あおぞら日記

何気なく過ぎていく日々の中で感じた事、
おもしろい出来事、小さな発見、旅行記など、
徒然に〜書き留めてます。

ブログお引越し

これまでライブドアさんでお世話になっておりましたが、
HP「とら吉日和」の引っ越しにともない、
「あおぞら日記」もFC2さんでお世話になることにしました。

これまでと何も変わりませんが、
新 あおぞら日記で、よろしくお願いします。

6th birthday

足りない・・・

nankahenとら吉ぃ〜、今夜はハヤシライスを作るよ。
そんな気持ちよさそうに寝てないで、手伝いなよ。


でも、大丈夫。犬の手は借りんでも。
今日のハヤシライスは簡単だから。



簡単にできるハヤシライス、というのをテレビ番組で見たので、
すぐに影響された私はハヤシライスを作り始めました。

材料は・・・

玉ねぎとマシュルーム
トマト水煮缶
牛肉(こま切れで十分らしい。今の時代、家計にやさしいこと大事あるよ。)
赤ワイン少し

牛肉は、最後の5分で炒めるのよねえ。
これがポイントよね

簡単、簡単。


トマト水煮を入れた・・・ところで、

ふと気になった・・・


材料は本当に足りているのか・・・


大丈夫よねえ・・・他に思い浮かばないし・・・


でも、何か足りないような気がする。


そうだコンソメよ、
スープにコンソメ

・・・

・・・


スープが妙に赤い。


ハヤシライスってこんなに赤いか
テレビで見た簡単ハヤシライスは茶色かった。
ハヤシライスのルーで作る時も茶色だった。


・・・

・・・


何か、何かが足りないのよ


そのまま食卓へ。


夫「これは・・・?」
私「ハヤシライスだよ
何かわからないものにキレぎみの自分。


実は、何かが足りなかったという事実を素直に告げられないまま、就寝。



それは何か
頭から離れず、深夜まで寝つけなかった。


そして、朝方気づいた・・・


デミグラスソース缶。


続きを読む

都弁

6bb5f559.JPG都庁の社員食堂で注文した都庁弁当580円です。
安くておかずがいっぱいで、ボリューム満点ですよ。
しかし、隣のおじさんが頼んでいたカレーがとてもとても美味しそうだった。
次回はカレーだな


都弁

展望台からの眺めを入れたらいうことなし。
高いところが好きなんですねえ・・・私と煙。




パスポートの更新と免許証の更新で、都庁に行きました。
半日仕事だよなあ、時間がかかるだろうと気合を入れて行ったら、
二つの申請で約1時間半。

あっけない。

込み具合にもよるでしょうが、
免許証更新は、優良なので30分講習が必要。
しかし、前後の写真撮影や書類申請にものすごーーーーーーく並ぶ、なんだかわからないけど待たされるというイメージがあったのです。

それが、流れ作業のベルトコンベアーに乗らされるように、番号に沿ってどんどん進み、視力検査なんて両目で3つCの向きを答えただけ。

へっ

写真撮影は・・・、
あれっ???順番待ちで置いてあったはずの鏡がない。
写真撮影前にちょちょちょいっと前髪を直せたはずなのに
鏡、特に女性はね、ここで止まりますよね。
だって、5年間もこの時の写真と付き合わなければいけない。免許証てID代りに活躍することが多いですからねえ。そうは言っても、満足ということはあまりないのだけど。
鏡を置かない・・・これこそがスムーズな人の流れに必要なことだったんでしょうねえ。おかげでさくさく作業は進み、講習教室へ。

30分後、新しい5年有効の免許証を取得しました。
今まで使った免許証の写真を改めて眺めながら、
5年前はしわがなかったんだなあ、肌にはりがあるなあ、なんて思いながら。

しみしわ
余談だけど、
とら吉ぃ〜、しわが目立たなくていいわね。


10年パスポート、持参した写真にはしわが見えづらいけれど(ほっ)、10年後、その時の私はどうなっているのだろう。

パスポート申請も混んでいなかったこともあり、1週間でできるとのこと。


免許証更新、パスポート申請、無事に終了。


今は本当に早いのねえ・・・


驚きと素直な感想です。


しみしわ2

とら吉ぃ〜、
そろそろ年齢は私に追いついたはずよね。
やっぱりいいね、見えづらくて。

クリスマスイブは飲茶ブッフェ

飲茶ブッフェには火鍋がついてるのぉー。
制限時間は100分!心してかかれ!

席に着くなり、準備されていた火鍋の蓋が開けられた。
鷹のつめが浮いている・・・1個、2個、3個・・・えーまだ、ある
一瞬、コートを脱ぐ手が止まったが・・・。

気を取り直して、具を入れる。
「辛そうだよね、赤いよね。」友人と話しながら、煮えてきた白菜を食べた。

「か、か、辛いよこれ。」
二人とも体を横に揺らし、顔を突き出し、口を開け、あえぐ。

友人「いっ、痛い、痛い、

    くちびるが痛いっ

友人が火鍋食べちゃったっ、ヒーヒー


ウーロン茶をがぶ飲み。
何かで口を冷やさないと

慌てて口にする他の料理の味が、しない。

懲りずにもう一度、火鍋の肉を食べる。

か、辛い。やっぱ辛い。
かれぇぇええええええええ
あっ、矯正器具に肉の脂身がひっかっかった

友人も懲りずに、火鍋に入れた厚揚げを食べる。
いてぇぇええええええええ

厚揚げはその中まで辛味が浸みこみ、凝縮されて辛さが増すらしい。
友人、体を横揺れさせて震えている。




しかしね、近隣のテーブルを窺ったのだけど、

揺れているのは、私たちのテーブルだけなのよね

どこも皆、静かよお〜。


「これ、すごく辛いですよね・・・。」店員さんに訴えるも
辛いですかあ、そうですかあ、と笑顔。

なぜにこれほど辛いのか。

火鍋にしても、日本でのブッフェなんだからさあ、
一般人の感覚に合わせておくれよぉ〜。
トウガラシの分量を間違えたのかなあ、
私たち、辛いの弱いんだよね・・・、

と話しながら首をかしげる二人。


3人組の女性なんて、スープまで完食してたよ。
涼しい顔して静かに食べてる。

4歳くらいの子供がいる家族。お嬢さん、食べられますか


その後も懲りずに具を拾う私たち。
彼女は厚揚げを。
私は湯葉を。


それでも、全部は食べられず。ごめんなさい。


でもね、飲茶ブッフェは美味しかったし、楽しかったから、
最後は満足。

土鍋を活用する

小さいキッチンに土鍋がど〜んと
どっかり腰をおろしている。
2人暮らしにはかなり大きい、存在感があり過ぎる土鍋。
食事に使われない時は床におかれたりして。
申し訳なさそうに見える、大きい土鍋。

それでも、いつもの冬よりはいいのよ
毎冬、鍋で利用するのは二、三度だったかな。
それ以外は土鍋セットなる箱の中におさまっている。出すのも面倒なので、かといって出しておくにはでか過ぎる(現況、そうなのだが)為、我が家の土鍋、
活躍の場は少ない。

しかーし、

この冬は土鍋使用率が高い。

あえて、意識して使っているから。
鍋って・・・準備するの楽だし


新聞記事にホットケーキ粉で蒸しケーキができると書いてあれば、使ってみる。
土鍋、焦がした・・・すごい活用法だった。
いや、料理法を間違ったのはまちがいない

懲りずに、もう一度
蒸しケーキ、ほっこり美味しできるよ。


鍋本来の楽しみ方で、バリエーションを変えてみる。
豆乳鍋
マイルドな鍋は非常に美味しかった。

今日はキムチ鍋
味噌を少し入れてねいやあ〜美味しいねえ。


この冬、活躍している我が家の土鍋。

今日はご飯を炊くぞ



もっともっと活用法ありませんか。


もう一回

86892e1f.JPG前回、チーズケーキを食べた噂のお店の、
今度は、シュークリームを食べたくて。
このお店、昼に行っても夕方行っても、混んでいます。
シュークリームは売り切れることもあるということで、予約をして購入。

せっかくだから、夫にもあのチーズケーキを食べさせてあげよう

続きを読む

母ちゃんにも!

0f9650a8.JPGクリスマスプレゼントが届いた。

うふふ。すごく嬉しい

ドイツのクリスマスマーケットで売られているお菓子です。
でも、オーナメントよね。


ミュンヘンのかわいいクリスマスマーケット、ニュルンベルクの賑やかなマーケット、ソーセージが懐かしい
どこに行っても街がきれいで、そして、食べ物が美味しかったなあ。

クリスマスマーケット1クリスマスマーケット2


クリスマスマーケット3クリスマスマーケット4


クリスマスマーケット5クリスマスマーケット6


クリスマスマーケット7

自慢!

ac9a3529.JPGまた、クリスマスプレゼントをもらったのさ。

トナカイ形のドッグフードらしい。

母ちゃん!写真撮ったら、

食べさせてくれよな!








可愛いから、飾るの

プレゼント

雪だるまサンタ

「もらった



97ba8bb4.JPG



「オレの









・・・思う存分、どうぞ。

きみは、ポリンキーめんたいあじを食べたか!

2bcd20a6.JPG今はこれが!!活力の源なのじゃ。

何でこれが?!と言われようが、

あんたいくつよ?!と言われようが、

お菓子じゃん!と言われようが、

体に悪そ〜うと言われようが、

単純!と言われようが、


今はこれが美味しいのじゃ。

止められない!!もひとつ!

とにかく、美味しい。

ばかうけココア味に手を伸ばしたが、
あれは私の好みではなかった。
美味しいが、ばかうけらしくなかった。そこが残念であった。


最近は、午後になると目の下にくまができている。
このくまを解消するには、なだめるには、
今の私にはスナック菓子が必要なのじゃ。
Profile
misia

最愛の息子はコッカプー:とら吉
Archives
Recent Comments
  • ライブドアブログ