査を受け、他人に感染させない行動をとりましょう。
開設時期や検査体制、運用方法等については、今後の協議により決定されます。
県央保健所管轄である大村市としましても、明日、大村市医師会・市立大村市民病院・長崎医療センター・県央保健所・大村市による「大村市地域医療5者懇話会」にて本件について協議を進めます。

本投稿に対して、個人及び周辺情報や企業名等に関する書き込みは、様々な誤った情報や風評被害等を引き起こす可能性もあります。個別メッセージにて対応しますので、ご理解とご協力を宜しくお願いします。

長崎県内の新型コロナウイルス感染症患者の発生について(8月4日現在)・大村市内での発生状況・
県内での発生状況をお知らせします。

1

2




sonoda_hiroshi at 19:18|PermalinkComments(2)

【 市議会全員協議会ー令和2年8月4日ー 】

《V・ファーレン長崎の拠点整備について》
大村市総合運動公園におけるV・ファーレン長崎の拠点整備について、ご報告いたします。
株式会社ジャパネットホールディングスが、7月30日付けで、大村市クラブハウス構想計画の中断を発表しました。
これを受け、市におきましては、V・ファーレン長崎拠点整備を踏まえた大村市総合運動公園の整備計画を白紙といたします。

Vファーレン



《令和2年7月豪雨に係る追加の予算措置》
令和2年7月豪雨に関する予算につきましては、7月8日付けで3億円の補正予算の専決処分を行ったところですが、早期復旧に向け、7月31日付けで、更に3億円を追加する補正予算の専決処分を行いましたので、ご報告いたします。
なお、災害対応について、国や県から災害現場の調査協力をいただいており、今月中旬以降は、佐世保市、五島市から職員派遣の協力をいただく予定です。そのほか、本市退職職員についても、協力を求めている状況です。

災害



《本市における新型コロナウイルス感染症患者の発生について》
本市における新型コロナウイルス感染症患者の発生について、ご報告いたします。
去る7月30日、本市では初めて、長崎県内では68例目となる、新型コロナウイルス感染症の患者が確認されました。
その後、7月31日に8人、8月1日に4人、8月2日はゼロで、8月3日までに県が公表した感染者の累計は13人となりました。
こうした状況を受け、本市では、速やかに、市民への情報提供と注意喚起を実施しております。

コロナ



《「大村市陸上自衛隊水陸機動団誘致期成会」の設立について》
7月29日に、「大村市陸上自衛隊水陸機動団誘致期成会」を設立しましたので、ご報告いたします。
先般、自衛隊の部隊改編により、陸上自衛隊竹松駐屯地の隊員が減員され、本市としては、地域活力の減衰、地域経済の停滞などを大変危惧しているところです。
このような状況を踏まえ、市内民間団体の皆さまにご列席いただき、「大村市陸上自衛隊水陸機動団誘致期成会」の設立が全会一致で承認されました。
今後、陸上自衛隊水陸機動団の誘致を実現し、本市の更なる発展を目指すため、官民が一体となって国などに対して積極的に要望活動を展開してまいります。

1

2

3

4



《スマートシティの取組について》
経済産業省に申請しておりました「地域新MaaS(マース)創出推進事業」につきまして、「不採択」との通知がありましたので、ご報告いたします。
この事業は、経済産業省がスマートシティの実現に向けた取組として、新しい移動サービスの実証実験や分析を行う地域を募集していたものです。

スマートシティ



sonoda_hiroshi at 18:07|PermalinkComments(0)

2020年08月03日

【≪令和2年8月3日≫大村市内の新型コロナウイルス感染症患者の発生について、最新情報をお知らせします。】

本日更新、8月3日17時00分時点、大村市の新たな感染者は0、現在の医療体制、検査体制強化、病床確保、感染拡大防止と地域経済との関係等についてお伝えします。
本投稿に対して、個人及び周辺情報や企業名等に関する書き込みは、様々な誤った情報や風評被害等を引き起こす可能性もあります。個別メッセージにて対応しますので、ご理解とご協力を宜しくお願いします。



8月2日、新たに長崎県内全体で5人(県内113〜117例目)の新型コロナウイルス感染症の患者が確認されました。なお、大村市内で新たな患者は確認されませんでした。

《長崎県内の新型コロナウイルス感染症患者の発生について(8月3日現在)》



sonoda_hiroshi at 21:22|PermalinkComments(0)

shicyo



無題


69c410de


e6380eea




【 Data 】
昭和52年2月18日生まれの43歳です。
妻、長男、次男の4人家族です。
大村市生まれ
みずがめ座
A型

【 Access 】
〒856-0827
大村市水主町2丁目1025-4
tel/fax
0957-52-7300
e-mail
info@sonoda-hiroshi.jp

【 History 】
⇒大村市立中央保育所
⇒大村市立竹松小学校
⇒大村市立郡中学校
⇒長崎県立大村工業高校
⇒大村看護高等専修学校
⇒福岡看護専門学校
⇒大村市立病院(現 市立大村市民病院)
⇒医療法人カメリア大村共立病院
⇒平成19年 大村市議会議員 1601票 当選(1期目)
⇒平成23年 大村市議会議員 1662票 当選(2期目)
⇒平成26年 大村市長選挙  10116票 落選
⇒平成27年 大村市議会議員 4437票 当選(3期目)
⇒平成27年 大村市長選挙  23339票 当選(1期目)
⇒令和元年 大村市長選挙 無投票再選(2期目)

【 Works 】
☆大村東彼防衛協会 会長
☆大村湾をきれいにする会 会長
☆長崎県立大村工業高校同窓会 理事

【 Soul 】
重度の身体障がい者だった父と、花のお世話と草むしりが大好きな母のもとに生まれました。
高校卒業後は、父のように様々な病気や障がいに苦しむ方々を、少しでも笑顔にしたいという想いで看護師になりました。
みんなで街づくりに声をあげる、参加する、広げる、オール大村の街づくり「オモシロキ コトモナキ世ヲ オモシロク」を掲げ、市議会議員を3期8年、現在、市長を務めているそのだ裕史です。


マニフェスト改定


マニフェスト2019ウラ


omote


ura


S__3645446


S__3645447


manifesto_omt


manifesto_ura-1


“そのだ裕史 マニフェスト2015”「表」 pdf
2015マニフェスト表

“そのだ裕史 マニフェスト2015”「裏」 pdf
2015マニフェスト裏


“そのだ裕史 続・マニフェスト2014”「表」 pdf
続マニフェスト2014 表


“そのだ裕史 続・マニフェスト2014”「裏」 pdf
続マニフェスト2014 裏


“そのだ裕史 マニフェスト2014”「表」 pdf
omote


“そのだ裕史 マニフェスト2014”「裏」 pdf
ura