遠丸北鉱+鴻紋の旅・5~あめみやくん遠丸北鉱+鴻紋の旅・7~鴻紋軌道の碑

2011年06月10日

遠丸北鉱+鴻紋の旅・6~北見鉱山

昨年5月に丸瀬布を訪れた時と同様に、いこいの森キャンプ場のバンガローに宿泊。

明けて2日目は北見鉱山の跡を目指しました。

 かなやまかいかん

国道333号を北東に走り、丸瀬布小学校より向こうで左折します。

間もなく見える金山会館。

結構、人が住んでいるようです。

 

 



更に行くと、この案内板。旧北見鉱山案内図

丸瀬布はちゃんと
この町にあった鉱山の歴史を
後世に伝えようとしているのですね。

 

この案内板によると、北見鉱山(伊奈牛鉱山)は

昭和8年に住友が調査し鉱床を発見したとありますが、

実際はその前の大正3年に発見、採掘されていたらしい。

持ち主が何度か変わって廃坑になりましたが、

その後、住友が改めて調査し、採算が取れそうだとの結論を得て

昭和9年から本格操業を開始。38年まで金、銀、銅、亜鉛などを産出していました。


 石と山

さて車を道なりに走らせて行くと、

鉱石っぽいものが積まれている所がありました。

 

向こうの山の斜面には選鉱場跡があるらしいけど、

草木が生い茂っていて見えません。


 こうぐち


ずっと行くと、坑口がありました!

 

坑口はほかにも4、5ヶ所あるようなのですが、今回は見付けることができませんでした。

 


倉庫?
この建物。丸瀬布の隣町・紋別の

鴻之舞鉱山にあった倉庫に似ています

(当ブログ2010611の記事に画像あり。4枚目)。

同じ住友なので、納得。

 

 

 





国道333号に戻ってもう少し北東に行くと

金山橋という橋が湧別川に架かっていて、かなやまバス停

そばのバス停の名前も金山です。かなやまばし









町の歴史は地名にもしっかり残されています。



sorairocm at 23:59│Comments(0)鉱山 | 探訪記

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
遠丸北鉱+鴻紋の旅・5~あめみやくん遠丸北鉱+鴻紋の旅・7~鴻紋軌道の碑