空を見上げて
トップページ » 心筋梗塞治療めも

心筋梗塞治療めも

参考になるかわかりませんが、身内の心臓カテーテル治療のめも


冠動脈インターベンション(PCI)とは、外科的に胸をひらくことなくカテーテルを用いて冠動脈の狭窄部や閉塞部を拡張する治療法です。
(以上、病院からいただいた説明書及び同意書の内容より抜粋。下からは私の言葉です)

順番的には

股の毛を剃ります
尿の管を入れます


手首や肘の部分、足の付け根のいずれに局部麻酔をし、カテーテルを入れます


造影剤をいれ血管のつまり具合を調べます


オペの時間としては、1〜1時間半
これは身内の状態がもう慢性状態に入ってるためだから、急性期の場合や個人により違います



手首からカテーテルいれた場合は足の付け根からいれたときよりオペ後の安静時間が少ないとのこと、

手首からのときは、オペ後2時間程度はぜったい安静。
その後は手首のみ固定し 起き上がることはできますがベッドでのみの生活。
オペ後3日間は経口抗生剤が追加。


急性心筋梗塞のときにもおなじ治療をし、ステントをいれているため、
バイアスピリンなどの血小板凝集抑制剤を飲んでます、
オペ前にバイアスピリンなどを止めるのかと思ってたらそんなことはなかった。

PCIでは 手首等の動脈からカテーテルをいれるけど、ほくろくらいの小さな穴でそれほど出血がないから血小板凝集抑制剤の中止はしないとのこと
どちらかといえば心臓への負担をへらしたいから、、のんだまま治療するとのこと




急性心筋梗塞のときは、オペ後の抗生剤は点滴だったけど、
今回は抗生剤は経口で、食事もオペ後2時間くらいで経口で摂れるみたい



局部麻酔だから治療中ぜんぶわかるみたいです


オペ後の飲水は直後から可能。お茶か水で炭酸水はだめ。500mlを2本用意してとのこと、
オペ後の飲水量や尿量を記録するみたいです






この治療で、バイアスピリン等を止めなかったのが私にとって勉強になりました
整形での手術ではバイアスピリンとめてたから、、1週間はとめるよね、、


で、添付文書ではバイアスピリン、慎重投与のとこに 手術、心臓カテーテル検査、抜歯前1週間以内の患者が挙げられてるから、
うちの身内がすでにステント入れてるからってのもあるんだろうね。
この前患者さんにバイアスピリンを抜いてくださいと頼まれたのは、内視鏡検査のためだった、、



オペ前中止薬は覚えておく必要あります。
オペは稀だけど抜歯のときはよく問い合わせあるから。
うちも病院の採用医薬品ねなかのオペ前中止薬は日数別に表つくりました。
14日、7日、3日か2日みたいに。



とりあえず学生さんの参考になればと思って箇条書き(?)若干くどいけど。



コメント
1. Posted by Phi   2011年10月16日 14:01
大変お久しぶりです。Phi(ファイ)ですが覚えていらっしゃいますでしょうか?

私は相変わらずブログをやってますが、唯一出来てないことがあります。薬剤師免許を取れていないのです。

震災のほんの1週間前、どう見ても無理だと思うような私でしたが、国家試験を受けに行きました。しかし、不合格。

6月ごろに国家試験対策予備校にいったん申し込みをしたのですが、申し込んだ日の夜にパニック発作が出て、翌日もひどいうつでカウンセラーさんからストップの勧告を受け、自身もそれに従うことにしました。

今の私には、自信や勉強するという能力が消えてしまっています。漢字検定のようなああいった試験でも怖くて、試験勉強もしたいと思っても精神がついていってくれません。今度の3月の国家試験は出願をしないことにすでにしてあります。

まだあきらめてはいませんが、最大の選択肢「薬剤師をあきらめる」も今は心の中にあります。うつの療養も兼ね今はニートですが、先が心配ですね。

うちの母が子宮にがんが見つかったということで子宮全摘をして、さらに4週に1回抗がん剤を打ちに行ってます。薬の影響で調子が悪い日も多く、「せめて自分がもっと健康であれば・・・」と思います。私のことを心配するために精神を使わせるのは気が引けます。

挨拶位にしようと思っていたら、愚痴をこぼしてしまいすみませんでした。
ブログは相変わらずで、こないだ累計訪問者が10万人に達しました。
記事の作り方に衰えを感じているので、読みにくさがあるかもしれませんが、またぜひ足を運んでいただけたらと思います。

失礼します。
2. Posted by そら   2011年11月24日 03:30
Phiさんへ。
大変な中、コメントありがとうございます。
そして気付くの遅くてすみません
お返事は、Phiさんのブログに書きますね。
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星