【仲村侑子のブログ】 Yuko Nakamura 's Blog
pixiv→http://www.pixiv.net/member.php?id=15775007
ブログ内の文章&画像の無断転載・複製等 禁止。
まとめサイト・掲示板・SNSへの画像・リンク等の
転載&引用はご遠慮ください。お問い合わせは右下より。
I forbid reproduction or republication or processing
without written permission about the picture which
I who posted in this site drew.

カテゴリ: 強迫神経症

強迫神経症の不潔恐怖の頃だったか、
(20前だったかもしれない)

考える事をやめたい、
私が私じゃなくなりたい。

と思っていた。


考え過ぎる私として生きていく事に
疲れて
、私の精神?を誰かに明け渡し、
私の体を媒体に私の代わりに生きてもらいたい。
…と思ってた。とにかく楽になりたかった。


架空の友人に繋がる何かを感じる。


生まれ変わりを
信じなくなったのは
何歳からだろう。



小4の秋頃? 死んだら何もかもなくなる
という事が怖くて怖くて仕方なかった。

「生まれ変わり」を信じていた。
そして家族とは同じ関係の下 生まれ変わり、
新たな人生を構築できると信じ込もうとしていた。


強迫性障害も影響しているが、
家族に何度もその論を説き、
承認してもらう事で安心していた。
(対象は母、祖母&祖父、ソボが多かったかな?)

学校が休みの夕方は特に情緒不安定で、
「私 また祖母の孫に生まれ変われるよね?」
などと言い、泣きついて確認した。


この不安は小4の2学期~5年に
上がるくらいまで続いた。

今となっては、無であってほしい。
また人生を送るのは辛い。
・・・なんて思うのは私が今
幸せじゃないからですかね。

ポジティブに急く事ができないのかな。私。
しないと いけない、早く 時間がない、
・・・って強迫的になる。

ネガティブとは若干 違う気がするんだけど、
パワーや勢い?はそのままに、追い詰める
ような感じになるというか…。うん。


「早く 早く♪」じゃないんだよ
「早く 早く(迫真の圧)」なんだよ。

↑このページのトップヘ