場面緘黙症から始まったメンタルなお話

幼児期から続いた場面緘黙症。小学6年生のとき、やや改善。成人後、自閉症スペクトラムと診断される。二次障害で、抑うつ、強迫、離人症がある。自分の日常生活や心のことについて書きます。

自我障害、しんどい。 例えば、テレビを見ていて、テレビにでている人になったり、向こうにあるカレンダーになったり、自分の中に別の人格がいる、何人かいる、別の人の思考が出たり、他の人の病気の症状が自分にも移ったりする。 また、人が見え、その人がこっちにき …

↑このページのトップヘ