<ちらしずし>
 といで30分水にひたした、米7合に、
 水で流してほこりを落とした、ダシ昆布を1枚入れて、
 6合弱の水で、かために炊く。

 薄焼き玉子を焼き、
 きぬサヤとともに、千切りにしておく。

 酢は各家庭に合わせた目分量でよいが、
 一応例。

 寿司酢
 ・米酢  250ml
 ・塩   大さじ1/2
 ・砂糖  大さじ5
 ・日本酒 大さじ4

 飯台に多少、寿司酢を打っておき、
 炊きあがったご飯を飯台にあける。

 酢をかけ、扇であおいで冷ましながら、
 ご飯をしゃもじで切るようにして混ぜる。

 市販のちらしずしの具を混ぜる。

 よく混ざったら、絹サヤ、玉子、きざみのりを散らす。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 ひなまつりというので、
 こないだやってた細木流ちらしずしのメモ。

 7人前という大量のレシピなのでこの数だけど、
 7合に対し6合弱の水なので、

 3合なら2.5合くらいの水という感じに
 少量に対応した分量を決めるといいよ。・〜・

 また酢は目分量と適当な解説だったけど、
 まさにご家庭用の味にするといいかも。

 うちの場合だと、父親が酢嫌いなので、
 少量の酢になってしまうますが、

 わたしの感覚では、こういうときには、
 思い切り良く酢を入れるませんと、
 ちらしずしの味がするませんので、

 ばっちり味のある量の甘酢を
 しっかりと入れたほうがいいと思うます。

 また、さらに手抜きで、
 市販のちらしずしの具を入れているますが、

 化学調味量とか気にして、
 いつもご家庭で具を甘からく煮込んでる人は
 それのほうがいいのかも。

 しかしながら、めんどくさいし、
 レンコンとか1個1個買うますと結構高いので、
 1回で終了だし、こういうのもいいかとも思うます。

 具の中身としては、しいたけ、レンコン、
 にんじん、あげとかがすぐに思い浮かぶますかねぇ。

 あまじょっぱい濃い味の具と寿司飯。
 いずれにせよ、ひなまつりの家庭の味は、
 ちらしずしに、はまぐりのお吸い物。

 寿司めしはさめてもうまいます。
 さめたほうがうまい?
 ぅんぅん。・〜・