2010年09月26日

釧路コールマイン入坑体験1~入坑の前に

釧路市役所がクリーン・コール・デー(9月5日・石炭の日)にちなんで毎年開催している

釧路コールマイン入坑体験会。今年も9月25日に行われました。

それに参加して来たので、ご報告します。

 

集合時間は朝9時。それまで時間があったので、興津小学校の近くから

釧路コールマイン(KCM)を拝見しました↓

 137

 

 

9時が近付いてきたのでKCMの駐車場へ。案内されて講義室に入ります。

今回は参加者19人。意外にも女性が10人もいました。

 

まずKCMの方が、会社の採炭事業・研修事業、今回入る坑道について説明し、

3つの班に分かれるので班分け発表。

それから男女に分かれて着替えます。

 

更衣室には、事前に伝えておいたサイズの靴・作業着、下着、靴157下、タオルが用意されています。

女性には女性の従業員の方が3人ついて、服の着方などを教えてくださいました。

「坑内を歩いて汗をかくため下着は必ず用意したシャツ、ももひきを着けてください」、

「ズボンの裾が機械などに引っ掛からないように、靴下で裾を覆ってください」など。

 

着替えて靴も履いたら、男子・女子一緒に別の部屋に行き、キャップランプ(ランプの付いたヘルメット)を装着。

マスクと軍手、目を保護するメガネも受け取ります。

 

それから入坑口の前で記念撮影。BlogPaint

市役所の方が撮影する横で、KCMの方がJの携帯電話で撮ってくださいました→

坑内には微量ながらメタンガスがあるので、引火防止のためカメラ、携帯電話、ライターなどの持ち込みが禁止されています。

携帯電話をKCMの方に預けたら、その方が撮ってくださったんです。

感謝ですm(_ _)m

 

そして全員整列し、大事なことを二つ行います。

一つは自己捜検。ライター、たばこなど危険なものを持っていない事を自分で確認します。

もう一つは指差呼称。KCMの方の声の後に「ゼロ災害、よし!」と言って右手の人差し指を上から前に下ろす動作を3回。

実際に坑内員の皆さんが入坑前にするのと同じです。

こうする事で安全が保たれているんですね。


とにかく安全第一が徹底されています。だからこそ、日本唯一の坑内掘り炭鉱として、今も採炭を続けられているのだと分かります。素晴らしいです!

 


今日のレポートはココまで。続きは明日でーす。



sorairocm at 23:59│Comments(0)探訪記 | 釧路炭田

コメントする

名前
URL
 
  絵文字