ソラリの塩飽恵です。



先日、主人と夜テレビを見ていると、スリランカ特集の番組が始まりました。



スリランカで有名な日本人トップ10という企画で、夏目漱石や一般の主婦だったり、私たちの知らない方たちも多数ランクインしていました。


その中で印象深かったのが3位?くらいにランクインした吉田茂元首相でした。


戦後、米国サンフランシスコ講和会議で51ヶ国からの代表が集まって日本との講和条約を結び、日本の独立を認めるかどうかの会議だったようです。

この会議で日本はもしかしたら、2つまたは3つに分断されていたかもしれません。


それを回避できたのはスリランカの代表ジャヤワルダナ氏が演説でこう語りました。


一部抜粋

大師(ブッダ)のメッセージ、
「人はただ愛によってのみ憎しみを越えられる

人は憎しみによっては憎しみを越えられない

実にこの世においては怨みに報いるに怨みを以てしたならば、ついに怨みの恩むことがない。

怨みをすててこそ恩む、これは永遠の真理である。」

はアジアの数え切れないほどの人々の生涯を高尚にしました。

仏陀、大師、仏教の元祖のメッセージこそが、人道の波を南アジア、ビルマ、ラオス、カンボジア、シャム(タイ)、インドネシアそれからセイロン(スリランカ)に伝え、
そして又北方へはヒマラヤを通ってチベットへ、支那へそして最後には日本へ伝えました。

これが我々を数百年もの間、共通の文化と伝統でお互いに結びつけたのであります。

この共通文化は未だに在続しています。

それを私は先週、この会議に出席する途中日本を訪問した際に見付けました。

又日本の指導者達から、大臣の方々からも、市井の人々(街の中にいる普通の人)からも、寺院の僧侶からも、日本の普通の人々は今も尚、平和の大師の影の影響のもとにあり、それに従って行こうと願っているのを見いだしました。

我々は日本人に機会を与えて上げねばなりません。

そうであるから我々は、ソ連代表の云っている、日本の自由は制限されるべきであるという見解には賛同出来ないのです。

この演説を聞いて胸が熱くなりました。


実はこの話はスリランカの帰りの空港で出会った一人の大学生から教わりました。


日本は知らなすぎると熱弁していて帰ってから調べて分かりました。


そして、この番組で取り上げられて、スリランカの事がまた更に好きになりました。


次にスリランカに行く時はまた違う観点からスリランカを観てみたいです。



長文お読みいただきありがとうございました。



今週末の予約状況でございます。


1月25日(金)全体的に空きがございます。

1月26日(土)7:00〜8:30、13:30〜14:30の時間帯が満席でございます。その他の時間帯は空きがございます。

1月27日(日)諸事情により17:00までの営業となります。10:00〜12:30まで満席でございます。その他の時間帯は空きがございます。

1月28日(月)店休日でございます。

皆様のご予約をお待ちしております。