ビジネスコミュニケーション☆聞き方心がまえ「聞く」と「聴く」の違い : ビジネスマナーUP!キラリ輝く仕事美人☆

トップページ・コミュニケーションビジネスコミュニケーション☆聞き方心がまえ「聞く」と「聴く」の違い

・コミュニケーション

ビジネスコミュニケーション☆聞き方の心がまえ

 「聞く」と「聴く」の違いは?


 「聞く」は、
  自然に音が耳にはいってくる、どこからとも
  なくきこえてくる状態です。

 「聴く」は、
  言葉そのものの意味と相手の気持ち、感情も
  丁寧にきくこと。


 「聞く」は、自然に音が耳に入ってくる、
 どこからともなくきこえてくる状態ですね。
 私たちは、起きていれば耳から何らかの音がきこえています。

 誰かの話をきいていても、
 同時に、テレビの音や音楽も、
 外を走る車の音、雨や風の音もきこえています。
 きこえるものを自然に感じるのが「聞く」ということです。

 その一方、
 「聴く」は、耳だけでなく、目や心をつかって、
 注意を払い相手を理解しようとしてきくことです。
 「聴く」の漢字は、耳「みみへん」に、十「十分な」、
 そして、
 目「横になった目」と心「気持ち」で成り立っています。

 この字には言葉にならない相手の気持ちまで、
 話す相手の様子を目でしっかりととらえ、
 声のトーンに含まれた感情をも心をつかって丁寧にきく
 という意味がこめられています。

 つまり、相手の話に集中し、相手のことを考えながら
 その人の話をきくことです。

 

 ◎あなたの話をきく時の“きく姿勢”をチェック!! 

 単に耳に声が入ってくるから「聞いて」いるのですか?

 それとも、耳だけでなく目や心もつかって、
 注意を払い相手を理解しようとして
 「聴いて」いるのでしょうか?


 あなたの話をきくときの姿勢はいかが?


 一般的に「きく」は、「聞く」で表記されますが、
 人の話に耳を傾けるときには、
 「聴く」の文字を思い浮かべてききましょうね♪

 

 



この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ナイス!仕事のデキル女性に☆


ブログランキングバナー
応援お願いします♪

メールマガジンご案内
仕事美人ナビゲーター☆sora
仕事美人ナビゲーター☆soraです!

当サイトでは、ビジネスマナーを通じて
輝く仕事美人になる魔法をかけます☆
どうぞ、よろしくおねがいします!

  • ライブドアブログ

brought to you by "ビジネスマナーUP!キラリ輝く仕事美人☆"