2014年07月06日

シリーズ:中世のミサ曲(5)「クレド」

皆様こんにちはー。副顧問のたろうです。
訳あって1日遅れましたが、ミサ曲シリーズの更新をします。



さて、今回は「クレド」についてです。
クレドは日本語では「信仰宣言」呼ばれます。

読んで字の如し、ですが、「私は神を信じます」という内容で、
ミサの中では前半部分の最後に唱えられます。
ミサ曲の中ではグローリアの後に演奏されます。



ミサ曲の中の「クレド」の特徴ですが、歌詞がとにかく「長い」です。

写真は私の持っているミサ曲の解説本の1ページですが、
左ページの上がキリエ、その下がグローリア、
右ページが全部クレドです。(しかもさらに次のページに続いています)

ミサ曲


歌詞は

 Credo in unum Deum (私は唯一の神を信じます)

という言葉で始まるのですが、
その後に「神」の言い換えや説明がたくさん続きます。

歌詞が多いので当然曲も長くなります。
多くの場合、ミサ曲の中で一番長い曲はこのクレドです。



 ◆「あのー、すみません。質問があります」

あ、こんにちは。なんでしょうか(今日は登場早いナ)

 ◆「歌詞の写真を見たんですが、キリエとクレドの差がすごいですね」

そうですね。行数で3倍以上ありますからね。

 ◆「こんなに差があると、ミサ曲を作る時は全体のバランス調整が大変そうですね」

確かに。そのまま作ったらグローリアとクレドばかりが目立つ曲になってしまいますね。



でも、それを解消するためのテクニックが、実は中世の頃から存在します。
「メリスマ」って分かりますか?

 ◆「料理とかコントとかをやる、某アイドルグループのテレビ番組?」

・・・・・・スマスマですね(古っ!)

 ◆「冗談です。授業でやりました。なんかこう、

   『あーーーーーーーーーーーれるーーーやーーーーー』

   ってやつですよね」

そうですね。歌詞の一音節に複数の音をあてる作曲、または歌唱のことです。



キリエではこのメリスマが使われている曲が非常に多いのです。
サンクトゥスとアニュスデイも、比較的歌詞が少ないので、同様です。

対して、グローリアやクレドではほとんど使われません。
多くの場合、シラブリック(一音節に一音)に作曲されています。

結果、キリエやサンクトゥス、アニュスデイはひとつの言葉をたっぷりと時間をかけて歌い、
グローリアやクレドは比較的さくさくと進んでいく感じになります。

このようにして、ミサ曲の全体のバランスは調整されています。
このような視点で色々なミサ曲を聴き比べてみるのも、面白いと思いますよ。



12月に私たちが演奏するクレドは、トゥルネーのミサ曲からとりました。

このクレドは作曲者は不詳ですが、トゥルネー以外の複数の写本にも掲載されていることから、
当時各所で演奏された有名な曲だったと考えられています。

声部は三声で、ホモフォニックなスタイル(全てのパートが同時に同じ歌詞を歌う)
で作曲されています。

比較的単純な作りになっていますが、いくつかの大切な歌詞に、
それを上手く表現するような音が付けられています。

例えば

 sub Pontio Pilato(ポンティオ・ピラトの下で)

の部分には現代和声の倚音にあたるような不協和音が使われ、イエスの苦しみを表現しています。

また、

 et expecto(私は(死者の復活と来世の命を)待ち望みます)

には、2回だけ現れる曲中の最高音が使われており、期待感を表しているといえます。
(もう一回の最高音は Amen の部分で使われます)



もうひとつの大きな特徴は、フレーズの間に挿入される「つなぎ」の部分です。
曲中で13回現れるこの「つなぎ」の部分は、二声ないし単声で歌われます。

ほんの2拍程度の長さのものですが、長い歌詞に区切りを作ったり、
聴衆の耳をリフレッシュさせたり、曲に独特のリズム感を与えたりという効果があります。

有名なギョーム・ド・マショーのノートルダムミサ曲にも、
グローリアとクレドに同じような「つなぎ」部分が見られます。

マショーがこのトゥルネーのミサ曲を参考にしたのではないか、
少なくとも聴いたことはあるはずだ、と言われています。



個人的にとても好きな曲なので、だいぶ長くなってしまいましたが、
今回はこの辺りで終わります。

クレドは今回選んだミサ曲の中では比較的地味ーな曲です。
ですが、それ故に、より原初的な祈りに近い曲だと思っています。

是非、会場でお聴きいただきたいと思います。



次回は、「サンクトゥス」です。

 ◆「また見てネ☆」



おまけー:祖母からのメール

 「今年のクリスマスはまたあれに出るの?教会の、ミサイル」

  うお、いきなり物騒になったな・・

sophiaglee at 12:35│Comments(0)TrackBack(0)シリーズもの 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字