痛みとしびれの治療院 ソフィア整骨院 ぶんと院長の日記 東高円寺 腰痛 ひざ痛 坐骨神経痛 

ここは東京・杉並区東高円寺にある痛みとしびれの専門治療院“ソフィア整骨院”。 新聞奨学生から身を興し、虎視眈々と地域ダントツ一番の治療院を目指す古川ぶんとが繰り広げる狂喜乱舞の治療劇。 とくとご覧あれ!

陰徳陽報

毎日の行動を決めるとき、「善悪」と「損得」の二軸があるとしたら、私は「善」で「損」をする行動を選択するようにしています。

最悪なのは「悪」で「得」する行動です。
やましい行いで自分だけが得をするような行動は、周囲の協力を得られないばかりか自分の身も滅ぼします。

7a8a131e
4月20日 本気の朝礼より

自分で決めろ。間違ってもいいから

「自分の人生は自分で決める」
至極当たり前のことですが、できていない人が多いように思います。

すべては決断です。
決断に合ってるも間違いもありません。
人の犯す間違いとは決断しないことです。1569707330
4月19日 本気の朝礼より

ゲーム・アニメ・漫画

169395_02
「人は現実に行き詰まるとファンタジーに逃げる」

正月休みのテレビで録った「君の名は」。
世の中に広く受けいれられているコンテンツは一応チェックする習慣あり。

以前見た時には、不覚にも途中で寝落ちしてしまった。
マラソンシーズン中ということで、その時は単に疲れていたからだろうと高をくくっていたのだが。
二度目の再戦も、途中で見るのがきつくなり消してしまった。

まだ序盤の段階で消してしまったので、話の展開もよく分からない。
隕石が落ちるのだろうか?
主人公の少年と少女は結ばれるのだろうか?
よく分からない。(まぁわからなくても自分の人生には問題ない)

自分の脳ミソには何も引っかからなかった。
が、なぜこの映画は大ヒットしたのか?

たしかに映像はキレイだった。
映画館の大スクリーンで観たらもっと違う印象だったかもしれない。
ただアニメはアニメ。
現実感のないキレイさであり、オッサンはそこに何らかのカタルシスを見いだせなかった。

気になったのは、見えるか見えないかのチラリズム。
この映画、ヒロインの女子高生のスカートが短いから流行ったのではないか
もし女子高生のスカートがヒザ下20cmだったらどうだ?
(実際、田舎に住む女子高生があんなに短いスカートを履くとは思えん。)
何故か日本のアニメに出てくる女子学生のスカートは短い。
それだけこの手の需要が多いのだろうか

つかの間のファンタジー体験はこうして終わりを告げ。
「現実の中でしかオレは生きられない」
そう心に決めたオッサンは、短パン・ランシャツに着替えて初夏の暑さの中へジョギングに出かけましたとさ。。。

めでたしめでたし

知恥而近勇

「恥を知るは勇に近し」

「恥」とは不快感のことです。
「勇」とは進歩しようとする意志のことです。

人は恥をかくから、(その不快感を乗り越えようと自ら行動し)進歩するのです。
だから、恥をかけない人間は伸びません。

恥をかく能力には臨界期があります。
幼いうちにその能力を身に付けないと。
大人になってからでは遅いです。

「褒めて伸ばせ」
いつも親から褒められている子どもはヤバイです。
親は良かれと思って褒めているのでしょうが、褒めることは子どもから不快感を取り上げる行為です。
子どもは不快感が生じません。
そのうち、子どもは不快感が生じる場面から逃げるクセがつきます。

不快感に直面した時に立ち向かうのは、精神が成熟している証拠。
不快感から逃避しようとするのは精神性の未熟さゆえです。

その人間の強さ弱さを見たかったら、土俵際に立たせてみたらいいと思います。
成熟した人間は逃げません。
未熟な人間はへ理屈を言って逃げます。

しばらく合わない間に、子どもがおかしなことを言い始めました
「まだ本気出してないだけ」

危ない兆候です。

幸福とは

「幸福」とは、自らが進歩した時、あるいは自らの行動で価値を獲得した時に生じる「喜び」のことです。
例えば、レースで目標を達成したランナーは何とも言えぬ喜びに包まれます。
それが幸福感の正体です。

しかし、そこにはひとつの落とし穴があります。
それは、自分が行動しなければ幸福になれないということです。
誰かが自分を幸福にしたり、自ら行動しない人間が幸福になることはないのです。
自らが進歩したことを実感した時に生ずる快感が「幸福」なのですから。

人間は進歩することを宿命づけられています。
自分を人間的にも社会的にも価値あるものにしたければ、進歩するしかないのです。
日進月歩
3月22日本気の朝礼より

2018板橋Cityマラソン

18-03-18-07-52-53-901_photo
昨日は今シーズンのラストレース
The・板橋Cityマラソン2018
かれこれ4回目の出場。

今回のレースに向けて、東京マラソン後も適度にポイント練習を入れ走力を維持してきた。
仕事による肉体疲労も何のその。
東京前より抜けていた感じあり

自己記録(3時間6分50秒)の更新をmustの目標に
とは言うものの。
とりあえず、東京マラソンが不完全燃焼だったので自分の納得のいく走りを。
ラストレースで後悔しないように
IMG_20180318_082225
毎年、この大会は春のもわっとした暖かさと復路の向かい風が風物詩。
が、昨日は奇跡的にほどよい気温と微風に恵まれマラソン日和に

目標の3時間6分50秒を達成するために。
スタートからひたすら4’25”/kmのイーブンペースでガマンガマン
もうひとりの自分と対話しながら気分よく。
かつ、カラダの望むペースを殺さずに。
10kmもすると自動運転に切り替わった

そんなこんなで前半から中盤までは事前の想定通りに走れたが、
(このあたりの詳しい話は省略。何にも覚えてないから
やはり今回も30劼諒匹大きく立ちはだかった

120
「脚にキターーーー」
ついに魔の時が来た。
30〜40劼龍茣屬埜事にペースダウン
キロ4’30”を維持するのが精一杯
いったい最初のルンルン気分はどこ行った
キャプチャ12

苦しい時の戦法は決まっている。
自分よりも速いペースのランナーを見つけては後にピッタリとついていく。
ぶんと院長の十八番“ストーカー走法”
キャプチャ25
まさにそこは地獄のハイウェイ
足が売り切れたランナーから脱落していくサバイバルゲーム。
生き残るためには歩を他人より前へ前へ進めるしかないのだ
キャプチャ3

キモチが途切れないように毎給水所で頭から水をかぶった。
それでも40kmの時点で頭が半分おかしくなっていた。(いや、いつも)
肉体はガス欠寸前、ツラさで集中力も途切れかかっている。

まさに刀折れ矢尽きた感あり
もはやここまでかと観念しつつも。
その時脳裏に激が飛ぶ。

「自分に負けんのか
「くやしくないんか、男やろ

ありがたい。走りの神の愛のムチだ
そうだ忘れていた。
週6日の1日14時間労働、少ない練習時間の中でオレは寝食の時間を削って練習してきたではないか。
あの努力をムダにするわけにはいかない。
そう。オレは根っからの貧乏性

「最後ぶっ倒れてもいいじゃないか。カッコ悪くたっていいじゃないか」
「オレはやる。狂ったように走ってやる

日本時間、3月18日、11時58分。
ボクは暴走機関車になった
fb88f346ce8c1923b5c18484212e160b_400
走れエロス。いや走れメロス。
新聞配達時代を回顧する。
プレスカブでアクセル全開状態

心臓が痛い。
とんでもなくバクバクしている。
これ以上ないくらいキツくなってキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
が、カラダは、足は奇跡的に動くのだ。

実際、ラスト2.195劼竜憶がまったくない。
何も覚えていない。
何を見たか、何が聞こえたか、何を発したか、何を感じていたのか、
いくら振り返ってもボクにはわからない。

いやひとつだけはっきりと覚えている。
「死ぬほどキツかった
キャプチャ321

気が付くとゴールのゲートが遠くに見えていた。
ラスト400m。
さらにアクセルを踏み込む。
チキンレースは途中で下りた奴が負けるのだ。

ラスト200m、地面は不整地に変わっていた。
踏み込む足元が滑りまくる。
でもそんなの関係ねー。

ラスト100m。
前方の女子ランナーが視界に入る。
「必ず追い抜く!」
オスの本能。
最後の伝家の宝刀は本能の強さだ(これを本能寺の変という)
今シーズン最後のストーカー走法炸裂

おケツに必死のムチ打ち。
女子もオレの殺気を感じたのだろう。
必死に逃げる逃げる
追いかける男と追われる女。
この世の縮図

その時沿道から聞こえた。
「かわいそうだから追い抜かないであげて〜
オバサンの悲鳴。
(そんな応援初めて聞いたyo

オレは叫んだ。
「やだよ。追い抜くからー!」
フォームもクソもない。
もうここまできたらぶっ壊れても構わない。
恥も外聞もない。
オレは公衆の面前でこの女を仕留めるのだ

ゴール手前10m。
オナゴを捕らえた。
しっかり差し切った。
そしてガッツポーズでゴール
キャプチャ

ゴールした瞬間、いきなりノドの奥からこみ上げた。
苦いものを道脇に吐き出した。
東京マラソンの無念とともに。
46
3週間前の東京マラソンの記録を45秒上回った。
たかが45秒、されど45秒の世界。
ラスト2.195kmを死ぬ気で走った人間にしか分からない世界。
たしかにそこにはリアルな世界があった。

このわずか45秒を手に入れるために、ボクは死ぬ気で走った。
そして手に入れた。
お金では決して買えない45秒。
ボクだけの勲章になった

残念ながら、自己記録には9秒届かなかった。
が悔しさはまったくなし。
やりきった。
今回の結果に満足している。
非常に嬉しいキモチ
ボクにとってすばらしい一日になった
キャプチャ1

結果にたどり着けるのは・・・

ab156b476b9b27965e4bff10f27d3ba6
「なんとしても二階へ上がりたい。どうしても二階へ上がろう。この熱意がハシゴを思いつかせ、階段をつくり上げる。上がっても上がらなくてもと考えている人の頭からは、決してハシゴは生まれない。」 松下幸之助

この世の中は迷図である。
行き止まりの袋小路に行き当たることもあれば、高い壁に行く手を阻まれることもある。
その時こそが人の胆力の試され時である。

einstein
「結果というものにたどり着けるのは、偏執狂だけである。」 アインシュタイン

一意専心。
選択と集中。
ひとつのことに没頭する。その他のことは捨てて。
20170115_100956
「試練は人を磨く砥ぎ石」 古川・アインシュタイン・ぶんと

困難から逃げない。
隠れない。隠さない。
戦う。
やり切る。

東京マラソン2018(写真)

18-03-11-21-17-20-234_photo
東京マラソン2018の写真が出来上がったので院内に掲示してあります
興味のある方はぜひご覧ください。(あんまりいないかハハハ

1280x853xc9118263a6d7892cfdafb3f
そう言えば。
完走後、日比谷通りに戻ってランナーの応援をしていたら、平野ノラさんの仮装ランナーに出会いました。
ちゃんと肩からショルダー型の自動車電話をかけて、「しもしも〜」って言いながら走ってました(笑)
で、なりきりよろしくサービス精神も旺盛
沿道の観客に何か配っていたのでボクもあわてて貰いました。
18-03-11-21-18-00-639_photo
それがこれ。
「Oh!ワンダフー
完走メダルよりも嬉しかったです

人生いろいろ、痛みもいろいろ

健康ナビ18_3
毎月原稿を書いているが、いつもあとから読み返すと手直ししたくなる
が、半年に一回くらい文章の神様が憑依してうまく書ける時がある
「オレって文才
それはない。が自画自賛(笑)

〈タイトル〉
人生いろいろ、痛みもいろいろ

〈リード〉
今月号の相談は「施術を受けるときに自分の痛みをうまく伝えられない」というもの。
さっそく、ソフィア整骨院の古川ぶんと先生に聞いてみた。

〈本文〉
Q 治療院で自分の症状を伝えるときにうまく相手に伝えられません。
どのように表現すればいいのでしょうか。


A 最初に、痛みとは常に主観的で個人的な体験であることを理解してください。
たとえば腰の痛みを「腰痛」とひとくくりにして表現しますが、それでは痛みの状態を正確に判断することはできません。

そもそも、痛みとは「不快な感覚性、情動性の体験」と定義されており、「腰が痛い」という人を百人集めたとしても、そこには百通りの症状や痛みの感じ方があるのです。

だからこそ、問診の際にはどこが痛いのかだけでなく、「どのように感じているのか」「どんなことをツラく感じているのか」「どのような気持ちなのか」「どんなことにストレスを感じているのか」、自身の感じている痛みを主観的な表現でいいので包み隠さずに伝えてください。

治療家が知りたいのは「腰痛」ではなく、腰の痛みを訴えている目の前の「あなた」なのですから。

Q 痛みを客観的に測定することは難しいということなのでしょうか。

A 医学は日進月歩で発展しさまざまな分野で機械化されていますが、痛みはあくまでも個人の「体験」に根差すものであり、レントゲンやMRIなどの画像検査でその全容を説明することはできません。

痛みとか不安とか抑うつとか、人が感じていることを他人が客観的事実として断定することはできないのです。
われわれ治療する側もそのことを踏まえて患者さんに接しなくてはいけません。

Q 日常生活でのストレスも痛みに関連してくるのでしょうか。

A 痛みが情動的なものである以上、仕事や人間関係、介護などのライフストレス、またはマラソンレース前や試験前などのイベントストレスが痛みに関係することもあるでしょう。
要は日常生活でのツラさが痛みになるし、悲しみが痛みにもなるし、怒りが痛みとしてカラダに投影されることもあるということです。

不安は痛みを強くし、安心感は痛みを和らげます。
われわれ治療家に望まれるスタンスは、痛みの疾病観察ではなく「傾聴」と「共感」を主体にした人間観察であると思っています。

たかが人生。されど人生。

はたして人生に高尚な意味などあるのだろうか?
いくら考えてみたところで、ボクのような凡人には何も気の利いた答えなど出てこない。

何の因果か分からないが、たまたま父タケシと母ミツヨの間に生を受け、幸いなことに大事故や大病に巻き込まれることなくここまで生きのびてきただけ。
そうなのだ。
もともと凡人の人生に意味などないのだ。

「たかが人生」
生きているのか死んでいるのかわからないようなお粗末な人生を送っていた頃。
「たかが人生じゃないか」
そう考えると気がラクになったものだ。

だがその一方で、日々ぼんやりと生きていても退屈だから(少なくともあと40年は生きなければならない)、何かしらそれらしい目的を持って少しでも人生を意味あるものにしようと、今は日々奮闘している。
「されど人生」
たしかに、40の声を聞くようになってから、世のため人のためにもっと進歩したい、成長したいという欲求に突き動かされるようになっている。

ただ、それが本能的なものなのか、社会的な成長によるものなのか。
はたまた不惑にありがちな一時の気の迷いによるものなのか。
凡人はそのあたりの考察もままならない。

「たかが◯◯」と「されど◯◯」をつなぐ架け橋。
それが夢や目標なんだと思う。
夢や目標に向かって努力する生き物は人間の他にいませんからね。
意味のない人生を意味のある人生に変えていく。
それを意識できるか否かが人を分ける分水嶺なのでしょう。

今日は3月11日。
もう7年も経ったんですね。
あの頃より、少しはボクも成長できたかな?
「たかが人生」と厭世的に生きている人も、今日だけは「されど人生」と重い腰を持ち上げて、一歩でも前に進んでみませんか。
それが生きたくても生きられなかった人たちへの供養になると思います。
院長・古川ぶんと

治療エンターテイナ...

ソフィア整骨院紹介
記事検索
Recent Comments
Archives
院長のJogNote
僕たち愉快な治療家集団
untitled





ソフィアクルー求人情報
Categories
相田みつを師
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ