2006年07月30日

アフリカ大陸だ。

モロッコのタンジェという港町へきた。
アラブ圏とはいえ、アフリカ大陸とつにゅー。
スペイン側の港からはたった2時間の船旅だ
船上でモロッコ入国のパスポートコントロールがあった。
航海中ずっとそれを待つ長蛇の列ができ、
せっかくのクルーズもちょっぴり台無し。
それでも、物語アルケミストの主人公サンチャゴは
スペインからこの船に乗ってピラミッドを目指したのかな、
なんて、実在しない人を想像したりして旅情にひたってみた

EU圏とは雰囲気が全然ちがうね!
ヨーロッパは観光するにはとても素敵だけど、
街ゆく人がだれもかまってくれなかったからすこしさみしかった。
ここでは何歩かごとに「おぅジャポン」とか声かけられたり
こどもがからんできたり、旅してるなぁって気分にさせてくれる(^―^)

町並みも一気に土くさいというか、垢抜けなくって
すこし砂漠のにおいがする。
落ち着くなぁ。
ここにもビーチはあるんやけど、仮にもムスリム国家。
外国人といえど、泳いでもいいんやろか・・?
35ユーロ!
 アフリカ大陸へ向かう船。けっこーごーか。




sorosoro1219 at 05:39│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔