2017年02月21日

廃止になる10駅(2)いなしべつ

IMG_1231稲士別駅201611

IMG_1243稲士別駅201611

IMG_1234稲士別駅201611

十勝の幕別町にある稲士別駅です。

以前は、ホームに上がるスロープの傍らに小さな待合室があったようですけど、

昨年11月に訪れた時はありませんでした。

 

この地域には1960年代まで亜炭鉱があって、そこで働く人が駅を利用していたそう。

また、国鉄保線区の拠点でもあり、職員の官舎もありました。

官舎は今も民間のアパートとして使われているとか。

 

1959(昭和34)年10月に仮乗降場として開業した稲士別駅。

575ヶ月と、歴史はさほど長くはないけれど、

この駅が無くなると、地域の歴史の語り部がひとつ無くなるのですね・・・。

 

IMG_1246稲士別駅201611

ホームを支えているものの中にはレールもありました。





sorairocm at 00:19|PermalinkComments(0)鉄道 | 鉱山

2017年02月18日

廃止になる10駅(1)ごじっこく

「ごじゅっこく」でも「ごじゅうごく」でもなく、「ごじっこく」です。

釧網本線の無人駅。私共は1回だけ、昨年の秋に行くことが出来ました。

 

釧路からその駅を目指したのはすでに夕暮れ時。釧網本線に沿うように、また釧路湿原の中を縫うように走る国道391号を行きました。

初めての風景。平坦な湿地、ところどころに湖。

 IMG_1277シラルトロ沼201611



五十石駅に到着すると、空に月が輝いていました。

辺りはとても静か。近くに住む人もあるようですけど。

国道を挟んで向かいにある「五十石温泉 レストラン草原」は休業中らしい。

IMG_1281五十石駅201611

IMG_1292五十石駅201611

IMG_1299五十石駅201611

IMG_1298五十石駅201611

 

この地は昔、アトサヌプリの鉱山で採掘された硫黄の水運中継地だったのですね。

ヤマから標茶までは馬で、標茶からこの辺りまでは川を五十石船で運ばれて来て、百石船に積み替えられて釧路まで行っていたとか。

 
IMG_1307五十石駅201611

1927(昭和2)年から90年続いた歴史に、もうじき幕を下ろす五十石駅。

お疲れさまでした。



sorairocm at 00:02|PermalinkComments(0)鉄道 | 鉱山

2017年02月17日

2017年3月に廃止される駅

JR北海道は合理化の手を緩める気など全く無いようです。

昨年1216日に発表されましたが、201734日のダイヤ改正で

10の無人駅が廃止されます。

 

釧網線の五十石駅(標茶町)、千歳線の美々駅(千歳市)、

根室線からは島ノ下駅(富良野市)、稲士別駅(幕別町)、上厚内駅(浦幌町)、

函館線は東山、姫川、桂川(森町)、北豊津、蕨岱(長万部町)の5駅が、

33日を最後に廃止となります。

 

駅のほかにも、札幌-稚内と札幌-網走の直通が減るし。

日高線はバス転換を言い渡されてるし。

ツインクルプラザも昨年の8店廃止に続いて5店舗(小樽、手稲、新札幌、岩見沢、北見)が

今年318日を最後に廃止。残りは10店舗のみになります。

 

それから、特急スーパーおおぞらの全列車と、

特急北斗、北斗の一部列車からは車内販売が無くなるそう。

 

今後もおそらく利用者の少ない駅や路線が次々と廃止されるのでしょう。

小幌駅など、自治体が維持管理を行うことで存続となる所も出てきているけど、

自治体の負担は大きいでしょうから、いつまで続くか・・・。

 

今年3月に無くなる駅の中には、お別れイベントが予定されている所もあります。

富良野市島ノ下のハイランドふらの1階ロビーでは

228日から313日まで「島ノ下駅展」を開催。写真や地図が展示されます。観覧は無料。

 

浦幌町立博物館では『ふるさと探訪 最後の上厚内 駅を見る』が行われます。

昨年11月のように、同駅の歴史などを解説したり、昔の写真を展示したりするそうです。

225日(土)と226日(日)の2日間、両日ともに10時から18時までで、

こちらも無料だと思います。

 

当ブログでは、今回廃止になる10駅を取り上げて行こうと思っています。

炭鉱と同じように、北海道の、ひいては日本の産業を支え、人々の暮らし支えてきたものが

失われていくのなら、

せめてその断片だけでもここに記録しておきたい、と思うのです。

ほかの記事も挟みながら、になると思いますけど。

 

IMG_1341上厚内駅201611

上厚内駅(201611月撮影)。廃止後、この木造駅舎はどうなるのでしょうか・・・。



sorairocm at 00:30|PermalinkComments(0)鉄道 | イベント情報

2017年02月16日

美唄の茶志内炭山郵便局は

残念ながら解体されましたね。

 

20137

 
023茶志内炭山郵便局

045茶志内炭山郵便局



20171

 IMG_4555


そばにある墓地も、googleの航空写真で見ると、かなり空き地が増えています。

その向こうにあった美唄病院もやってません。

 

 

以前掲載した記事はこちらです。



sorairocm at 23:20|PermalinkComments(0)空知炭田 | 探訪記

2017年02月10日

きたカフェで釧網線

2017213日(月)午前1130から1154

NHK総合(札幌局)『つながる@きたカフェ』

北海道のみですが、「各駅停車おいしい旅」のコーナーで、

今年から走り始めた観光列車「流氷物語号」を。

 

網走-知床斜里では昨冬までディーゼル機関車が牽く「流氷ノロッコ号」が走っていましたが、

機関車が老朽化で引退。代わってキハ54形気動車2両が、オホーツク海沿岸を

12往復しています。228日まで。流氷も観られるかな?

 

ちなみに、SL冬の湿原号も今、運行していますが、

SLC11171の車輪に傷が見付かったため、211日からは

SLの代わりにディーゼル機関車が牽引することになったようです。

釧網本線・釧路-標茶を11往復、226日までです。

詳細は各々ご確認ください(+_+)

 

KIMG0314釧路のSL2017

(先月、簡易軌道の講演を聞きに釧路を訪れた際、

釧路駅で偶然、SLに会いました。試運転だったのでしょか。)

 

sorairocm at 23:26|PermalinkComments(2)鉄道 | メディア情報

2017年02月08日

今日もニュースワイドで夕張のこと

201728日(水)午後344から700

HBCテレビ(北海道のみ)『今日ドキッ!』

453以降。

おそらく、

レースイのホテル等4施設を買い取った会社の社長が中国の方だから、

外国人客が今後増えるかも、というお話だと思います。

最近、何かと話題の多い、夕張です。



2017年02月07日

ニュースで夕張のこと

201727日(火)午後610から700

NHK総合(北海道のみ)『ほっとニュース北海道』

 

今日、何のニュースかは分かりませんけど、夕張が取り上げられる予定です。

市が売却先を探していた4施設、ホテルマウントレースイ、マウントレースイスキー場、ホテルシューパロ、合宿の宿ひまわりの買い手が、東京の元大(げんだい)リアルエステートに決まったことか、

市議会議員の定数が次回の市議選(2019年4月)から1人減って8人になることか、

211日に旧緑陽中で「ゆうばりスケートリンクまつり」が開催されることか、

あと3週間ほどで映画祭が始まることか・・・。

何かしら夕張の現状を伝えてくれると思います。


IMG_5137スキー場

 マウントレースイスキー場(20171月)


〔そのニュースを見ての追記 27日 午後1140

夕張市の新たな財政再建計画を、政府が「特別交付税」で支援をすることにした、というニュースでした。

支援する事業は未定ですが、老朽化した診療所の整備、認定こども園の整備、メロン農家の支援などに充てられる見通しだそうです。





2017年02月05日

FMくしろで宮脇俊三氏のお話

FMくしろ」の「イブナビ」内「鉄男・鉄子の部屋」で、先日、

紀行作家・宮脇俊三氏(19262003)のお話がありました。

メインナビゲーターの星氏(釧路臨港鉄道の会会長)と

ゲストの奥山氏(三菱大夕張鉄道保存会会長)が

宮脇氏の作品、作風、足跡、交流の思い出などを回想。

226日は命日だそうです。

 

聴き逃しても大丈夫。数日後に「FMくしろ」HPPodcastで配信されます。

リアルタイムなら釧路にいなくてもサイマルラジオで聴取できます。

次週も続きがあるみたい。

木曜日夕方540分頃から6時頃までです。

 


(書籍の画像はamazon.co.jpにリンクしています)


 

この本の表紙に描かれているのは、標津線厚床支線の終着駅・厚床(あっとこ)駅でしょう。

今、厚床駅は、根室本線(花咲線)だけの駅で、終着駅ではありませんけど。

 

私共も昨年3月に行きました。その時の写真。

282厚床駅201603



sorairocm at 18:22|PermalinkComments(2)鉄道 | メディア情報

2017年02月04日

簡易軌道企画の波及

釧路市では今年度、釧路市立博物館を中心に様々な催しを行ってきましたが、
なんと、

展示した車両の写真をあしらった切手シートが、210日に発売されます。

詳細は「日本郵便」のこちらでご確認を。

また、釧路新富士郵便局では、同じく210日、

簡易軌道の車両をデザインした風景印が登場。

図案作成者は博物館学芸員の石川氏です(先日、赤ちゃんが

お生まれになりました! おめでとうございます!)。

日本郵便」のこちらで見ることができます。

現地に行ってGETするも良し、郵頼(郵便局に依頼し郵送してもらう)も良し。

 

783奥行臼の村営軌道車輌201605

簡易軌道の一つ、別海村営軌道の保存車両。奥行臼にて20165月撮影。



sorairocm at 18:13|PermalinkComments(0)釧路炭田 | 鉄道

2017年02月03日

BSで赤平から歌志内

炭鉱跡が出るかどうかは分かりませんけど。

2017年2月11日(土)午前11:30から11:55
BS日テレ『北海道すたいる 第436回 赤平-歌志内編』
 

375住友赤平rt

 (旧住友赤平炭砿 立坑やぐら)