2月7日(水) 渋滞に巻き込まれ・・

そらもとです。

水曜日はソラリアは定休日ですが、昨日の日記当番を忘れてたんで、
オフィスに出社してます。

電話の鳴らない、ジャズが流れる快適オフィスで、
コーヒーを飲みながら、差し入れでいただいたバッケンモーツアルトの焼き菓子をお供に
カフェタイムを満喫しています。




月曜日に仕事で東広島市役所に行ったときの出来事。

朝9時に広島を出て、高速に乗り、志和トンネルを抜けたところで、
反対車線をパトカーや救急車、消防車がジャンジャン走ってる。

「何事か?」

車内のCDをFMに切り替え、ニュースに耳を傾けると、
そう、ご存知の方も多いと思いますが、高速山陽道下りの志和トンネルで、
マイクロバスが横転事故を起こしていたのです。

「こりゃ帰りは、一般道かな・・・早く復旧するといいけど・・・」

昼前に仕事が終わり、広島方面に向かうと予想通り渋滞。

いつ開通するかわかんない高速道路の復旧を待つか?
瀬野川〜中野〜海田ルートで帰るか?

「一般道でも、どうせ大渋滞さ、気長に諦めて、勉強しよ。」

そう決心して、ちっとも進まない渋滞の中、車内で約90分、勉強してました。
いつ動き出すかわかんないまま待つのは精神的にしんどいもんですな。

結局、朝9時の事故から、4時間半後の午後1時半ごろに復旧。

オフィスに帰ってきたのは、もうすぐ3時という時間でした。

帰ってからネットのニュースで知ったのは、
マイクロバスの運転手は71才の高齢者。

おいおい、いいんかねぇ。

この間も、大町あたりで、異常に遅く、しかもふらふらしているクルマが
前を走っていて、追い越す時に、ドライバーを見てみると、
悠に80歳代であろう老人が、ハンドルを抱えるようにして、
前だけを見て運転(?)してる!(落ち葉マークなし)

ぞっとしました。
近づきたくない。。。

年齢だけで、運転能力や反射神経が鈍いとは決めつけられませんけど、
やはり、高齢者の運転は、若い初心者ドライバーに匹敵するリスクがあると
思うのですが。

今は、自動車保険の運転する人の年齢条件は、

1.全年齢→何歳の人が運転しても良い。(最も保険料が高い)
2.21歳以上補償→20歳までの人には運転させない。(次に高い)
3.26歳以上補償→25歳までの・・
4.30歳以上補償→29歳までの・・・
5.35歳上補償→34歳までの・・・ (最も安い)

と、年齢条件が上がるにつれて保険料が安くなっています。
若い人は危険、年齢があがるにつれて事故しないだろう、という決め方です。

リスク細分型と呼ばれる自動車保険に年々進化していますから、
そのうち、65歳以上は保険料が高くなる、
といった区分になると個人的にはそう思ってます。


ゴールド免許なら保険料が安い。

今はそうなってますけど、ペーパードライバーだからゴールドって人は
たまに運転すると、けっこう危ない運転したりするんですけどねぇ。



何はともあれ、ご安全に・・・




PS.ちなみに車内では、宅建の勉強してました。

私そらもとは、今年の一大チャレンジのひとつとして、
平成19年度 宅地建物取引主任者試験に合格します!
(10月21日試験日)

宅建資格をお持ちの方、受験される方、アドバイス、ご教授よろしくお願いしますっ!


■■■■■ 有限会社ソラリア
■□□□□ 〒731‐3161
■■■■■ 広島市安佐南区沼田町伴6003キャロンサンク1F
□□□□■ TEL(082)849-6554 FAX(082)849-6054
■■■■■ http://www.soraria.jp E-mail:info@soraria.jp

広島市安佐南区にあるチャリティカフェ&ミニギャラリー
&ファイナンシャルプランナー&保険のプロショップ
ソラリアでは「生命保険の見直し」のお手伝いをしています。 

 ←広島ゆかりのブログが大集合しています。

ブログランキングバナー

←このブログが気に入ったらカチとお願いします。

人気blogランキングに参加中です