スポーツ整形外科医S. Uのブログ Sports Physician S.U Blog

Dr. Soshi Uchida of Wakamatsu hospital for sports injury is an orthopedic surgeon dedicated to research and treatment of hip, shoulder, knee and elbow sports injuries We will do our best for the treatment for the patients with smile and special skills. 関節鏡視下手術のテクニックを駆使して、最小侵襲で患者さんを治療しているドクターが綴るスポーツ医学の小ネタです。 18年間のJリーグ のチームドクター(柏→川崎(富士通時代)→大分 2010年からJ2昇格したギラヴァンツ北九州)の経験と、自身の柔道(3段)とラグビーをしてきており、幅広いスポーツ選手を診療しています。私の持ち味は、笑顔で診察します。 怪我をした選手に勇気、元気、根気を与えることをモットーとしています。カナダ トロント大学へ医学留学を2年間しており、英語を話せる外国人の診察もしています。 Sports Physician SU Sports Medicine Blog

Dr Soshi Uchida MD, PhD has been practicing his passion, orthopaedic surgery, for the last decade. The principles of sports medicine emphasize a comprehensive team approach in the conservative treatment of injuries with the goal of helping the patient return to a healthy state, and focuses on the prevention of new or recurrent injuries. When surgery is necessary, Dr. Uchida's specialty in arthroscopic techniques, especially hip arthroscopy, emphasizes less invasive surgery for a potentially easier and quicker recovery. These principles, initially developed for the competitive athlete, apply to all injuries whether they occur in the recreational environment, work place, or at home. He is a well-known figure in hip arthroscopic surgery, lecturing, travelling and teaching widely. In addition he has contributed extensively to the design and development of special instruments for arthroscopic surgery of the hip joint. Many patients living in Fukuoka, Nagasaki, Oita, Osaka, Kobe, Kyoto, Tokyo, Yokohama present to our hospital for their hip problem.

メディカルスタッフのための股関節鏡セミナー 2017 in 京都

メディカルスタッフのための股関節鏡セミナー 2017 in 京都」の参加登録のご案内

「メディカルスタッフのための股関節鏡セミナー 2017 in 京都」開催させていただく運びとなりました。参加登録をホームページより受け付けております。多くの先生方にご参加いただければと思います。
事前参加登録が100名を超えております。皆様にご協力をいただき事前登録段階より盛況となっております。誠にありがとうございます。
定員は230名となっております。このペースでいきますと事前登録で定員に達することも考えられます。
当日参加登録も可能ですが、事前登録で定員に達した場合は安全面を考慮して入場をお断りすることとなります。
ご参加をご検討中の方はなるべく事前登録をお済ませくださいますようお願いいたします。ご職場の皆様へもご周知くださいますよう何卒よろしくお願いいたします。


下記より登録お願いします。

事前登録サイト

参加資格
医師、看護師, PA, 理学療法士、トレーナー、医療機器企業
医療従事者


<プログラム>
9:30〜 受付開始
10:00〜 開会あいさつ 京都下鴨病院理学療法部 小野志操

第1部 座長:健康科学大学健康科学部 山本泰宏
10:05〜10:15 股関節鏡の歴史 
            滋賀医科大学整形外科 川崎拓
10:15〜10:25 股関節の解剖バイオメカニクス 
        大阪市立大学整形外科 橋本祐介
10:25〜10:35 Patient Selection 
        聖路加国際病院整形外科 斎藤昌愛
10:35〜10:45 股関節の身体所見の取り方 (関節内と関節外) 
        神戸大学整形外科 橋本慎吾
10:45〜10:55 FAIの診断指針と多様性 
        北里大学医学部整形外科学 福島健介
10:55〜11:05 AIIS impingement
        帝京大学溝口病院整形外科 金崎志帆

第2部 座長 羊ヶ丘病院整形外科 加谷光規
11:10〜11:20 股関節の患者立脚型スコアー
公立陶生病院整形外科 渡邊宣之
11:20〜11:30 画像診断 X-P CT MRI 
産業医科大学若松病院整形外科 中島裕貴
11:30〜11:40 新たな画像診断 PETの有用性  
横浜市立大学整形外科 小林直美
11:40〜11:50  画像診断 超音波と超音波ガイド下の注射 
産業医科大学若松病院整形外科 大西康央  

第3部 座長:市立ひらかた病院整形外科 大原英嗣
11:55〜12:05 関節外病変 弾発股 Ischiofemoral impingement
産業医科大学若松病院整形外科 雪澤洋平
12:05〜12:15 股関節鏡 safe set up 合併症を予防する
産業医科大学若松病院整形外科 大西康央
12:15〜12:25 股関節鏡の基本手技 
浜松医科大学整形外科 錦野匠一


ランチョンセミナー 座長 浜松医科大学整形外科 星野裕信
12:30〜13:30 最新の股関節鏡視下手術の手技
        産業医科大学若松病院整形外科 内田宗志
13:30~13:40 休憩

第4部 座長 株式会社ゼニタ治療院 銭田良博
13:40〜13:50 股関節可動域測定による評価と工夫
京都下鴨病院理学療法部 爲澤一弘
13:50〜14:00  股関節機能障害に対する評価〜姿勢制御の視点から〜
阪奈中央リハビリテーション専門学校理学療法学科 田中貴広
14:00〜14:10  機能解剖学的視点からみた評価のポイント
        京都下鴨病院理学療法部 小野志操
13:55〜14:10 セラピストで対応可能な股関節周囲の絞扼神経障害
        烏丸御池整形外科リハビリテーション科 永井教生

第5部 座長 平針かとう整形外科リハビリテーション科 岡西尚人
14:15〜14:25 アスリートに対するリハビリテーション
アレックス尾山台整形外科リハビリテーション科 竹内大樹
14:25〜14:35 競技復帰に向けたReturn to Sports Test
京都下鴨病院理学療法部 團野翼
14:35〜14:45 術後アスレチックリハビリテーション
        アレックス尾山台整形外科リハビリテーション科 青山倫久
14:45〜15:00 アスリートの股関節痛に対する保存療法
        じんどう整骨院アスリート 畑中仁堂
15:00〜15:15 アスリートの股関節痛に対する術後療法
        株式会社ゼニタ銭田治療院 銭田良博
15:15〜15:25 休憩

第6部  シンポジウム 座長 京都下鴨病院理学療法部 小野志操
15:25〜15:40 FAIに対する理学療法
        大阪医科大学附属病院リハビリテーション科 佐藤久友
15:40〜15:55 寛骨臼形成不全に対する理学療法
        産業医科大学若松病院リハビリテーション部 立石聡史
15:55 ~16:10 FAIの術後リハビリテーション〜体幹機能改善に着目して〜
        産業医科大学若松病院リハビリテーション部 高橋誠
16:10〜16:25  体幹機能改善の解剖学的考察
        平針かとう整形外科リハビリテーション科 岡西尚人
16:30〜17:10 総合討議
17:10〜  閉会の辞


17309066_1665880623715777_4819627811820937832_n



アスリートの 股関節の疲労骨折 臼蓋縁の疲労骨折 寛骨臼形成不全型 

股関節の疲労骨折には様々なタイプがあります

臼蓋縁の疲労骨折のタイプとして


大腿骨頭頸部の骨性隆起(CAM キャム)と寛骨臼の臼蓋側が、スポーツ活動で衝突(インピンジメント)して起こる タイプと FAI型


寛骨臼が浅い形態をしているため、新体操やフィギュアースケートなどで激しい股関節の動きと負荷が度重なり加わることで 疲労骨折を起こすことがあります。





6f8005b4c8b198f369f9aea5d2f60ac1-109x240











パンシェという動き



スライド5












上記のように臼蓋縁が疲労骨折をおこします。






スライド5













大きな傘のように大腿骨頭を覆っている 寛骨臼が浅いため、非常に大きな負荷が度重なる加わると
左図のように股関節唇単独で損傷することもあれば、 右図のように骨折を起こすこともあります。





これは一見骨があるように見えるのでさほど重傷には見えませんが、 股関節唇単独より 股関節の内側の骨の部分が一緒に破綻するので、 タチが悪い場合が多いです。

疲労骨折を放置すると、股関節の不安定性が増し、 股関節唇損傷以上に軟骨損傷をきたす可能性もあります。



スポーツ整形外科であれば、
脛骨跳躍型疲労骨折や Jones骨折など、保存療法で治らなければ 手術を選択し、骨を癒合させる手術を

股関節の中となると、体の深い部分にあるため やすやすと手が出せる場所ではありません。


私たちはこのような股関節の疲労骨折に対して、

股関節鏡で 治療を行なっています。




股関節の疲労骨折の手術適応 (股関節鏡を用いた)としては

1. 臼蓋縁の疲労骨折
2. 保存療法を3ヶ月続けても治らない症例 = これはいくら待っていても治りません
3. 軟骨損傷が軽度であるもの  ( すでに関節裂隙が 狭くなっているものは 成績が良くない)
4. FAIや臼蓋形成不全が 合併しているもの
5. 関節唇損傷や 他の円靭帯などの損傷が合併しているもの。
6. アスリートとして復帰を望むもの (関節鏡は小さな傷で行うため、筋肉を傷つけずに 低侵襲で行うことができます)



以上の4つは適応のクライテリアに入ります。






次号は 実際の治療内容に 続きます。













造影MR像における股関節唇損傷の分類 チェルニー(ツェルニー)分類

造影MR像における股関節唇損傷の分類 チェルニー(ツェルニー)分類
をご紹介したいと思います。


これは我々整形外科医が 頻用する分類方法です。


股関節唇損傷の診断は、難しく、整形外科医の多くはまだ診断することができません。
それはわずか6ミリくらいの組織を大雑把なMRで撮影をしてもうまく描出することができないからです。

MRの発達とともに 肩関節の世界では 造影剤を関節内に注入して、バンカート病変やSLAP病変を造影MRで診断する方法が1990年代初頭から始まりました。



1996年から  1999年にかけて 股関節でも造影剤を注入して MRを撮影し、手術所見とどのくらい正確であるかを調べた論文を Czerny先生が報告しました。


造影MR像における股関節唇損傷の分類 チェルニー(ツェルニー)分類です。


MR arthrography of the adult acetabular capsular-labral complex: correlation with surgery and anatomy.
Czerny C1, Hofmann S, Urban M, Tschauner C, Neuhold A, Pretterklieber M, Recht MP, Kramer J.




原著論文は ここからダウンロードしてください




スライド1


















英語では
Stage 0 (normal). Homogeneous low signal intensity, a triangular shape, and continuous attachment to the lateral margin of the acetabulum without a notch or a sulcus.
Stage IA. Area of increased signal intensity within the centre of the triangular-shaped labrum.
Stage IB. Similar to stage IA, but the labrum is thickened and there is no recess.
Stage IIA. Extension of contrast material into the labrum without detachment, and the presence of a triangular shape and a recess.
Stage IIB. Same as stage IIA, but the labrum is thickened and a recess is not present.
Stage IIIA. The labrum is detached, and there is a triangular shape and a recess.
Stage IIIB. Same as stage IIIA, but the labrum is thickened and there is no recess.







スライド2


















スライド3




















スライド4

















スライド5














日本語訳











スライド5




















Stage 0 (normal): 関節唇は内部は均一な低信号で、トライアングルの形を呈し、関節唇が臼蓋縁と連続して付着しているもの
Stage IA: トライアングルの形を呈した股関節唇の真ん中に一部信号上昇を認める。
Stage IB. StageIAに似ているが、股関節唇が肥厚し関節包と関節唇との間に溝がないもの
Stage IIA.  関節唇と臼蓋縁との分離はないが造影剤の流入が認められる。トライアングルの形を呈し、溝がある。
Stage IIB. IIAに似ているが、関節唇は肥厚し、関節包との溝がない。
Stage IIIA. 股関節唇は臼蓋縁から完全に分離し、トライアングルの形を呈し、溝を有するもの。
Stage IIIB. Stage IIIAと似ているが、肥厚し、recessがない。







ステー0が正常
ステージ1が軽傷
ステージ2が中等度
ステージ3が重症

という感じになりますでしょうか?

基本的にステージ0からステージ2までの方は保存療法で経過観察をします。

無症状で撮影をしても ステージ3の人なんて結構います。
すなわち このMRの分類で股関節唇が良くないからといって 必ずしも手術が必要であるとは限りません。

MRを撮影して、手術を勧められても、焦らず、しっかりと股関節はもとより、全身の機能評価をします。
機能障害があれば、リハビリをして機能向上をさせ、症状が取れれば保存的に経過観察をしますが、症状がそれでも改善しない場合は、変形性股関節症へと進行する可能性があることも鑑みて、最終的に手術をするかどうかを相談します。

症例数をたくさん経験し、患者さんの気持ちに寄り添うことができるドクターにセカンドオピニオンを受けに行かれるのも良いアイディアかと思います。



この情報がお役に立てれば幸いです。





股関節の疲労骨折 分類と  臼蓋縁の疲労骨折 の分類と FAI型

最近アスリートの疲労骨折で、股関節の疲労骨折がニュースで流れました。
フィギュアースケート選手や新体操選手も少なからず 股関節の疲労骨折で戦線離脱をされています。



股関節の疲労骨折は私の外来に数多くおとずれてこられます。

股関節を構成する骨の解剖はこのようになっています。



スライド1













スライド2






















骨盤周囲の疲労骨折は
恥骨や坐骨の疲労骨折などが挙げられます。


股関節の疲労骨折の主なものをあげると

  1. 大腿骨頭軟骨下脆弱性骨折
    大腿骨頸部疲労骨折
    臼蓋縁の疲労骨折








大腿骨頭軟骨下脆弱性骨折は
Subchondral insufficient Fracture of the Femoral Head

我々も経験しています。そのほとんどが 股関節唇損傷と合併しており、股関節唇の広範囲の損傷が、骨頭の不安定性を惹起し起こることがわかってきています。










スライド4




























 臼蓋縁の疲労骨折


臼蓋縁にはもともと股関節唇が付着しており、多少衝撃が加わっても、股関節唇のクッションの働きで守られています。
しかし股関節唇と臼蓋縁に負担がかかる骨の形態学的異常があります。

股関節の疲労骨折 臼蓋縁の疲労骨折には FAI型と形成不全型に大きく原因が分かれます。、


一つはFemoroacetabular impingement    FAI型



スライド3












このような出っ張った骨同士が スポーツ活動で衝突を起こし、股関節唇と共に 臼蓋縁も疲労骨折を起こしてきます。




FAI rim fracture















この症例のように ラグビーのトップリーガーで大腿骨頭側の骨が膨隆して、臼蓋縁に衝突(インピンジメント)をきたし、次第に股関節唇と一緒に臼蓋縁が疲労骨折をするというものです。














もう一つのメカニズムとしては、寛骨臼形成不全です。



スライド5














寛骨臼形成不全の浅いタイプではなく少し被覆があるタイプで、股関節唇だけでなく 骨にせん断力が加わり 股関節唇損傷と共に臼蓋縁の疲労骨折を惹起されると考えられています。













rim fracture case reportspdf
















海外から報告されたcase report等はいずれもFAIに伴うRimfractureの発表ですが、どの症例もスポーツに起因しており、関節のInstabilityを生じさせないために骨接合を施行して経過が良好であったと報告されています。
















FAIに合併する  臼蓋縁の疲労骨折は、骨片を切除しても、 Center Edge Angleが寛骨臼形成不全の診断基準である CE 角25度未満にならなければ、切除して、股関節唇を修復する方法で良いです。






























サッカー選手が 5年も続いた股関節痛、レントゲン写真で  臼蓋縁の疲労骨折が認められます。
見るからにはっきりと折れていますので、これはもう自然治癒は望めません。


くっついてもまたインピンジメントを起こして また骨折を再発してしまいます。























スライド5


















寛骨臼形成不全に伴った 臼蓋縁の疲労骨折は、内固定をしたほうが良いという

報告が有ります。

何れにしても練習が過多になると疲労骨折を起こしますので、コーチはトレーニングの方法をスケートや新体操の技術練習一辺倒でなく、体幹トレーニングなどを取り入れて、予防をするべきだと思います。

次の記事では、臼蓋形成不全に合併した 股関節の疲労骨折(臼蓋縁の疲労骨折 acetabular rim stress fracture)


第9回リバーサイドセミナーのご案内 平成29年2月18日土曜日

第9回リバーサイドセミナー

に招待いただき講演をしに行きます。


日 時  平成29年2月18日(土) 16:00〜
会 場  浅草ビューホテル 3F(祥雲掘
東京都台東区西浅草3-17-1 (03-3847-1111)
参加費  1,000円(日整会単位1単位につき別途1,000円)
※ 日整会ICカードをお持ち下さい

16:00〜 日本臓器製薬蝓\宿弊睫澄 屮離ぅ蹈肇蹈團鵑虜廼瓩涼慮」
第1講演 16:30〜座長:東京都リハビリテーション病院 院長 新井康久先生
  
大腿骨頚部骨折には人工股関節全置換術?
‐脱臼対策とインプラント周囲骨折を中心に‐


  演 者  順天堂大学医学部 整形外科学講座 准教授 馬場 智規 先生
日整会専門医資格継続単位
分野 〔02〕外傷性疾患 または〔13〕リハビリテーションいずれか一つを選択、または運動器リハビリテーション単位(Re)


第2講演 17:30〜座長:高山整形外科病院 理事長 伊藤博志先生

股関節痛の画像診断と股関節鏡の最近の進歩


演 者  産業医科大学若松病院 整形外科
准教授 内田  宗志 
日整会専門医資格継続単位
分野 〔06〕リウマチ性疾患、感染症 〔11〕骨盤・股関節疾患いずれか一つを選択、またはスポーツ単位(S)


第3講演 18:40〜座長:町屋整形外科 院長 池田龍二先生 

演 者  東海大学医学部 外科学系整形外科学

上位頚椎損傷 -損傷型に応じた治療法の選択-

教授 渡辺  雅彦 先生
日整会専門医資格継続単位
分野 〔07〕脊椎・脊髄疾患〔13〕リハビリテーションいずれか一つを選択、または脊椎脊髄病単位(SS)

セミナー終了後に19時50分より情報交換会(祥雲供砲鬚翰儖佞靴討ります。                
代表世話人 永寿総合病院 平石 英一
監   事   博慈会記念総合病院 星野 瑞
世 話 人 東京都リハビリテーション病院 新井 康久
世 話 人  高山整形外科病院 伊藤 博志
世 話 人  町屋整形外科 池田 龍二
<共催> リバーサイドセミナー/ 日本臓器製薬株式会社
livedoor プロフィール
Dr Soshi Uchida website
英語のホームページを作成しました。 たずねてみてください。 Dr Soshi Uchida website
 産業医科大学若松病院
産業医科大学若松病院 連絡先 〒808−0024 北九州市若松区浜町1丁目17−1 電話 093−761−0090 当科へのお問い合わせメール uoehwakamatsusports@gmail.com 8月31日より変更になりました。 当院への外来予約専用ダイヤル TEL:093-285-3203 * 月〜金 9時〜18時 までご連絡下さい。
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Twetter
カテゴリー
ドクターのブログリンク

 NEJMを超えてゆけ
NEJMを超えてゆけ!



 スポーツドクター中村格子先生のブログ
スポーツドクター中村格子先生のブログ







 整形外科医のための英語ペラペラ道場
整形外科医のための英語ペラペラ道場
岡山大学整形外科 杉本佳久先生のブログです。



 つよぽんの避難所
つよぽんの避難所 つよぽん先生のブログ




 整形外科 論文ナナメ読み (JBJSなどなど)

愛知県のがみたけ 先生のブログです。

 Regista フットボールショップ
Registaフットボールショップ



 整形外科医のブログ)  17年目の整形外科医のブログ





 関節鏡外科医のblog
関節鏡外科医のブログ




 整形外科医リエチ先生の エンジョイサイクリング ランニング
整形外科医リエチ先生の エンジョイサイクリング ランニング

http://blog.riechi.net/
PT  ATC Technician LInk
 リアライン日記 蒲田和芳先生のブログ
 フィットネスの勧め フィットネスの勧め
 放射線技師魂 放射線技師魂のブログ@画像診断
じんどう整骨院アスリート
SAKA MASAYUI PTのブログ
サッカーのリンク



 薄野の舞姫
股関節痛を温存療法されている薄野の舞姫さんのブログ
ブログランキング
にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ
ニホン村 医療 医者
にほんブログ村 病気ブログ 手足・腕・膝の病気へ
応援のクリックお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 手足・腕・膝の病気へ
応援のクリックお願いします。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ