2008年05月21日

Sophistication

Clan name - Sophistication

Clan Tag - Sophist^name ,

since - 2005 June

roster -
Sophist^phyZe" STEAM_0:0:1569628
Sophist^Zeu STEAM_0:0:4356
Sophist^Barista STEAM_0:1:18814
Sophist^Resistive STEAM_0:0:852479
Sophist^Aveny STEAM_0:0:5503
Sophist^spiKe" STEAM_0:0:599306(sub)

現在メンバーは募集していません。

contact - irc.friend.td.nu #Sophist




御用の方は上記のirc.friend.td.nu #Sophist までお越しください。

試合受付も同様です。

  
Posted by sophistication at 07:19About

2005年11月20日

Sophist公式見解

Sophist^Resistiveのチート問題について。

文才がないため長文になりましたが、Sophistとしての公式見解ですのでご了承ください。

Nisi STEAM_0:0:852479 について、先日Tak氏からnisiについてチート疑惑がありそれのほぼ決定的な証拠もあるとの事でdemoとaviとtxtをいただきました。主訴はAuto aimで他にも可能性としてはWHやanti recoilなども使用の可能性もあるとの事で、拝見しました。代表である私phyze、foRt,Aveny,Cyclops,Café,DELの6人とnisi本人も、名前が伏せられた状況でこのaviとdemoのワンシーンを見る限りではチートと判定するという結論でした。

ただ、aviのシーンにおいて、一つだけ納得のいかない点はあります。確かに壁越しの敵に一瞬で頭にaimしそしてすぐさま戻り4人目を殺しています。確かにすぐさま戻っているのですがdemoなどをスロー再生してみればわかりますが4人目の頭に直接戻るわけではなく、4人目より更に左に戻りその後headshotとなっています。Aimbotであれば壁越しの向こうに正確に照準が飛んでいるからというのなら、戻ったときもなぜ正確に4人目の頭に戻らなかったのでしょうか。Tak氏にお伺いをたてたところ。

22:15:45(Tak-busy ) Aimbotも100%正確ではありませんし

22:15:54(Tak-busy ) Aimbotがぴったり

22:15:55(Tak-busy ) あわせたとしても

22:15:58(Tak-busy ) 本人が

22:16:03(Tak-busy ) 右に照準がいったことに驚いて

22:16:12(Tak-busy ) 左にマウスを動かせば

22:16:20(Tak-busy ) それがAimbotの照準の動きに加算されますから

22:16:27(Tak-busy ) 逆にそれが自然な流れです

という返事をいただきました。100%正確ではないといっておきながら壁越しにピタっと止まったときはaimbotだからといい、戻ったときに止まらないのは100%ではないからというのはこちらとしては納得いきません。確かに右に標準がいったことに驚いて左にマウスを動かせばそれがaimbotの動きに加算されることは理解できますがあれだけ右にマウスがとんだときに驚いてマウスを左に動かしたのであればその驚いて戻した分があんなに小さいとは考えにくいのではないでしょうか?と我々は思います。

また壁越しの相手にaimが飛んだのは事実ですがではなぜ殺してないのにもとの位置にaimが戻ったのでしょうか、もう一度チートがbindされているであろうkeyを押したからでしょうか?右に飛んでしまったと認識して、まずい左に戻さなければと考えkeyを押したとしてもそれにしては戻るのが早すぎるのではないかと思います

このように一瞬で思考し反応しkey,又はマウスを押すことは無理なのでは?と考えます。

それとも敵が死なずとも勝手にaimbotがどんどん照準を変えていく性質を持つものでしょうか?それについてはチートに対する我々の知識不足で不明な点が多いのでわかりませんでした。

Nisi本人の言葉としては、このaviだけならばaimがたまたま飛んでしまった先に壁越しに敵がいたとの事でチートと判定されても仕方のないくらいの偶然だとは思いますが、それでも私,nisiは使っていません。との事です。私を含むメンバーたちは、自分達はsensitivityが低いし、マウスの加速もきっているから考えにくいが、nisiのsensitivityの高さ、マウスの加速をきってないということ、家のオンラインの環境ではマウスパッドを使わず机にそのまま置いて操作しているということ、FBをかわすときの振り向く速度の速さなど、今までのnisiと数ヶ月一緒に試合してきて、SPECしていると他にもこのようにaimのとんでるシーンはいくつもあり、その先に敵はいません。なのでこれが偶然の可能性もnisiの場合は考えられるとの見解です。もちろん、今までのそういうシーンを隠れ蓑にして、今回が初めて使ったということだったらどうするんだ、という疑問も当然沸きます。その様に話が展開していくと本人が認めてない以上、水掛け論になりラチがあきません。結局の所チートを使っているかどうかに関してはserverのLogに残るなど、科学的,客観的な情報があればいいのですが、判断は主観に尽きるということになります。もちろん我々はチートを容認する気は全くありませんし、仲間だからという理由や、メンバーだからnisiを擁護する気というわけでもありません。一人のプレイヤーという視点で見たときに、確かに今回のaviだけでは黒と判断せざるを得ないような偶然が重なっているが、今までの試合や本人のdemoなどからあの様にaimがあの速度で飛んでいくシーンは他にもあるので、100%あれはチートだとは言えない以上本人を信頼するしかないとの結論になりました。先ほども述べたように現在の所チート使用に関しては主観的に判断するしかないと私も思いますし、Tak氏も次の様に発言しています。

22:40 (Tak-busy) 主観以外に

22:40 (Tak-busy) チート検証方法が

22:40 (Tak-busy) ないというのが

22:40 (Tak-busy) 現状です

このように述べてるにも関わらずEGLサイトの発表では“Aimbotを使用したことが発覚したため”などと自分の主観的判断をあたかも事実の様に述べEGLというリーグ主宰の発言の影響力を考えずに独裁的に押し通した発言といえるのではないでしょうか。”Aimbotを使用している可能性があるため、事実詳細がわかるまで出場を停止します“だという判断でしたらこちらも納得し、詳細を追求していきますが上記のような判断では自分の主観であると言っているのにこの件に無知な人たちにこれは事実だと決定しそれを押し付けるような形になっているのでは?と思います。確かにルールを読みますと

「スポーツマンシップは守ってください。対戦相手や運営側に適切ではない行動を取った場合運営側が勝手に処罰しますのでマナーを守って楽しんでください。」

とありますので参加している以上「勝手に処罰」されても文句は言えない立場なのですが仮にもe-sports gamingをうたい日本e-sports界を引っ張っていくであろうe-sports gaming leagueの趣旨に”運営が勝手に処罰します“などと明言されていることについて私共はe-sportsとはこのようなことなのかと判断せざるを得ません。

もう一度確認しますが、nisiを身内だからと庇うわけでもなく、他のdemoを見るとあの速度でaimが飛んでいるシーンは他にもあり、チートについて私共はチートを容認しているわけではないし、チートであると100%わかればそれについては許すことはありません。チーターについては排除すべきだとの考えは全員一致しております。ただ今回の件に関しては上記の通りチートについては主観で判断するしかないと発言しているにも関わらず、自分の発言力を考慮せず本人も否定していてまだはっきりしていない部分をあたかも事実であるかのようにEGLサイトに掲載し、またe-sportsとは主宰の勝手な判断で処罰されるような活動なのかと思わせるような明記に対して我々は遺憾を覚える他ありません。

そしてSophisticationはnisiを抜いたメンバーでまた他に人を補充する場合などではモチベーションが保てないことや、他の都合により解散する事に決定致しました。

最後にEGL関係者各位様、他にクラン戦としていただいた全てのcs player様に対してSophist代表としての言葉とします。

今まで有難うございました。これからのご活躍をお祈りしております。

Sophistication

phyZe(Hapi),Resistive(nisi),Barista(Café),spike(foRt),Zeu(DELL),Cyclops,Aveny

  
Posted by sophistication at 12:55Comments(8)

2005年11月19日

ええと皆さんご存知かと思われますが

Resistiveのチート問題の話題が出てますね。

Sophistとしての公式見解は今夜中にはEGLのほうに提出する予定です。

Blogは半放置気味だったんで書こうか迷ってますが

コピペで後日見解を書こうかと思ってます。

  
Posted by sophistication at 16:43Comments(1)news

2005年10月03日

さりげなく更新

まだシーズン中ですが、個人の区切りが丁度今日だったもので。

明日から僕のリアル事情で、毎朝6時起きという小学校以来の

早起きの日々が始まります。土日は休みですが宿題が盛りだくさんらしいです

当然夜は12時くらいには寝ないときびしいのですが。

6月にSophisticationを立ち上げて4ヶ月、早いもんですね。

出来立てのクランにしては、それなりには結果を残せた方じゃないでしょうか

まあまだあと1試合、今シーズン残ってますが。


正直今日負けるとは思ってませんでしたが、やはり本番は何が起こるかわからないものです。

もともと、相手もaimが強いチームだったので、確実に勝てるという保障はもちろんありませんでしたが。

まあでも、プレイオフに残った4チームは、リーグで当たればどうなるか

わからなかったと思います、正直。

4dNがいない今、この4チームはそんなに差はないと思ってます。

5回それぞれやったとして、5回とも勝てない、みたいなレベル差はないでしょう。

さて、これからですが、前の雑記にも書いた通り、Sophistの中の僕ら、ではなく

僕らでSophistという考え方で今までやってきました。今回は僕という形ですが

以前に、メンバーの一人がいなくなったら、そう簡単には補充せずに解散という形を取っていたでしょう。

もちろんメンバー全員が了承を得れれば、誰に加入してもらったかもしれませんが。

今回は僕が、5人ギリギリの状態で毎日試合や練習などをこなす、という状況が

難しくなってきたので、もちろん助っ人や試合などはこれからもやっていくつもりですが

5人のうちの一人という状況はきびしいと感じました。

解散か、一人補充するかどうかはまだ決めてませんが、僕個人としてはこれからは

進んで活動出来なくなります。突然の事でメンバーには申し訳ない。

シーズンが終わり次第、話し合ってこれからの事を決めていきたいと思っています。


#補充するに当たって、今回助っ人してもらってる彼には僕は頼めないと思っています。
Dynamic活動停止した時にも、彼自身もこれからあまり出来なくなっていくという
事だったので、今はまだ助っ人という軽い気持ちで出来ているでしょうが
メンバーの一人となるとどうなるかわかりませんからね。
もちろんやる気があるなら、人間関係的にも実力的にもメンバーには認められていると思うので、その限りではありませんが。



  
Posted by sophistication at 00:02Comments(1)news

2005年09月15日

vs Glint 1

vs Glint 1 @mill

TR 4-11
CT 8-7
t 12-18

lose  
Posted by sophistication at 01:36Comments(0)war record