神浜市を中心にして起こった事件、出来事、魔法少女の記憶・・・
いずれは時間遡行で消えてしまう世界の記録だけど
それを無駄にしないためにも、残しておかなければいけない
そう、マギアレコード「魔法少女の記憶」として・・・




マギアレコードには
・主人公「環(たまき)いろは」を中心にしたストーリー「メインストーリー」
・アニメ「魔法少女まどか☆マギカ」5人に焦点を当てた「アナザーストーリー」
・各魔法少女に焦点を当てた短編ストーリー
・鏡の魔女の用意した結界で起きるストーリー
など数多くのストーリーが交差しています。そのため、どの話がどうつながっているのか、また、まったくつながりがないのかわかりにくくなっています。

今回はこのわかりにくくなっているストーリーを年表としてまとめていきます。


そのため、☆4キャラのストーリーはかなり後になってから明らかになるかと思いますが、ご了承ください。
もし、このページのコメント枠やツイッターのDMへストーリーの情報を書いてくださる方がいた際には喜んで表に追記いたします。

ネタバレについては気にしないという方のみ閲覧してください。


*caution*

この年表作成にあたり、マギレコ内で開催された季節イベント、コラボイベントはメインストーリーで触れられたもの以外記載しないことにします。

理由としては、メインストーリーの季節が不明であること(特にホーリーマミの「突然失礼」冬イベント)。季節イベントのストーリーは、IFの扱いとします。

神浜市での「○年前」という表記は、環いろはが神浜市で妹のういを探すために本格的に活動し始めるころから数えることとします。





6年ほど前

七海(ななみ)やちよ
が12歳だったころ、魔法少女になる。

 やちよが魔法少女になる際に願った内容は「リーダーとして生き残りたい」
IMG_0884[1]

 6年ほど前にやちよが魔法少女になったという情報は、やちよの魔法少女ストーリー第一話で語られている。
 願いの影響からか、やちよは仲間を犠牲にし、生き残ってしまう能力を持っている。
 また、経験から得た能力として相手の心理状態を大まかに読み取ることができる。
 いろはが神浜市に来た頃の年齢は19歳であり、魔法少女歴は7年目となる。
IMG_0873



・梓(あずさ)みふゆが魔法少女となる。

 みふゆが魔法少女になる際に願った内容は「せめて、夢の中だけでも自由でありたい」
IMG_1473

 願いによってみふゆは「自分に幻覚をかける力」を手に入れている。この力の使い道として、自分を恐怖を忘れた暴走状態へ持っていくことに成功している。

 みふゆやちよとほぼ同期の魔法少女ではあったが、面倒見がいいことからたくさんの魔法少女との交流があり、人望がある。


 このころ、やちよみふゆはコンビとして行動を共にし、お互いを相棒と認識して親しい中にあった。
 また、みふゆいろはが神浜市に来た頃の年齢は19歳であり、魔法少女歴は7年目となる。



5年ほど前

都(みやこ)ひなのが魔法少女になる。

 ひなのが魔法少女になる際に願った内容は「有毒ガスで死にそうな私を助けてほしい」
IMG_0885[1]

 願った状況は、実験中に発生した有毒ガスにより、死ぬ寸前だった。
 ひなのの年齢は18歳であり魔法少女になったのは13歳の時であることがわかっている。

4年ほど前

 大東区出身である八雲(やくも)みたまは学業優秀、スポーツ万能という優秀さから水名女学園へ記念入学する。当時は中学1年生であった。また、水名女学園では天音月夜(あまね つくよ)と同級生だった。



3年ほど前


純美雨(ジュン メイユイ)が魔法少女になる。 美雨は警察や犯罪組織に罪を擦り付けられて崩壊しかけた「蒼海幇(そうかいへい)」を守るために魔法少女となった。
 願った内容は「蒼海幇の罪を無かったことにすること」
IMG_0887[1]

 願いによって美雨は「偽造する能力」を手に入れている。使用例として、死の偽造が行われたことがある。ソウルジェムを砕かれたという記録は残るものの、実際は砕かれていないという記録には残っても事実とは異なるということを実現できてしまう。

 蒼海幇は神浜市南凪区に根を張る互助組織のことである。かつてはマフィア的組織として恐れられていたが、いまでは青年団的な組織となっている。




・和泉十七夜(いずみ かなぎ)が魔法少女になる。

十七夜が魔法少女になる際に願った内容は「皆が大東を嫌うその理由を知りたい」
IMG_1036[1]


 願いの結果、十七夜は「心を読む能力」という固有魔法を手に入れた。

 心を読んでいった結果、大東の印象が悪い元凶は、神浜での大東は怖い、治安が悪いという個々人の思い込みの積み重ねだった。






2年ほど前



 七海やちよ梓みふゆ雪野かなえがチームを組んでいた。
 ある日、魔女との戦いでかなえのソウルジェムが砕かれ、残された二人はソウルジェムが魔法少女の命そのものであることを知る。


・竜城明日香(たつき あすか)が魔法少女になる。

 薙刀術を教えている竜真館の叔父が市長選挙で公職選挙法違反を犯してしまう。
 明日香が慕っていた従兄弟は警察官になるのが夢で、試験を受けに行った。
 叔父の罪で従兄弟は警察官になれないと思い込んだ明日香は、キュゥべえに「従兄弟を警察官にしてほしい」と願った。
IMG_0888[1]


八雲(やくも)みたまが魔法少女になる。

 みたまは中学3年生のとき、水名の学生を突き落としたという誤ったうわさが広まってしまい、水名女学園を自主退学することとなる。

 大東学院へ戻ってきたみたまは学院の生徒たちの恨みを受け、自暴自棄となる。十七夜が優しい言葉をかけるものの、みたまの暴走は止まらず、キュゥべえへ「神浜市を滅ぼす存在になりたい」と願い、魔法少女になる。
IMG_0976




・十咎(とがめ)ももこが魔法少女になる。

 魔法少女なりたてのころにやちよとコンビを組んでいた。


・ハロウィンの夜、御園(みその)かりんは魔法少女になる。
 かりんが魔法少女になる際に願った内容は「おばあちゃんの病気を治してほしい」
IMG_0889[1]

 かりんは願いによって盗む力を手に入れている。これは、マジカルきりんのような魔法少女になりたいという願いと同時にあった願望から実現した力である。
 かりんが契約した時期は中学一年生の時だと考えられる。




________ここまでで2年前の10月末頃_____________



1年ほど前





・阿見莉愛(あみりあ)が魔法少女になる。
 莉愛が魔法少女になる際に願った内容は「天然モノの美少女にしてほしい」
IMG_0890[1]

 莉愛は17歳の高校2年である。


  胡桃(くるみ)まなかが水名女学園に入学する。

 おそらくこの時点は入学シーズンであると考えられるため、13歳組は一斉に入学式をむかえていると考えられる。そのため、13歳かつ魔法少女である場合はこのライン以降でキュゥべえと契約を行っている。


胡桃まなかが魔法少女になる。
 まなかが魔法少女になる際に願った内容は「洋食ウォールナッツの味を広めるチャンスがほしい」
IMG_0892[1]


_________この時点で1年前の4月頃____________


 莉愛まなかはよく行動を共にしている。そのきっかけは、まなかが行き倒れている莉愛を助けたことから始まる。時々莉愛は、オムライスの試食という名目でよくまなかの料理を食べさせてもらっている。



 静海(しずみ)このは、遊佐葉月(ゆさ はづき)、三栗(みくり)あやめが暮らしていた神浜市にある施設「つつじの家」が取り壊されることになる。
 つつじの家から退去する前夜、3人はキュゥべえに願い事を叶えてもらい、魔法少女になる。
静海このはは、「つつじの家を取り潰すことになった要因の排除」
遊佐葉月は、「つつじの家にいた3人の記録を消すこと」
三栗あやめは、「つつじの家の将来にわたり、存続させる」
という願いを叶える。
あざれあ

 よって、3人はつつじの家を離れることになった。以降、この三人をアザレア組と呼称。

 アザレア組は神浜市を離れ、各地を転々とするようになる。
 この時、あやめは13歳である。


とある騎士と自害ちゃんのディフェンスコンビ結成


 ・美凪(みなぎ)ささらは魔法少女になる1週間ほど前、キュゥべえと出会い、魔女という存在を知る。
 そして、ささらは「人を守ったり救うことができる騎士の力がほしい」とキュゥべえに願い、魔法少女になる。
IMG_0895[1]

 ささらが使い魔の攻撃を受けてしまうところを通りかかった明日香に助けてもらう。

 後日、再び明日香と魔女の結界内で出会い、途中まで一緒に進むが、ささらは人を助けるために、明日香は魔女を討伐するために別行動をする。

 別の日も明日香と一緒になるが、再び人と魔女どちらを優先するかで言い争う。明日香はそれに対して役割分担をしようと提案する。役割分担は成功し、ささら明日香から護衛専門の魔法少女になればいいと提案する。

 以降、ささら明日香とよくコンビを組むことになる。


空穂夏希(うつほ なつき)が魔法少女になる。
 夏希が魔法少女になる際に願った内容は「お兄ちゃんを再びグラウンドに立たせてほしい」
IMG_0896[1]


_________この時点で1年前の5月頃____________






・水波(みなみ)レナが魔法少女になる。
 レナが魔法少女になる際に願った内容は「別人になりたい」
IMG_0899[1]

 願いによって得た能力は、「誰かになる能力」。外見、声まではコピーできても思考はレナのままである。
 中学3年生で15歳である。


 ももこレナとコンビを組む。



・秋野かえでが魔法少女になる。
 かえでが魔法少女になる際に願った内容は「家の前に建つマンションの計画をなかったことにしてほしい」
IMG_0905[1]

 中学2年で14歳である。


 ももこレナかえでを含めた仲間として活動を開始する。今後、この三人チームをチームももこと呼ぶ。このころはまだ本格的なチームとしての結びつきはなかった。


・由比鶴乃(ゆい つるの)が魔法少女になる。

 鶴乃は破綻寸前の家計を何とかするために「宝くじが当たるよう」キュゥべえに願う。
IMG_0906[1]

 魔法少女となった鶴乃は最強となるために、様々な魔法少女に戦いを挑むようになる。


 やちよは家にチームももこを招待し、ここで親睦会が開かれる。三人は帰る直前、やちよへ神浜市に決闘少女が現れたことを教える。

 決闘少女が現れたと聞き、やちよはその場に駆けつける。決闘少女の正体は、鶴乃だった。(ここでやちよ鶴乃は初対面)


 チームももこの前に再び鶴乃が現れた。やちよがその場につくと、ももこが気を失っていた。
 ももこを気絶させたのは鶴乃だという疑いが浮かぶ。しかし実際は魔女が仕掛けた罠だった。この時にはもうすでに鶴乃は魔女にとらわれていた。
 やちよ達は魔女を倒し、鶴乃の救出に成功する。

 使い魔の心理を見抜けたのは、やちよには相手の心理状態を見抜く能力があったからである。
 この事件以降、鶴乃やちよのことをししょーと呼ぶようになり、やちよによくひっつくようになる。



春名このみが魔法少女になる。
 このみが魔法少女になる際に願った内容は「おばちゃんの病気を治してほしい」
IMG_0919[1]


矢宵(やよい)かのこが魔法少女になる。
 かのこが魔法少女になる際に願った内容は「お父ちゃん、お母ちゃんをあと30年元気でいさせてほしい」
IMG_0907[1]



・加賀見(かがみ)まさらが魔法少女になる。
 まさらが魔法少女になる際に願った内容は「私が死んでも家族が暮らしていけるほどのお金が渡るようにしてほしい」
IMG_0908[1]



 天音月咲(あまね つかさ)は天音竹工房で続く文化によって工房の男たちの世話に追われる日々を送っていた。そんな中、心を癒すために水名神社へと向かう。そこで自分のドッペルゲンガーらしき姿を目撃し、再び出会った十七夜に話をする。十七夜とは神社へ向かう途中に出会っただけの関係であり、みたまとは親しき仲という人物だった。(十七夜は契約済みで、月咲は未契約)

 明槻月夜は明槻家の歴史を守るため稽古に追われる日々が続いていた。そんな中、心を癒すために水名神社へと向かう。そこで自分のドッペルゲンガーらしき姿を目撃し、みふゆに話をする。みふゆとは先輩後輩の関係であり、みたまとは同級生だった時期がある。

 月咲十七夜に、月夜みふゆに背中を押され、再び水名神社へ行くとふたりは出会う。この時に、ふたりは双子だったのではないかと疑いを持つ。

 月咲月夜は連絡を取り合い、よく会うようにはなったものの、お互いの育ちの差による不満が大きくなっていった。そして、二人の両親も育ちの差によって分かれてしまったのだと知る。


 ある日、ふたりは自分が抱える相手への不満を打ち明け、もう会わないと言い放つ。その後、お互いに会いたいという気持ちがあるものの、会えば不満を言ってしまうと思い、会いに行けていなかった。
 そして、稽古を休んだ月夜は祖母によってさらに自由を奪われると知り、メッセージを見ていたその場で意識を失ってしまう。家を飛び出した月咲は魔女によって殺されようとしていたところ、十七夜に助けられる。そして気を失ってしまう。


 目を開けると、同じ病室に月夜月咲みふゆがいた。

 ふたりはまっさらになり、もう一度生まれも育ちも関係ない双子として生きていこうと誓う。そこへキュゥべえが現れ、ふたりは「もうお互いを嫌いになりたくない」と願う。
amane








安名(あんな)メルが魔法少女になる。

 メルが魔法少女になる際に願った内容は「オリジナルのメソッドで占いを的中させたい」

IMG_1073

 願いの結果、メルは「占いの強制的な成立」という固有魔法を手に入れた。





 メルは占い結果が最悪だったため学校を休むことにした。そこに十七夜が現れ、無理やり外に連れ出す。メルは魔女に追われ、十七夜と離れ離れになってしまう。

 メルは水名区でやちよと出会う。事情を知ったやちよは、メルをみかづき荘へ招待する。ここでメルやちよのチームに入りたいと希望する。十七夜はこれを承諾し、メルやちよのチームに入って活動するようになる。


 ある日、メルやちよの運勢を占った結果、仕事でいいことが起こると出た。その結果、全国的に有名な雑誌に出ることとなった。次に占ってもらったみふゆももこの結果も見事に的中した。メルが不調の時に占ってもらった鶴乃は、散々な結果となってしまった。


 やちよはみかづき荘での占い禁止令を出した。






 やちよみふゆももこ、鶴乃、メルはチームを組んでいた。

  このころ、魔法少女の数が増えた神浜市では魔女不足が問題となっていた。
  そのため、西側と東側、どちらにも属さない中央とでテリトリーにデリケートな状態となっていた。(このころのまとめ役は西側がやちよみふゆ、東側が十七夜、中央にはまとめ役がいないのでひなのが状況管理を行っている)

 そんな中、中央区で西側、東側と名乗る魔法少女が襲撃する事件が起き、西側と東側で結んだ協定に違反する行為が多発し始める。両側と中央区との関係は悪化し、両方のまとめ役は解決を急ぐ事態となった。

 両側のまとめ役が協力して調査した結果、混乱をもたらした根源は鏡の魔女が作り出す魔法少女のコピーがはびこる結界だった。
IMG_0845

 やちよ達は鏡の魔女の結界に挑んだものの、魔女の討伐は叶わなかった。


 結局、鏡の魔女の結界は廃墟へと誘導され、現在の鏡の屋敷「果てなしのミラーズ」として存在し続ける事となる。そこにはみたまが待機し、調整屋らしい挑戦した魔法少女へのご褒美を用意することで鏡の魔女の討伐を促している状態である。
 そのため、中央区の魔女討伐交渉権はミラーズの魔女討伐を果たした者に与えられるという条件を用意し、この事件は落ち着いた。



・常盤(ときわ)ななかが魔法少女になる。
 「自分の手で復讐を遂げられる力がほしい」とキュゥべえに願い、魔法少女になる。これによってななかは敵を見極める能力を手に入れる。
IMG_0909[1]



・志伸(しのぶ)あきらが魔法少女になる。
 「あの人たちを助けてほしい」とキュゥべえに願う。
IMG_0911[1]



 魔女の結界内であきらはソウルジェムを落としてしまい、一度逃げることにした。魔女の使い魔から逃れることに成功するが、なぜか目の前が真っ暗になってしまう。
 ななかは死んでいた志伸あきらのもとへあきらのものと思われるソウルジェムをそえると、生き返ったことに驚く。

 後日、ななかはキュゥべえから魔法少女の真実を聞く。

 ななかあきらへ勝負を申し出る。
 ななかあきらに十分な実力があると確認し、チームを組むことを申し出る。


 神浜市で地上げ騒動が各地で起こるようになる。

夏目かこが魔法少女になる。
 かこは「かつての家族の笑顔、夏目書房を取り戻してほしい」とキュゥべえに願う。
IMG_0912[1]

 かこが魔法少女になる際、キュゥべえとは他に、ななかによる後押しがあった。
 なお、かこの年齢は13歳である。


 夏希が魔女の結界内でかこと会い、かこを応援する。


 あきらささらが杖の忘れ物を探し終わると、あきらななかのもとへと向かう。

ななか組の結成


 神浜市で起きている地上げ騒動が魔女による仕業であると考えたななかは、あきらかこを仲間に誘う。
 ある日、蒼海幇のシマが地上げの標的となる。

 美雨の前に用心棒として忍び込んでいたかこが現れる。
 二人はお互いに魔法少女であることを確認した後に戦うことになる。その後はあきらとも戦う。
 最終的にはななかの作戦であることを知らされ、ななかから地上げ騒動を起こしている魔女を倒すための共同戦線を組まないかと提案される。



 後日、事情を説明したななかは再び三人へ協力を申し出る。三人はななかに賛同し、あきらかこななかの計画通りに、美雨は情報共有という形で協力することになった。

 その後、四人は無事に魔女を倒すことに成功する。この戦いで美雨ななかを十分なリーダーだと見極め、今後もともにチームとして行動していくことを決める。

 ななかは今回倒した魔女は、大元が生み出した使い魔が成長して魔女となったものだったことを伝える。あきらかこ美雨はそれでもチームを続けるといい、今後もこの四人で行動するようになる。

 ななかは、復讐すべき相手は魔女もそうではあるが、能力によってキュゥべえも対象であることを察していた。しかし、まだ三人には告げてはいなかった。














・栗根(あわね)こころ
が魔法少女になる。
 こころが魔法少女になる際に願った内容は「家を出ていったお母さんに戻ってきてほしい」
IMG_0913[1]


・木崎衣美里(きさき えみり)が魔法少女になる。
 衣美里が魔法少女になる際に願った内容は「憧れの姉に近づきたい」
IMG_0914[1]

 衣美里の年齢は13歳である。


 衣美里が魔女を取り逃がした明日香ささらの会話へ自然と入り込む。話の流れで、二人に衣美里も同行することになる。明日香ささらが捕らわれた人の救助と魔女の討伐どちらが最優先かをもめていると、単純に二人が協力すればいいと衣美里が言うとその場は丸く収まった。
 結果、魔女の討伐に成功する。

 その後、連絡先を交換し、衣美里は二人と別れた。


 数日後、衣美里ささらに呼び出されてまなかの店に来ていた。(このとき、まなかはすでに魔法少女になっている)
 明日香ささら衣美里と話していると新たな発見があると考え、今回呼び出したらしい。
 まなかはちょうど新メニューに悩んでいたらしく、料理はおいしいから店の伝統は気にしなくてもいいと衣美里は言った。おかげでまなかは新メニューにすることを決める。

 明日香ささらは、衣美里まなかの新メニューは大成功だったと伝える。
 さらに、衣美里明日香達からお悩み相談所をやらないかと提案される。ここが後に「エミリーのお悩み相談所」と呼ばれるようになる。
IMG_E0925[1]

 あきらが助手、明日香達が宣伝という役割から始まった。そしてここには様々な魔法少女が訪れるようになる。


 やちよを師匠と呼ぶようになった鶴乃は相変わらず強さを求めてチームももこに相手をしてもらっていた。
 レナは神浜にはすごいアドバイスをくれる人物がいることを鶴乃に伝える。

 鶴乃は紹介された通りの場所へ行くと、そこは衣美里達がやっているエミリーのお悩み相談所だった。
 結果、修行すればいいことになり、鶴乃は近くにいた空手に精通しているあきらの手伝いをすることになる。
 犬探しを行うことになり、その過程で店の人を怒らせてしまうが犬を見つけ出すことに成功する。

 あきらの紹介を受け、鶴乃あきらとともに美雨のもとを訪れる。
 鶴乃美雨から工場の手伝いを頼まれるが、迷惑をかけてしまう。(このとき、美雨鶴乃が魔法少女である事を知らない)
 やちよは公園で鶴乃が泣いているところを通りかかった。

 後日、鶴乃がエミリーのお悩み相談所を訪れると、あきら美雨は依頼者からお礼の言葉があったことを鶴乃へ伝える。

 やちよにも結果いろんな人に喜んでもらったことを伝え、またチームももこと訓練をする日々に戻るのであった。

 うわさを聞き付けた莉愛衣美里を訪ねてきた。莉愛衣美里に素直にかわいいといわれて自分に自信を持つ。


 こころがはじめてまさらと遭遇したとき、まさらの戦うスタイルに不安を抱いていた。魔女を倒した後、ふたりは話の最中に何を願って魔法少女になったのかを自然と明かしていた。
 そしてまさらは無感情ながらもこころへ家族が壊れることに対して自分を責めることは無いと言う。
 その言葉にこころは救われ、まさらへ一緒にいたいと告げる。



・深月(みづき)フェリシアが魔法少女になる。
 フェリシアが魔法少女になる際に願った内容は「自分のせいで住んでいたマンションが火事になったことを無かったことにしてほしい」
IMG_0915[1]

 しかし、この願いは魔女が両親を殺したという記憶に修正する形で叶えられた。
 フェリシアの年齢は13歳である。


 フェリシアは一人で生きていくために、魔法少女の傭兵として活動を開始する。


 あきらが傭兵をやっているという魔法少女の情報を手に入れる。


 フェリシアななか達に傭兵として雇われていた。しかし、まったく息を合わせない、周りにも被害を与えるということから、契約を切られてしまう。


 魔女のいる場所に魔法少女は来ると考え、魔女の結界前で待つことを思いつく。
 長い間待っていると明日香ささらと出くわすが、すでにウワサのように拡散された情報によって傭兵として警戒される。
 明日香ささらに雇ってもらえなかったフェリシアのもとにかこが訪れる。かこにみんなと仲良くなってほしいといわれるが、フェリシアは逃げてしまう。


 数日後、フェリシア明日香ささらのもとへと訪れ、明日香達に雇ってもらうことになる。周りに合わせるということを少しは学んでいた。
 そのころかこは、キュゥべえからフェリシアについて聞いていた。


 フェリシア明日香ななかから聞いた大事なことを思い出そうとしている現場に出くわす。明日香、ささら、フェリシアはいろいろ試したが、思い出すことはできなかった。
 明日香はショック療法を試したいと言い出し、フェリシアにハンマーで殴ってもらった。結局話を聞いていなかったということを思い出し、ななかのもとへと訪れることにした。

 ななかのもとへ訪れると、以前話したかったのはななかも参加している華心流いけばな展への誘いだった。

 後日、明日香はいけばな展に伺ったという。




 衣美里ひなのと魔女の結界で出会い、科学部のアシスタントとしてひなのについていくようになる。


 綾野梨花(あやの りか)、衣美里、ひなのが合コンを行う。梨花衣美里はエミリーのお悩み相談所で一度面識がある。
 合コンの帰りに梨花は魔法少女の存在を知る。しかし、ひなのにそんなモンになるなと忠告を受ける。

・綾野梨花が魔法少女になる。
 梨花が魔法少女になる際に願った内容は「好きな人(女の子)と両想いになれますように」
IMG_0917[1]

 梨花莉愛まなかと魔女の結界内で遭遇する。荒い戦い方をしていたことから、戦闘狂と勘違いされる。

 別の日、梨花ひなのに悩みを打ち明け、ひなのと共に悩みを解消する。




 かのこ莉愛のもとを訪れ、デザイン画を見てもらう。次にななかにも見てもらう。

 後日、かのこはチームももこにデザイン画を見せる。すると、レナからさんざん酷評を受けることとなった。

 別の日、かのこは美術部からアクセサリーの講師として呼ばれることになる。商店街のワークショップで講師をしていると、かえでかこ衣美里と会う。(このとき、かこ衣美里とは初対面)
 かのこのデザイン画を見せてもらった衣美里は、ドキドキするデザインと評価する。その後、衣美里の発想によってかのこは金属と服の融合を思いつく。


 このみがバイトを行っている花屋にかこかえでが訪れる。(このとき、このみと二人は初対面)かこかえでこのみにお茶に誘われる。

 後日、三人はいいことがあった人に花を届ける活動を行う。この活動が、「花裂け女の噂」として広まってしまう。
 別の日、三人は花のケーキを作製し、花屋を繁盛させることに成功する。同時にこのみかこかえでも魔法少女であることを知る。
 以降、三人は花屋で働くこと、魔法少女として活動する機会が増える。以降、チームブロッサムと呼ぶ。




・五十鈴(いすず)れんが魔法少女になる。
 れんが魔法少女になる際に願った内容は「私を生かしてください」
IMG_0920[1]



 れん梨花に連れられて、エミリーのお悩み相談所を訪れる。
 衣美里の提案で化学部を訪れたれん梨花衣美里ひなのと会う。
 れんを元気にさせたくて、れん梨花衣美里かのこのもとを訪れる。
 この後れん梨花は言葉を交わして心の距離を縮める。以降、れん梨花はよく行動を共にするようになる。



~君と綴る日記~


 五十鈴れん綾野梨花と共に魔女の討伐を行っていた。
 れんは誰かを救うことができた証として、いつも通っている文具屋で色鉛筆を買う。

 エミリーのお悩み相談所の前でれん梨花と待ち合わせをする。そこであきらと会話をしていると梨花このみ衣美里が現れ、れん梨花とその場を離れる。
 れん梨花から日記の絵を見せてほしいと言われ、見せようとするが日記の内容がほとんど梨花のことばかりで恥ずかしくなり、見せるのをやめる。

 れんは絵本の展覧会へ行かないかと梨花を誘うが、予定が合わず、ショックを受けてしまう。

 一方梨花れんに渡す誕生日プレゼントに悩んでいた。衣美里の言葉、このみのアドバイスをきっかけに、すずらんを色鉛筆のケースにデコレーションしてプレゼントすることを決める。
 梨花衣美里かのこに色鉛筆のケースへ彫刻を行いたいといい、梨花は加工の指導を受ける。


 展覧会へ一緒に行けなかった日以来、れん梨花と会えずにいた。
 テディベア展に誘うも、再び予定が合わなかった。

 テディベア展が開かれる日曜日、かのこ衣美里と一緒にいる梨花を目撃し、その場から逃げてしまう。
 れん梨花が友達と一緒にいたことに嫉妬してしまい、自分が嫌らしい人間だと思ってしまう。

 一方梨花れんと連絡が取れないことが自分のせいだと落ち込んでいた。他の魔法少女たちに後押しされ、梨花れんを探しに行く。

 梨花れんが視聴覚室にいることを確認し、電話で会話を行う。

 梨花は扉を開けてくれたれんに誕生日プレゼントを渡す。れんは思わず泣いてしまった。


IMG_E0926[1]






保澄雫(ほずみしずく)が魔法少女になる。
 が魔法少女になる際に願った内容は「今すぐふーにいのところに連れて行って」
IMG_0928[1]

 は願いによって空間結合の力を手に入れる。


毬子(まりこ)あやかが魔法少女になる。
 あやかが魔法少女になる際に願った内容は「友達みたいな明るい人になりたい」
IMG_0929[1]


 あやかが初めて魔女の結界内で出会う。あやかの行きたがっているお笑いライブへ間に合わせるためには空間結合の力を使う。その後、あやかをお笑いライブに招待する。
 翌日、あやかは再びに会う。
 
 後日、あやかを自分の喫茶店に招待し、話をする。店を出た後、あやかは魔法少女になったきっかけとその力によるうしろめたさをに明かす。しかし、そんなことはないとに励まされる。




 ある日、メルは禁止されていた占いを行ってしまう。魔女との戦いでメルのソウルジェムに穢れが満ち、メルが魔女化する。その時用事があった鶴乃を除いた3人は魔法少女はいずれ魔女になることを知る。


 やちよ、鶴乃、みふゆ、ももこは気分転換に遊園地へ行く。この時、鶴乃はやちよたちの前で初めて気の抜けた表情を見せる。



 やちよはチームを解散させ、みふゆは行方をくらます。ももこは正式にレナかえでと共にチームとして活動を行う。


 かえで、あきら、夏希が魔女の結界内で初対面する。魔女討伐後、ふたりは夏希の家に招待される。
 この時期は、3年生が部活を引退し、受験ムードのころだった。

 後日、夏希あきらは再び魔女の結界内で出会う。夏希はこのころ、周囲が日々変わっていくことに恐怖を抱いていた。そんな夏希に、あきらは未来に向かってエールを送ることもいいのではと提案する。

 別の日、また夏希あきらは魔女の結界内で出会い、あきら夏希からお守りをもらう。このお守りはかえでももらっている。


_________この時点で1年前の7月頃____________



 莉愛まなか鶴乃このみとともに魔女討伐を行う。

 後日、莉愛まなかこのみかこに出会う。4人が苦戦している中、やちよが参戦する。

 莉愛まなかはソウルジェムに反応しない魔女を探してパトロールを行う。魔女を見つけ、討伐を始めようとしたころ、再びやちよと出会う。
 (この後に莉愛まなかが買いに行った週刊誌であるBiBiは9月号であったことから、この出来事は8月あたりに起きたことだと考えられる)



_________この時点で1年前の8月____________


 梢麻友(こずえ まゆ)はバイト先の美術館の主任とアンティーク展示会に行き、帰りがけにカフェへ寄る。そこで麻友莉愛まなかが目撃する。

 別の日、刀の展示会準備終了後、麻友にしつこく詰め寄る主任と通りかかった莉愛がぶつかり、莉愛は一方的に説教を行う。この後、麻友莉愛が一対一で話し、麻友は家庭崩壊という言葉が引っかかるようになる。そこにキュゥべえが現れ、麻友は「主任さんのご家庭を壊さないでください」と願う。
IMG_1245


 契約後、麻友莉愛がボディーガードのようによく一緒にいるようになる。莉愛麻友が魔女の気配に反応したとき、初めて麻友が魔法少女であることを知る。

 魔女を追っていると、美術館にいることが判明し、そこには反応を追ってきた史乃沙優希がいた。3人は協力して魔女を倒すことに成功する。

 この時、麻友は高校3年生であり、17~18歳である。



 かりんやちよを襲い、グリーフシードを奪う。そのグリーフシードはかえでに渡された。帰り道、かりんやちよに今後グリーフシードを奪うようなことはやめるよう警告される。
 
 後日、魔女を倒せずにソウルジェムが濁ってきていたかりんのまえにかえでが現れる。かえでは分けてもらっていたグリーフシードをかりんに使う。その時、かえでももこ、レナと一緒にいて、事情を知ったももこかりんにチームとして一緒に戦うことを提案する。
 この日から、しばらくの間かりんはチームももこと一緒に魔女退治を行う。

 しかし、チームを組むという答えにかりんアリナから激怒されてしまう。(この時、アリナは未契約)
IMG_0991


 別の日、かりんは依然取り逃がした魔女と遭遇する。再び負けそうになり、駆けつけたかえでに逃げるよう提案されるが、かりんは再び魔女に戦いを挑む。戦いの途中、かりんは新たな魔力の使い方に気づき、魔女を討伐することに成功する。

 かりんは一人で魔女退治を行っていくことを決める。


__________この時点で1年前の9月ごろ__________



 アリナ・グレイは名誉ある美術賞を受賞するが、人を狂わせる作品を作ることはやめろと審査員から書面で警告される。(この時点でアリナかりんは先輩後輩の関係であり、麻友は魔法少女になっていて美術館でバイトを行っている)
 以降、アリナは自分には何もない事に気づいてしまい、スランプに陥る。

 スランプに陥ってから一カ月経過してもアリナはスランプから脱していなかった。

 アリナは自分の作品を全て壊し、すべてを終わらせようとする。

・アリナ・グレイは魔法少女になる。
 アリナが魔法少女になる際に願った内容は「誰にも邪魔されないアトリエがほしい」
IMG_0930[1]

 この願いによってアリナは固有の結界を作り出す力を手に入れる。
 この時、アリナは15歳である。

 アリナは飛び降り自殺を行うが、死ぬことは叶わなかった。倒れていたアリナ里見灯火(さとみ とうか)柊(ひいらぎ)ねむが見つける。

 アリナは里見メディカルセンターの病室で目覚める。そこにはかりんがお見舞いに来ていた。

 しばらくすると灯火ねむがアリナの病室を訪れ、しばらく話をする。(この時、灯火とねむは魔法少女ではない)



・二葉(ふたば)さなは魔法少女になる。
 さなが魔法少女になる際に願った内容は「わたしを透明にしてください」
IMG_0931[1]


 さなまなかが売る特製弁当を買うために必死に走って駆け付けた。しかし、もうすでに売り切れてしまっていた。
 まなかは店に足を運ぶ人がいないことを気にしてしまい、弁当販売と出張料理人をやめようと悩んでいた。
 そこに、弁当によって昼休みの過ごす楽しさを手に入れたというさなの話を聞く。

 さなの言葉をきっかけに、まなかは特製弁当の販売と出張料理人の継続を決意する。


 みたまは先生と呼ばれる存在から、魔法少女の調整を行う方法を教えてもらう。
IMG_0975



 環(たまき)いろはが登校中、近道を使用とする。

_________この時点でメインストーリーの元凶が発生____________

 いろはは近道のために通っていた道で小石を蹴ってしまう。このことがきっかけでいろははキュゥべえと出会う。


環いろはが魔法少女になる。
 いろはが魔法少女になる際に願った内容は「ういの病気を治してほしい」
IMG_1128[1]


 環ういは病気が治り、退院する。


_________この時点でメインストーリー開始の半月前____________


 このころから神浜市ではキュゥべえを見かけなくなり、魔女の増加と凶暴化、ウワサの出現、ドッペルの誕生が始まる。
 つまり、ここを境に神浜市では新たな魔法少女が生まれていない

 また、このころからやちよみふゆを探すために神浜うわさファイルを作成するようになり、信憑性が高く、危険なうわさは倒す活動を開始する。


 みたまがマギウスから新西区にある廃墟を提供してもらい、調整屋を開設する。このころは神浜にとって調整屋が必要不可欠な状況ではなかった。

※このころ以降から調整屋で起こるイベントが発生していることになる。



 まさらこころは偶然同じ魔女を狩ろうとして遭遇した時から、何かしら一緒に行動するようになっていた。

 まさらは夏祭りのチラシを調整屋で見つけた。しかし、興味を示すことは無かった。

 まさらこころは魔女狩りをしていると、こころがピンチになり、まさらがかばうという事態が発生する。これによってお互いは変に気遣うようになり、まさらはもうこころとは戦わないと言ってしまう。

 こころと共に取り逃がした魔女をまさらがひとりで追っていると、その結界内ではすでにこころが戦っていた。まさらこころと協力して戦い、魔女を倒すことに成功する。
 これによってお互いの距離が縮まり、一緒に行動するようになる。

 二人で調整屋へ行き、まだあった夏祭りのチラシへまさらは興味を持つようになり、まさらははじめて未来が来る楽しさを知り始めた。

 以降、まさらこころコンビを登山組と呼称する。



 登山組はまさらが興味を持ったこと、みたまの後押しがあり、ハイキングクイズラリーというイベントへ参加することになった。こころは家族との登山をきっかけによく登山を行っていた。

 登山組はアウトドアコーナーで登山に必要なものを買い、イベントに備えていた。


 イベント当日、その場にみたまの姿はなく、登山組での参加となった。ふたりのかばんにはみたま特製エナジードリンクが入れられていて、その効果は、飲んだ者を鈍足へと陥れるものだった。

 ハイキングイベント中、魔女の反応を感知した登山組は魔女討伐を優先した。その結果、探すのに手間取っていたチェックポイントをふたりは発見した。

 山頂に到着した登山組は景色を眺めていた。最後に残った問題をまさらの持っていたテレビの力によって解くことに成功し、ブランド米を見事獲得することに成功する。

 この登山イベントによって、こころの一番の思い出が塗り替えられることになった。




__________この時点で1年前の11月ごろ__________


*そしてアザレアの花咲く*

※選択によってENDが変化しますが、TRUE ENDに向かうストーリーで振り返っていきます。

 
 神浜市に異変が起きてから、アザレア組は再び神浜市を訪れた。


 ある日、このはあやめが苦しむ幻覚を見る。このはは魔法少女の仕業ではないかと考え、気を張るようになる。

 アザレア組はななか組と出くわし、ななかから手を結ぶことを提案される。しかし、話は保留となり、最終的な判断は葉月にゆだねられることになる。

 情報収集の過程、あやめかこのことが気になっていて、友達としてよく会いに行くようになっていた。
 葉月と合流し、かこに会いに来たあやめは、かこからフェリシアを紹介される。


 数日後、神浜市で魔法少女が襲われ、昏倒するという事件が起こる。この事件は魔法少女の間で噂として流れ始め、やちよが魔法少女に聞き込みを行っていた。
 どうやら噂の内容は、突然意識がもうろうとして倒れてしまうものらしい。
 かのこからは病気の噂、夏希からは魔法少女の仕業ではないかという噂と、まだ形ははっきりとしたものにはなっていなかった。

 かこフェリシアあやめ葉月を呼び、二人に最近起きている昏倒事件の噂の犯人はアザレア組だと疑われていることを明かす。
 葉月は情報源を濁しながら過去から聞いた話をこのはに伝えたが、冷静だった。

 後日、アザレア組はやちよと遭遇する。やちよからももこが昏倒の被害者になってしまったこと伝えられ、アザレア組はその時に感じた魔力パターンではないといわれる。つまり、犯人ではないことを理解してもらう。

 翌日、このはは二人に神浜市を出ることを提案する。しかし、葉月が出ていくことに反対したことで神浜市を出るという選択肢は先延ばしになった。

 葉月ももこと協力し、犯人捜しを行う。ももこは最初は疑っていたが、葉月の説得によって犯人ではないと信じてもらえた。
 
 このはあやめが夕飯の買い物をしている途中、レナかえでに遭遇する。4人は場所を変え、レナこのはが戦うことになる。
 戦いの最中、かえでやちよを連れてくるがあやめが昏倒しそうになったことをきっかけに、このはが暴走する。
 そこに葉月ももこが合流し、葉月このはに「外の人と向き合っていくべきだ」と伝える。
 あやめはさらにこのはへ最近友達ができていたことを伝える。
 そこへ葉月が呼び出したかこが現れ、このはの前であやめかこは良き友達であることを証明する。
 これをきっかけにこのはは冷静になり、その場は落ち着きを取り戻したことで魔法少女達は去っていった。

 この事件の犯人は未だに不明だが、アザレア組は今も元気に神浜市で活動を続けている。




*マギウスの翼ができるまで*
________________________________

 メルが魔女化してからおよそ1年後、みふゆがマギウスの計画に参加する。(この時点で灯火、ねむ、アリナは魔法少女になっている)

 みふゆはマギウスから今後の活動を円滑に行うため、奨学金制度の適用、家の用意を行ってもらい、実家を出ることに成功している。
IMG_1443
IMG_1444




 十七夜は以前よりも魔女が強くなり、数が増えていることに気づく。

 十七夜は大東区の魔法少女たちに注意喚起を行っていた。月咲を呼び、みたまのいる調整屋を紹介する。

 このころ、もうすでにメイドカフェでのバイトを十分にこなせるようになっていた。


 十七夜がメイドカフェでバイトをしているとき、月咲が店を訪れ、何かを言いたげではあったが伝えずに店を出て行ってしまう。


 十七夜は東の魔法少女たちへ魔女が強くなってきていることについて警戒するよう呼び掛けていた。(この時点ではすでにひみか、団地組が魔法少女になっている)


 調整屋へ行く途中、天音姉妹を目撃する。


 調整屋を後にし、十七夜月咲から話を聞くために追い掛け回す。話を聞くと、月咲はマギウスの翼へ加入したということだった。十七夜はマギウスの翼への参加を勧められるが、断った。

 この日から、東の魔法少女の多くがマギウスの翼へ参加していることを十七夜は知ることになる。

IMG_1127[1]


________________________________



 鹿目(かなめ)まどかは一人で水名神社を訪れていた。帰り道のバス停でかこと出会い、好きな本について語り合う。
 
________数日後________

 まどかがショッピングモール内にある本屋へ訪れていると、かこに再会し、お互いが魔法少女であったことを知る。(すでにかこまどかが魔法少女であると察していた)
 帰り道、ふたりは来週の日曜日に夜の神浜市立大附属中学校へ一緒に行く約束をする。

________およそ1週間後________

 まどかかこは神浜市立大附属中学校の屋上で一年で一番きれいな夜空を見る。



 さなが名無しさんのウワサに捕らえられる。


_________ここまでおよそ1カ月前____________


 環いろはが神浜市を訪れる。

 やちよがウワサを倒す。このウワサは天音姉妹が管理していたウワサだった。


 マギウスは今後の方針について争っていた。そこへみふゆが仲裁に入り、なんとかその場は収まった。この時、灯花ねむはうわさに関わることだと感情的になることを知ることができる。うわさへ特別な思い入れがある可能性がある。
IMG_1448[1]
IMG_1449[1]
IMG_1474[1]




~ホツレし因果 マギウスの野望~
※メインストーリースタート
 時期は4月下旬から6月上旬にかけての出来事と仮定する。
 この出来事は暁美(あけみ)ほむらが3周目になるころ、空想の神浜を思い描いた4人の少女が魔法少女になるという特異点へと巻き込まれてしまった世界である。
 ほむらが銃を使い始めるきっかけは描かれていないが、アニメ版でのやり取りが行われていなくても銃を使っているということから、この時点でIFの3周目に突入したと考えてよい。

 外伝という扱いがされている以上、マギアレコードの物語はアニメ版の結末へ必ずたどり着くとは限らないと考えたほうがいいでしょう。

IMG_0425

 委員長の魔女(パトリシア)を倒そうとしたときに謎の少女が暁美(あけみ)ほむら(眼鏡ver)に神浜市へ来るよう呼びかける。



 巴マミは見滝原の魔女減少に伴い、見滝原から離れた場所まで魔女探しにきていた。そこで佐倉杏子(さくら きょうこ)と出くわし、風見野の魔女も減少していることも知る。
 キュゥべえに聞くと、ほかの町でも魔女の数が減少しているらしく、マミは調査を行うことにする。



 いろはは神浜市に来てから見るようになった夢の真相を探るために神浜市を訪れる。

 結界内にいたかえで(この瞬間は名前を知らない)とともに使い魔を倒す。かえでから小さなキュゥべえの情報を手に入れる。
 いろはは夢の真相をつかむために小さなキュゥべえを探していると、使い魔に圧倒され、倒れてしまう。結界内に倒れていたところをももこに助けてもらう。
 ももこから神浜市にいる魔女は強力なため調整屋という存在が大事だと教えられ、案内してもらう。調整屋「八雲みたま」に調整してもらった時にいろははキュゥべえに願った願いを思い出せないことを知る。
 いろはは小さいキュゥべえを探しに外へ飛び出すが、やちよ(この瞬間は名前を知らない)に道をふさがれてしまう。
 神浜市で戦っていけることをやちよに証明するため、いろはももこと協力してやちよより早く魔女を倒すことになる。魔女討伐後、小さなキュゥべえをやちよに排除されかけ、いろはが小さなキュゥべえを抱きしめるといろはは気を失う。

 気を失っている間にいろはは環ういという妹がいること、ういの病気を治すために願ったことを思い出す。しかし、この世界にういは存在しないことになっていた。

 次はういの手がかりを探すため、神浜市に訪れることを決める。以下、小さなキュゥべえを”クレメル”(ドイツ語で小さい者という意味)と呼ぶ。

 能力強化のためにいろはみたまのもとを訪れていた。そこにももこが居合わせ、三人で昼ご飯を食べることになる。しかし、そこでいろはみたまがまともに料理をできないことを知る。
 ももこいろはは料理ができるのかと聞かれると、ういのために豆腐ハンバーグを作ったことを思い出す。

_________ここまで第一章____________


 ほむらは一人で射撃練習をしていた。そこへ夏希が通りかかり、ほむらを応援する。夏希の提案でマミがその場に駆け付け、実践訓練を行う。
 ※現時点でほむらは神浜市をよく知らないため、練習場所は見滝原と神浜の間にある別の町である可能性がある。



 ういの手がかりを探すために病室が一緒だった里見灯花と柊ねむを探すことになる。
 ういがいた病院から帰るところで偶然会ったやちよから絶交ルールのウワサを聞く。

ウワサの内容
アラもう聞いた?誰から聞いた?
絶交ルールのそのウワサ
知らないと後悔するんだよ?
知らないと怖いんだよ?
絶交って言っちゃうと
それは絶交ルールが始まる合図!
後悔して謝ると、嘘つき呼ばわりでたーいへん!
怖いバケモノに捕まって
無限に階段掃除をさせられちゃう!
ケンカをすれば、ひとりは消えちゃうって
神浜市の子ども達の間ではもっぱらのウワサ
オッソロシー!”

IMG_0932[1]

 神浜市ではウワサが現実になることが多くなっていることをやちよから教えてもらう。

 帰り道でももこ、かえで、レナが公園で言い争いをしていてかえでレナが絶交してしまったところを目撃する。レナがどこかに行ってしまった後、いろはかえでの名前を教えてもらう。

 そのころ、神浜市に訪れていたマミももこから逃げていたレナと魔女の結界内で遭遇する。魔女を倒した後、神浜市では見滝原とは違い、魔女が増えていることを知る。


 レナかえでがなかなか仲直りをしない中、いろはは使い魔に苦戦しているかえでを見つける。これ以上は3人をほっとけないと思ったいろはは、レナかえでを仲直りさせることに協力する。

 ももこと協力し、レナかえでを合わせる作戦を行う。ももこかえでいろはレナを探すことになる。
 いろはレナを見つけるが、ももことの待ち合わせ場所に誘導する際にレナを怒らせてしまう。そこにかえでが現れ、レナに謝ろうとする。しかし、レナは絶交ルールのことを気にしていて、謝ることを必死に止める。かえでレナへ謝ってしまい、ウワサにさらわれてしまう。

 かえでを探すためにいろはももこと共にウワサの魔力の痕跡をたどることにする。この時にレナはどこかに行ってしまっている。レナやちよにウワサについて聞きに行ったらしく、ももこたちと合流した後に人気の少ない場所へ行ってみることになる。
 レナかえでに謝り、ウワサをおびき出すことにする。
 結界が現れたとともにかえでも現れたが、ウワサに操られた状態だった。
 ウワサの抵抗が激しい中、やちよが現れ、ももこ達はウワサの大元を倒しに、やちよかえでの足止めを行うことになる。

 ウワサに連れ去らわれたレナはウワサの洗脳を受けてしまう。操られたレナかえでやちよが足止めし、ももこいろは、やちよは大元の”絶交階段のウワサ”を倒すことになる。
 ウワサ討伐後、やちよはその場を去る。

 ウワサ討伐後、かえでレナは正気に戻り、二人は仲直りをする。仲直りのお祝いとしてレナが「何日も前に」買って渡せずにいたプリンを4人で食べた。

 いろはももこ達の手伝いをしたお礼として病院の入院記録を見てきてもらえることになる。レナは願いによって誰かの見た目をコピーできる力を持っていたため、それを活用する。
 結果、灯花ねむは確かに入院していて、もうすでに退院をしていた。ただし、ういの入院記録だけがなかった。

 この日の夜、マミは神浜市を訪れていた。マミは魔女とは違った魔力の痕跡を確認し、神浜市について注意深く調べることにする。
 このあとマミ杏子に会い、神浜市には気を付けるよう言いつける。



 いろははとある魔女の使い魔から鏡屋敷への招待状を受け取る。屋敷に入るとみたまと出会い、会話をしているといろはは使い魔に型を取られてしまう。
 目を覚ますと目の前には自分のコピーが立っていた。いろははコピーを倒し、元の場所へと戻ってきた。

 いろはは果てなしのミラーズ内でかえでと出会う。かえでのコピーを倒せずに躊躇していると、そこにやちよが現れる。
 一度果てなしのミラーズを出るが、ももこレナが戻ってきていないことを知り、再び三人で果てなしのミラーズに入る。
 果てなしのミラーズでももこレナを探していると、莉愛と出会う。莉愛の向けたミラーズの鏡が光を放ち、やちよはどこかへと消えてしまう。
 いろはかえでももこ、レナ、やちよの捜索を行おうとすると、そこに莉愛が加わる。そのころやちよは、偽物のやちよを追いかけていたももこに出会う。
 いろは達はレナの偽物を見つけるが、それに対してかえでは今までの鬱憤をぶつける。偽物のレナに夢中になっていると、本物のレナが現れる。そこへももこやちよも合流する。

 全員無事に果てなしのミラーズから抜け出すことに成功する。



 絶交ルールのウワサが倒された後、灯花ねむみふゆは状況の整理を行っていた。

IMG_1475[1]
 この時の話より、ういも描いていた絶交ルールのウワサを二人が気に入っていたことを知ることができる。しかし、いろはのことは記憶にもない。


 みふゆの案が採用され、口寄せ神社のウワサが誕生する。本来はここにやちよを閉じ込め、イブが孵化するまで眠っていてもらう計画だった。


_________ここまで第2章____________



 いろは灯花ねむの存在を確認してから手詰まり状態だった。
 ももこ達は灯花ねむについて探していたようだったが、手掛かりは見つかっていないようだった。そんな中、かえでは絶交ルールのウワサにとらわれた人々が全員無事だったことを知る。
 今後、いろははウワサを調査しながらういを探すことになる。

 いろはみたまから、神浜市水名区に神社にまつわるうわさがあると聞き、調査することにする。

 うわさについて調べていると、鶴乃に出会う。鶴乃はウワサについて知っている様子だった。鶴乃から口寄せ神社といううわさがあると聞き、一緒に調べることになる。
 うわさにつながるかもしれないと考え、鶴乃から教えてもらった縁結びスポットまでつながるスタンプラリーを行うことになる。スタンプラリーを行っていると同じうわさを調べていたやちよと遭遇し、ともに最終目的地へと向かう。そこは水名神社であり、そこでは何も起こらなかった。

_____次の日_____

 前日の帰りに見つけたビルの屋上にある神社へ向かうために鶴乃とは再び別行動になる。ビルの神社へ向かう最中に魔女の反応を察知し、そこでやちよに出会う。
 やちよと魔女を倒した後、やちよから口寄せ神社の場所は水名神社であることを教えてもらう。

_____次の日_____

 鶴乃やちよとともに夜の水名神社へと向かう。
 水名神社へと入り込むことができたあと、やちよからウワサの詳細を聞かされる。


口寄せ神社のウワサ
”アラもう聞いた?誰から聞いた?
口寄せ神社のそのウワサ
家族?恋人?赤の他人?
心の底からアイタイのなら
こちらの神様にお任せを!
絵馬にその人の名前を書いて
行儀良くちゃーんとお参りすれば
アイタイ人に逢わせてくれる
だけどだけどもゴヨージン!
幸せすぎて帰れないって
水名区の人の間ではもっぱらのウワサ
キャーコワイ!”

IMG_0933[1]

 絵馬にういの名前を書き終えた後、ウワサが現れる。鶴乃が対応することになり、いろはやちよはそれぞれが会いたい人に会いに行く。

 同日、魔女の結界の前でマミかえでと出会う。かえでと魔女を倒した後、マミは神浜市ではうわさが現実のものとなり、ウワサの化け物が現れることを知る。
 魔女とは違う魔力の反応を察知したマミは魔力の元を探しに行く。

 黄昏時の結界内でいろははういに出会う。しかし、ういの口からは「運命を変えたいなら神浜市に来て。この町で魔法少女は救われるから」という言葉しか出なかった。つまり、本物のういには会えなかった。

 やちよはみふゆという少女と出会っていた。本人としか思えない対応にやちよは戸惑っていた。その状況に出くわしたいろはやちよを呼び戻そうとするが、ウワサに阻まれる。
 偽物のみふゆをいろはが倒した後、みふゆやちよにとって大事な幼馴染であることを教えてもらう。
 無事に戻ってきたいろはやちよに対してウワサは牙をむき、ウワサの大元”マチビト馬のウワサ”が現れる。歯が全く立たないため、三人は逃げることにしたが、いろはのソウルジェムの穢れは限界に近づく。

 ウワサとの戦いでいろはのソウルジェムの穢れは限界に達する。穢れがたまり切ると、いろはのソウルジェムからは魔女のようなものが現れ、ウワサを倒す。
 ウワサを倒した後、ソウルジェムは浄化された状態になっていた。

 その場に出くわしたマミが、いろはを魔女として認識し、三人に襲い掛かる。
 三人が苦戦しているところにももこが助けに来て、三人は何とか無事であった。マミはおとなしく退散する。
 夜遅くである事もあったため、いろはやちよの家に泊まることになる。
 いろはやちよは共にうわさを調査することを望んでいて、今後は一緒にうわさを調査することになる。また、鶴乃が鶴乃の親が営んでいる店にひいらぎという人が来ることを思い出し、今後はそこも注意して調査することになる。
 その夜、マミ杏子に会い、神浜市には行かないよう言いつける。

 ももこは一連の事件がひと段落したあと、レナかえでに報告すると、二人はもうすでにマミと面識がある事を知る。




 いろはは再び果てなしのミラーズへと訪れていた。ミラーズへと挑む途中、いろは鶴乃と出会う。鶴乃は、やちよからいろはが心配だという話を聞いたため訪れていた。
 ミラーズの中でいろは鶴乃は、偽物を引き連れた衣美里と出会う。衣美里はミラーズヘひなの梨花と来ていたらしいが、一人迷子になって今に至るらしい。
 衣美里は自然と偽物たちを解散させることをいろは達の前でやって見せる。そして、いろは鶴乃衣美里と共にひなの梨花を探すことになる。

 3人はひなのに会うが、それは偽物であった。
 偽物を倒した後、衣美里ひなのを見つけたといって先へ進んでしまう。二人がそこへ合流すると、結界の切れ目にいたひなのを見つける。今度は本物であり、3人はホッとする。
 すると、4人に聞こえるよう、テレパシーで梨花が話しかけてきた。その内容は、ミラーズのもっと奥へ行きたいからサヨナラしたいという内容だった。
 状況を考え、ひなのは梨花のコピーによる罠だと判断する。梨花の捜索にあたり、ひなの鶴乃はそのまま捜索、いろはみたまから情報を聞き出しに、衣美里は助っ人を探しに行くことになった。

 いろはは一度ミラーズから出てみたまと会う。みたまによると、ここまでの出来事はコピーによる罠で、本物の梨花が鏡を覗きすぎたかららしい。その頃、鶴乃ひなのは梨花のコピーと対面していた。
 いろはが二人の元へと戻り、偽物だと説明すると、梨花のコピーがたくさん出現した。
 衣美里が助っ人を連れて戻ってきた。その助っ人とは、れんだった。
 5人で梨花のコピー達を退け、本物の梨花を見つけ出すことに成功する。梨花によると、鏡でメイクチェックを行っていたところ、後ろに梨花のコピーがいてそこから覚えていないらしい。
 この日を境に、みたまは姿を消した。





 ほむらは神浜市が気になり、まどかに神浜市へ行きたいことを打ち明ける。
 その場にマミが出くわし、マミは二人が神浜市へ行くことに強く反対する。
 隣町のパンケーキ屋でマミから二人は神浜市ではウワサという存在、人型の魔女という存在がいることを教えてもらう。



_________ここまで第3章____________


 杏子はマミの忠告を無視して神浜市へ行こうとすると、神浜市近郊でキュゥべえに会う。このとき、キュゥべえから神浜市についての情報は出なかった。




 ひいらぎという人物が鶴乃の店「万々歳」に来る常連であると聞き、いろはは店に何度も訪れることになるが、一向に現れる気配がなかった。
 待っていても仕方がないので、電話帳で出てきた柊という名前の家を調べることになった。やちよはモデルの仕事、鶴乃は店番を行うため、家探しはいろは一人で行うことになった。

 調べている途中でのどが渇いたいろははフクロウ印の給水屋を見つける。そこで杏子、フェリシア(この時二人の名前は知らない)と共に水を飲む。


 最後の一軒をまわっている間に、謎の紙が落ちてくるようになる。結局、いろはが求めている柊という人の家は見つからなかった。

 報告後、いろはやちよに両親の都合で神浜市立大附属中学校へ転校することを伝える。


 この日から見滝原中学校ではマミが不登校状態となる。

_____次の日_____

 いろはが朝起きると、枕元には謎の紙が大量に落ちていた。(このとき、杏子の枕元にも大量の数字が書かれた紙が落ちていた)
 やちよに伝えると、なにかのうわさに巻き込まれた可能性があると伝えられ、怪しいと考えた「フクロウ印の給水屋」を探すことになる。

 給水屋がいた場所に行ってみると、そこには何もなかった。すると、その場にフェリシアが出くわした。料理を作ることを条件に、いろはフェリシアと共にうわさを調べることになる。

 そのころ、うわさについて調べていたやちよは参京院教育学園の前で結界を持たない使い魔のような何かを見つける。その使い魔のような何かに杏子が接触すると、消えてしまった。
 やちよいろはと同じうわさに巻き込まれたと思われる杏子に話しかけるが、杏子は協力を拒否し、どこかに行ってしまう。

 いろは達はというと、フェリシアが魔女の反応を察知し、暴走してしまう。いろはがなだめると、フェリシアは落ち着いた。

 いろはやちよのもとへフェリシアを連れて行くと、神浜の魔法少女たちにはよくは思われていない傭兵であると知らされる。

 
 そのころ杏子は、神浜市で一緒に水を飲んだいろはフェリシアを探していた。聞き込み調査を行おうと、偶然その場にいたかえでレナに出会う。二人の案内で、杏子は万々歳にたどり着く。ここで杏子いろはの情報を手に入れる。


 再び魔女を察知して暴走したフェリシアとともに魔女を追っていると、いろはフェリシアが一人だけで生活していることを知る。

 魔女を倒した後、二人は使い魔のような何かを目撃する。後を追っていると、謎の集団に襲われ、道を阻まれる。そこへやちよ鶴乃が合流する。
 謎の人物たちからはこれ以上ウワサを消さないようにといわれる。
 やちよフェリシアに追加の報酬を与えることを約束し、相手の仲間になることを装ってアジトを突き止めることを頼む。



 杏子レナかえでが魔法少女であることを知ると、今回巻き込まれたウワサについて聞く。すると、かえでがこのような噂を聞いたらしい。


ミザリーウォーターのウワサ
”アラもう聞いた?誰から聞いた?
ミザリーウォーターのそのウワサ
むかし懐かしママチャリの、荷台に乗った保冷箱
おじちゃん1杯くださいなって
貰った水を飲んだなら
ゴクゴクプハーッって気分は爽快、元気も一杯!
けれどだけども、それはまやかし
飲んだ水はやばい水!!
24時間経っちゃうと
水に溶けた不幸が災いを引き起こすって
参京区の人の間ではもっぱらのウワサ
モーヒサーン!”

IMG_0934[1]

 レナかえで杏子に協力を申し出るが、杏子はこれを断る。
 

 やちよは信じているわけもなく、フェリシアのあとを鶴乃につけさせていた。しかし、足取りは途中までしかわからなかった。
 やちよの予想通り、フェリシアは報酬に目がくらんだ。しかし、いろはフェリシアに不幸になる本当の怖さを教え、説得に成功する。これによって、ウワサのありかを教えてもらえるようになる。


 参京院教育学園にある地下水路で、4人は謎の集団に再び出くわす。
 謎の集団はマギウスの翼に所属する黒羽根と呼ばれる存在であり、魔法少女を開放するマギウスの下につく存在であることを明かす。
 黒羽根の話を聞いていると、そこに杏子が切り込む。(杏子は駅の時点からいろは達をつけていた)

 奥に進むと、黒羽根のリーダー格である白羽根 天音姉妹が立ちはだかる。2人の演奏に5人は苦戦する。鶴乃は騒ぐことで演奏の邪魔をすることを思いつく。
 5人が形勢逆転したのち、月夜がドッペルを発動する。このとき、杏子マミと知り合いである事をいろは達は知る。杏子は別にいろはに敵意をむくことは無かった。

 天音姉妹がドッペルの説明を軽く済ませた後、フェリシア杏子は出し抜いてウワサに向かう。天音姉妹を無力化し、いろははウワサに向かうことになる。

 いろはフェリシア杏子がウワサの結界に入り、奥まで進むとミザリーリュトンのウワサに遭遇する。硬いうえに到達まで岩が邪魔をするウワサに苦戦するが、フェリシアがウワサに到達する。フェリシアが思いっきり飛ばしたウワサをいろはが撃ち抜き、ウワサの討伐に成功する。

 天音姉妹がまだ抵抗しようとしているところに、みふゆが現れる。(ここから1年前に、やちよによるチーム解散が行われる出来事、メルの魔女化が起きている)

 いろはみふゆにういを知っているか聞くが、知らないといわれる。
 ある程度場は落ち着き、4人と杏子は分かれる。


 帰り道、いろはの引っ越し先、フェリシアの居場所がやちよの営むみかづき荘に決まり、フェリシアは万々歳でお手伝いとして働くこととなった。この日からフェリシアはいろは達の専属の傭兵、いわゆる仲間となる。



 杏子は神浜から出ると、マミと出会う。そこで杏子は人型の魔女ではなく、ドッペルという技が神浜には存在することをマミへ告げる。




_________ここまで第4章____________



 杏子はミザリーリュトンの一件が起きた後も神浜市へと訪れては魔女を狩っていた。魔女狩りの最中、杏子は魔女をフェリシアに横取りされる。
 魔女退治後、ふたりのもとへみたまの料理を無料で試食できるというチラシが飛んでくる。

 調整屋へ二人は向かうが、みたまの料理の腕前を見て誰も料理を食べに来ていない理由を悟る。新たな料理の買い出しに付き添うようになってしまった杏子フェリシア杏子は逃げ出したいものの、そうはできなかった。

 結局、食べ物を粗末にできない杏子は買い出し後に作られた謎の料理をフェリシアと共にたいらげ、気絶する。気絶している間、杏子フェリシアみたまに調整してもらった。


 いろは、やちよ、鶴乃、フェリシアは外食を行うことにする。その外食先は、万々歳だった。料理を楽しむ4人だったが、フェリシアの何気ない言葉が鶴乃を傷付けてしまった。フェリシアの態度に対していろはフェリシアを叱ってしまい、フェリシアまで店を出てしまう。
 フェリシアは悪口を言う気はなく、ただ正直になろうと思っての発言だった。
 フェリシア鶴乃のことを考えていると、鶴乃とよく来る公園へとたどり着いていた。そこには飛び出していった鶴乃がいた。
 鶴乃は怒っているわけではなく、フェリシアは悪気がなかったことを伝えた。

 二人は関係が元に戻った後、いろはやちよと合流し、結局はみかづき荘で肉料理を食べることになった。



 いろはは神浜市立大附属学校への転校、みかづき荘への引っ越しが完了していた。この時点でいろははみかづき荘で数日過ごしている。

 いろはは4人で楽しい時間を過ごしていた。
 うわさは大きなものを調査していないためか、空振りばかりだった。
 そこで、大きな噂である「電波少女」に焦点を当てることになる。いろはは、引き続きねむの居場所を探すことにした。

 その日の夕方、いろは鶴乃から中央区にある電波塔付近に来るよう電話を受ける。4人は電波塔の近くで電波少女と思われる声を聴く。これをきっかけに、電波少女を再調査することになる。

 同日の夜、いろはのスマホに「助けてほしい」と書かれた謎のメールが送られてくる。

_____次の日_____

 学校の昼休みにももこから電波少女についての情報があるかもしれないといわれる。
 ももこによると、噂の出どころはホームページらしく、そのホームページを見るには資格が必要らしい。真相に近づく際には、ひとりぼっちの最果てに近づきすぎないほうがいいらしい。


 同日マミを探しに来ていたまどかほむらは、魔女によって別々の場所へと飛ばされてしまう。


 やちよと合流したいろはは、電波少女を知っていそうな魔女の口づけがついた女の子を見つける。
 後をついていくと、飛び降り自殺しようとする集団に遭遇する。その場へまどかが遭遇する。いろはやちよまどかは一緒に魔女退治を行う。

 まどかは一緒にきていたほむらとはぐれてしまっていて、噂を探すという目的が同じなのでいろはやちよとともに行動することになる。

 助けた女の子から話を聞くと、どうやら電波少女は同じ学校のクラスメイトらしい。

 一方鶴乃フェリシアは、マギウスの翼である天音月夜(あまね つくよ)を探して水名女学園へ向かっていた。
 月夜を捕獲した二人は、カフェで電波塔にまつわるうわさがないか聞く。すると、月夜は口を滑らせて何かをやっていることを悟らせてしまう。
 鶴乃フェリシアが逃げ出してしまった月夜を追いかけていると、その場にほむらが遭遇する。
 月夜を取り押さえると、やちよから電話で電波少女について進展があったという報告を受ける。そして鶴乃たちは、月夜から電波少女の声は二葉さなであることを教えてもらう。

 ほむらを含めた鶴乃達は、いろは達と合流する。

 いろはは、自分の携帯電話に送られてきていた不審なメールに返信することにした。
 メールのやり取りで、メールを送ってきた相手はアイという存在だと知る。アイはウワサであり、さなを救い出してほしいと包み隠さず教えてくれた。
 しかし、罠かもしれないと信用しきれない6人は、調査の間に聞いたホームページを見ることにする。
 パスワードがわからない中、ももこがパスワードは中央区にある電波塔の塔脚に書かれているという情報を教えてくれた。
 いろは達6人がその場に向かうと、そこにはパスワードを消そうとしている天音姉妹がいた。妨害に成功し、ホームページを見ることに成功する。そのホームページは、神浜都市伝説辞典という名前だった。
 そのホームページにある電波少女にかかわる内容にはこんなうわさが残されていた。

名無しさんのウワサ
”アラもう聞いた?誰から聞いた?
名無しさんのそのウワサ
昔は人に囲まれて
成長してきた名無しさん
それは人が作った人工知能で
なんでも覚える大天才!
だけど悪い言葉を覚えてしまって
人に恐がられるようになっちゃうと
デジタルの世界で隔離されて
ひとりぼっちの寂しい毎日
それから寂しい子を見つけては
電波塔から飛び降りさせて
”ひとりぼっちの最果て”に
監禁するようになっちゃった!
いつかは手放してくれるけど
絶対にひとりは手放さないって
中央区の人の間ではもっぱらのウワサ
スターンダローン!”

IMG_0935[1]

 再びメールをし、さながいる証拠を教えてもらうことになる。それは、アイに蓄積されたさなとのやりとりだった。


32日前・・・
 さなが監禁され始める。


25日前・・・
 さながひとりぼっちだという話を聞き、ウワサは、さなにアイという名前を付けてもらう。その際、さなはアイに優しい心が残っているかもしれないといわれる。


18日前・・・
 アイがさなの心配をし始める。
 さなは魔法少女であり、願いで消えることを願っていた。


14日前・・・
 さなは自分の居場所を探していた。でも、自分の願いのせいでそれは無理と後悔していると教えてもらう。

 アイはさなから人の優しい心を学んでいた。その影響で、アイはさなを助けてくれる魔法少女を探すようになったという。
 話を信じたいろは達は電波塔から飛び降り、アイの討伐を行うことを決意する。

 6人は飛び降りようとしたとき、アイからマギウスの翼が現れたというメッセージを受け取る。アイからは少人数での行動を提案される。
 ウワサの結界に入り込むのはいろはまどかほむらに決まり、やちよ鶴乃フェリシアは結界に入る3人が戻ってくる場所であるヘリポートへ向かうこととなった。

 結界に3人が入ると、いろは達はウワサの手下たちの攻撃を受ける。ウワサであるアイが手下たちへ攻撃をやめるよう指示を行う。
 そして、アイはさなへ元の世界へ戻るよう提案する。

 話をしているとマギウスの一人であるアリナが姿を現す。
 アイは、マギウスの計画を危険視していた。マギウスの計画には、人の感情が全く配慮されていないらしい。
 アリナによると、このウワサにはもうすでにマミが到達していたらしく、アリナが用意した作品の餌食になったという。
 アリナはドッペルを使って襲い掛かってきた。ドッペルを開放した後、アリナは去っていった。

 さながいろは達についていくと決意すると、アイはウワサとして暴走を始める。
 さながとどめを刺した後、アイはいろはへ「ウワサなら環ういを知っている」と告げて消滅した。

 ウワサの結界が消滅した後、いろは達はヘリポートに転送されるが、同時に結界内にアリナが隠していた魔女もその場に現れた。

 話の流れによって、いろは達7人はマギウスの翼とその場で戦うことになる。
 フェリシアはマギウスの翼を押しのけ、アリナが隠した魔女を追うことになる。アリナによると、隠していた魔女はアリナの作品となるものらしい。

 フェリシアは一人で魔女に挑み、見事討伐して戻ってきた。
 これに激怒したアリナフェリシアとその場にいたほむらまどかを消しにかかる。一方、いろはさな天音姉妹を、鶴乃やちよは黒羽根たちを相手にしていた。
 黒羽根たちの動きを止めると、鶴乃はフェリシアたちの方へ、やちよはいろは達の方へと参戦する。

 状況はいろは達の方が優勢になっていく中、そこにみふゆが現れる。
 みふゆの説得によって、その場はマギウスが退散する形となっておさまった。

 結果、魔女の討伐、ウワサの討伐に成功するが、マミの発見だけは叶わなかった。
 いろはまどかは連絡先を交換し、情報共有を行うことになる。
 いろは達5人とまどか達2人はその場で分かれた。
 この時、ほむらいろはが幻の少女に似ていると思った。

 さなはいろは達の提案で、みかづき荘に住むことになる。


 いろは達が名無しの人工知能撃退後、天音姉妹アリナみふゆは記憶ミュージアム?で天音姉妹の願いに行きつくまでの経緯を聞く。



 数日後、いろははチームももこに報告を行っていた。

 さなはみかづき荘に来てから、なかなか溶け込めずにいた。しかし、やちよのみんなのマグカップを買いに行こうという提案と、さながみかづき荘の座敷童のような存在だという会話のおかげで、さなは少しだけいろは達との距離を縮めた。

 さなはいろは達になじんでくると、心の整理として、自分の家にさよならを告げる。

 ももこは、やちよがみんなのマグカップを買ったという話を聞いて、やちよとの和解の時を模索し始めていた。

 その日の夜、いろはさなからウワサの結界内でねむの話を聞いたと教えてもらった。さらにマギウスは3人いることも教えてもらった。

 いろはは、ういの調査がさらに難航する予感がしていた。




 あやかみたまによる居場所探しの旅を決めるダーツに付き合っていた。しかし、二人の遊び気分に耐えきれなくなったはとうとうキレてしまい、あやかとの連絡を絶ってしまう。
IMG_1396[1]


 あやかが調整屋から出た後、みたまみたまの秘密を知りたいフェリシアにしばらく付きまとわれるようになる。
 みたま月夜にお願いし、水名女学園で「みたまのうわさ」を再燃させる。
 さなまなかの弁当を買いに来たとき、まなかから「みたまのうわさ」を聞く。これをさなフェリシアに伝え、フェリシアによるみたまへの付きまといは終止符を打たれた。


 は自分の居場所を探すためにマギウスの翼へ協力してはお金をもらっていた。その現場にいろは、やちよ、鶴乃が遭遇する。はその場の空気に流されるようにみかづき荘へ招待される。

_____次の日_____

 はマギウスの翼へのかかわりを断った。

 みかづき荘でいろは、やちよ、鶴乃、さな、フェリシアの帰りを待っていたは自分の居場所はここではないと考えてしまい、その場を去っていった。

 夜、は再びマギウスの翼へ協力するようになっていた。



_________ここまで第5章____________
※この時点で神浜市からキュゥべえが消えて半年が経過したことになる


 フェリシアは現在も明日香達との交流を続けていた。そんな中でフェリシア明日香から道場で強化合宿を行うという話を聞く。これに鶴乃フェリシアは参加することになり、いろは、やちよ、さなは家へ留守番することになった。

 留守番組はいつもの5人のスタイルで過ごしてしまい、戸惑ってしまう。改めて5人でいたときの楽しさを再認識することとなった。

 一方合宿組は明日香の猛特訓を受けてへとへとだった。強化合宿にはチームももこも参加していた。
 こちらでもいつもの5人の生活が恋しくなっていた。

 合宿終了日、すき焼きの買い出し終了後、留守番組は合宿組のふたりと合流し、楽しい時間が戻ってきた。






 はマギウスの翼との交渉中、みふゆと出会う。は魔法少女の真実を知ることを条件にマギウスの翼へと加入することになる。この時、は記憶ミュージアムのウワサによる影響で洗脳状態に陥る。
IMG_1404[1]

 洗脳されたはマギウスの翼が自分の居場所だと思い、安心する。を記憶ミュージアムで洗脳する案を出したのはマギウスであった。マギウスはの空間結合の力を手放したくはなかったからである。
 はマギウスの翼の先輩にあたる牧野郁美(まきの いくみ)、観鳥令(みどり りょう)のもとで黒羽根としての研修を行うことになる。
 郁美は、みふゆからの洗脳を解き、マギウスの翼から逃がすよう頼まれる。




 みかづき荘ではさなの提案で5人おそろいのコースターを買うことになる。これはやちよには秘密にしていて、後で5人そろった状態で渡そうといろはは考えていた。

 いろはまどかとのメールのやり取りによってマミが見滝原に戻っていないことを知る。

_____次の日_____

 いろははコースターを買ってやちよを待っているとみふゆが突然訪れてきた。みふゆの目的はマギウスが目指す魔法少女の解放について知ってもらうための講義へ誘うことだった。他の4人がみかづき荘に集まると、みふゆはその場を去る。この時、みふゆいろはへ講義への誘いを鶴乃フェリシアさなにも行うよう伝えた。
 みふゆやちよはふたりっきりになって、みふゆやちよへ1年前のチームはもう作らないという誓いを自分で破っていると警告を行う。これによってやちよの心は揺れ始めた。
 やちよの気分が悪いため、コースターを渡すのは見送られた。


 まどかほむらは上条のコンサートを見に行っていて事情を知らない美樹(みき)さやかへ最近の出来事、マミの行方が知れなくなっていることを伝える。さらに、まどかほむらさやかへ一人で神浜市には行かないよう言いつける。

 キュゥべえはほむらへ神浜市へ連れて行ってほしいというが、ほむらはこれを断った。

 

 はイブがいる穢れの充満した空間を体験し、黒羽根の技だけを使用するよう特訓を行う。黒羽根や白羽根たちは固有の攻撃方法を持つ魔法少女ばかりだが、素性がばれないため、という理由で統一された何種類かの攻撃方法のみを使用するようにしている。
 訓練終了後、郁美から自分の魔力をためるジェムをもらう。
IMG_1408[1]




_____次の日_____

 いろは鶴乃はチームももこと記憶ミュージアムに行くことについて、マギウスの講義を受けることについて話した。
 ももこからの提案で、その日の放課後に調整屋へ行くことになる。
 いろはももこみたまに記憶ミュージアムについて聞いてみたものの、収穫はなかった。すると、かえでから電話で、ウワサを広める使い魔のようなものが栄区に現れたという情報を手に入れる。
 ももこみたまの後押しもあり、レナかえでにももこの隠していることを打ち明けると決意する。

 いろはレナかえでがいる栄区のゲームセンターに向かうと、ウワサを広める使い魔のようなものがちょうど噂を広めている最中だった。

記憶ミュージアムのウワサ
”アラもう聞いた?ダレから聞いた?
記憶ミュージアムのそのウワサ
変えたい記憶?忘れたい記憶?
それとも思い出したい、き・お・く?
記憶のことでお悩みならば
記憶ミュージアムにイラッシャイ!
チリンとベルを鳴らしてみれば
そこは、アラユル記憶を展示して
研究を進める博物館!
記憶を通して解明された
いろんな真実が見られちゃう!
保管されている記憶を見ると
ソノ人の記憶に影響されちゃうって
栄区の人の間ではもっぱらのウワサ
アリャコリャナンダー?”
 
IMG_0936[1]



 さやかの説得もあって、まどかほむらさやかは神浜市にきていた。神浜市についた3人は駅で魔女に襲われる。この時にほむらは死にそうになるが、ドッペルを発動させて救われる。
 3人はマギウスの翼について調べるためアリナの情報がないか図書館を探す。





 いろはは万々歳で記憶ミュージアムの場所探しについて考えていた。
 
 すると、鶴乃の父親から実際に記録ミュージアムという博物館があったことを教えてもらう。
 そこにウワサがあると読み、いろは鶴乃フェリシアさなは記憶ミュージアムのもとへと向かうことを考える。しかし、相談したやちよに行くことはやめるよう警告される。



 に何度かあやかからのメールが届くが、ずっと無視を続けている。
 黒羽根たちの実戦訓練が行われる。このときに郁美からどこかのカギをもらう。その後、郁美へ姿と名前をあらわにし、3人はの喫茶店で夕飯を食べることになる。


_____次の日_____

 結局、やちよ抜きで記憶ミュージアムへ行くことになった。

 記憶ミュージアムで待ち構えていたのは、マギウスの一人である里見灯火だった。
IMG_0871


 灯火は4人をお茶とケーキを用意してもてなし、リラックスさせるとさっそく魔法少女の真実についた語りだした。

・ソウルジェムが魔法少女の命そのものであること

・ソウルジェムが黒く染まると、魔法少女は魔女になること

・ドッペルの存在について

 講義の結果、4人は真実でも受け入れたくない姿勢だった。


 一方、やちよは記憶ミュージアムについて調べていた。その途中、やちよももこから真実をレナかえでに話すということを聞く。
 ウワサの能力に気づいたやちよは4人を助けに行くためにウワサのもとへと急ぐ。

 講義の結果を予想していた灯火は、4人をみふゆの記憶へと案内させて、ウワサによる追体験を実行する。

 遅れて到着したやちよも追体験を行うことになる。


 そのころももこレナかえでにマギウスの講義とほぼ同じ内容を伝えようとしていた。


 いろはは追体験を終了し、改めてマギウスの翼への加入を断った。目覚めると眠るやちよしかそこには残っていなかった。


 真実を話したももこは、泣くレナかえでを慰めながら話を進めていた。

 目覚めたやちよは、いろはを目の前にしていきなりチームの解散宣言を行う。ウワサの妨害を受けないための演技だと考え、いろはは話を合わせていたものの、ウワサの妨害を受けることになる。

 ウワサの妨害を抜けるとそこには灯火アリナみふゆ、そして洗脳されてしまった鶴乃フェリシアさながいた。

 いろはは何もできず、3人を連れて行かれてしまう。さらにアリナが用意した魔女の妨害を受けてしまう。
 いろはやちよは魔女を倒した後、いろはやちよによる宣言が演技ではなく本意である事を知る。

 やちよはウワサの大元を前にしても一人で戦うことにこだわっていた。
 いろはは声を荒げて初めてやちよに怒りをぶつけた。それに対してやちよは、自分の願いで仲間を殺すことになることを初めて他人に明かした。
 その内容を聞いてもいろはは引かず、やちよの固有魔法を否定する行動、ウワサをいろは一人で倒すことを強行する。

 結果、いろははウワサの討伐に成功し、事実上やちよの固有魔法の否定を体現させたことになる。
 さらにはいろは自身がリーダーとなることでチームとして活動して行くことを提案した。

 調べを進めているとまどかほむらさやかは記憶ミュージアムがある博物館にたどり着いていた。そこで3人はマミの魔力反応を感知する。
 しかし、黒羽根たちに見つかってしまったためまどかほむらは足止め、さやかほむらの爆弾を受け取ってマミのもとへと急いだ。


 チームの関係を取り戻したいろはやちよは、出口で待ち構えていたウワサに呑まれたマミと対立する。

 二人が危機的状況の中、美樹さやかが飛び込んできた。さやかは建物を爆破するという荒事を行い、3人はその場から逃れることに成功する。

 いろはやちよから魔法少女の真実を聞いたさやかまどかほむらと急いで合流した。

 追っ手をまいたまどかほむらさやかは一度落ち着いた。そしてさやかは見聞きしたことをまどか、ほむらに対して報告した。ほむらはもうすでに魔女化の真実は知っていたため、まどかの魔女化を一度は体験し、今の時間軸にとどまっていることになる。

 いろはからのメールを受け取った後、3人はわずかな魔法少女が魔女にはならない希望を見つけるという目的を持ち、恐怖から立ち直り、見滝原へと戻った。

 いろはやちよがみかづき荘に帰ってくると、そこにはももこがいた。ももこはチーム解散の理由を聞くために来ていた。
 真実を知ったももこは非が自分たちにない事、やちよが変わっていないことを知って安心した。
 ももこは今後の活動内容を聞き、協力していくことを伝える。さらにはまどかからメールでまた神浜に来ることになるという情報をもらう。

 チームは二人だけでも、周りと協力し合ってマギウスに立ち向かっていくことを確認し、夜が明けた。

 見滝原へと戻ったさやかは、杏子へマミの変化、マギウスの翼、魔女化について伝えていた。杏子はミザリーリュトンの件もあり、魔法少女の救済について少し納得がいっていた。
 さやか杏子へ協力を申し出るが、断られてしまう。杏子は一人独自の方法でマギウスの翼を探ることにした。


 は他の黒羽根から、マギウスの翼同士での姿や名前をあらわにする行為は普通となっていることを知る。そんな中、郁美から渡されるものがあるという特別扱いに疑問を感じていた。
 郁美から魔力がこもった方位磁石をもらう。この時には二人へ疑いをもっていると話すが、二人からマギウスの翼へ入った理由を聞かされ、疑いすぎだったと理解した。
IMG_1477[1]




_________ここまで第6章____________



 やちよかなえメルが残した箱を開けられずにいた。
 夕方になり、やちよいろはは調整屋へと向かった。調整前、みたまは過去を整理できていないやちよの不安定さを気にしていた。

 みたまの提案により、いろはやちよ同時の調整が行われる。調整中、やちよは自分の闇と対峙する。そこでやちよは過去を振り返ることで自分の抱く恐怖を呼び起こされてしまう。心の闇はドッペルの姿としてあらわれ、やちよへドッペルを受け入れるよう促し始める。
IMG_0875


 やちよは改めて、自分の願いで仲間を死へと導いていたことを知り、自分の恐れを受け入れた。いろはからもらったチャンスを無駄にしないため、やちよかなえメルと向き合い、前へ進むことを決意する。
 やちよはドッペルを受け入れたものの、屈することは無かった。

 調整が終わり、みかづき荘に戻ってきた二人はかなえメルの遺品が入った箱を開ける。そこにあったのは・・・


かなえの歌詞ノート

 僕は点
 貫くために鋭利で醜く
 手を染めていく
 引っ張り上げられた染まった手
 自分で洗い流せと
 ぶつけられた言葉が僕を崩していく
 1点、独りで突き刺す
 2点、ふたりで切り裂く
 3点、角が取れて初めて
 円に向かって丸くなってゆく
 手を繋ぐだけで
 こんなに未来への道のりが
 優しく感じられるとは思わなかった
 ありがとう


メルの占いに対する感想

 近い未来の結果

 神浜に異変が起きたとき、何か大きな変化が訪れるかもしれない。
 だけど、そこにはいくつもの点が集まり柔らかな円を描いている。
 多分これは人の円、ボク立魔法少女が紡ぐ円。
 この時はきっと今よりも危険だけど一緒に優しさも満ちている。
 そのきっかけを作る星がひとつ。この星はきっと人を表している。
 そして、やちよさんの近くに落ちている。
 この人が原因なのかは分からないけど、今から会うのが楽しみ。
 やちよさんの近くに落ちてるってことはボクもきっと会うと思うから。




 これらを見て二人は改めて鶴乃フェリシアさなの奪還を心に決める。




 いろはまどかへ近況を聞いていたものの、返事をもらえない日々が続いていた。
 
 鶴乃フェリシアさなみふゆの幻覚の効果で洗脳を解いてもらう。しかし、鶴乃だけは洗脳の解除に失敗した。
 一方、マギウスはイブの孵化を急いでいた。
 そこで、洗脳された3人のうち、鶴乃を利用することを決める。

_____次の日_____

 いろはももこレナへ知ってるうわさがある気がすることを伝える。このころ、かえでは魔法少女の真実を知って部屋に閉じこもっていた。

 二人と別れたももこは友人から、新たな遊園地がオープンするらしいという話を聞く。

 夕方、いろはやちよは鶴乃の父のもとをを訪ねていた。
 鶴乃の父の話によると、鶴乃フェリシアは一度店に顔を出し、もう戻ってこないと告げ、鶴乃に関しては「今までで一番安心できる場所を見つけた」と言い残したらしい。

 帰り道、いろはやちよはマギウスの翼の襲撃を受ける。




_____次の日_____

 いろは、やちよ、ももこは作戦会議を行っていた。そこでいろははとにかくうわさを消して回るというあえて目立つ動きをする作戦を提案する。この作戦を実行することになり、ももこかえでのもとへ向かうことになった。




 いろはやちよがうわさを消して回っていると、マギウスの翼が現れる。しかし、ウワサを守る役割を持つ黒羽根は内部で何が起きているのか把握できていないようだった。
 いろはとやちよは、やちよが調べたうわさと、これまでに遭遇したうわさを地図に書き込むことにした。うわさの分布に特徴が現れ、二人は里見メディカルセンターへ向かった。

 みふゆフェリシアさなをいろは達のもとへ送る手筈を整える。

 ももこかえでのもとを訪ねたが、かえではまだ立ち直っていなかった。
 二人に合流しようとしていたももこは、遊園地の話がうわさに関係あるとみて調査を行う。

 ももこは調整屋のもとを訪れていて、遊園地のうわさについて聞いていた。栄区の情報を知りたくなったももこは、レナに協力してもらい、情報収集を急いだ。どうやら遊園地のオープンは2日後の夜明けらしい。


 里見メディカルセンター付近でいろはやちよは洗脳が解けたフェリシアさなと出会う。




 まどかは魔法少女の真実をキュゥべえから聞いていた。その話の中でまどかはキュゥべえから神浜の情報を伝えてくれないかと交渉を迫られるが、断る。


 まどかは悩んでいたところ、いろはから心配するメールが送られてくる。とにかく行動することを決めたまどかがメールを返そうとした瞬間、見滝原に魔女が現れる。しかし、見た魔女は神浜でよく見かけた魔女だった。
 まどかが魔女に苦戦していると、さやかほむらが駆けつける。

 魔女を倒した後、まどかは明日神浜へ行くことを伝える。この時、さやかの様子が少しおかしかった。



 みかづき荘でいろはやちよフェリシアさなから脱出までの詳細を教えてもらう。そこにももこが訪れ、遊園地のうわさについて報告を行う。
 東の状況を把握するため、やちよ十七夜に連絡を取る。そのころ、十七夜は黒羽根と戦っている最中だった。そこに天音姉妹が現れ、十七夜にいろは達がテリトリーを狙いにやってくるという嘘情報を伝える。
 次の日にいろは達と十七夜は会う約束をする。

 杏子はマギウスの翼へ入ることを装い、内部調査を行っていた。

_____次の日_____

 まどかは見滝原の駅でほむらとさやかを待っていると、魔女の反応を察知しそこへ向かう。このころ、ほむらもさやかも魔女と戦っていた。
 3人が合流できたころには、見滝原の駅から離れた場所にいた。



 いろはやちよももこ十七夜と工匠区で会い、カフェで情報交換を行う。その結果、旧車両基地がマギウスの拠点ではないかとにらむ。

 4人は旧車両基地へと行くが、十七夜は新車両基地も怪しいと思い、途中から別行動をとる。
 旧車両基地に残った3人は天音姉妹を含めたマギウスの翼の襲撃を受ける。十七夜天音姉妹から嘘情報を聞かされていたと把握すると、3人のもとへ駆けつけ、天音姉妹を圧倒する。
  
 結果、天音姉妹も詳細を知らないようだったが、鶴乃の居場所と現状は知っていた。鶴乃はウワサの一部となり、大東区の観覧車草原にいるという。最終目的地が確定し、やちよフェリシアさなに電話で目的地を伝えた。

 一方、レナかえでのところにいた。二人はお互いの気持ちをぶつけあい、心が完全にくじけていないことを確かめた。

 観覧車草原へ到着すると、そこにはマギウスの翼とマギウスが待ち構えていた。混戦する中、みふゆやちよへゴンドラがうわさへの入り口と伝え、やちよいろははウワサの結界へ急いだ。

 結界内にはウワサが憑いた鶴乃がいた。鶴乃を説得しても、聞く耳を持ってはいなかった。ふたりは魔力を一緒に合わせて鶴乃へ攻撃したものの、鶴乃が意識を失うだけだった。
 やちよ鶴乃の気が抜けた表情を見て、鶴乃の本当の苦しみは何があっても笑顔でいないといけないという緊張感に縛られていたこと、無理をしていたことだった。

 外では立ち直ったかえでレナが合流していて、ウワサの結界の中へフェリシアさなも合流してきた。4人は魔力をフェリシアに集め、フェリシアのハンマーで鶴乃に攻撃を与えた。
 攻撃による鶴乃へのダメージはなく、鶴乃からウワサがはがれると同時に、鶴乃が抱えていた感情があふれてきた。
 4人は鶴乃の救出に成功し、ウワサの討伐も完了する。

 この夜、チームみかづき荘の結成した瞬間だった。以降、5人をまとめた表現をチームみかづき荘と呼称する。

 チームみかづき荘が外へ戻ると、外の戦いは止んでいた。
 そこへ魔法少女姿のねむがウワサさんと一緒に姿を現した。これで正式にマギウスが3人チームみかづき荘の前へ姿を現したことになる。
IMG_0952

 マギウスの本当の目的は、エンブリオ・イブを孵化させて魔法少女開放の奇跡を世界中へ広めること、そのためのエネルギーを集めることだった。そのやり方は、ほとんどキュゥべえと同じ考えであった。

 チームみかづき荘、チームももこ、十七夜はマギウスの考えには賛同しかね、抵抗していくことを宣言した。マギウスはこれに対し、手段を択ばないことを決める。

 その場にいた魔法少女達はそれぞれの帰るべき場所へと戻っていった。

_____次の日_____

 チームみかづき荘は前日に起きたことを整理し、マミもウワサに憑かれていると考えた。
 徹夜明けの朝食前、いろはさなはチームみかづき荘の分だけ用意したコースターをみんなに渡す。

 寝る前、いろはは今まで気になってきたうわさが万年桜のうわさではないかとにらむ。

 そのころ、灯火ねむはワルプルギスの夜の襲来が近いうちに訪れることをを観測していた。
IMG_0953



 の店に郁美が来てコーヒーの豆を渡す。この時、郁美に郁美が働いているというメイドカフェへ来ることを提案される。あやかから電話がかかってきたことをきっかけには郁美の働くメイドカフェへ行くことにする。

 メイドカフェで郁美は、雫へマギウスの翼に入った詳しい理由を話す。
IMG_1479[1]

 にも呼び出され、郁美と同じくマギウスの翼に入った詳しい理由を聞く。
IMG_1481[1]

 この時点でキレーションランドのウワサが崩壊してしまっている。つまり、の洗脳は鶴乃と同じ状況であることがわかる。
IMG_1480[1]



 まどか達3人は休みない魔女の出現に悩まされていた。
 魔女の反応を追っていると、マギウスの翼を見つける。黒羽根と白羽根を捕らえても口を開こうとせず困っていたところ、まどかいろはからのメールが届く。その内容は、マミはウワサにされているかもしれないという内容だった。メールにはウワサのはがし方が書いてあったが、3人はマミの心を理解していないことに気づく。

 まどか達の前にマミが現れ、3人に見滝原へ魔女を放ったことを伝えた。そこにアリナが合流し、3人をアリナの結界へ閉じ込めてしまう。

 このころ、杏子は順調にマギウスの本部へと近づいていた。





_________ここまで第7章____________



 杏子はマギウスの本拠地「フェントホープ」へ来ていた。そこでみふゆマミと会うが、マミの変化を目の前にして杏子は声を荒げてしまう。

 杏子みふゆはその場に現れた灯花ねむをごまかすように部屋を去り、マミねむによってさらにウワサによる洗脳を強化されてしまう。

 杏子はその後みふゆに案内され、エンブリオ・イブを目撃する。その姿は魔女を連想させたらしい。みふゆの案内によって杏子はフェントホープから抜け出し、神浜を出た。そして、見滝原へと向かった。


 マギウスの翼では大掛かりな異動が始まっていた。配属先の決定条件はマギウスの翼で「魔法少女の開放に忠誠を誓う」なのか、「マギウスに忠誠を誓う」なのかの二つだった。前者は本拠地防衛、後者は聖堂へ集合するよう言い渡された。

 はマギウスへ忠誠を誓うと回答した。郁美は聖堂へ入ってもペンダントは外すよう言われる。

 は聖堂の中で自分の居場所「余計なことを考えずに自然体であれるところ」はあやかにあると考えた。の洗脳が溶け、そしてはペンダントを外す。
IMG_1482[1]


 マギウスはマギウスの翼を集め、全員をウワサによって狂人化させる。この時、本拠地を防衛するマギウスの翼たちはペンダントを外した状態だった。

受信ペンダントのウワサ
”アラもう聞いた?ダレから聞いた?
受信ペンダントのそのウワサ
自信がないとき、怖いとき
何も考えたくないとき、悲しいとき
そんなときはこれヒトツ!
付けたら心も頭もパーッとマッシロ
どんな感情も無くなっちゃう!
だけど使うときは気を付けて!
マギウスに言われたことは何でも聞いちゃう
受信機になっちゃうって
マギウスの翼の間ではもっぱらのウワサ
ナンデモイッテー!” 
IMG_0995(


 ペンダントを外したはウワサの影響を受けることがなかったが、他の羽根たちの攻撃の標的となってしまう。魔女の妨害を受けるが、郁美から渡されていたカギによって魔女の結界から脱出する。

 羽根たちに襲われている中、郁美から渡されていた魔力をためるジェムによって自分の居場所を攪乱させることに成功する。

 は羽根たちの暴走を神浜の魔法少女へ伝えるため、出口を目指す。この時に出口がある方角である南を郁美から渡されていた方位磁石が示してくれていた。

 出入り口に待ち構えていた郁美を撃退し、雫は神浜へと戻った。
IMG_1434[1]


 マギウスは神浜市にある携帯の基地局を押さえ、魔女にしか見えない可視光線で神浜を覆っていた。その可視光によって魔女には神浜が桃源郷に見えるようにしていた。さらに灯花が21cm線を使用してワルプルギスの夜を狂暴化させた。これによってワルプルギスの夜はただ破壊を行うのではなく、神浜という街を徹底的に破壊することしか考えられないようにした。


 まどか、ほむら、さやかはアリナの結界内でさまよい続けていた。まどかさやかはいち早く結界を脱出したい一方、ほむらまどかの死因に大きくつながるワルプルギスの夜との対立を避けられるチャンスだと思い、結界から出ないほうがいいのではと考えていた。

 杏子がマミのリボンで拘束されたアリナの結界を発見し、それを破壊した。これによって、まどかほむら、さやかはアリナの結界から出ることができた。

 まどか、ほむら、さやかは一度家に帰り、杏子は単独行動でマギウスに立ち向かうことを決めた。



 ほむらまどか、さやかに神浜へ行かないよう電話で説得を行った。

_____次の日_____


 ほむらの説得はむなしく、まどかさやかが神浜へ行くことをあきらめさせることができなかった。結局、3人で神浜へ行くことにした。


 チームみかづき荘(やちよは合流していない)とチームももこは十七夜のバイト先であるメイドカフェへ向かった。そのころ、やちよは傷ついたれんに会い、マギウスの翼に襲われていたことを知る。やちよれんを調整屋へ送り届け、メイドカフェへ向かった。

 チームみかづき荘とチームももこはやちよからの情報をもとに、手分けして神浜にいる魔法少女を調整屋に避難させることにした。メイドカフェの外でマミと遭遇し、宣戦布告をされる。
IMG_09942

 十七夜も合流し、魔法少女の保護が始まった。
 いろはさなは万年桜のうわさを確かめるために別行動をとる。

 現時点での調整屋にいる魔法少女
 ・八雲みたま
 ・五十鈴れん



 ・秋野かえでの動向(新西区)・

 近くにあるこのみのバイト先である花屋へと向かっていた。道中、黒羽根(狂)と白羽根(狂)に襲われ、そこへこのみが合流する。このみからの話によって黒羽根(狂)たちによって既にかこが襲われていたことを知る。
 グリーフシードでかこのソウルジェムを浄化した後、かえでやちよから電話がきて、黒羽根に気を付けるよう言われる。途中で電話が切れたものの、チームブロッサムは調整屋へと向かった。


 ・水波レナの動向(水名区)・

 水名女学園前で明日香ささらに出会う。ディフェンスコンビはすでに黒羽根(狂)と白羽根(狂)が現れたことを知っていた。レナが確認を取ろうと話しているうちに明日香レナは敵だと勘違いしてしまう。そこへ黒羽根(狂)と白羽根(狂)が襲い掛かってきた。
 明日香の誤解が解けた後、3人は近くにいる魔女を倒すことになる。その魔女の結界内でまなか莉愛に会う。(レナは結界内で戦っていたためやちよの電話に出ることができなかった)
 レナたちは麻友も連れて調整屋へと向かった。


 ・十咎ももこの動向(栄区)・

 ももこが黒羽根(狂)と白羽根(狂)に襲われていたところへ江利(えり)あいみが加勢する。
 黒羽根(狂)たちを撃退したころ、やちよから電話がくる。電話が途中で途切れ、二人はあいみが感知したという登山組が襲われている現場へと向かった。そこではまさらが戦っている最中でこころは気絶していた。
 黒羽根(狂)たちを撃退し、4人は調整屋へと向かった。


 ・由比鶴乃の動向(南凪区)・

 自分の記憶を頼りにマギウスの本拠地へつながる入り口を探していると、黒羽根(狂)と白羽根(狂)に襲われる。これらを退けた後、魔法少女の反応をたどっていき、ひなのと出会う。(ひなの鶴乃が面と向かうのはミラーズ以来である)
 黒羽根(狂)たちを退けたころには神浜市全域に電波障害が発生していた。ひなの梨花を探しに、鶴乃フェリシアのもとへと向かうことにした。

 
 ・深月フェリシアの動向(参京区)・

 黒羽根(狂)たちに手を焼いていたところ、あきらと会う。過去に因縁はあるものの、二人は近くにいる魔女を協力して討伐する。ななか組は現状を把握しているらしく、詳しい説明のためにフェリシアはななかたちのもとへと向かった。(この時、かここのみかえでに保護されていた)

 ななか美雨葉月がいるカフェへあきらフェリシアが到着した。そこでフェリシアが説明を行っても話は混線するばかりであり、フェリシア鶴乃の到着を望んでいた。



 ・和泉十七夜の動向(大東区)・

 魔法少女の数が少ないとわかっている中、眞尾(まお)ひみかを探すことにした。
 魔女退治を行うひみか十七夜が合流し、ひみかはマギウスの翼への勧誘を断っていたことを知る。
 魔女を退治した後、そこへ黒羽根(狂)と白羽根(狂)が現れ、二人に襲い掛かる。二人はこれを撃退し、ひみかは調整屋へ、十七夜やちよのもとへと向かった。(この時点で神浜市全域に電波障害が発生した)



 ・七海やちよの動向(工匠区)・

 魔女に襲われた一般人を助けていたところ、黒羽根(狂)と白羽根(狂)に襲われる。
 現状を伝えるために仲間へ連絡したが、応答したのは鶴乃ももこかえでだけだった。

 話の途中、神浜市全域で電波障害が発生した。
 大東区で動いている十七夜と合流しようと動いていたところ、千秋理子(ちあき りこ)が黒羽根(狂)に襲われている現場に遭遇する。理子が調整屋へと向かったころ、十七夜やちよのもとへ合流してきた。




 調整屋へ最初に到着したのはももこ達だった。それから次々と魔法少女たちが集まり、ももこはみたまへ中立を破ってほしいとお願いをする。みたまは決意し、中立を破ることにした。


 あやかに連絡を取り、安全な場所へ避難するよう伝える。



 現時点での調整屋にいる魔法少女
 ・八雲みたま
 ・五十鈴れん
 ・春名このみ
 ・夏目かこ
 ・秋野かえで
 ・阿見莉愛
 ・胡桃まなか
 ・梢麻友
 ・水波レナ
 ・美凪ささら
 ・竜城明日香
 ・十咎ももこ
 ・加賀見まさら
 ・栗根こころ
 ・江利あいみ

 避難中の魔法少女
 ・千秋理子
 ・眞尾ひみか
 ・常盤ななか
 ・遊佐葉月
 ・志伸あきら

 救助活動中の魔法少女
 ・七海やちよ
 ・和泉十七夜
 ・深月フェリシア
 ・由比鶴乃
 ・都ひなの



 ・フェリシア、鶴乃の動向・

 フェリシアが説明できずに困っていたところへ鶴乃が到着する。鶴乃の説明によってななか達にはおおむね理解してもらうことができた。調整屋へ行くほうが良いと話していたところ、衣美里美雨あやめこのはが店に転がり込んできた。
 ななか達は調整屋へ向かい、鶴乃フェリシアは近くで反応があったのもとへと向かう。は気絶した状態であり、黒羽根(狂)たちに殺されようとしていた。そこへ鶴乃フェリシアが駆け付け、を保護する。
 調整屋へと向かっている最中、鶴乃フェリシアへマギウスの翼に協力していたこと、黒羽根たちはウワサによって狂ったと伝えた。



 ・やちよ、十七夜の動向・

 やちよ十七夜天音月咲(あまね つかさ)の家へ向かった。月咲は家へ戻ってなかった。やちよ十七夜はウワサの可能性を考え、魔法少女の数が多い西へ向かった。

 中央区へ着いた頃、二人はあやかが襲われている現場に遭遇する。黒羽根(狂)たちを退かせ、やちよ十七夜はヘリポートへ、あやかは調整屋へ向かった。

 黒羽根(狂)の心を読むという目的のため、ヘリポートでやちよ十七夜は戦っていた。十七夜が黒羽根(狂)の心を読んでもそこには深い狂気しかなかった。そこへマミが現れ、やちよ十七夜の無力化に取り掛かる。そのグループには狂人化した天音姉妹の姿もあった。
 やちよ十七夜は追い込まれ、四面楚歌となっていた。





 調整屋に次々と魔法少女が集まっていく中、鶴乃フェリシアを連れてきた。避難中の魔法少女の中には現状の説明を求めるものが現れ始めた。やちよ十七夜の到着が待たれる中、あやかの情報をもとに鶴乃フェリシアが二人のもとへ急いだ。

 重要人物が欠けている中でみたまは調整屋にいる魔法少女たちへこれまでの経緯と魔法少女の真実を話した。


現時点での調整屋にいる魔法少女
 ・八雲みたま
 ・五十鈴れん
 ・春名このみ
 ・夏目かこ
 ・秋野かえで
 ・阿見莉愛
 ・胡桃まなか
 ・梢麻友
 ・水波レナ
 ・美凪ささら
 ・竜城明日香
 ・十咎ももこ
 ・加賀見まさら
 ・栗根こころ
 ・江利あいみ

 ・毬子あやか
 ・保澄雫
 ・千秋理子
 ・眞尾ひみか
 ・常盤ななか
 ・純美雨
 ・志伸あきら
 ・静海このは
 ・遊佐葉月
 ・三栗あやめ
 ・都ひなの
 ・綾野梨花


マギウス、マギウスの翼と交戦中の魔法少女
 ・七海やちよ
 ・和泉十七夜
 ・深月フェリシア
 ・由比鶴乃



 鶴乃フェリシアは黒羽根(狂)と白羽根(狂)と交戦しながらヘリポートへ急いだ。


 まどか、ほむら、さやかは神浜に到着してしばらくすると、ウワサによって操られた状態の黒羽根(狂)に遭遇する。


 ・ヘリポートの決戦

 やちよ十七夜が四面楚歌な中、鶴乃フェリシアがその場へ駆けつけた。その時の攻撃によって黒羽根のペンダントが取れる。これによってペンダントがウワサの影響を受ける受信機であることを知ることができた。

 4人はマギウスの翼たちに取り付けられたペンダントを壊すことに専念した。フェリシアがペンダントを壊すと、大元であるウワサが現れた。フェリシアは羽根たちの相手、十七夜天音姉妹やちよマミ鶴乃はウワサを相手にした。

 ウワサは倒され、魔法少女の虐殺という一つの作戦は幕を閉じた。しかし、同時進行していたワルプルギスの夜を誘い込む作戦は無事に実行された。これによって神浜市の電源、電波はマギウスの手中に収まった。同時にヘリポートへ多くのマギウスの翼が集まってきていた。
 やちよ達はマギウスの翼の精神的支柱であるマミを無力化させることに集中することとなった。


 まどか、ほむら、さやかが戦っているといきなり黒羽根たちが正気に戻った。


 調整屋では多くの魔法少女が動揺し、意見の交換を行っていた。一部の魔法少女はヘリポートへ向かい、心の整理が必要な魔法少女は調整屋に残った。


 やちよ、鶴乃、フェリシア、十七夜が四面楚歌であることは変わらず、絶体絶命だった。そんな中、やちよかなえメルが語り掛けてきた気がした。
 やちよは不思議な力を発揮し、マミと必殺技をぶつけ合った。
IMG_1006(

 この時、やちよはマミの真実を知り、ウワサをはがすことに成功した。しかし、3人の体力は限界に近かった。
IMG_0996(

 その場へ調整屋から駆け付けた魔法少女たちが集まっていた。それぞれはマギウスの翼とウワサに応戦した。天音姉妹はこの状況をマギウスへ伝えに行った。
IMG_0959


 ヘリポートは一時的に落ち着きを取り戻した。マミはななか組が調整屋へ連れていくことになった。やちよ鶴乃フェリシア、チームももこはいろは達のもとへと向かうことにした。



 まどか、ほむら、さやかが逃げた黒羽根を追っていると街中は停電した。戸惑っている3人の前に夏希、かのこ、かりんが現れる。夏希、かのこ、かりんはヘリポートへ向かった魔法少女から調整屋へ向かうよう話を聞いたらしく、マミも調整屋へ運ばれたらしい。まどか、ほむら、さやかは調整屋へ向かうことにした。





現時点での調整屋にいる魔法少女
 ・八雲みたま
 ・五十鈴れん
 ・春名このみ
 ・梢麻友
 ・栗根こころ
 ・江利あいみ

 ・毬子あやか
 ・保澄雫
 ・綾野梨花

 ・桑水せいか
 ・伊吹れいら
 ・相野みと


マギウス、マギウスの翼と交戦中の魔法少女
 ・七海やちよ
 ・和泉十七夜
 ・深月フェリシア
 ・由比鶴乃

 ・夏目かこ
 ・秋野かえで
 ・阿見莉愛
 ・胡桃まなか
 ・水波レナ
 ・美凪ささら
 ・竜城明日香
 ・十咎ももこ
 ・加賀見まさら
 ・千秋理子
 ・眞尾ひみか
 ・常盤ななか
 ・純美雨
 ・志伸あきら
 ・静海このは
 ・遊佐葉月
 ・三栗あやめ
 ・都ひなの



環いろは、二葉さなの動向・

 いろはさなは万年桜のうわさを探しに北養区の森の中に来ていた。マギウスの翼の出入りが多かった場所を見つけ、そこへ二人はさなの気配を消す魔法を共有しながら向かった。
 その中にはウワサの結界と花が散った大きな桜の木、四つの椅子があった。

 気配を消すのをやめた瞬間、その場へ灯花ねむが現れた。灯花いろはの話を聞こうとはせず、いろはへと襲い掛かってきた。灯花の放ったビッグバンはさなによって受け止められたが、さなは瀕死状態となってしまう。
 いろはは灯花たちへ記憶が正しいと理解してもらうために万年桜のウワサの内容を話した。

万年桜のウワサ
”みんなで走り回れるようにって
草原が広がっていて
みんなでお花見ができるようにって
大きな桜の木がある
そこでいつか
入院していた3人の女の子たちが
元気になって退院してきて
いつもお見舞いに来ていた
1人の女の子と再会するの
すると大きな桜の木は
4人の再会を祝福するように
満開の花を咲かせる”

IMG_1009(


 ウワサの内容は合っているらしく、二人は記憶が正しいといえる証拠とその証明を求めた。
 いろはは試しにクレメルを灯花ねむに抱いてもらおうとした。しかし、すでに二人はクレメルに触れており、何も起こらなかったという。

 いろは灯花の放ったビッグバンを受けるところをウワサが守った。これで記憶が正しいという証明は行われた。すると灯花は自分とねむ以外に2人の親しき存在がいたことを話した。しかし、その記憶は欠損しているらしい。それはねむも同じだった。

 いろはは記憶の話を行った。本当はうわさを灯花、ねむ、ういが考えていたということ、環ういという存在が確かにいたということも。IMG_0973

 しかし、話は二人には響かなかった。
 灯花ねむいろはさなへ襲い掛かったところ、アリナいろはを守り、自分の固有結界へ閉じ込めてしまった。
 いろははマギウスの本拠地ホテルフェントホープ(フェントホープ”feint hope”の意味は微かな希望)へ連れていかれてしまう。さなは気配を消したことで連れていかれずに済んだ。
 さないろはを助けに行く前に万年桜のウワサへ仲間が来たらここで起きたことを伝えてほしいと言い、ホテルフェントホープへ向かった。








 みたまは落ち着きを取り戻しつつあった調整屋の中で葛藤していた。そしてみたまは表で戦うことを決意した。


 やちよ鶴乃フェリシア、チームももこはいろは達のもとへと向かっている最中、黒羽根たちの襲撃を受ける。そこへみたまが駆け付け、7人は万年桜のウワサへ到達する。
 ウワサの結界内でみたまはこれまで行ってきたことを6人に明かした。調整の対価であるグリーフシードをマギウスに渡していたこと、ワルプルギスの夜を呼ぶことを知っていたこと。
 賛否両論ではあったものの、やちよ鶴乃フェリシア、チームももこはフェントホープへと向かい、みたまはそこへ向かおうとする黒羽根、白羽根を迎え撃つことにした。

 いろははソウルジェムを別の場所へと移され、檻の中に閉じ込められていた。
 天音姉妹みふゆは個室に閉じ込められていた。
 マギウスはウワサを作り出して一気にイブを孵化させようとするが、ねむの力に不具合が発生し、ウワサを使ったイブの孵化は見送られた。

 調整屋では運び込まれたマミが目を覚まし、そこにはまどか、さやか、ほむらの姿があった。



現時点での調整屋にいる魔法少女
 ・五十鈴れん
 ・春名このみ
 ・梢麻友
 ・栗根こころ
 ・江利あいみ

 ・毬子あやか
 ・保澄雫
 ・綾野梨花

 ・桑水せいか
 ・伊吹れいら
 ・相野みと

 ・常盤ななか
 ・純美雨
 ・志伸あきら
 ・夏目かこ
 ・巴マミ
 ・鹿目まどか
 ・暁美ほむら
 ・美樹さやか
 ・矢宵かのこ
 ・空穂夏希
 ・御園かりん



マギウス、マギウスの翼と交戦中の魔法少女
 ・七海やちよ
 ・和泉十七夜
 ・深月フェリシア
 ・由比鶴乃

 ・秋野かえで
 ・阿見莉愛
 ・胡桃まなか
 ・水波レナ
 ・美凪ささら
 ・竜城明日香
 ・十咎ももこ
 ・加賀見まさら
 ・千秋理子
 ・眞尾ひみか
 ・静海このは
 ・遊佐葉月
 ・三栗あやめ
 ・都ひなの

 ・八雲みたま


マギウスにとらわれた魔法少女
 ・環いろは
 ・梓みふゆ
 ・天音月夜
 ・天音月咲




 神浜市には暗雲が立ち込め、不気味な笑いとともに3,2,1と舞台の幕開けを刻む音が聞こえようとしていた。

_________ここまで第8章____________









ストーリー間に生まれる矛盾点まとめ

・物語の矛盾点1 雫がみかづき荘に来た時期

 雫がみかづき荘へ訪れた時、やちよのいろはへの呼び方が「いろは」となっているが、このように呼ぶようになったのは6章終了後である。しかし、雫がみかづき荘へ来たのは記憶ミュージアムのウワサが消される前である。
 1章分の時差が生じているため、ここは矛盾点で間違いではない。