2018年07月20日

坑夫の像についてのお話

遅くなりましたが(いつものことですがm(_ _)m

先月の鹿ゼミでのお話を少し記載しておこうと思います。

テーマは「『進発の像』の現状を考える ―夕張の炭鉱遺産「坑夫像」の保存とその課題―」。

 

進発の像坑夫像、坑夫の像、採炭救国の像についての鹿ゼミは2014315日にも行われ、

その時のレポは同年319に上げています。

ご参考になさってください。

 
IMG_2397

先月の第59回鹿ゼミでは、改めてこの像の生い立ちや現状を、

青木氏(夕張地域史研究資料調査室室長)、

高橋氏(夕張市教育委員会係長・学芸員)、

上木氏(元夕張美術館館長)のお三方がお話しされました。

 

長年、雨ざらしになっているので傷みが激しいこと、

随時、薬品などで補修をしているものの、劣化を抑えきれていないこと、

市指定有形文化財だが市は修復費用がなかなか出せないこと、

夕張市民にも知らない人がいるようなので、もっと見てもらい、

炭鉱の歴史、夕張の歴史に触れてほしい、というようなこと、などなど。

 

保存のための道のりは厳しそうです。

 

ゼミが終わってから私共は、実際に見に行きました。

IMG_2386

IMG_2390

確かに、かなり傷んでいるのところが数か所あります。

国の登録有形文化財になったら、補助金が出たりするようなんですけど・・・。




sorairocm at 12:17|PermalinkComments(0)夕張炭田 | 鹿ゼミ

2018年07月17日

赤平の炭鉱跡はこれから(訂正です)

HTB『巷のonちゃん(ちまたのオンちゃん)』(北海道のみ)

は、ひとつのまちを何回かに分けて放送します。

赤平の炭鉱跡はこれからです。

 
今週・来週は時間が変わります。

(だいたい)毎週木曜日 午後948から954 8:54から9:00

HTB(北海道テレビ)『巷のonちゃん(ちまたのオンちゃん)』


385住友赤平201404

(旧住友赤平炭砿 20144月撮影)






2018年07月09日

ラジオで宮脇俊三氏の朗読

朗読の仕方をアナウンサーの方がレクチャーする番組です。

多分、北海道の旅の紀行文が読まれます。

 

NHKラジオ第2『ことば力アップ 旅の文学を読む(2)「宮脇俊三“最長片道切符の旅”」』

711日(水)午後1000から1015

714日(土)午前1145から1200

715日(日)午後1135から1150






sorairocm at 22:24|PermalinkComments(0)鉄道 | メディア情報

2018年07月04日

7月の鹿ゼミと鹿ゼミ・エクスカの予定

台風7号は九州などに強い風雨をもたらしたようですね。

北海道では梅雨前線の影響で昨日から大雨が降って、

各地で被害が出ています。

まだ油断はできません。どちら様もお気をつけて・・・。

 

さて、来月の鹿ゼミのご案内です。


20187月・第60回「鹿之谷ゼミナール」

■日 時: 721日(土)1300から1500

■場 所: 日本キリスト教会夕張教会(夕張市鹿の谷1-61

■テーマ: 大夕張・鹿島の映像アーカイブ

■講 師: 青木隆夫氏(夕張地域史研究資料調査室室長)

※どなたも自由に参加ができます。

※夏季と冬季で会場が異なります。

※参加無料(配布資料は有料の場合あり)

問合せ:青木氏まで(090-2622-4455

 

20187月・第6回「鹿ゼミ・エクスカーション」

日 時: 728日(土)1300から1600(雨天延期)

■テーマ: 遠幌周辺の炭鉱跡を訪ねる ―清水沢炭鉱通洞と石炭沢・遠幌炭鉱をウロウロ―

■集 合: JR清水沢駅駐車場

■定 員: 10

問合せ・申込み:青木氏まで(090-2622-4455

※参加ご希望の方は必ず事前にお申し込みください。

 

043清水沢砿02遠幌炭礦への運炭通洞

 清水沢炭鉱通洞(2009 2010年4月撮影)



020遠幌5坑口2

020遠幌4坑口1

020遠幌3基礎

020遠幌1何か2

 遠幌炭鉱跡(2010年11月撮影)

 



sorairocm at 20:44|PermalinkComments(2)夕張炭田 | 鹿ゼミ

2018年06月28日

テレビで赤平(北海道のみ)

201875日(木)午後948から954

HTB(北海道テレビ)『巷のonちゃん(ちまたのオンちゃん)』

 

onちゃんが赤平の立坑やズリ山、火まつりに。




テレビで夕張と由仁(北海道のみ)

201872日(月)=1日(日)深夜105から135

TVh(テレビ北海道)『しんや一族「夕張市・由仁町」

 

北海道各地の食やレジャーをレポートする番組です。




2018年06月22日

鹿ゼミで友子について

去る519日、夕張教会にて第58回鹿之谷ゼミナールが行われ、出席しました。

 

テーマは「友子のゆうばり学的考察(2)―友子制度のあった地域社会の文化財指定に向けて―」。

友子がテーマの鹿ゼミは昨年11月にも行われ、夕張地域史研究資料調査室の室長・青木氏による解説と、友子同盟に入っていた方お二人の体験談などをお聞きすることができました。(その時の記事はこちら・20171214

 

2回目のこの日は青木氏が前回よりも詳しく友子のなりたちなどについてお話をされました。

 

その中から、いつものように幾つかピックアップして書き留めておきたいと思います。

 

・日本で鉱夫(坑夫)は、金属を掘る労働者として奈良の大仏を作る時代には存在した。「掘り大工」「掘り子」などと呼ばれていた。

・切羽(きりは=石を掘り出す作業現場)ひとつを「鎚組(つちぐみ)」というチームひとつが持って仕事をしていた。その中の先輩を「鎚親(つちおや)」と言い、後輩に採掘技術や世の中のルールを教えた。これが「友子」になっていった。

・友子制度は江戸時代に東北の鉱山で生まれたとされるが、九州などでも友子に関するものが発見されている。

・北海道には明治期、国が幌内に炭鉱を開発し鉄道を敷設すしたが、その際、本州の鉱山から大勢の人たちが渡って来て、友子制度も移入した。

 

また、友子を扱った研究書や作品を紹介されました。

小説では「友子」(高橋揆一郎)、「邂逅(かいこう)の森」(熊谷達也)、「恩寵(おんちょう)の谷」(立松和平)など。

友子は、作家にとって特異な興味を引くものだったようです。

(高橋揆一郎氏は炭鉱で働いていたので、特にリアリティーがあるのではないかと思います。)

 

青木氏は「炭鉱や鉱山のあった地域の中には友子の免状などが残っている所がある。が、夕張は全国的に見てもより多くのものが残る。それらを保存するべき。市内の墓地にある墓石も、管理する人が居なくなり撤去されることが多くなっている。友子・友子制度の史料などを夕張市の文化財として登録してはどうか」というお考えです。

私共としても文化財に登録されたほうが良いと思います。

夕張の、炭鉱の歴史を語り継いでいくために、友子制度の「遺産」を大切に保存して頂きたいと願います。







大正昭和期の鉱夫同職組合「友子」制度―続・日本の伝統的労資関係
大正昭和期の鉱夫同職組合「友子」制度―続・日本の伝統的労資関係 [単行本]
 

sorairocm at 00:06|PermalinkComments(0)夕張炭田 | 鹿ゼミ

2018年06月21日

夕張支線、再放送

2017823日の再放送です。

 

2018623日(土)午後130から230

NHK BSプレミアム『六角精児の呑み鉄本線・日本旅

「夏・石勝線(夕張支線)を呑む!」』

 



今月1日、夕張に行ったら、偶然、マヤの新車両が夕張支線を走るところに遭遇しました。

IMG_0917夕張マヤ

IMG_0910夕張マヤ

IMG_0921夕張マヤ

IMG_0929夕張マヤキハ




2018年06月18日

大阪で地震

今朝、大阪で大きな地震がありましたね・・・。

揺れの強かった地区にJの友人が住んでいて、

心配ですが、大変なことになっているだろうから、まだ連絡はしていません。

無事を祈るばかりです。

 

被害に遭われた方々にお見舞い申し上げます。




sorairocm at 23:25|PermalinkComments(0)

2018年06月14日

テレビで夕張(北海道のみ)

616日(土)午後630から700

TVh(テレビ北海道)『旅コミ北海道―じゃらんde GO!

今年も始まった夕張メロン食べ放題と、リニューアルした石炭博物館が取り上げられます。