2008年01月25日

未熟・・

今日はヨソのジムにお邪魔させてもらって=出稽古に行ってきました。


出稽古、というのは僕の場合は青春塾が「ホーム」だとするとヨソのジムはどこであろうと「アウェイ」な訳で、精神的な部分での経験値を積めるいい「練習」になります。


例えばサッカーなんかの場合、試合結果が「アウェイ」と「ホーム」での比較的左右されたりすることも多かったり、、、


・・と、色々な部分での勝手が違うことから、本来の自分をいつも通りに出しづらくなる、というところが(人によって違うけど)僕にとっての出稽古の「醍醐味」、そういった環境の中で自分の動きの精度を高めていくのが出稽古の「醍醐味」です。


もちろんそれはスパーリングについてで、そのジムのトレーナーや選手との(練習の)情報交換なんかも大いにプラスになることなので、最大限に「出稽古の意味」を見つけ、また作らないといけません。



僕は出稽古に行くときにはできるだけ一人で行くようにして、自分を高めた状態でヨソのジムの門を叩きます。


スパーリングでやられた、相手に優った、というレベルではなくて、出稽古としていい練習ができたか、できなかった か、というのが帰り道の反省に繋がるもの。


今日は、色んな意味での自分の未熟さを痛感させてもらえました(^_^;)


直したつもりの改善点がまた再発してしまっていたり、単純に自分の弱さとか、


帰りの電車の悔しさったらなかったなぁ・・。


でも、それを気付かせてもらえた、明日からの改善点が見付かった、から、今日も意味のある一日でした・・でも、簡単にプラスに切り換えたりしないで、明日からまた真剣に取り組みたいと思います!


soruto_nt at 23:43│Comments(2)TrackBack(0)clip!キック日記 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by かおりん   2008年01月26日 01:46
出稽古お疲れ様でした(^O^)ジムが違うとやっぱりアウェイな気持ちになるんですね!
私も明日は大きな劇場での発表会なので失敗しないよう頑張ります(^-^)
2. Posted by キック大好きなけむりの客   2008年01月26日 16:00
日々の練習プラス出稽古で1つ1つ欠点が消えて、ナオキックが研ぎ済ませれていく課程が、楽しみです。2.9はナオキックの心の中の課題をクリアーすることを願って観戦します。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile
石川直生
青春塾所属 
プロキックボクサー
全日本スーパーフェザー級チャンピオン
東京都出身 27歳

◆◇次の試合◇◆
10月8日
青春塾祭り
相手未定 
カテゴリ
人気BLOGRANK