QAV250

2016年06月18日

自衛隊ヘリに喧嘩売る。

今日のお供はこの3機。
DSC_0025[1]

久々にQAV250を飛ばしてみました。
そこに自衛隊のチヌークが。
スクランブル発進
挑発するものの...。

相手にされず。

soranokeiba at 12:13|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2015年11月03日

QAV250 フリップ

空ものはどうしても引っくり返したくなっちゃうんですよねぇ。
CC3Dの設定は通常時はAttitudeモード、引っくり返すときはRateモードに切り替えています。

パラメータをいじればもっと良くなると思うんだけど、とりあえずデフォのまんま。

soranokeiba at 17:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年10月28日

QAV250 モーター交換

モーターがお亡くなりになったので急遽手配。
海外から買ってもそれほど割安感が無かったので今回は尼ゾンから。
嫁にバレないようにコンビニ受け取り。
P1020561

梱包がしっかりしていてちょっとビックリ。
P1020562

とりあえず懲りずにフリップしまくり。

soranokeiba at 02:28|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2015年10月25日

QAV250 フリップ成功も

最近フライトにも慣れてきたので調子に乗ってフリップ挑戦。
やっぱ空物は引っくり返さないとねぇ。



あっさり成功〜。
4方向とも難なく成功。
引っくり返す時に少しスロットルを抜いてやると高度も落ちづらいんですねぇ。
超楽しいッス。
んで調子に乗りすぎて


ハイ落ちました。
モーター2個脂肪。
P1020560

最近こんなんばっか。

soranokeiba at 16:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年10月24日

QAV250 カメラ変更

QAV250に付いてきたカメラだけど、ちょっと見づらいのでCCDカメラを購入。
ついでに3枚ペラも補充。このペラ浮きがいいんだよねぇ。
P1020554

パラメータはOSDボードを取り付けて行います。
飛ばすときは不要なので軽量化も可能。
P1020555

体重は、
P1020556

サイズ、体重ともグッド。
とりあえず単独で動作確認もオケー。
配線処理をして取り付け完了。電源ON。







プシュッ

モクモク


燃えた。
何で何で?
P1020559

コネクタの赤黒逆だし。
一度も空を飛ぶことなくカメラ脂肪。

soranokeiba at 23:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年10月17日

QAV250 受信機交換

先日のフライトで突然のパワーダウンで墜落という現象が2回発生しました。
FPVだったので墜落場所が良く分からず、さらに草ボーボー。
こいつが無ければ間違いなくロストでした。
P1020526

いやぁ〜。助かった。マジで。
たぶん墜落原因は9XRに使っているローパワーモジュールかなぁ。
上空は電波状況も良いけど、低空で飛ばすQAV250にはちょっと無理かもね。
確かに2回とも低空で飛ばしていた時だった様な。
という事で9XRの使用はあきらめて以下の候補を考えました。
 ・技適付きのスペクトラム送信機
 ・フタバ10J受信機セット
 ・JR XG-8受信機セット
 ・JRの廉価版受信機とXG-6(現持ち)の組み合わせ。
まぁ当然こうなりますよね。
P1020552

かぁちゃん怖いし。
ただXG-6はバッテリーの持ちが悪いんだよねぇ。
単3電池の山が...。
リポに載せ変えようかなぁ。

soranokeiba at 16:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年10月11日

QAV250 LED搭載

今回購入したキットにはLEDボードが付いていませんでした。
そこでebayで探して1個約400円のLEDボードを購入したのですが、今回は長旅となり約1ヶ月かけてようやく到着しました。
P1020543

中国や香港からの便の配達日数のバラツキは何故こんなにあるのですかねぇ。
ところでこのLEDボードは1つの素子に3色のLEDが内蔵されており、DIP-SWでRGBをON/OFFする事で7色を切り替えられます。
とりあえず念のため全数動作確認。
P1020544

全数OK〜。
早速QAV250に取り付けですが、燃えた経験を生かしてまずは黒ビニで絶縁。
P1020545

根元はシュリンクチューブで保護してDIP-SWの部分だけ切り出しました。
P1020546

QAV250には結束バンドで取り付け。
P1020547

光らせてみたところ。
まずは前から。(黄色)
P1020549

次は後ろから。(赤色)
P1020548

前は青系のほうがいいかな。

soranokeiba at 10:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年10月10日

QAV250 燃えた原因

メイデンフライトで燃えた原因がほぼ特定できました。
気にしていなかったけど、カーボンって電気通すんだよねぇ。
P1020535

このフレームだけかなぁと思い、マイクロヘリのテールブームも計ってみると、
P1020536

リポを接続するケーブルを半田付けしている箇所がちょうどこのフレームの真下なので、ハードランディングした時にショートしたと思われます。
皆様お気をつけてねぇ〜。

燃えた電源ボードの代わりにユニバーサル基板を切り出して、カメラの電源用に5Vレギュレータを取り付けました。
P1020537

う〜ん、でも熱が凄い。
12Vから5Vに落とすと結構熱出るんですねぇ。
よく考えたらESCは全てBEC内臓なので、カメラはESCのBECから電源を取って事なきを得ました。

soranokeiba at 09:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年10月04日

QAV250 カメラ搭載

購入したキットには小っちゃいカメラが付いていたのですが、FCの設定でトラぶっていたので後回しになっていましたがようやく搭載。
P1020539

このカメラモジュールはサーボ付きで1軸ジンバル制御ができます。
サーボはFCの空きチャンネルに接続し、応答速度などはOpenPilotで設定できます。

ジンバル制御が入るとFPV飛行はやりずらいかなぁと思ったけど、実際に飛ばしてみると意外と良い感じ。

soranokeiba at 15:35|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2015年10月03日

QAV250 ロストブザー装着

FPVやっていると 墜落→ロストというパターンが結構あるらしい。
そこでロストブザーなるものを購入
P1020526

マニュアルは無いのでネットから情報を集めたところ、無操作1分、又は、送信機の電源を切ると1分でブザーが鳴るっぽい。
とりあえずラダーチャンネルに挿入して装着しました。
P1020527

動作確認したところ、無操作、送信機電源OFFともに1分程度で鳴りました。
早速フライトへ
普通に飛ばしていても1分程度で鳴ってしまいます。
操作量の設定は出来ないと思われるので、仕方ないので鳴ったらラダーを動かして消します。
ちょっとめんどいけど、ロスとは怖いしなぁ。

soranokeiba at 12:11|PermalinkComments(2)TrackBack(0)
記事検索
最新コメント