2011年02月24日

独断と偏見のNo.1 Songs act 127

☆ 2.15〜2.16(2日間)

 夕陽のいじわる  渡辺麻友

☆ 2.19〜2.21(3日間)
   2.25〜3.4 (8日間・通算11日間)

 SHINING☆STAR  9nine

☆ 2.22〜2.24(3日間)

 ヒロインになろうか! Berryz工房

 前回からAKB→まゆゆ→AKB→9nine→Berryz工房→9nineと1位は転々とした。
 やたらアイドルグループの新曲リリースラッシュのこの頃。
 これほどグループアイドルだらけで、逆にソロアイドルの少ない状態があっただろうか?

 さて最初はact126の「バレンタイン・キッス」の時にも書いたのだけど、シングルカップリングの3曲目にあった、まゆゆこと渡辺麻友のソロ曲をとうとう1位にしてしまった。

 前回大体の事は書いてしまっている。
 見事なほどの「ハロー・グッバイ」である。

 この際秋元康には渡辺繋がりで、渡辺満里奈「マリーナの夏」に匹敵するようなタイトル曲をまゆゆに提供してほしい。
 
 現在Youtubeではもう見られないMV。
 3、4回見たときは気づかなかったのだけど、珍家さんのブログによると、歌の前のこたつでテレビを見ているシーンで部屋に貼られていたポスターが、CoCoだったとか。
 そいつは確かに、尾木プロ&ポニキャンつながりだなぁ。

 次はTBS系アニメ「STAR DRIVER 輝きのタクト」のOPでもある9nineの新曲。
 去年の夏に大幅にメンバーチェンジして、新生9nineとしてスタートした時のジャケットは
 「これはKARAもどきのK-POP路線になるのか?」と思ったけど、実際はそんな事はなくて、「CROSS OVER」でも爽やかなメロディーソングだった。

 今回もその延長線上の楽曲で、爽やかな高音域のメロディーラインに、柔らかいヴォーカルが乗っていて実に快適。

 アニメ自体は、おっさんにはついていけない内容だけど、オープニングの映像とこの曲はぴったりと合っている。
 今回は順位・売上共にかなり上げてくるのではないかな?

 映像はアニメ版を貼ってみた。



 ラストはBerryz工房

 つんくが今年は攻めていくと言ってたけど、ハロプロ系は良くも悪くも売り上げも固定されてしまって、動きが無くなっている。

 ここから反攻できるのか、第3勢力に飲み込まれて落ちていくのか、今年は勝負の年である(と毎年言ってる気もするのが、ハロプロの強みだが)。

 で、Berryzちゃんたちの新曲だけど、音源を聴いた瞬間キターっと久々に思った。
 そのため初登場1位に躍り出たのである。

 同じ高音域のメロディーラインでも、こちらは息もつかせぬ緊張感が心地いいのだ。
 デジタルなイントロから、どこかボニー・タイラー「ヒーロー」を思い出させる、シンセドラムの打ち込み連打。
 そしてサビの
 ♪さあ ヒロインになろうか〜 のカタルシス。
 そしてラストの転調。こいつはいいや。

 MVはレディー・ガガじゃないかとの声もあるけどね。
 前作から熊井ちゃんをセンターにして、かっこ良さがアップしてきたと思うのだよねぇ。
 この調子でどんどん行ってもらいたい。



soraumi_meet at 18:52│Comments(2)TrackBack(1)独断と偏見のベストテン 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. バレンタイン・キッスに想う  [ 珍家の「輝きの描写」 ]   2011年02月25日 00:55
 言わずと知れた25年前の国生さゆり渾身の1曲(笑)ですが、この冬にAKB48の

この記事へのコメント

1. Posted by ナオたん   2011年03月04日 17:41
5 お久しぶりです

確かにBerryz工房の新曲は“キター”って感じがしました

ここ最近は明らかに『イナズマイレブン』を意識した楽曲だったので、すごく新鮮に聴こえました

モーニング娘。の若返りもあって…明後日にはついにハロプロのグループでは平均年齢が一番上になってしまいますが、これからも頑張ってほしいです

今年はAKB48からの派生ユニットやソロのデビューが多くなって、かつてのおニャン子クラブ状態になりそうですね
2. Posted by DEW   2011年03月04日 21:59
ナオたんさん、お久しぶりです。
そうかぁ、Berryz工房がハロプロ最年長になりましたかぁ。長くやってますもんね。
なかなか売上は苦戦しそうだけど、楽曲は良いので頑張ってほしいものです。

AKB関係のユニット乱発は、最初は良いけど1年も経つと質の低下を招きそうな懸念がありますね。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
訪問者数