スポーツ整形外科医S. Uのブログ Sports Physician S.U Blog

Dr. Soshi Uchida of Wakamatsu hospital for sports injury is an orthopedic surgeon dedicated to research and treatment of hip, shoulder, knee and elbow sports injuries We will do our best for the treatment for the patients with smile and special skills. 関節鏡視下手術のテクニックを駆使して、最小侵襲で患者さんを治療しているドクターが綴るスポーツ医学の小ネタです。 18年間のJリーグ のチームドクター(柏→川崎(富士通時代)→大分 2010年からJ2昇格したギラヴァンツ北九州)の経験と、自身の柔道(3段)とラグビーをしてきており、幅広いスポーツ選手を診療しています。私の持ち味は、笑顔で診察します。 怪我をした選手に勇気、元気、根気を与えることをモットーとしています。カナダ トロント大学へ医学留学を2年間しており、英語を話せる外国人の診察もしています。 Sports Physician SU Sports Medicine Blog

Dr Soshi Uchida MD, PhD has been practicing his passion, orthopaedic surgery, for the last decade. The principles of sports medicine emphasize a comprehensive team approach in the conservative treatment of injuries with the goal of helping the patient return to a healthy state, and focuses on the prevention of new or recurrent injuries. When surgery is necessary, Dr. Uchida's specialty in arthroscopic techniques, especially hip arthroscopy, emphasizes less invasive surgery for a potentially easier and quicker recovery. These principles, initially developed for the competitive athlete, apply to all injuries whether they occur in the recreational environment, work place, or at home. He is a well-known figure in hip arthroscopic surgery, lecturing, travelling and teaching widely. In addition he has contributed extensively to the design and development of special instruments for arthroscopic surgery of the hip joint. Many patients living in Fukuoka, Nagasaki, Oita, Osaka, Kobe, Kyoto, Tokyo, Yokohama present to our hospital for their hip problem.

肘離断性骨軟骨炎(OCD)に対する鏡視下骨軟骨固定術がアクセプトされました。 My article has been accepted for publication in AJSM.

today, I got a happy news.
今日はとても幸せなニュースがありました。

肘離断性骨軟骨炎(OCD)に対する ハイドロキシアパアイトと PLLAの スレッドピンを用いた 関節鏡視下骨軟骨固定術
の論文は、 アメリカンジャーナルスポーツメディスン  American Journal of Sports Medicineに受理されました。
My article has been accepted for publication in AJSM.

やはり整形外科の臨床分野では現在最高峰の雑誌なので、厳しい が愛情いっぱいの(?笑)Reviewを克服して受理されましたので、うれしいです。

関節鏡視下に 骨軟骨固定術を行う方法の手術動画です。
大きく肘をあける必要がなく、完全鏡視下に、しかも 抜釘をする必要がない、生体吸収型の釘で固定をする方法です。

固定方法は当院でご覧になれば、良好な固定方法と脱転をしないコツをご覧になれます。


This movie shows surgical technique of fragment fixation of osteochondritis dissecans in throwing elbow.


















下記がメールです。





AMJSPORTS/2014/145615
MS Title: Arthroscopic fragment fixation using Hydroxyapatite/Poly-L-Lactate acid
thread pins in treating elbow osteochondritis dissecans.

Dear Dr. Uchida,

Congratulations. Your above-referenced manuscript has been accepted for publication
in an upcoming issue of The American Journal of Sports Medicine.

A few minor changes are still needed, which Donna Tilton will share with you. After
these are made and once we have all the required files, the paper will be sent to
the publisher.

AJSM is now posting supplemental video files in our electronic and app versions. I
hope that you will add a video of your procedure, which will add greatly to the
educational value of your paper. It does not have to be professionally produced.
Donna Tilton can give you the necessary details.

You should receive a proof of your article once production is complete. Please read
your proof carefully to correct any remaining errors. The paper will be published in
the next available issue, depending on how many accepted papers are waiting. Prior
to print publication, your paper will be published electronically on our website in
the AJSM PreView section.


We look forward to working with you in the future.

Sincerely,

Bruce Reider
Editor in Chief



心と響く名言

@heart_words_: できない理由を忙しさのせいにしたとき、心が亡くなる。できない理由を歳のせいにしたとき、歳が老いる。できない理由を誰かのせいにしたとき、自分がわからなくなる。何かのせいにした言い訳が全部自分に返ってくる。できない理由を自分のせいにしたとき、できる自分が返ってくる。

8回 北九州スポーツ整形外科研究会 のご案内


8回 北九州スポーツ整形外科研究会 のご案内

肘関節と胸郭出口症候群の治療で有名な 古島弘三先生 を御招きして講演していただくことになりました。


専門医資格継続単位(N-02またはN-08) 1単位
スポーツ医資格継続単位(S-F-00-0) 1単位

【日 時】 2014年12月9日(火) 18:50〜21:00

【場 所】 KMMビル4階 『第3第4会議室』
北九州市小倉北区浅野2丁目14番1号  TEL093-511-6450





















【製品紹介】18:50〜
    骨粗鬆症治療薬 『 ボノテオ錠50mg 』 アステラス製薬株式会社   




【特別講演】19:00〜21:00
<座長> 産業医科大学 若松病院整形外科 診療教授 内田宗志 先生

『スポーツ選手の胸郭出口症候群に対する手術療法』
慶友スポーツ医学センター長
慶友整形外科病院 整形外科   古島弘三先生





胸郭出口症候群の治療で有名な 古島弘三先生 普段では足りない 部分を思いの丈をぶちまけてくれると思います。


・参加費として、1000円徴収させていただきます。
・日整会単位申請者は別途、1000円徴収させていただlきます。
・当日は軽食を用意致しております。

ドクターだけでなく、メディカルスタッフ、学生さんのかたも大歓迎です。
皆様お誘い合わせの上、是非お越し下さい。


駐車場は裏面に記載がございますNPC24H小倉駅北口パーキングを御利用下さい。

          共催:北九州スポーツ整形外科研究会 アステラス製薬株式会社           

第41回 日本股関節学会学術集会 迫田真輔シンポジウムプレゼンテーション




Dr. Shinsuke Sakoda at Wakamatsu Hospital for the UOEH talked about hip arthroscopic management for FAI and Dysplasia in Symposium at 41st annual meeting of Japanese hip society, Tokyo.

It was awesome presentation and the last performer of this meeting.
We investigated much more number of subjects compared to other hospitals. honestly we described what are predictors of worsened clinical outcome.

Indication of hip arthroscopic labral repair should be

Lateral CE angle > 20 degree
Vertical Center anterior (VCA) angle > 20 degrees
No Shenton line Broken
No cartilage damage = absolutely no arthritis
No additional femoral head deformity such as Perthes and SCFE


He deserved it.




日本股関節学会で産業医科大学若松病院整形外科の迫田真輔先生がシンポジウムで講演しました。FAIと寛骨臼形成不全に対する股関節鏡視下手術の治療成績。本学会の演題の一番最後の演者(ファイナリスト ラストパーフォーマー 取り)にふさわしいプレゼンテーションでした。
他施設に比べて圧倒的なN数で、正直に成績不良な症例をだし、そして 何が成績不良因子なのかを調べて発表しました。そしてインフォーマティブな内容でした。

とくに寛骨臼形成不全に対する股関節鏡の適応をしっかりと示したことは圧巻でした。


寛骨臼形成不全に対する 股関節鏡の適応は

CE 角 >20度
VCA 角 >20度
シェントン線の破綻がない =関節の不安定性がない
軟骨損傷がない = 変形性股関節症がない


迫田真輔先生 Great Job.



IMG_5827










IMG_5829













IMG_5830













迫田真輔先生
平成15年卒  産業医科大学卒業
鹿児島ラサール高校出身

野球、サッカー、バスケットなど様々なスポーツ選手の治療に従事
産業医科大学若松病院でトレーニングして取得した卓越した技術と誠意をもった医療を提供している新進気鋭のスポーツ整形外科医です。












日本股関節学会 モーニングセミナーで講演します

おはようございます。
今日から日本股関節学会開催されます。
明日の朝7:40から私が講演します。


抄録とあらすじ


股関節鏡視下手術のピットフォール 〜セーフセットアップと看護〜

Surgical Pitfall of hip arthroscopy ~safe set-up and nursing~

股関節鏡は、股関節痛の診断および治療をする上で、この10年でよく用いられるようになってきた。しかしながら、安易に股関節鏡をはじめると、思わぬピットフォールに陥り、術中術後の合併症を引き起すことがある。
本講演では、股関節鏡を安全に行うための、セットアップ、術中術後看護、そしてリハビリテーションについて、システマティックレビューを中心にエビデンスレベルで知っておいていただきたい基礎知識について解説する
 股関節鏡を始める前に、患者の術前診断を正確に行い、適応と禁忌についてのエビデンスを熟知した上で、股関節鏡の適応としての患者選択が必須である。
禁忌としては、表層感染、肥満、重症骨粗鬆症、骨盤骨折、臼蓋形成不全などがあげられる。
股関節鏡におけるピットフォールおよび合併症は、Harrisらのシステマティックレビュー92研究で6134例における合併症の頻度、原因を調べたところ、大きな合併症はそのうち0.58%であり、深部感染、皮膚損傷、肺塞栓、深部静脈決戦、腹腔内胸腔内還流液滲出、大血管損傷、骨頭壊死、大腿骨頚部骨折、股関節脱臼、死などがある。小さな合併症は7.5%、医原性軟骨損傷、一過性神経麻痺、表層感染、低体温、深部静脈決戦、器具破損、異所性骨化などがある。
これには医師だけでなく術中術後の看護により準備を行い安全にセットアップや術中術後管理により予防することが可能である。
牽引は、過度に牽引することはさけて、牽引する方向および股間のポストの位置で牽引する強さを軽減することが可能である。また外転位で軽く牽引をし、その後内転させると簡単に股関節が牽引される。これにより、股関節の皮膚障害や会陰部ならびに下肢の皮膚障害および神経麻痺のリスクを軽減することが可能である。
術中の体温管理は、常温ではなく、32°くらいに暖めると低体温のリスクを軽減することができ、感染のリスクを減らす。
リハビリテーションも非常に重要な役割を担う。
リハビリテーションは  4つの Phaseに分かれており、それぞれの目的にならびに注意点について述べる。
本講演をとおして、より多くの医療従事者のかたに、股関節鏡のピットフォールを認識し、最小限に押さえることにより、股関節鏡がより有用な治療ツールとなることを願う
livedoor プロフィール
 産業医科大学若松病院
産業医科大学若松病院 連絡先 〒808−0024 北九州市若松区浜町1丁目17−1 電話 093−761−0090 当科へのお問い合わせメール uoehwakamatsusports@gmail.com 8月31日より変更になりました。 当院への外来予約専用ダイヤル TEL:093-285-3203 * 月〜金 9時〜18時 までご連絡下さい。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Twetter
カテゴリー
クリニックリンク

 都立大整形外科
都立大整形外科クリニックスポーツ関節鏡センター



 桜クリニック
桜クリニック



 福岡スポーツクリニック
堺整形外科福岡スポーツクリニック




 福岡和仁会病院
福岡和仁会病院




ドクターのブログリンク

 NEJMを超えてゆけ
NEJMを超えてゆけ!



 スポーツドクター中村格子先生のブログ
スポーツドクター中村格子先生のブログ







 整形外科医のための英語ペラペラ道場
整形外科医のための英語ペラペラ道場
岡山大学整形外科 杉本佳久先生のブログです。



 つよぽんの避難所
つよぽんの避難所 つよぽん先生のブログ




 整形外科 論文ナナメ読み (JBJSなどなど)

愛知県のがみたけ 先生のブログです。

 Regista フットボールショップ
Registaフットボールショップ



 整形外科医のブログ)  17年目の整形外科医のブログ



 東京医大スポーツ藩ブログ
東京医大スポーツ藩ブログ
東京医大山藤崇先生のブログです。




 関節鏡外科医のblog
関節鏡外科医のブログ




 整形外科医リエチ先生の エンジョイサイクリング ランニング
整形外科医リエチ先生の エンジョイサイクリング ランニング

http://blog.riechi.net/
PT  ATC Technician LInk
 理学療法士・一色史章の感謝ブログ
理学療法士 一色史章先生のブログ 新進気鋭の渡米しているPT 私の大切な仲間のブログ
 リアライン日記 蒲田和芳先生のブログ
 フィットネスの勧め フィットネスの勧め
 放射線技師魂 放射線技師魂のブログ@画像診断
じんどう整骨院アスリート
サッカーのリンク

 ベリサポのブログ
ニューウェーブ北九州ベリサポのブログ



 薄野の舞姫
股関節痛を温存療法されている薄野の舞姫さんのブログ
ブログランキング
にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ
ニホン村 医療 医者
にほんブログ村 病気ブログ 手足・腕・膝の病気へ
応援のクリックお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 手足・腕・膝の病気へ
応援のクリックお願いします。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ