【重要度1】
◆ソシエテ・ジェネラル証券+ABNアムロクリアリング東京証券の2017年6月限日経225先物建玉損益分岐点推移(日次ベース):
ソシエテ及びアムロの6月限日経225先物の建玉の損益分岐点をまとめています。
(2017年3月10日(金)より6月限適用。12月限+3月限継続バージョン。)
SGAMRO
2016年12月9日(金)~2017年3月21日(火) 
●Blue Line⇒アムロの期近日経225先物建玉損益分岐点(単位:円) 
●Red Line⇒ソシエテの期近日経225先物建玉損益分岐点(単位:円) 
●Orange Line⇒期近日経225先物5日移動平均線 
●ローソク足⇒期近日経225先物(単位:円)   

◆ソシエテ・ジェネラル証券+ABNアムロクリアリング東京証券の2017年6月限日経225先物建玉推移(日次ベース):

ソシエテ及びアムロの6月限日経225先物の建玉をまとめています。
(2017年3月10日(金)より6月限適用。12月限+3月限継続バージョン。)
SGAMROI
2016年12月9日(金)~2017年3月21日(火) 
●Blue Line⇒アムロの期近日経225先物建玉(単位:枚) 
●Red Line⇒ソシエテの期近日経225先物建玉(単位:枚) 
●Green Line⇒ソシエテ+アムロの期近日経225先物ネット売買高(単位:枚)
●Orange Line⇒期近日経225先物5日移動平均線 
●ローソク足⇒期近日経225先物(単位:円)

【ソシエテ+アムロ6月限日経225先物建玉損益分岐点相対比較】
①アムロ:
6月限日経225先物建玉 :+10,525枚買い越し建玉
6月限日経225先物建玉簿価:+2,029億円買い越し
6月限日経225先物建玉簿価評価
:+4億0,799万円評価益
6月限日経225先物建玉損益分岐点:19,281円24銭以上
②ソシエテ:
6月限日経225先物建玉 :+16,817枚買い越し建玉
6月限日経225先物建玉簿価:+3,233億円買い越し
6月限日経225先物建玉簿価評価
:+15億6,611万円評価益
6月限日経225先物建玉損益分岐点:19,226円87銭以上

ネット建玉:+27,342枚買い越し
ネット簿価:+5,262億円買い越し
ネット損益:+19億7,410万円評価益
(買い+19億7,410万円、売り0)
④6月限日経225先物建玉反転日:
ソシエテの買い越し建玉:67営業日目
アムロの買い越し建玉:34営業日目
ソシエテは建玉の反転無し。
2016年12月15日(安値18,990円):アムロは売り越し建玉から買い越し建玉に反転させる。
2016年12月21日(高値19,480円):アムロは買い越し建玉から売り越し建玉に反転させる。
2017年03月07日(安値19,160円):アムロは売り越し建玉から買い越し建玉に反転させる。   
引き続き建玉の反転(≒相場の反転)には注視したいです。

噴いたら売り、押したら買戻すトレード継続(当日の両社のネット売買高)。
2017年1月04日:前日比+540円高(ソシエテ▲1,362枚売り/アムロ▲5,198枚売り)
2017年1月19日:前日比+270円高(ソシエテ▲410枚売り/アムロ▲2,161枚売り)
2017年1月26日:前日比+390円高(ソシエテ▲1,716枚売り/アムロ▲3,162枚売り)
2017年2月01日:前日比+210円高(ソシエテ▲552枚売り/アムロ▲53枚売り)
2017年2月10日:前日比+470円高(ソシエテ▲1,622枚売り/アムロ▲2,693枚売り)
2017年3月01日:前日比+260円高(ソシエテ+210枚買い/アムロ▲2,389枚売り)
ソシエテ、アムロとも前日比大幅高ではネットで売り越し対応⇒下落後買戻すトレードの繰り返し。
本日ソシエテはネットで+1,934枚買い越し、アムロもネットで+2,682枚買い越し≒+4,616枚買い越しにより両社のデルタはロングに転じましたので一旦戻りを仕掛けて来るポジションにはなっています。
但し、BOX継続の為、噴いたら両社の売りが入る≒再度下落⇒買戻し後⇒噴くの繰り返しですので、下落では悲観せず、上昇でも楽観せずのままです。

重要度は、1(最重要:知っておいてください。)、2(重要:読んでおいてください。)、3(普通:目は通しておいてください。)、4(やや普通:時間があったら目を通してください。)、5(読み物程度です。)になります。

◆いつも読んで頂きまして、ありがとうございます。
応援Oneクリック頂けましたら、幸いです。

にほんブログ村

日経225先物 ブログランキングへ