痛みとしびれの治療院 ソフィア整骨院 ぶんと院長の日記 東高円寺 腰痛 ひざ痛 坐骨神経痛 

ここは東京・杉並区東高円寺にある痛みとしびれの専門治療院“ソフィア整骨院”。 新聞奨学生から身を興し、虎視眈々と地域ダントツ一番の治療院を目指す古川ぶんとが繰り広げる狂喜乱舞の治療劇。 とくとご覧あれ!

光あるところには必ず

「光あれば必ず影あり。光強ければなお一層濃い影が」

隣の芝は青く見えると言うが、ただ成功だけを願う人には成功者の「影」の部分が見えない。
成功の階段を上るためには、それなりの影を飲み込まなくてはならない。
それは時に苦しくて辛くて耐え難い果実。

果たしてその果実を飲み込むだけの器が自分にはあるのか?
自分づくりが成功のキモです。

人に始まり人に終わる。それが・・・

今のボクは徹底的に「人」にこだわって生きています。
この思想は、人は人で磨かれ、人によって成長し、人によって生かされているという経験則からきています。
残念ながら学生時代は「人」をおろそかにしていました。
若い時にこの事実に気付いていれば、ボクの人生はもっと大きく変わっていたかもしれませんね(笑)

人に始まり、人に尽くし尽くされ、人に終わる。
それが人生。

だからこそ、若い人に言いたい。
「人」を大切にし、「人」を磨け!

この場合の「人」とは、自分であり且つ他人ということです。
640x640_535550

自ら燃える人になれ

怠け者のボクにとって、ぬるま湯は厳禁です。
一度安住の地に腰を下ろしてしまうと、弱い自分に甘え己に負けてしまうからです。

だから、ボクは常に自分を戦場に置いています。
ライバルを意識的に作り、競争に身をさらしています。
己の怠け心を打破するために。

「小児を育てるには三分の飢えと寒」by 養生訓

健全に生きていくために、子供だけでなく大人にもある程度の負荷をかけることは必要なのではないでしょうか。
負荷を払いよけようとする力が「進歩欲」の源だと思います。
64ae0658


8月8日本気の朝礼より

栄枯盛衰

患者さんの数が増える。
  ↓
忙しくなる。(繁盛期)
  ↓
流れ作業になる。
  ↓
人をモノとして扱う。
  ↓
患者さんの数が減る。(衰退期)
  ↓
ひとりひとりの患者さんと向き合う。
  ↓
患者さんの数が増える。


結局、成長しない治療院はこの繰り返し。

ダイエットのコツ

「先生みたいにマラソンでダイエットしようと思ってるんです」
ボクのやせた体形を見て、勘違いをされる患者さんがたまにいます。

というわけで、誤解を解くためにひとつ

「ボクはマラソンをするためにダイエットしてるんです

実際、マラソンでやせようとするのは割に合いません。
運動だけで体重を落とそうとするのは無駄な労力です。

ダイエットの本質は食事を変えることです。
今主流の糖質制限(軽め)がいいと思います
摂取カロリーを減らすのではなく、糖質の摂取量を減らすことです。(目標一日60〜80g)
とくに主食であるご飯、パン、麺類などの炭水化物を一日一食もしくは二食に制限することです。

同様に、標準体重をオーバーしている人がいきなり走り始めると速攻ケガをします。
食事をコントロールしてある程度適正体重に戻してから運動を始めましょう。
運動のブランクがある方はムリをせず、ウォーキングから始めるといいのではないでしょうか。

自分は悪くない。悪いのは・・・

この何日かで、たまたま人生でツマズイている二人の人に出会った。
もちろん、悩みの内容、性別、年齢、性格は違うわけだが。
話を聞いていると、悩み深き人の本質が垣間見える。

お二人に共通していたのは、
〕不尽さへの耐性の欠如
⊂さなことを積み重ねることの軽視

だが悲しいかな。
周囲への不平不満を訴えることに没入している彼等に、その事実を受け入れるキャパはない。

「自分は悪くないです」

「そうだね。ありのままの自分を大切にしなきゃね」

ボクはニコっと笑って話を切り上げました。
20160821-top



戦わない人

オトナになってもヤバい人の特徴は、目の前の困難から「逃げる」、「隠れる」。
要は弱い。
生きていく強さがない。

若いうちに正々堂々と戦って、コテンパンに負ける。
しっかりと打ちのめされる。
力のある人と非力な自分との実力差を思い知らされる。
屈辱的な思い。

そんな体験があって初めて人は強くなろうと決意するのです。

7月6日本気の朝礼より

大人になるということ

大人の特権は「自分の人生はすべて自分で選択できる」ということ。
それが「自由である」ということです。

自由とは、自分の力に由るだけのphaseに到達した人間に与えられた権利です。
よって、何らかの「力」を保有しているということが大人の絶対条件になります。

7月5日本気の朝礼より

自分の居場所

自分の居場所を見つけようと思ったら、
「好き」とか「おもしろそう」といった基準でものごとを選ぶと失敗します。

暇つぶしや趣味でやるならいざ知らず、
仕事や将来の方向性を決める際には、「自分の得意なこと」を基準に決断した方がうまくいく確率が高いと思います。

実際、成績や結果は好きとか嫌いとかと関係ない。
陸上競技に向いている人がプールで勝負したら絶対に負けます。
当然、逆もまた然り。

「この場所なら絶対に自分は勝てる」
自分が一番になれるリング(舞台)を見つけて、そこで徹底抗戦すべきです。
努力の方向性を間違えないことです。

世の中に必要とされていることで、自分が得意で役に立てること。
そこを掘り下げていくことで天職に巡り合えると思っています。
wacky2018_01-500x500
ガンバレ悩める高校一年生

君の本気は必ず誰かが見ている

社会とは自分の等身大を映す鏡のようなものです。

そしてその中でも、仕事における評価は資本主義社会において己の正当な評価に近いものだと思います。

よって、「仕事=自分の人生」という価値観が私のバックボーンにあります。

6月28日本気の朝礼より



院長・古川ぶんと

治療エンターテイナ...

ソフィア整骨院紹介
記事検索
Recent Comments
Archives
院長のJogNote
僕たち愉快な治療家集団
untitled





ソフィアクルー求人情報
Categories
相田みつを師
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ