Sorariの塩飽(しわく)です。


今回は今まであまりお伝えしたことのない、美容師の道具についてお話させていただきます。道具にはそれぞれ役割・機能があり、優れた道具はその性能に裏打ちされた機能美すら感じることがあります。


日々使う道具だけでもたくさんありますので、まずは「ハサミ(シザー)」から!


ただ、美容師が使う「ハサミ(シザー)」といってもかなりの種類ありますので、ここではSorariで使用しているものに絞って紹介させていただきます!



↓ Sorari全員共通しているのは、この「Rタイプシザー」です。ストレートタイプと違って刃先がカーブしているのが特徴です。
DSC_0031



↓ こちらはストレートタイプのシザーです。
DSC_0034



この、Rタイプとストレートタイプでどちらが良いとか悪いとかではないのですが、切り口の特性に違いがあります。

ストレートタイプはバツっとした直線的な切り口になり、直線的で強いイメージのカットラインに向いています。
クレオパトラ





Rタイプはやや自然な丸みのある切り口で、ストレートタイプにくらべて柔らかい印象のスタイルに向いていますし、ハサミを使っておこなう特殊な量感調整(髪の量を減らす)に対する操作性に秀でています。
ガッキー



 私のメインシザーはRタイプです。Sorari全体としてのカットのマニュアル作成と実技教育も私の担当ですので、弊店では教育初期の段階で全員Rタイプシザーからスタートすることになります。ですので、基本的には全スタッフがメインはRタイプシザーで、あとはスタイリスト個人の味付けの好みとして他種のシザーを扱うということになります。


 私も30歳くらいまでは、様々なシザーを収集していました。結局使わないままや、相性の良くなかったシザーも沢山ありましたが、つい変わったハサミなどを見ると衝動買いしてしまうことがよくありました。


 プロ用のハサミや包丁は日本刀の技術を受け継いだものです。美容師や料理人さんなどにもついつい収集してしまう愛好家の方はけっこういらっしゃるような気がします。



よろしければ、皆様も弊店でカットをされる際にハサミをよく見てみられてください。お客様の髪を切る様々な場面でスタイリストはハサミを持ち替えヘアデザインをおこないます。また、シザーやその他の器具・道具について疑問や興味がおありの時は、直接聞いてくださるとうれしく思います。その時はもっと細かな部分までお話できるとおもいます。













今週末の予約状況でございます。

6月29日(金)まだ全体的に空きがございます。

6月30日(土)まだ全体的に空きがございます。狙い目です!!

7月1日(日)まだ全体的に空きがございます。

7月2日(月)店休日でございます。


皆様のご予約をお待ちしております。