カメレオンSORAMAMEの成長記録

カメレオン パンサーカメレオンピカソ(SORAMAME)の飼育記録です。

病理検体結果。。。

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜       

獣医師から連絡を頂き。。。


KURIOの病理検体結果が出たとのこと・・・


大阪の専門機関に提出・・・検査された先生と直接話をされたそうです。。。


病名は・・・大型種細胞芽腫瘍なんちゃら。。。悪性の可能性は低いと云われたそうです
≪獣医師も早口で病名が長かったので、うまく聞き取れなかった


ただ、この病気は猫など・・・ほ乳類に多いようで、慢性化しやすく 大阪の先生も


これが何故 爬虫類であるカメレオンに?と。。。不思議がっていらっしゃったようです(汗)


カメレオン飼育に於いては先駆者でもあり、大変信頼のおける友人に


この結果を連絡させて頂いたところ。。。


とても丁寧且つ説得力のある説明で、なるほど・・・と納得致しました。。。ありがとうございます


元々カメレオンの腫瘍を生検に出す飼い主が稀なはずなので


カメレオンの症例がまだまだ少ない・・・ と言う事なのでしょう。。。


5針縫合した部分の糸は無事に溶け。。。食欲がありますので


しっかりと体力をつけて抗生剤服用をある程度持続すれば何とかなるのではないかと。。。


来週、再診ですので・・・その際にデーターの詳細はお訊き出来ますから


長々とした正確な病名をしっかりとメモして、これからの治療法を考えていきたいと思っています^^


現在のKURIOです。。。
P1140709
















P1140714
















P1140692
















P1140677
















P1140699
















P1140703

















追伸。。。
大阪方面での地震・・・これ以上被害が拡大致しませんよう
お祈り申し上げます。。。m(_ _)m

こちらは、近隣で殺人事件発生・・・一日も早く犯人が逮捕されますように。。。
都会、田舎と関係なく・・・何かと物騒な世の中になりましたね(-_-)

KURIZOの摘出手術。。。後半

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜  

KURIO・・・手術の日。。。


午前10時に病院に到着。。。


ラインにて息子達に手術成功を祈っててね!と連絡


こういう時って、悪いほうへと物事考えがちで・・・


もし、失敗したら…とか  もし麻酔から目覚めなかったら…とか想像してしまう自分がいました。。。


前日に排便をしたので検便もお願いしつつ。。。後ろ髪を引かれる思いでKURIOを預けて・・・


日帰り手術だったので、夕方の4時まで約5時間。。。


昼食も食べたような食べなかったような・・・そんな気分で待つ事3時間経過した頃。。。


先生から連絡が・・・手術は無事に終わり、麻酔からも目が覚めつつありますが


様子を診たいので4時以降に迎えに来てくださいとの事。。。


とは言われても、3時40分にはクリニックの駐車場に待機して4時と同時に病院内へ。。。


早速診察室へ呼ばれ、手術の経緯を説明されました。。。≪検便は問題なし≫


麻酔は注射ではなくガス。。。


切除はレーザーで。。。


そのほうがカメレオンへの負担が少ないようです。。。


切除部分をホルマリンに浸けて病理検体に出しますが、先生の見解としては


おそらく、悪性ではないような気がします!と言う事で若干安心はしましたが


結果が出るまでは、しっかりと観察して抗生物質をきちんと服用するよう指示されました。。。


切除部分は溶ける糸で5針縫ってあるので抜糸の必要がなく、ストレスも無し


説明後にKURIOを受け取り、元気な姿で戻ってきてくれた事に感謝でした*^^*

         ≪フェリーの中でのKURIO≫
P1140674
















口先がちょっと黒っぽくなっていますが、徐々に元の状態に戻る事でしょう。。。


KURIOと飼い主にとって。。。


とても長い1日となりました。。。


あとは結果が良性である事と、途中で状態が急変しない事を願うばかりです



KURIZOの手術。。。前半

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

KURIOの口内の出来物の正体がやっぱり知りたくて。。。


再度、クリニックに。。。


単なる炎症なのか、それとも腫瘍なのか・・・


やはり飼い主としては、気になって仕方が無い・・・


幸いな事に、その日は先生が時間的に余裕があられたのか


出来物の部分を綿棒で拭い取り、ガラスのプレートに付けて顕微鏡で


じっくりと診てくださいました。。。


結果、やはり腫瘍の可能性も捨てきれないという事で・・・


先生ご自身から、積極的に《摘出して専門の病理検体に出しましょう》とおっしゃって下さいました。。。


ただ、3才半という年齢と。。。


麻酔のリスクが全く無い訳ではないので・・・という事でした。。。が


ここは覚悟を決めて、摘出手術をお願いする事にしました!


そして、それから約一週間後に手術の日を迎え・・・
P1140669
















何だか今日は疲れちゃったので、ここまでで終わります


すみません

記事検索
最新コメント
livedoor 天気
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール

soramame

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ