ポエムのような題名とは程遠い、脱力系いちびり毒舌サッカーぼやきブログです。応援しているセレッソ大阪に対してのボヤキは酷いですwすんません。

セレッソ順位表 2015
ギャラリー
  • 金曜どうでしょう?(J1第2節H札幌戦180302)
  • 金曜どうでしょう?(J1第2節H札幌戦180302)
  • 金曜どうでしょう?(J1第2節H札幌戦180302)
  • 待ち続けたもの(J1第1節H横浜戦180225)
  • セレッソ大阪 ゼロックススーパーカップを制す
  • エイバルにアカデミー福島出身の米井朋香が入団したよ
  • セレッソガールズ 全日本女子ユース3連覇ならず
  • セレッソガールズ 全日本女子ユース3連覇ならず
  • セレッソガールズ 全日本女子ユース3連覇ならず
  • ルヴァン杯初優勝→天皇杯初優勝までの気持ちの移り変わり
  • ルヴァン杯初優勝→天皇杯初優勝までの気持ちの移り変わり
  • ルヴァン杯初優勝→天皇杯初優勝までの気持ちの移り変わり
プロフィール

R.a.

2018FIFAワールドカップ カウントダウン

大阪の税理士が送るWroldCup
ブログランキング
アクセスカウンター
カテゴリ別アーカイブ
サッカーショップ 蹴球堂
304038_270391182998245_2049438158_n
ジェキチ美穂さん著書の本
初の金曜ナイターの試合、いわゆる『金J』。

仕事とたこ焼き食べ放題にうつつを抜かして、試合は後半から見ました。
DSC_0002

スタジアム前に着いた頃に先制点、たこ焼きを食ってる最中に追加点と、この調子なら普通勝てるやろと思って後半から観戦したら、あれよあれよの2失点、曜一朗弾で引き離してもまた追い付かれる。

3失点は小柄な選手のヘディングばかり。

ボランチは前がかりでDFラインと間延びした空間をカウンターで狙われる。サイドの裏を突きまくられ、更に左右揺さぶられる。

前半は見てないけど、前半から見てた友人は、後半セレッソの運動量がガクっと落ちたと。

横浜戦の引き分けと違って、この札幌戦はなんだがいただけない引き分けに思えた。
DSC_0007

開幕から2試合2引き分け勝点2。

ACLを含めたら3試合連続の引き分け。

昨年の今頃より勝点は拾えてるし、チーム力は上がってるから悪くないとも思える。

果たしてそうであろうか。

セレッソはゼロックススーパーカップ優勝から連戦続きで元日天皇杯優勝後のオフも1ヶ月強なので今疲れが襲ってくることもあるだろう。

札幌戦の後、この1週間でACLブリーラム戦とリーグ柏戦のアウェイ2連戦が続く。

この状況下でこのアウェイ2連戦はキツイ。

札幌戦の内容と結果でこのアウェイ2連戦はタイミングが悪すぎる。

移動距離がハンパではない。

ここでのコンディション、内容、結果によっては失速する可能性もある。

個人的にはリーグ戦重視思考なので、ブリーラム戦は捨ててもいいのではないかと思った。

そこでスポニチで札幌戦の先発11人はブリーラム戦に帯同させないという記事を目にした。



C大阪 スタメン総入れ替え、一体感で臨むACLブリラム戦― スポニチ Sponichi Annex サッカー https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2018/03/04/kiji/20180303s00002181463000c.html



英断だ。

戦力的にはルヴァン組より上積みは出来てるはず。

コンビネーションの構築はまだまだかもしれない。

だがサブに値する選手たちに新戦力と若手がアジアで戦い抜く意味はルヴァン杯より大きい。

クラブはリーグ戦は実(タイトル)を、ACLは種(未来)と捉えたのかもしれない。

だからこのACLブリーラム戦に選出された選手たちは恐れずに戦ってほしい。

そして国内に残った選手たちはリーグ戦に備える。

これをターンオーバーと言うのであろうが、セレッソ大阪が過去ACLでここまで大きく舵を切ったことはない。

長いシーズンどこかで決断すべきところがあるはずだが、早いこの時期に行うところに面白味を感じている。
_20180304_190706





コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Archives
QRコード
QRコード
Recent Comments
[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。
livedoor×FLO:Q パック
あし@
  • ライブドアブログ