Sorariの塩飽(シワク)です。



今更ですが、「今年の節分はなぜ2月2日だったのか」が気になっていたので調べました。



2/2が節分になったのは1897(明治30)年以来124年ぶりらしいです。生まれてこのかた、ずっと2/3だったので固定と思いこんでいましたが、場合によっては2/4になることもあるようです。


まず、春のはじまりをあらわす立春の前日が節分となります。


立春や夏至、冬至といった暦(こよみ)は、太陽と地球の位置関係で決まるらしいです。例えば、春分は太陽が真東から昇る日。こうした暦は国立天文台が決めていて、毎年2月に官報で翌年の分を発表しているとのことです。


なぜ、日程がずれるかは地球の公転に関係があります。


地球が太陽を一年かけて一周しますが、365日ぴったりではなく、約6時間弱長いのです。


4年で約24時間ずれるので、うるう年として2月29日を作って調整しています。


公転の際の約6時間のずれと、暦の基準となる太陽と地球の位置関係により、節分の日程は前後する場合があるとのことでした。


スッキリしました!






今週末の予約状況でございます。

2月5日(金)全体的に空きがございます。

2月6日(土)朝〜12:30が満席でございます。

2月7日(日)まだ全体的に空きがございます。狙い目です!

2月8日(月)店休日でございます。


皆様のご予約をおまちしております。