スポーツ整形外科医S. Uのブログ Sports Physician S.U Blog

Dr. Soshi Uchida of Wakamatsu hospital for sports injury is an orthopedic surgeon dedicated to research and treatment of hip, shoulder, knee and elbow sports injuries We will do our best for the treatment for the patients with smile and special skills. 関節鏡視下手術のテクニックを駆使して、最小侵襲で患者さんを治療しているドクターが綴るスポーツ医学の小ネタです。 18年間のJリーグ のチームドクター(柏→川崎(富士通時代)→大分 2010年からJ2昇格したギラヴァンツ北九州)の経験と、自身の柔道(3段)とラグビーをしてきており、幅広いスポーツ選手を診療しています。私の持ち味は、笑顔で診察します。 怪我をした選手に勇気、元気、根気を与えることをモットーとしています。カナダ トロント大学へ医学留学を2年間しており、英語を話せる外国人の診察もしています。 Sports Physician SU Sports Medicine Blog

Dr Soshi Uchida MD, PhD has been practicing his passion, orthopaedic surgery, for the last decade. The principles of sports medicine emphasize a comprehensive team approach in the conservative treatment of injuries with the goal of helping the patient return to a healthy state, and focuses on the prevention of new or recurrent injuries. When surgery is necessary, Dr. Uchida's specialty in arthroscopic techniques, especially hip arthroscopy, emphasizes less invasive surgery for a potentially easier and quicker recovery. These principles, initially developed for the competitive athlete, apply to all injuries whether they occur in the recreational environment, work place, or at home. He is a well-known figure in hip arthroscopic surgery, lecturing, travelling and teaching widely. In addition he has contributed extensively to the design and development of special instruments for arthroscopic surgery of the hip joint. Many patients living in Fukuoka, Nagasaki, Oita, Osaka, Kobe, Kyoto, Tokyo, Yokohama present to our hospital for their hip problem.

股関節の滑膜細胞から抽出した間葉系幹細胞の 論文

大学院生の 畠山昌久先生の  学位論文

Isolation and characterization of synovial mesenchymal stem cell derived from hip joints. A comparative analysis with a matched control knee group

Akihisa Hatakeyama1, Soshi Uchida2, Hajime Utsunomiya2, Manabu Tsukamoto1, Hirotaka Nakashima1, Eiichiro Nakamura1, Cecilia Pascual-Garrido4, Ichiro Sekiya3, Akinori Sakai1


が   Stem Cell International


という雑誌に アクセプトされました。




この研究は 股関節と膝関節を 同日に手術を行う患者さんから  同意を得て、 不要な滑膜組織を採取して 細胞を培養し、膝と股関節の間葉系幹細胞としての ポテンシャルを調べたものであります。


スライド1









膝の滑膜ほうが 脂肪成分が多く、股関節の滑膜は 繊維成分が多い。
増殖能や脂肪分化能は 膝の滑膜間葉系幹細胞の方が 股関節の滑膜間葉系幹細胞より、すぐれている





Abstractを以下に書きます/

Abstract
Purpose: To determine the characteristics of MSCs from hip synovial tissue and compare them to MSCs from knee synovial tissue.
Methods: Synovial fluid and tissues were obtained from both the knee and the hip joints in 8 patients who underwent both hip and knee arthroscopies on the same day. . MSCs were isolated from the knee and hip synovial samples. Number of cells, colony forming units, viability and differentiation capacities of adipose, cartilage and bone were compared between both groups. In addition, RT-PCR was used to assess the differentiation capacity of adipose, cartilage and bone tissue from both samples.
Results: The number of cells per unit weight at passage 0 of synovium from the knee was significantly higher than that from the hip (p < 0.05). There was no significant difference in colony-forming units between synovium from the hip and the knee. While it was possible to observe the growth of colonies in all the knee synovial fluid samples, it was completely impossible to culture cells from any of the hip synovial fluid samples. In adipogenesis experiments, the frequency of Oil red O-positive colonies and the gene expression of adipsin were significantly higher in knee than that in hip. In osteogenesis experiments, there was no significant difference in the number of von Kossa and alkaline phosphatase positive colonies between the knee and the hip. Quantitative RT-PCR demonstrated that the expression of COL1A1 and ALPP was significantly less in the knee synovium than in the hip synovium (p < 0.05). The expression of RUNX2 and BGLAP was significantly higher in the knee than in the hip (p < 0.05). In chondrogenesis experiments, the expression of COL2A1 was higher in the knee than in the hip (p < 0.05).
Conclusions: MSCs obtained from hip synovial tissue have self-renewal and multi-lineage differentiation potentials. However, in matched donors, adipogenesis and osteogenesis potentials of MSCs from the knees are superior to those from the hips. Knee synovium may be a better source of MSC for potential use in hip diseases compared to hip synovium.


スライド2














第12回北九州スポーツ整形外科研究会のご案内

謹啓 
仲秋の候 皆様方におかれましては、益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
さて、この度、下記のとおり第12回北九州スポーツ整形外科研究会を開催させていただきます。
ご多忙中とは存じますが、万障お繰り合わせの上ご出席賜りますよう何卒宜しくお願い申し上げます。                                         謹白


北九州スポーツ整形外科研究会 代表世話人 内田宗志

【日 時】 2016年11月29日(火) 19:00〜20:15
【場 所】 KMMビル4階 『大会議室(第2.3.4会議室)』
北九州市小倉北区浅野2丁目14番1号  TEL093-511-6450
【製品紹介】19:00〜
    COX-2選択的阻害剤 『 セレコックス錠 』 アステラス製薬株式会社   

opening remarks 産業医科大学 若松病院整形外科 診療教授 内田宗志    

               
【特別講演】19:15〜20:15
<座長> 産業医科大学若松病院 整形外科 診療教授 内田宗志 

『正常機能の再現と関節症予防をめざした
スポーツ膝外傷の治療』

兵庫医科大学 整形外科 主任教授 吉矢晋一先生
                                  


*当日は軽食を用意致しております。

*参加費として、1000円徴収させていただきます。
日整会単位申請者は別途、1000円徴収させていただきます
専門医資格継続単位(N-02またはN-12) 1単位
スポーツ医資格継続単位(S-F-00-0) 1単位

駐車場は裏面に記載がございますNPC24H小倉駅北口パーキングを御利用下さい。


 共催 北九州スポーツ整形外科研究会 アステラス製薬株式会社  

シーリーズ 術後疼痛管理 その1 前十字靭帯再建術

シリーズ 術後疼痛管理 その1 前十字靭帯再建術 
Series Postoperative Pain Management VOL1
Anterior Cruciate LIgament Reconstruction.



これから手術を受けられる方、手術の後痛みがあるんじゃないか 痛みに耐えられるのかな
ということがご心配だと思います。


I guess everyone undergoing arthroscopic anterior cruciate ligament reconstruction are concerned about postoperative pain.


術後の痛みが強ければ, 患者さんにとって苦痛であり、それが不安となり、術後のリハビリを怖がって動かすことができなくなります。それにより 術後のリハビリが遅れ、入院が長くなり、医療経済コストがかかります。さらに、 CRPS (complex regional pain syndrome 複合性局所疼痛症候群) に陥り、術後の疼痛が遷延化する危険性が増えます。


Heightened postoperative pain result in patient anxiety and suffering. Patient cannot proceed optimum rehabilitation protocol. It also induces delay rehabilitation, prolog hospitalization and increasing risk of CRPS (complex regional pain syndrome).



産業医大若松病院では、術後疼痛管理として、 3つの方法で 徹底して疼痛をコントロールしていきます。


その1:手術の侵襲の痛みに対する 術中術直後の麻酔科医による管理


当院の麻酔科医は、手術中だけでなく術後の疼痛管理に非常に積極的に取り組んでくださいます。

術中は全身麻酔+ 硬膜外麻酔 もしくは神経ブロック

膝の痛みをつかさどる神経に麻酔薬を注入して、痛みをブロックさせる方法です。

硬膜外麻酔や 神経ブロック で カテーテルを留置して、術後約2日間は持続的に 痛みが出る前から痛み止めが流れて、疼痛をコントロールしていますので
約95%の患者さんが 術後2日までは 疼痛がほとんどなく過ごされます。


神経ブロックの方が 合併症が少なく 超音波ガイド下に神経を選択的に狙えるので
安全に疼痛管理が行うことができるようになっています。





pic2b















その2:腫脹や炎症による疼痛に対する 非ステロイド系消炎鎮痛剤 アセトアミノフェン




その1で述べた術後の傷の痛みに対しては 神経ブロックが有効ですが、術後は膝の関節内に出血を起こし、これに炎症性サイトカインが誘導されて、関節や周囲の筋肉組織や皮下組織が炎症を起こして痛みの原因になります。

その1での神経ブロックが切れると この炎症性の疼痛が問題となりますので、 持続硬膜外ブロックや 神経ブロックが効果があるうちに、 非ステロイド系消炎鎮痛剤(NSAID)や アセトアミノフェンの点滴や内服を使用して 極力最小限度に炎症を抑えます。



imgres-2










imgres-1















その3:腫脹や炎症による疼痛に対する アイシング
やはり何と言ってもアイシングです。古典的と思われますが、非常に有効であることがいろいろな科学的研究から明らかとなっています。





images-2
















この三つの手法を用いて、患者さんの術後の疼痛を管理して、患者さんを苦痛から解放して、安心してリハビリが行うことができるように努めています。
患者さんにとって 術後の疼痛と不安を緩和させることは非常に重要です。
何か不安なことがありましたら、手術を受ける主治医の先生に 術後の疼痛の管理の仕方も質問されることをおすすめします。






内田宗志は  

Dr. Soshi Uchida is taking care of the patient in Fukuoka, Tokyo and Kyoto.


産業医科大学若松病院

 火曜日と水曜日の午後外来をしています。


尾山台整形外科クリニック 東京関節鏡センター

東京都世田谷区でも第1 第3木曜日午前中と土曜日隔週で診察をしています。詳しくは御問い合わせください。






京都下鴨病院

古都 京都でも 第四木曜日に外来をしています。 午後手術をしています。


大阪 奈良 和歌山などの関西方面の方や名古屋、岐阜 福井や 北陸 石川 富山の方が来られて 診察を受けられています。


受診をご希望の方は、現在かかっていらっしゃるドクターから診療情報提供書と画像をご用意していただき、お電話で直接病院にお電話の上、予約して受診してください。

内田宗志
Soshi Uchida




























プロテニスプレーヤーにおける軟骨関節唇機能不全を伴うFAIに対する股関節鏡後の成績

テニス選手が、鼠径部痛や股関節痛で私の外来に来られるのは珍しくありません。

鼠径部痛ではなく、臀部や 脇腹などを主訴に来られて実は股関節の問題であったこともあります。

これは私の親友である  Dr Philippon先生が、執筆した論文を紹介します。



Outcomes For Femoroacetabular Impingement With Chondralabral Dysfunction In Professional Tennis Players Following Hip Arthroscopy
プロテニスプレーヤーにおける関節唇軟骨機能不全を伴うFAIに対する股関節鏡後の成績


Marc J. Philippon, MD Shannen C. McNamara, BSKaren K. Briggs, MPH

The Steadman Philippon Institute Clinic, Vail, Colorado
JOURNAL O F MEDICINE AND SCIENCE IN TENNIS • MARCH 2016 • 3

ABSTRACT
概説


Background/Aim: Tennis is a noncontact sport that can be played year round at almost any age or skill level. Hip injuries, such as femoroacetabular impingement (FAI) and labral pathology can destabilize the joint, cause pain, and limit the ability to play at a professional level.
背景/目的:テニスは、ほとんどすべての年齢または技術レベルで、1年中、競技可能な非コンタクトスポーツである。FAI及び関節唇病変のような股関節損傷は、股関節を不安定にし、疼痛を引き起こし、そして、プロのレベルで試合する能力を制限する可能性がある。


Hypothesis: Hip arthroscopy to treat femoroacetabular impingement and labral tears will allow professional tennis players to return to tennis.
仮説:FAI及び関節唇断裂の治療に対する股関節鏡は、プロテニス選手のテニス復帰を可能にするだろう。



Methods: Pre- and post- operative tennis performance data from 10 professional tennis players who underwent arthroscopic treatment for femoroacetabular impingement from 2005 to 2012 were gathered, including match and tournament play. Total match and tournament play from two years prior to surgery and two years following surgery were assessed. The databases at atpworldtour.com and wtatennis.com were utilized for data acquisition.
方法:2005年から2012年までにFAIに対して鏡視下治療を受けた10人のプロテニス選手からの術前と術後のテニス能力が、試合及びトーナメント競技を含めて収集された。手術前の2年から、手術後の2年の合計試合及びトーナメント競技が評価された。「atpworldtour.com」及び「wtatennis.com」のデータベースが、データ収集のために利用された。

Results: 10 professional tennis players with a total of 14 surgeries were included in the study. Following hip arthroscopy, 8 of the 10 players continued to play competitively. One of the 10 players did not play any professional tournaments or matches at two years following hip arthroscopy. One player continued to play competitive tennis after the first surgery, but did not come back following the second surgery. The average number of tournaments and matches played pre-surgery was 66.214 and 143.071. The average number of tournaments and matches played post-surgery was 30.816 and 66.616. 80% of the players returned to professional tennis, each at differing return rates.
結果:合計14手術を伴う10人のプロテニス選手が、研究に包含された。股関節鏡後、10人中8人の選手が、競技を継続した。10選手のうち1人は、股関節鏡後2年において、いかなるプロトーナメントの試合も実施しなかった。1選手は、初回手術後にテニス競技を継続したが、2回目の手術後に復帰しなかった。術前に競技したトーナメント及び試合平均数は、66.214回と143.071回であった。術後に競技した競技したトーナメント及び試合平均数は、30.816回と66.616回であった。80%の選手が、それぞれ、異なる復帰Ratesで、プロテニスに復帰した。

Conclusions: Arthroscopic management of femoroacetabular impingement in the professional tennis players was an effective treatment, allowing an elite level tennis player to return to the same skill level.
結語:プロテニス選手におけるFAIの鏡視下治療は、エリートレベルのテニス選手の同じ技術レベルへの復帰を可能とする有効な治療法であった。



内田宗志は  

Dr. Soshi Uchida is taking care of the patient in Fukuoka, Tokyo and Kyoto.


産業医科大学若松病院

 火曜日と水曜日の午後外来をしています。


尾山台整形外科クリニック 東京関節鏡センター

東京都世田谷区でも第1 第3木曜日午前中と土曜日隔週で診察をしています。詳しくは御問い合わせください。






京都下鴨病院

古都 京都でも 第四木曜日に外来をしています。 午後手術をしています。


大阪 奈良 和歌山などの関西方面の方や名古屋、岐阜 福井や 北陸 石川 富山の方が来られて 診察を受けられています。












第9回東北スポーツ整形外科懇話会 で講演します

東北スポーツ整形外科懇話会

で講演をさせていただきます。いつも通過するだけで 初めて降り立つ盛岡
東北の若手整形外科の先生と一緒に勉強させていただくことを楽しみにしています。

ホテルメトロポリタン盛岡本館4階【姫神】
TEL:019-629-2601

特別講演会のご案内

参加費:1,000円(医師のみ)

平成28年10月29日土曜日

●情報提供17時15分~17:30分

『最近の経皮吸収型製剤の話題』

●特別講演I 17時30分~18時30分

岩手医科大学整形外科学講座

座 長: 講 師 田島 吾郎 先生

『アスリートの股関節痛の日常診療のコツと最新治療』

産業医科大学若松病院 整形外科 スポーツ関節鏡センター
演 者:診療教授 内田 宗志

◆申請単位 N-2(外傷性疾患)、N-11(骨盤・股関節疾患)、S(日整会スポーツ医)



●特別講演II18時30分~19時30分

岩手医科大学整形外科学講座

座 長:主任教授 土井田 稔 先生

『サッカー選手の足部・足関節傷害 ‐病態からみた再発予防へのこだわり‐』

奈良県立医科大学 スポーツ医学講座

演 者: 教 授 熊井 司 先生

◆申請単位 N-2(外傷性疾患)、N-12(膝・足関節・足疾患)、S(日整会スポーツ医)



3年ぶりに熊井先生との共演を楽しみにしています。





熊井先生とのしゃしん






内田宗志は  

Dr. Soshi Uchida is taking care of the patient in Fukuoka, Tokyo and Kyoto.


産業医科大学若松病院

 火曜日と水曜日の午後外来をしています。


尾山台整形外科クリニック 東京関節鏡センター

東京都世田谷区でも第1 第3木曜日午前中と土曜日隔週で診察をしています。詳しくは御問い合わせください。






京都下鴨病院

古都 京都でも 第四木曜日に外来をしています。 午後手術をしています。


大阪 奈良 和歌山などの関西方面の方や名古屋、岐阜 福井や 北陸 石川 富山の方が来られて 診察を受けられています。












livedoor プロフィール
Dr Soshi Uchida website
英語のホームページを作成しました。 たずねてみてください。 Dr Soshi Uchida website
 産業医科大学若松病院
産業医科大学若松病院 連絡先 〒808−0024 北九州市若松区浜町1丁目17−1 電話 093−761−0090 当科へのお問い合わせメール uoehwakamatsusports@gmail.com 8月31日より変更になりました。 当院への外来予約専用ダイヤル TEL:093-285-3203 * 月〜金 9時〜18時 までご連絡下さい。
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Twetter
カテゴリー
ドクターのブログリンク

 NEJMを超えてゆけ
NEJMを超えてゆけ!



 スポーツドクター中村格子先生のブログ
スポーツドクター中村格子先生のブログ







 整形外科医のための英語ペラペラ道場
整形外科医のための英語ペラペラ道場
岡山大学整形外科 杉本佳久先生のブログです。



 つよぽんの避難所
つよぽんの避難所 つよぽん先生のブログ




 整形外科 論文ナナメ読み (JBJSなどなど)

愛知県のがみたけ 先生のブログです。

 Regista フットボールショップ
Registaフットボールショップ



 整形外科医のブログ)  17年目の整形外科医のブログ





 関節鏡外科医のblog
関節鏡外科医のブログ




 整形外科医リエチ先生の エンジョイサイクリング ランニング
整形外科医リエチ先生の エンジョイサイクリング ランニング

http://blog.riechi.net/
PT  ATC Technician LInk
 リアライン日記 蒲田和芳先生のブログ
 フィットネスの勧め フィットネスの勧め
 放射線技師魂 放射線技師魂のブログ@画像診断
じんどう整骨院アスリート
SAKA MASAYUI PTのブログ
サッカーのリンク



 薄野の舞姫
股関節痛を温存療法されている薄野の舞姫さんのブログ
ブログランキング
にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ
ニホン村 医療 医者
にほんブログ村 病気ブログ 手足・腕・膝の病気へ
応援のクリックお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 手足・腕・膝の病気へ
応援のクリックお願いします。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ