空を見上げて
トップページ » 書籍紹介
書籍紹介

紹介された本

医師、歯科医師、薬剤師のための医薬品服薬指導情報集
じほう



先生はすごい。
めちゃくちゃ勉強してる。
私は頑張りが全然足りないなと思う。頭も足りないけど。

sora_sora_pharmacysora_sora_pharmacy  at 00:11コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

放射はまとめて勉強したほうがわかりやすい。

基礎薬学の放射化学と物理的診断法

衛生の環境の中の放射線の項目

医療薬学の診断薬の項目

これらは、ぜんぶまとめて勉強したほうがわかりやすい気がする。。。

つか、放射薬学ってかたちで、放射線の基礎から、放射線・放射性同位元素の利用まで一続きの流れで頭に入れないと、いみなくないですか??
って思うわけですよ。

多分、だから、最近の国試が基礎薬学と医療薬学がまざった選択肢を作ってるんだと思います。。。


おそらく、6年制用の国試では今よりももっと単元がわかれるっていいますから、
きっと基礎から応用への一続きの学問の流れを重視した単元わけになっていて、勉強も理解もしやすくなるんじゃないかなと。。私の勝手な想像ですが。
まぁ単元が増える分、足きりも増えるってのは大変そうですよねー。
                        

写真は、放射系をまとめて勉強するにはなかなか参考になる本。
簡潔にまとめてあるが、基礎から応用まで網羅してる。bc4aac20.jpg


sora_sora_pharmacysora_sora_pharmacy  at 01:03コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

医療経済学

日本評論社、
柿原浩明・著
『入門 医療経済学』
bf2c4cd6.jpg
私が知りたいことが、うまくまとまって、かかれている。     

‐‐‐‐‐‐‐
1部 医療経済学の基礎
  医療需要のミクロ経済学的分析

2部 日本の医療保障制度
 社会保障、年金・健康保険・介護保険、医療保険制度改革について
 世界の医療制度について(アメリカ・イギリス・フランス・ドイツ)


3部 日本の医療供給体制
 病院の経営状況、薬価制度、医薬品産業などについて、、


‐‐‐‐‐‐‐    

お医者さんが書いているってのも、気に入った理由。
医療を知ってるひとがやってる医療経済学が学びたいのです。。。


 あーやっぱり、経済学部にいって、医療経済学やりたいなぁ……    
って思ってたら、この本の著者の柿原さんは医学部・院のあと経済学研究科で学んだらしい。
んで、お医者さんとしての仕事も続けつつ、経済学部教授。

あぁ羨ましい。。

でも、学問を続けて行くにはお金がかかるのですorz 
はぁε=(´ο`;)


sora_sora_pharmacysora_sora_pharmacy  at 05:15コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ!