Sorariの塩飽(シワク)です。続きです。



前回はクセ毛の方がスタイリングでストレートヘアにしたい場合、ドライヤーとブラシを使ってブローします。その時、水素結合という反応が起こりカタチが定着するということをお伝えしました。


逆にパーマをかけた方がパーマを生かしてスタイリングされる場合は、パーマがかかっている部分を水分で濡らして、その上からワックスなどのスタイリング剤を付けて自然乾燥させます。


パーマをかけた毛髪(デジタルパーマは除く)の場合、乾くとウェーブがダレて、濡れているとウェーブがキレイに出るという特性があります。この特性をよく理解してスタイリングに応用されると、とてもラクにスタイリングがしやすくなります。


夜、シャンプーをされた場合、朝の時点では髪が乾いています。おそらく、パーマヘアはあまりキレイにウェーブが出てなかったり、バサバサしてたりします。そこで、まずパーマをかけている部分を霧吹き等で濡らします。(セルローションがおススメですが、なければ水道水でかまいません)霧吹きした後に髪を手でもむと水分が毛髪内部に入ってクルクルとしたパーマの形状がでてきます。その上からワックスを付けて自然乾燥でスタイリングは終了です。


ワックスの付け方などの細かい解説はまた次回!





今週末の予約状況でございます。



2月7日(金)全体的に空きがございますが16:00〜17:00が満席でございます。

2月8日(土)朝〜11:00と17:00以降が満席でございます。間の時間は空きがございます。

2月9日(日)まだ全体的に空きがございます。狙い目です!!

2月10日(月)店休日でございます。

皆様のご予約をお待ちしております。