フクロウの羽音

"新世界の狼"JUNIOR BREATH唄屋、新世界ホシヲのしびれまくりの日々。

 

【詩】ウインドブレイカー


少しだけ 寂しくなる
着実に秒針に消えてく歴史を想ってさ
ガタガタと 夜の果てを
揺らす ハリケーンの絶叫と
爆ぜる 雨粒のリズムに
意味をつけていく

闇の中でいくつもサルベージしてきた
順番待ちの言葉たちを
繋ぎ合わせて祈りにかえていく

どうなってもいいから 僕は光を唄わなくちゃ
もう泣かないでいいように 君の窓を貫く光を


書きかけの 鼻歌で
完成したメロディーはまだ信じるに足りるだろうか
確かに在った 現在
愛しく想えた 時代
追い抜いたりしながら
稚拙な言い回し並べて
亀裂までも塗りつぶした季節

立ち入り禁止の明日
未到達の夢の向こう側
知りたくて 行ってみたくて
絶望 孤独 食っちゃ吐いて
踏みにじられた情熱の上
魂の飢え あの日の歯笛
溢れ出す涙 戻らない過去
ひとつも千切れないように
ついてこいよ未来

どうなってもいいから
僕は光を唄わなきゃ
歩いてきた道より
ここで鳴る鼓動のことを

ここにしかいない君と
僕の傷付いた体温の存在
きっと今それが宇宙の全てでいいんだよ
さあ新しい朝だ 窓を壊そう

追い風を待つのではなく
向かい風を切り裂いてく
ウインドウブレイカー

★★★★★★★★★★★★★

さあ鳴らすぜ、終わりのない始まりのファンファーレ。



先行策

マジか?
マジやな。

JUNIOR BREATHがライブ活動をはじめてから12年という月日が経った。
夜が明けたら12周年企画大阪編だ。
eightbeat sicknessも30回を数える。

ここにきて、俺は、ひとつ気がついたことがある。
挑戦をやめないということはもちろんだけども、率先して向かい風に飛び込んでいくという姿勢を貫きたいということだ。追い風ばかりを探すことが、俺のロックだったか?
そうじゃない。
自分の道を切り開いていく姿勢にこそ感動してきた。そして、未だ俺もそうでありたい。

JUNIOR BREATHというバンドが好きだ。一度でいいからフロアでライブを見てみたい。心底あんたがたが羨ましい時がある。そういう時はええライブを出来てるんやろな。当たり前だけど。
散々いろんな景色をみて、経験もしてきた。でもまだまだやれる。まだまだ見たいものがある。産み出してみたい音楽がある。

向かい風を切り裂いていく徹底先行を貫いて、そのままぶっちぎれるような、そんな力が湧いてくる曲をステージを。
圧倒的なポジティブを撒き散らして行きたいと思います。

スタートの4月。
13年目、いいスタートを切れてる。
加速して加速して、燃え尽きてしまうまで。エレキギターは鳴ります。
あなたのために。


明日も、かっこいいフロアを俺たちに見せつけてください。THANX BEATERS。君のおかげで、ここまでこれた。もっと欲しがってくれるならば、俺たちも応える覚悟がある。

これからもよろしくお願いします。
JUNIOR BREATHおめでとさん。
またあした。IMG_7972




続きを読む

旅を始める理由

ツアー ザ・リビングシングス2017が終わった。

最高傑作といえるアルバムを作り、いつもの様にライブを重ねた。
ツアー中、考えてみればいろんな事があった。移動中に本気でブチ切れることとかもあった。その次の日のライブは多分この旅を大きく変えた、カトキットとのツーマン。
メンバーそれぞれと色んな話もしたし、自分の生活の中にもいろんなことがあった。
御存知の通り、バンドにもいろいろと。エマージェンザ大阪大会を優勝し、東京大会へ。東京大会では準グランプリと、両大会でベストボーカリスト賞なるものもいただいた。JUDY AND MARYのTAKUYAさんと朝まで飲んだり、ミナミホイールに出れたり、KING BROTHERSと念願の対バンが出来たり、STANCE PUNKSに企画に呼んでもらったり。ロクブレスタを今年もやれた。まだまだたくさんのことがある。小さな小さな一歩に見えるかもしれないけれど、感じる。JUNIOR BREATHはすごく大きくなったと思う。ふところも、音も。

★★★

2017.11.14。まさにツアーファイナルワンマン前日。
ずっと決まらなかったセットリストがするするっと決まった。
長い尺の時はそういうもんだな、すごく頭捻って考えたけど、結局すっと降りてきた。
今までのワンマンで一番ええセットかもしれん!てウェールに言ったら、まともなワンマンずっとしてないやんけ!って怒られた。せやわ、全曲ワンマンとかばっかりだった。廣瀬兄貴とスタジオみっちり入って、チケット購入特典のCDジャケットをメンバーでせっせと作った。BGMはWE ARE THE WORLD。ブルース・スプリングスティーンとシンディローパーがでてくるところは何度聴いてもテンションおかしくなるのは何故だ。


2017.11.15。まさに当日。
昼からスタジオに入り、セットリストの微調整。
スタジオが終わり、俺はサブギターを取りに家へ。そして、今俺のドキュメンタリーを撮ってくれてる橋爪大輔氏と合流するため電車移動。寺田町から電車に乗る。
梅田で合流し、シャングリラに移動中に歩きながら撮影。なに喋ったかな?いらん事いうてないやろか。まあ、しゃあないそれも俺か。

シャングリラに到着。
やはり現場につくと眼の色が変わる。自分でもスイッチが入る音が聞こえる。
リハーサルもええ感じで終えて、本番を待つばかり、っと思ったら、コンタクトレンズを買うのを忘れてた!
ので、梅田の街へ出るもののぎりぎり閉店。まあしゃあないか。スケボー乗って精神統一出来たしよしとしよう。
知らん間に開場。
ステージに出て誰もいなかったらどうしよう。
衣装に着替えながらそんなことをふわっと思った。口には出さなかった。
久しぶりに髪の毛を撫で付けて、ブーツを履いて、いざ舞台袖。

照明が落ちたのか、歓声があがる。

べぼん

SEが鳴る。
手拍子が聞こえる。
「うお、結構いるなこれは」
「いるねえ」
「楽しもうぜ」
「っしゃ」
「おれたちはー!!!」
『すごーい!!!!』

ステージに飛び出す!

ミドリ、イースタンユース、フラワーカンパニーズ、TOYDOLLS、STANCE PUNKS、ガガガSPなんかを見てきた梅田シャングリラ。今日ステージに立つのはJUNIOR BREATH。
予想を遥かに越えた風景が広がってた。嬉しかったなあ。

そこから先はただただ音楽を鳴らした。
フロアのみんなの顔、矯正視力0.5、矯正なし裸眼の俺にもバッチリ見えた。
本当にいい顔してたよ。みんな俺たちしか見に来てないんよな。すんげえなあ。
嬉しかったし、楽しかったし、終わってみたら、もうワンマンやりたいって気持ちしかなかった。

ロックンロールを好きになって、勝手にその中から見つけた石ころを大事にポケットに入れて生きてきた。
好きなものは沢山あるけれど、きっかけは音楽だったりする。服装も趣味も好きになるもの全てにロックンロールがまとわりついてる。価値観というには大きすぎてもうよくわからない。

そういうものを分けあって、おもちゃにして笑い合えるってのがもうそれ以上のことって無い気がする。
俺は音楽やってる人だからそれでええんやと思う。ラーメン屋だったらラーメンでそういうふうに繋がればええんやと思うねんな。


2017.11.15梅田シャングリラ。
JUNIOR BREATHがワンマンライブをしました。
ソールドアウトはしなかった。
フロアにはきっといろんな気持ちがあって、好きになってくれてる曲もそれぞれ違うだろうし見ている視線の先も違っただろうと思うけど、確かに俺たちはあの夜赤い壁とシャンデリアの下でミラーボールの光に照らされて、信じたロックンロールを掲げてた。充分です。

充分。

次の旅を始めるのに十分すぎる理由です。
ザ・リビングシングスはこれからも鳴っていくと思う。そういうアルバムだと思う。
でも、好奇心は止まらない。どんどん唄を書いてどんどんこの世界を暴いていきたいと思うのです。
全然、浸透しませんが、俺はあくまでもみんなをBEATERSと呼ぶ。
いつか浸透すると信じて(笑)信じるってのは、きっと続けることだと思うから。



本当に最高の夜でした。
THANXX!!BEATERS!! ROCK BLESS YOU!!

またね!

【LIVE SCHEDULE】

11.18 昼 難波屋(ソロ)/ 夜 LIVE BAR N (ソロ)
11.25 天王寺Fireloop(ジュニブレ)
11.27 天王寺Fireloop(ソロ)
11.28 新宿ロックンロール以外は全部嘘(ホシヲ企画!)

12.02 天王寺Fireloop
12.04 天王寺Fireloop(ソロ)
12.10 四谷OUTBREAK!(ジュニブレ/佐藤”boone"学生誕祭)
12.18 天王寺Fireloop(ジュニブレ/コロコロボンボンズ企画)
12.27 大阪某所
12.29 大阪某所

チケットご予約は!
JUNIOR BREATHホームページで!




唄う生き物

夜が明けたら旅の終わり。
スタジオにがっつり入り、様々な作業をメンバーでしてた。

家に帰ってきて、さあ寝るぞというところなのだけれども、少しだけ書いとく。久しぶりに。

ザ・リビングシングスというアルバムとそのツアーは、JUNIOR BREATHのネクストステージだった。ライブも変わったし、気持ちも、歌い方も変わった。そして、軸にあるものは変わらないんだなってことが分かった。
素直になった。
ステージで笑えるようになった。
本当にライブが楽しいし、メンバーと音を鳴らしたり馬鹿話するのが楽しい。

この旅が終わったらまた新しいパンチラインをもってして(すでにスタートは、ビーキルユースで切られてる)旅に名前をつけるための名前を作る。
作り手と聴き手が本当に求め合えた時に涙が流れたりとか心臓が揺れたりするのを知ってる。

もうロックンロールを諦めない。
仕方ないよ、俺は知ってしまったのだからこれを。みんなに教えたいんだよ。

20171115。
梅田シャングリラ。

最高記録を更新します。
そこは、いつものライブと思ってることは一緒です。
選んでくれた貴重な水曜日。
しっかりしがみついて俺たちの生命を貪り尽くしてくれ。
モッシュとかダイブとか俺たちは特に禁止はしてないけど、ガンガンしてもらってかまわんけど、やるからにはカッコよくやるように。怪我させんなよー!怪我すんなよー!約束やで。

俺たちは誰一人置いていくつもりはない!
明日は俺たちのワンマンやからな、好きにやろうぜ。

全員で作るぞ!鮮烈な記憶をな!!


どうかお互い、高いところまで昇って、最高の夜だったと、深く刻みこめますように。そして、もう一度この夜を!と望めますように。

ROCK BLESS YOU

シャングリラで待ってるぜ。





【詩】サマータイムフルーツ

THE BOYS & GIRLS。フロム札幌。
ずいぶん長い付き合いになるけれど、最近アルバムを出してツアーで大阪に来てたので見に行ってきた。もちろんライブ最高だった。こんなこと俺がいうことじゃないだろうけど、色んなことがあったんだろうなって。どんなバンドでも色んなことがあるさ、そりゃ。それがなんというかこう経験値として反映されるかどうかは別であって、ボイガルはそうやってどんどん説得力が増していく。

今回のアルバムでサマーオブラブって曲が入ってて、ちょうど俺も8月31日のピンスペシャル用に、ラブソングを書かなきゃならないのでアンサーっつうかインスピレーションを受けて詩を書いてみた。

そういえば、俺いつの間にか冬より夏の方が好きになってる。
少年時代のハートの基礎工事を変えてしまうくらいの夏を俺はここまでもらってきたってことなんだなきっと。決して今までも自分の人生を直視してこなかったわけじゃないけれど、ビーキルユースといい、今回のやつといい核心に迫っている。あんなに書けなかったのに、俺にはいつもそういうタイミングがやってくる。それがやってくる以上は書こうと、唄おうと思う。


★★★

サマータイムフルーツ
詩:新世界ホシヲ
曲:まだだけど、俺が書く

何も知らされずに生まれてきたんだっけ
それにしちゃ色んなことがわからなくなった
ひとはたったひとりで死んでいく
「本当にそうなのかな?」
空を仰いで尋ねてみても
またしても返事はなかった

ずっとずっと夏にあこがれて
母親がむいてくれた梨をかじって
テレビで海を見ていたっけな

君が大嫌いだという6月が終われば
夏の号砲が聞こえる
高速道路 太陽を目指せ
セピアの海をオレンジで塗りつぶす
夜明けのサマータイムフルーツ

今日もまたひとつと集めてきた感覚
それなのに色んなことに切り刻まれてしまって
僕はたったひとりで死んでいく
「本当にそうなのかな?」
なんとなくそんな気がしてるけど
またしても強がりだと笑った

深い深い雪の夜
内側が凍てついたガラスを削って
ラジオで闇を割いてたっけな

春を迎えて祈って秋の終わりに涙流し
夏に憧れて何度も冬を憎んでた
夢を語り心が折れ風邪をひき怪我をした
三マス戻る 一回休み繰り返して現在地点に、君と立ってる
36度を超えた日の冷えた果物は最高だ
言いたいのはそんなことじゃないけど
夕暮れのサマータイムフルーツ、君と食ってる

君が大嫌いだという6月の
終わりの日がずっと始まりの日になった
僕ら何度も夏の号砲を聴くだろう
何度も一緒にゴーホームするんだ

僕ら何度も何度も夏の号砲を聴いて
その度に夜明け夕暮れありったけの
オレンジで乾杯しよう
永遠の夏を手に入れた
輝くサマータイムフルーツ

☆☆☆

さあ、どんな歌になるのかな。
夏が終わる前に永遠の夏を手に入れてやるさ。

☆☆☆

【LIVE SCHEDULE】
☘→JUNIOR BREATH ☆→新世界ホシヲ
☘08.23 天王寺Fireloop
☆08.26 大阪某所にて路上ライブ予定
☆08.31 天王寺Fireloop 2曲縛り(サマータイムフルーツ初披露の予定)

☆09.03 池袋Adm w/石田千尋 ツーマン!お昼だよ!
☘09.04 心斎橋CLAPPER
☘09.09 天王寺Fireloop
☘☆09.10 反逆FES
☘09.16 早稲田ZONE-B
☘09.18 川西某所
☆09.26 天王寺Fireloop
☘09.29 北堀江Vijon

☘10.12 天王寺Fireloop(リヲ企画)
☘10.15 大阪某所
☆10.16 名古屋GURUxGURU w/遠井地下道
☘10.21 小田原
☘10.22 ???

☘11.03 十三GABU /STANCE PUNKS企画
☘11.05 徳島
☘11.10 四谷OUTBREAK!!
☘☆11.11 ???
☘11.15 梅田シャングリラ ツアーファイナルワンマン


この限りではなく、関西圏の路上&ソロは増える予定!
よろしくどうぞ。
Profile

ヒノイデ”ホシヲ”ダイチ

JUNIOR BREATH /Vo,Gt,Harp担当。星屑円盤社社長。
憧れの男性は、星野鉄郎。
DJやソロでも活動中。

HOSHIWO twitter
Categories
Archives
search
  • ライブドアブログ