2007年05月22日

totoBIGにびっくり!

福山・新市で「ビッグ」1等(中国新聞)

totoBIG(7口)の当選が出た場所が発表されたようですが、その一口がお馴染みの場所だったのでびっくり。
近所というわけじゃないけど、その近くのホームセンターによく買い物に行くので、そのついでによく立ち寄る本屋さんでした。
コンビニを除けば自宅から一番近いtoto販売店?
と思って調べてみたら、2番目に近い場所でした。(一番近い場所はその存在すら知りませんでしたが)

totoは今まで買ったことはありませんでしたが、今回の盛り上がりにつられて買おうかとも思ったんですけど結局買わず・・・
もっとも今回買ったとしてもV−point(サンフレオフィシャルショップ)。18日のナイター観戦のついでに買おうと計画してましたけど(場所は市民球場のほぼ正面)、雨天中止で運が悪いと思って購入断念。

それはそうとインターネット販売からの当選は出なかったようですね。
どれくらいの販売比率なのかは知りませんけど、今後の販売傾向に変化も?

またキャリーオーバーが多額になったら、今度こそ買ってみようかなあ・・・
  

2007年05月19日

ヤクルト戦

昨日の試合は前田応援セットで観戦予定だったのに雨天中止。
マエコレTシャツ(第2弾)をもらっただけで、市民球場には入らず帰宅。
個人的にはドーム球場は嫌いなんですけど、修学旅行と思われる大勢の小学生達を見ると、新球場の屋根かけもやっぱり必要なのかなあと思いました。

今日はTV観戦。
前回の連勝中では雨天中止に水をさされ、その後連敗(2カード続けて負越し)となったため、少し嫌な予感を覚えつつ今日の試合を迎えましたが案の定・・・

2−6

前回のようにならないためにも明日の試合が重要。
そしていい状態で交流戦に突入して欲しい。

交流戦も1試合は見に行きたいと思ってますが、スケジュール調整がうまくいくかどうか・・・
やっぱ楽天戦(マー君を見てみたい)かなあ。  
Posted by sorawomiageruto at 18:06Comments(0)TrackBack(0)スポーツ

2007年05月13日

広島vs横浜FC

昨日は広島と縁の深い人がいっぱいの横浜FC戦。
試合開始直後にスタンドに到着。
久保が出てないので無理して来たのにちょっと残念だったけど、
ピッチにKING・KAZUの姿を確認してまあいいかと思って見ていました。

そのうち点が取れそう。
多分広島サポの多くはそんな感じで試合を見ていたと思う。
そして徒に時間だけが進んでいき

気が付いたら試合が終わっていた・・・

まあ、KINGのゴールが見れたからいいか
ビッグアーチを後にする人ごみの中で、そんな声をいくつも聞いた。

確かにあのゴールはビューティフルだった。
しかもよく考えたら生で『カズゴール』を見れたのは初めてだ
ただ、生『カズダンス』を見れなかったのはちょっと残念・・・
ここ数年はこれでカズさんの現役姿を見るのは最後かもという気持ちで見ていたけど、どうせなら最年長ゴールの記録はジーコではなくカズさんであって欲しい

最下位を脱出した横浜FC
去年、広島も望月コーチが暫定指揮をとった時には守りガチガチの戦術だったけれど、それを思い出しました。でもあれは数試合限定だったから耐えれたわけで、横浜FCがしばらくこんな戦い方を続けないといけないとしたら選手もサポもストレスたまるだろうな。

高木監督には是非頑張ってもらいたいし、J1残留を心から願う。
でも今日の試合みたいなことやってるようじゃあ広島も安泰ではないのだけれど・・・  
Posted by sorawomiageruto at 22:12Comments(0)TrackBack(0)サッカー

2007年05月10日

『帰ってきた時効警察』〜4話〜

ほぼリアルタイムに見れたというのに、
感想を早めに・・・というわけにはいきませんでした。

今回は何と言っても『早め亭』でしょう。
店の暖簾を見た瞬間にやった!と思いました。
こういうリンクネタっていいですよね。前作の『多め亭』がおもしろかったからこそのネタではありますが、今回もやっぱりいい!
おばちゃん(犬山イヌコ)最高!
しかも真加出(小出早織)のお母さんという裏設定もなかなかよかった。
嫉妬してる三日月(麻生久美子)というのも見ものだったし。

ただ三日月が歌手だったっていうのはちょっと唐突というかぶっ飛びすぎたネタでどんなもんだろうかと思って途中まで見てたんですけど、オチで催眠にかかっていたという本編のストーリーにちゃんとからませたネタというのがわかって、これまたいい意味で裏切られました。うまいですよね。


もう明日(こちらは土曜深夜の放送なので正確には明後日)は5話。

鶴田真由さんってやっぱりいいなあ

ちょっと早めに感想を書いてみました。
昔から好きな女優さんなんで・・・  
Posted by sorawomiageruto at 23:04Comments(0)TrackBack(0)テレビ・映画

2007年05月04日

帰ってきた 時効警察

GW中に3話まで視聴。
正確にはCSで録画していたPR番組「テレ朝チャンネルスペシャル」の2本分も併せて。

まずは「テレ朝チャンネルスペシャル」で前作の復習と新作の予習から。
霧山(オダギリジョー)三日月(麻生久美子)は出てこないけど、新キャラの真加出(小出早織)を加えた時効管理課のメンバーのお馴染のゆる〜い芝居満載で十分おもしろかったです。

それから3話まで一気に見たわけですけど、やっぱり冒頭から熊本(岩松了)「時効」の印を押してから「よろしくお願いします」(by由紀さおり)あたりの流れが一番好きですね。

あと脚本、演出によってその回の雰囲気もガラリと変わるのもまた今シリーズも同様って感じでした。自分はどっちかというとベタでもいいんでオーソドックスな雰囲気でまとめて欲しい派ですが。


サネイエ(江口のりこ)ファンとしては、PR番組の中で話してた彼女のブログの内容が気になるところです。

今夜は4話を見て、その後はGW中に『風林火山』の放送にできるだけ追いつくように努めたいと思っています。ぷくー  
Posted by sorawomiageruto at 18:28Comments(0)TrackBack(0)テレビ・映画

2007年04月04日

カープホーム開幕戦

昨日はホーム開幕戦ということで広島市民球場へ行ってきました。
Jリーグのホーム開幕戦にはほぼ毎年のように行っているけど、プロ野球でははじめて。

今年は平日ということもありスケジュール的に無謀なのはわかっていたんですけど、それこそ2月頃から今年は行くぞと決めていたので何とか調整して準備をしていました。

チケットは『前田応援セット』。マエコレ!Tシャツを受け取り入場。
黒田の男気弁当』を買って試合開始前に食べてみました。
これは黒田の好物ばかりを入れた弁当。

本人は試食していないが「とりあえずタコ焼きだけは入れてほしい、と言いましたよ」と納得の一品のようだ。(←3月5日のニッカンスポーツの記事より)

自分の好きなものもいっぱいあって美味しかったことは美味しかったんだけど、
やっぱり冷たいタコ焼きってのはいかがなものか・・・

開幕イベントということで両チームの選手が整列して『君が代』。ちょっとメジャーっぽい雰囲気でした。
試合は広島佐々岡、横浜寺原の先発。
寺原は数年前の夏の甲子園で見て以来なので感慨深い。
しかも何でトレードに出されたんだと突っ込みたいくいらいなかなかいい投球。
もっとも、広島打線の低調ぶりの方がもっと酷かったともいえるけど。
クリーンナップの調子はそこそこだけど、その前後がちょっと打てそうになく、とても連打が出そうにない感じでした。

最終回には全く打ち崩せる気がしなかった寺原からクルーン(はじめて見れた)に交代した時はもしやと期待したんですけど、これが期待どおり。あともう少しというところまで攻め込んで、結果的に2−3で敗れたものの意地を見せてくれました。
(相変わらず貧打ですが、今日の試合に勝てたのもこれがいい方向につながったのかもしれません)

2階席での観戦だったんですけど、ホームベースのほぼ真後ろのなかなかいいポジション。2階席は初めてなのに何か見慣れた感じがする・・・と思ったら、昔よく遊んだ『ファミスタ』の視点と同じなんですね。
投手の球筋がよく見れるし、フライの打球を野手が追いかけていく感じがまさにファミスタで遊んでる状態でした。ちなみに始球式を行ったのはファミスタでよく使った『おおの』こと大野豊さんでした。ベンチには『こばや』こと小早川打撃コーチも。そういやカーズも打てないチームだったなあ。

それにしてもこの時期のナイターはやはり寒かったです。
試合時間が高校野球並みに短かったのが救いかな。
宮城の楽天の試合が平日デーゲームなのも納得。想像するだけで寒い・・・

今年は最低でもあと4試合は観戦に行く予定。
マエコレ!Tシャツを5種類全部ゲットが目標です。  
Posted by sorawomiageruto at 23:16Comments(0)TrackBack(0)スポーツ

2007年04月01日

『華麗なる一族』 10話(最終章 後編)

放送を見終わってから随分経ちました。

第1話の放送前に鉄平(木村拓哉)の結末を知ってしまった時点で、正直嫌な結末だなと思ったのですが、その気持ちはやはり見終わっても変わりませんでした。
前にもどこかで書いたかもしれませんが、ドラマや映画で自殺ネタを見るのは気分のいいものではありません。つまらないドラマが単に盛り上げるために自殺ネタを使うのは論外ですが、いいドラマだと思って見ている時に自殺ネタを見せられると正直凹みます。

このドラマを最後まで全部見ましたが、鉄平が死を選ばねばならなかった理由が少なくとも自分には伝わってきませんでした。
最終回前夜のスマステで紹介されたゲーテの言葉が前フリになっているとすれば、鉄平は財貨や名誉を失うことには平気でも、勇気を失うことには耐えられなかったということなのでしょうか。

半年後 鉄平の夢は完成した その火は今も燃え続けている

ラストのテロップも、だからどうだって感じです。
鉄平が死ななくても夢は完成したはずだから。
残された人たちも鉄平がいた方がよかったに決まっています。
途中で事故死した玄さん(六平直政)にも失礼でしょう。


とは言っても、自殺ネタを除いて考えればなかなかいい展開だったと思います。
前回、裁判の結果が出るのが早すぎやしないかと懸念しましたが、そこは裁判取り下げという自分が予想もしてなかった展開でやられたという感じです。帝国製鉄の和島所長(矢島健一)にやらせるんですから効果倍増。

ラスト前のパーティーシーンでの美馬(仲村トオル)ニヤリにしても、こっちが期待したとおりのベタな演出でしたが、ベタだからこそよかったといえるかもしれません。
美馬のその後を描くとしたらやっぱり、政界進出→闇献金で終了ってところでしょうか。

血液型の件にしても、敬介の血液型を病院に調べに行ってたシーンがいい前フリになってすっかりミスリードされてしまいました。親子関係についてはもっと捻りが欲しいと思ってたところですので、そんなのあり?とも思いましたけどまあ満足です。


ところで、
鉄平が妻(長谷川京子)に言った「メリークリスマス!」という最後の言葉はいろんな意味でインパクトありましたね。
セリフを言うまでのタメがたっぷりあって、一体何を言うんだろうと固唾を呑んでたところであの一言でしたから。
お茶でも飲んでたら吹き出していたかもしれません。

鉄平の宗教観はドラマではよくわからなかったですが、長谷川さんが『功名が辻』で演じた細川ガラシャはキリシタンで宗教的に自殺を禁じられていたので、細川家の家臣に自分を殺させたというエピソードと無理やり関連させると、ちょっと皮肉なセリフです。

あと携帯電話のある現代なら、鉄平は自殺した大晦日にあの場所から電話をすることになったと思いますが、

そしたらやっぱり最後の言葉は

よいお年を!」なのでしょうか・・・

いっそコントにしてくれた方が救いがあるかもしれません。


それから自分の血液型を確実に知っておくために、
一度は献血にいきましょうってことですかね。  
Posted by sorawomiageruto at 23:42Comments(0)TrackBack(0)テレビ・映画