台北花博への出展4

2009年11月22日

物理的次元、そして別次元である夢、すべての記憶は同時に存在する

聊齋2
宇宙人のみなさん、

ごきげんよう。


精神世界の案内人、異次元空間創作家の 安 藤 龍 二です。



今夜は僕が体験した不思議な体験を一つをご紹介いたします。


この体験も一般的に「気のせいじゃないの!?」、という簡単な一言で済まされてしまうことが多いのではないでしょうか。

たぶんあなたも僕と同じような体験をしているかもしれません。
ただ、あまり気にしていないだけの話だと思います。


このような体験に、あなただったらどのような意味を与えるのでしょうか。

僕のこの体験も、私たちの宇宙を知るための一つの手がかりになるかもしれません。



それでは、今夜も精神世界の扉を開きましょう。


僕は、中国の清の時代に蒲松齢によって書かれた短編小説である『聊斎志異』が大好きです。

内容は当時民間に伝わっていた狐や狸、花、蝶などの精、仙人、幽霊・・・などの不思議な話をまとめた小説集です。


僕は、ここ数年の間にテレビドラマ化されたものやもっと昔にドラマ化されたもの、映画化されたものもDVDで見ています。


今年の秋に購入した『聊斎2』は、DVD5枚の中に6話入っていますが、第1話の『蓮香』を見終えて、次の第2話『胭脂』の始まりの段階で僕は気づきました。

・・・・・
この第2話の『胭脂』は、僕が既に見ていたものだったんです。


このストーリーも、俳優の顔も、女優の顔もその役の名前も、そして次にどのようにこの物語が展開していくのかも既に知っていました。

どうして6話入っているDVDの中に以前見たものがダブってこのDVDの中に入っているのか不思議に思いましたが、僕はそのまま続けて見ました。

この日は休日だったので、『胭脂』の1回、2回、3回、4回、5回、6回(終)まで続けて見ました。



「やっぱりそうだ。これは絶対以前見ている。でも、どのDVDに入っていたのか思い出せないけど、何話か一緒に入っているDVDだったことは確かだ。」僕はそう確信しました。

僕はすぐにDVDが入っている棚の中を探してみました。

1本、1本棚から取り出して確認したのですが、どうしても僕が見た『胭脂』が入っているDVDが見つかりません。


結局、何話か一緒に入っている『聊斎志異』のDVDには、『胭脂』は入っていませんでした。単品のDVDも見てみましたが・・・

・・・そうなんです。いくら探しても見つからなかったんです。



僕がここ数年で買ったテレビドラマ化された『聊斎志異』DVDは一昨年に購入した『聊斎』、昨年は『聊齋奇女子』そして今年の秋に購入した『聊斎2』です。

その他の『聊斎志異』のDVDは、ずっと昔にテレビドラマ化されたり、映画化されたものであったり、とにかく映像も古いものなので、僕が見た『胭脂』がその中に入っているはずもないのです。


精神世界の探求者であるあなたは既に気がついていると思いますが、物理的次元で僕が『聊斎2』の中の『胭脂』を見る以前に、既に見てしまった『胭脂』とはこの『聊斎2』の中の『胭脂』なのです。



この現象を精神世界ではこのように説明します。

みなさんが存在している物理的次元を含む意識の世界では、すべては同時に起こっています。

そしてその中には、気が遠くなるほどの数ある分裂した宇宙が存在しています。

僕が見た『聊斎2』の中の『胭脂』は、その気が遠くなるほどの数ある分裂した宇宙の一つの体験に過ぎず、それが記憶の中に残っていたというだけの話なのです。


この現象は複雑でもなんでもない、とても単純な現象なのです。

「デジャヴ」、「デジャブ」、「デジャヴュ」とか聞いたことあると思います。

これもよく体験されていることですが、確かにどこかで見たことがある、でもいつなのか、どこで見たのか思い出せない、・・・そうだ、以前夢で見たことがある。

これを既視感といいます。



これも別次元での体験に過ぎず、特別なことでもなんでもないということが、理解できるのではないかと思います。

それにしても、『聊斎2』の『胭脂』1回(45分)〜6回(終)のトータル時間は270分もあるんです。

これを物理的次元で見るには、休日の前日か休日を利用する以外、僕には見ることができない270分です。

しかし、夢という別次元でこれを見たのであれば、ほんの一瞬のことでしょう。


あなたにもこのような不思議な体験をしているのではないかと思います。

でも、多くの場合、「気のせいじゃないの!?」、という簡単な一言で済まされているのではないでしょうか。



それでは、宇宙人(創造主)のみなさん、

ごきげんよう。

sonzai3 at 19:48│Comments(0)TrackBack(0) ・・・「精神世界」の扉・・・ | ・・・精神世界の案内人、「龍さん」の体験(創造)・・・

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
台北花博への出展4