2010年08月16日

新議員会館のタリーズがガラガラ

衆参の議員会館が新しくなってまもなく1カ月。

地下1階には、コーヒーチェーンの「タリーズ」が新規出店している。

しかし、あまりにも客がいないのでガラガラである。

 古い議員会館では、地下1階に昔ながらの喫茶店が営業していた。狭いスペースぎゅうぎゅうにソファの椅子を配置し、いつもごった返していた。新しい議員会館では、古い喫茶店は撤退。入札の結果、タリーズが喫茶事業を行うことになった。

秘書や議員にとって、喫茶店はコソコソ話の場。

前の喫茶店は、衝立もあってよかったけど、タリーズはガラス張りで店内も明るくてオープン。どうも使いにくいと酷評されている。

「大物国会議員が並んでコーヒーを買う光景なんて想像できる? ソファにどっしり座って『コーヒー』って頼むのがいいんでしょ」

 あまりにいつも人がいないので、「タリーズ創業者がみんなの党の議員になったので、他党では入店禁止命令が出た」なんて冗談まで出る始末だ。

 タリーズジャパン広報は、「まだオープン1カ月なので様子を見ているところです」と話すが、秘書たちの間では、「早くも撤退の危機!?」の声まで囁かれている。



soratobi4 at 16:56|Permalink

2009年08月23日

白浜のサンゴが壊れた?

和歌山県白浜町の田辺湾沿岸で、海面から水中1.5メートルの岩礁に生息し、水面からでも色鮮やかなサンゴが、今夏の大雨の影響で壊滅してしまったそうです。

消滅してしまったサンゴは、骨格を持たず「ソフトコーラル」と呼ばれる赤やだいだい色のウミトサカ類やヤギ類。定点観察している京大フィールド科学教育研究センター瀬戸臨海実験所の久保田信准教授によると、先月初旬に和歌山県中南部を襲った集中豪雨で、海水とは浸透圧や成分の違う雨水が大量に流れ込んで湾内の海面を長時間覆ったため、サンゴの肉質が溶けるなどして死んだのだとか。

このニュースは本当に悲しいです。きれいなサンゴが売り物だった白浜の海がどんどんけがれていくようで残念です。
スキューバの人気スポットである白浜ですので、これからの経過が注目されます。



soratobi4 at 17:41|Permalink

2009年07月21日

三菱地所ホーム

エアロテックが実現する健康・快適・省エネ生活を、自由設計でご提案

新しい住まいに対するお客様のご要望はさまざま。それは、ご家族ごとに千差万別。具体的に「どんな家にお住みになりたいのか」をお伺いするのはもちろんのこと、「言葉にならないご要望」も見逃さない。誰のものでもないご家族オリジナルの家づくりをお手伝いする。

三菱地所ホームでは、2X4工法が持つ高い性能をさらに向上させて、SUPER2X4へと進化させた。独自の新技術「ハイサーキュレートシステム」や「ニューメソッドフロアシステム」を開発して耐久性などのさまざまな性能を高めている。



soratobi4 at 07:39|Permalink