スポーツ整形外科医S. Uのブログ Sports Physician S.U Blog

Dr. Soshi Uchida of Wakamatsu hospital for sports injury is an orthopedic surgeon dedicated to research and treatment of hip, shoulder, knee and elbow sports injuries We will do our best for the treatment for the patients with smile and special skills. 関節鏡視下手術のテクニックを駆使して、最小侵襲で患者さんを治療しているドクターが綴るスポーツ医学の小ネタです。 26年間のJリーグ のチームドクター(柏→川崎(富士通時代)→大分 2010年からJリーグ入りしたギラヴァンツ北九州)の経験と、自身の柔道(3段)とラグビーをしてきており、幅広いスポーツ選手を診療しています。私の持ち味は、笑顔で診察します。 怪我をした選手に勇気、元気、根気を与えることをモットーとしています。カナダ トロント大学へ医学留学を2年間しており、英語を話せる外国人の診察もしています。nSports Physician SU Sports Medicine Blog

Dr Soshi Uchida MD, PhD has been practicing his passion, orthopaedic surgery, for the last decade. The principles of sports medicine emphasize a comprehensive team approach in the conservative treatment of injuries with the goal of helping the patient return to a healthy state, and focuses on the prevention of new or recurrent injuries. When surgery is necessary, Dr. Uchida's specialty in arthroscopic techniques, especially hip arthroscopy, emphasizes less invasive surgery for a potentially easier and quicker recovery. These principles, initially developed for the competitive athlete, apply to all injuries whether they occur in the recreational environment, work place, or at home. He is a well-known figure in hip arthroscopic surgery, lecturing, travelling and teaching widely. In addition he has contributed extensively to the design and development of special instruments for arthroscopic surgery of the hip joint. Many patients living in Fukuoka, Nagasaki, Oita, Osaka, Kobe, Kyoto, Tokyo, Yokohama present to our hospital for their hip problem.

股関節鏡視下FAI手術後のリハビリテーション 動画解説

皆様  GWウイークは いかがお過ごしでしょうか?

今回は  股関節鏡視下術後の リハビリテーションについて
産業医科大学若松病院 リハビリテーション部の 立石聡史先生に解説していただきました。


https://youtu.be/XNnZ3l0AHbg









ご覧ください。

超音波と股関節前面の解剖を 解説 5


股関節の疼痛のsourceを捉えることが難しく診断に難渋してきました。

私たちは、近年Draovitchと Kellyのグループらが提唱した、解剖学的レイヤー別にみて股関節痛の原因がどこにあるか診断することコンセプトについて報告し、我々もそれに準じた診断アプローチを行なっています。。、




大まかには 一番奥のところにある Layer 1 骨軟骨レイヤー、 Layer 2 
そのすぐ外側にある 自分では動くことがない組織で構成されるで Inert 不活性です。
関節包や関節唇などがあげられますさらに
その外側にある 筋肉や 筋腱付着部からなる  
Layer 3 contractile またはDynamic layer,
神経からくるLayer4があります。

1 Layer 1 骨軟骨レイヤー

骨軟骨レイヤー病変としては、動的なインピンジメント、つまりcam impingement, rim impingement, femoral retroversionあるいはemoral varusにより惹起されますFAIやIschiofemoral impingementなどがあります。また静的過負荷や骨性不安定性要素であるacetabular dysplasia, femoral anteversion, femoral valgusなどがあります。 


2. Layer 2: Inert Layerつまり不活性レイヤー:
自分では動かない、組織で構成されたレイヤーであります。股関節唇 関節包 靭帯複合体 大腿骨頭靭帯により形成され、股関節唇損傷、軟骨損傷、関節包損傷があげられます。


3. Layer 3: Contractile Layer(ダイナミック  収縮性のあるレイヤー)、つまり筋肉や腱からくる病変。内側による病変である内転筋腱障害、大腿直筋腱障害、恥骨結合炎,前方による病変である、屈筋腱の肉離れ、腸腰筋腱snapping,subspine impingement、後方で生じる病変であるProximal Hamstring Syndrome,外側で生じる病変であるsnapping hipなどがあげられます。


4. Layer 4: 神経メカニカルレイヤーであり、坐骨神経、閉鎖神経障害、梨状筋症候群や腰椎疾患により疼痛が生じる。


Layer1とLayer2は密接な関係があります。まずlayer1と2について症例を呈示しながら代表的疾患を提示していきたいと思います。。
Layer1で生じるPincer type impingementは臼蓋のソケットが深くなっていたり骨頭に対するかぶりが深いと直線的な負荷が加わりlayer2の股関節唇損傷が生じるというものであります。またCam type impingement とは大腿骨側の形態異常により剪断力によって軟骨のデラミネーションが生じるものであリマス。
Layer2 のinert layerである股関節唇には、sealing効果とsuction効果があります。


Layer 2は、他に股関節の関節包靭帯である腸骨大腿靭帯、恥骨大腿靭帯、坐骨大腿靭帯、大腿骨頭靭帯があり、それぞれの 機能的に安定させる役割を担っています。
腸骨大腿靱帯はこれらの中では最も強力で、立位で屈筋群と共に過伸展を制限し、股関節の安定性に関与しています。



下記の動画は、股関節前面の解剖と超音波でのみかたを 解説したものです。

























謹賀新年 2021

おくれましたが 新年あけましておめでとうございます。

昨年から新型コロナウィルスが感染拡大を広げており、
ほとんどのかたが、不要不急の外出の自粛を余儀なくされ、飲食店の皆様は営業自粛、会社の倒産に追い込まれた方は、失業や給料の減額など、
皆様の心中をお察しすると言葉がみつかりません。

私も 東京への診療を12月末で一時中止を決めたのですが、それに輪をかけて感染数が増大し、政府が一都三県に明日から緊急事態宣言を発動することを決定いたしました。


医療従事者ですので、やはり不安が絶えなく、また一緒に働いている若い先生も何人かは、コロナの影響で不安を多くかかえています。
私は先日なかなか会えない独り暮らしの母親79歳のところにいきました。

やはり母親の感はするどく、私は愚痴をいったりしないのですが、
にこにこしながら、どうしたの?と


まだいいじゃない、 私が幼い時は太平洋戦争まっただなかで、米軍の飛行機がきて空襲におびえながら、また食糧難で 何日も一食だけの生活があったんよ。それにくらべると今は、爆弾は落ちてこんし、機関銃でうたれることもないし、食べ物もスーパーにいったらたくさんあるやん
それに比べると相当ましよ

といっていました。

たしかにその時代に比べると、かなり恵まれていると思いました。



1月1日と二日は 曇りで北九州は初日の出はみれませんでした。

1月3日は
IMG_7907










福知山の ダイヤモンド日の出を、自宅の近くでジョギングしながらおがむことができました。















夕日は 貫山の ダイヤモンド夕日

IMG_7928













を北九州空港からおがむことができました。





なんかいいことがありそうな気がしませんか?
楽観的といわれるかもしれませんが、

わたしの以前の上司 中村利孝先生が 「常に楽観であれ」 とおっしゃっていました。
その言葉にいつも励まされて、修練してきた自分をおもいだしました。

今年もコロナのなか、精一杯 自分のできることを一つずつやっていこうと思います。
皆様にとりまして よい一年になりますことをお祈りしています。








ハムストリング筋剥離断裂  Proximal Hamstring Avulsionの治療;鏡視下でガッツリ治す

ハムストリング筋損傷の治療



ハムストリングスの治療は、あなたの傷害の種類、その重症度、そしてあなた自身のニーズと期待によって異なります。

非外科的または外科的治療の目標は、楽しんでいるすべての活動に戻るのを助けることです。医師の治療計画に従うことで、あなたの能力がより早く回復し、将来のさらなる問題を防ぐのに役立ちます。

非外科的治療ほとんどのハムストリング筋損傷は、単純な非外科的治療で非常によく治癒します。

RICE処置
RICEプロトコルは、ほとんどのスポーツ関連の怪我に効果的です。
RICEは、
Rest、
Ice、
Compression、および
Elevationの略です。

残り。緊張を引き起こした活動から休憩を取ってください。医師は、足に体重がかからないように松葉杖を使用することを勧める場合があります。
氷。コールドパックを一度に20分間、1日に数回使用します。氷を直接皮膚に塗らないでください。
圧縮。さらなる腫れや失血を防ぐために、弾力性のある圧迫包帯を着用してください。
標高。むくみを軽減するには、休憩中にリクライニングして足を心臓より高く上げます。
固定化。医師は、膝の添え木を短時間着用することを勧める場合があります。これはあなたの足を中立の位置に保ち、それが治癒するのを助けます。

理学療法。最初の痛みと腫れが落ち着いたら、理学療法を開始できます。特定の運動は、可動域と筋力を回復させることができます。

治療プログラムは、最初に柔軟性に焦点を合わせています。穏やかなストレッチは、可動域を改善します。治癒が進むにつれて、強化運動が徐々にあなたのプログラムに追加されます。あなたの主治医(整形外科専門医)は、スポーツ活動に安全に戻ることができるときにあなたと話し合って決定していきます



外科的治療

手術は、腱が骨から完全に引き離された腱剥離損傷に対して最も頻繁に行われます。骨盤からの裂傷(近位腱剥離)は、脛骨からの裂傷(遠位腱剥離)よりも一般的です。

筋肉内の完全な裂傷を修復するために、手術が必要になる場合もあります。

手順。腱の剥離を修復するには、外科医はハムストリング筋を元の位置に戻し、瘢痕組織を取り除く必要があります。次に、大きなステッチまたはステープルを使用して腱を骨に再付着させます。

筋肉内の完全な裂け目は、ステッチを使用して一緒に縫い戻されます。


この外科的手術は通常、大きな皮膚切開と 大臀筋を切離して手術を行う必要があります。
しかし私たちは、 これを関節鏡を用いて鏡視下に縫合をしています。



スライド2










一番外側の 半膜様筋けんが断裂しています。



スライド3














傷はこんなに小さいものです。





スライド4
















スライド5















内視鏡で、ハムストリングを同定し、坐骨神経を避けて、肩の腱板を縫合する様に
坐骨結節にアンカーを設置して、 縫合していきます。












スライド6
















術後3ヶ月の MRで縫合部分の治癒が確認されます。








リハビリテーション。手術後は、修復を保護するために脚に体重をかけないようにする必要があります。松葉杖を使用することに加えて、ハムストリングをリラックスした位置に保つブレースが必要になる場合があります。これらのエイズが必要になる期間は、怪我の種類によって異なります。

あなたの理学療法プログラムは、柔軟性と可動域を改善するために穏やかなストレッチから始まります。強化運動は徐々にあなたの計画に追加されます。

近位ハムストリングの再付着のリハビリテーションは、損傷の重症度のため、通常、少なくとも6か月かかります。遠位ハムストリングの再付着は、運動活動に戻る前に約3か月のリハビリテーションを必要とします。あなたの医者はいつスポーツに安全に復帰可能かを教えてくれます。

ハムストリング筋損傷の 総論 解剖から診断まで Vol.15

Hamstring Muscle Injuries
ハムストリング筋損傷


「筋断裂」などのハムストリング筋損傷は、アスリートで頻繁に発生します。これらは、トラック、サッカー、バスケットボールなど、全力疾走を必要とするスポーツに参加するアスリートに特によく診られます。



筋断裂または筋断裂は、太ももの後ろの1つまたは複数の筋肉の損傷です。ほとんどのハムストリング損傷は、単純な非外科的治療によく反応します。


解剖学 ANATOMY
ハムストリングの筋肉は太ももの後ろを走っています。 3つのハムストリング筋があります:



半腱様筋
半膜様筋
大腿二頭筋
それらは、坐骨結節と呼ばれる場所で骨盤の底から始まります。それらは膝関節を横切り、下腿で終わります。ハムストリング筋線維は、腱が骨に付着する点の近くで、ハムストリング腱という丈夫な結合組織と結合します。


Hamstring anatomy














この図をご覧いただくと、膝では 半膜様筋が一番内側、半腱様筋腱がその外 大腿二頭筋腱が腓骨に付着しており、一番外側についています。
股関節では、半腱様筋腱が最も内側、 大腿二頭筋腱が真ん中、半膜様筋腱が坐骨結節の外側に付着しております。 


ハムストリング筋群は、脚をまっすぐ後ろに伸ばし、膝を曲げる役割をしています。



説明
ハムストリングストレイン ハムストリング肉離れは、引っ張り、部分的な裂傷、または完全な裂傷である可能性があります。

筋がなれは、その重症度に応じて等級分けされます。グレード1の損傷は軽度で、通常は容易に治癒します。グレード3の筋損傷は、筋肉が完全に裂けることで、治癒するまでに数か月かかる場合があります。

ほとんどのハムストリング損傷は、筋肉の太い中央部分、または筋線維が腱線維と結合する場所で発生します。このほとんどが手術をせずに改善をします。

最も重度のハムストリング損傷は、腱が骨から完全に引き裂かれます。それはそれで骨片を引き離すことさえあります。これは剥離損傷と呼ばれます。







a00408f02











腱が骨から引き裂かれた重度のハムストリング損傷 (AAOS Orthoinfoより抜粋)





原因
筋肉の過負荷
筋肉の過負荷は、ハムストリング筋肉ばなれの主な原因です。これは、筋肉がその能力を超えて伸ばされたり、突然の負荷に挑戦したりしたときに発生する可能性があります。

ハムストリング筋肉ばなれは、筋肉が収縮するにつれて長くなるか、短くなるとよく発生します。矛盾しているように聞こえますが、これは、筋肉に重みを付けたり、負荷をかけたりしているときに筋肉を伸ばすと発生します。これは「偏心収縮」と呼ばれます。

全力疾走中、後脚がまっすぐになり、つま先が押し出されて前方に移動するため、ハムストリングの筋肉が偏心して収縮します。ハムストリング筋は、ストライドのこの時点で長くなるだけでなく、体重と前進運動に必要な力が負荷されます。

肉ばなれと同様に、ハムストリング腱の剥離もまた、大きな突然の負荷によって引き起こされます。

スプリンター
全力疾走中、後脚が押し出されてランナーを前方に推進すると、ハムストリングの筋肉が伸びて負荷がかかります。



危険因子
次のようないくつかの要因により、筋肉に負担がかかる可能性が高くなります。

筋肉の硬さ。タイトな筋肉は緊張しやすいです。アスリートは、毎日のストレッチ運動の年間プログラムに従う必要があります。

筋肉の不均衡。 1つの筋肉グループが接近する筋肉グループよりもはるかに強い場合、不均衡は緊張につながる可能性があります。これは、ハムストリング筋で頻繁に発生します。太ももの前部の大腿四頭筋は通常、より強力です。高速活動中、ハムストリングは大腿四頭筋よりも早く疲労する可能性があります。この疲労は緊張につながる可能性があります。

悪いコンディション。筋肉が弱いと、運動のストレスに対処できなくなり、怪我をする可能性が高くなります。

筋肉の疲労。倦怠感は筋肉のエネルギー吸収能力を低下させ、筋肉を怪我の影響を受けやすくします。

活動の選択。誰でもハムストリングストレインを経験する可能性がありますが、特に危険にさらされているのは次のとおりです。

サッカー、サッカー、バスケットボールなどのスポーツに参加する選手
ランナーまたはスプリンター
ダンサー
運動プログラムが主にウォーキングである年配のアスリート
まだ成長している思春期のアスリート
ハムストリングの緊張は、骨と筋肉が同じ速度で成長しないため、青年期に頻繁に発生します。成長の急増の間、子供の骨は筋肉より速く成長するかもしれません。成長する骨は筋肉を引き締めます。突然のジャンプ、ストレッチ、または衝撃は、筋肉を骨への接続から引き離す可能性があります




症状
フルストライドで全力疾走しているときにハムストリングを緊張させると、太ももの後ろに突然の鋭い痛みがあります。それはあなたを急停止させ、あなたの良い足に飛び乗るか、または転ぶでしょう。

その他の症状には次のものがあります。

けが後の最初の数時間の腫れ
最初の数日間の膝下の足の裏のあざや変色
何週間も続く可能性のあるハムストリングの脱力感





医師の診察

診断には専門医(特に整形外科医)の診察が必要です。
患者の病歴と身体検査
ハムストリングの緊張がある人は、運動中に発生した太ももの後ろの突然の痛みのために、しばしば医師の診察を受けます。

身体検査中に、医師は怪我について尋ね、太ももに圧痛や打撲傷がないかチェックします。




画像検査

医師が診断を確認するのに役立つ画像検査には、次のものがあります。

X線。 X線は、ハムストリング腱の剥離があるかどうかを医師に示すことができます。 これは、負傷した腱が小さな骨片を引き離したときです。

磁気共鳴画像法(MRI
)。 この研究は、ハムストリング筋のような軟組織のより良い画像を作成することができます。 それはあなたの医者があなたの怪我の程度を決定するのを助けることができます。






livedoor プロフィール

Dr. S.U

Dr Soshi Uchida MD, PhD has been practicing his passion, orthopaedic surgery, for the last two decade. The principles of sports medicine emphasize a comprehensive team approach in the conservative treatment of injuries with the goal of helping the patient return to a healthy state, and focuses on the prevention of new or recurrent injuries. When surgery is necessary, Dr. Uchida's specialty in arthroscopic techniques emphasizes less invasive surgery for a potentially easier and quicker recovery.
1992年 産業医科大学卒業
• 1992年 関東労災病院整形外科 スポーツ整形外科
• 2002年 トロント大学医学部 博士研究員•幹細胞研究
• 2006年〜 産業医科大学整形外科 助教
•   2012年〜 産業医科大学若松病院整形外科 診療教授
日本体育協会公認スポーツドクター
労働衛生コンサルタント(保健衛生)
日本整形外科学会専門医

スポーツ歴 柔道 ラグビー

Dr Soshi Uchida website
英語のホームページを作成しました。 たずねてみてください。 Dr Soshi Uchida website
 産業医科大学若松病院
産業医科大学若松病院 連絡先 〒808−0024 北九州市若松区浜町1丁目17−1 電話 093−761−0090 当科へのお問い合わせメール 当院への外来予約専用ダイヤル TEL:093-285-3203 * 月〜金 9時〜18時 までご連絡下さい。
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Twetter
カテゴリー
ドクターのブログリンク

 NEJMを超えてゆけ
NEJMを超えてゆけ!



 スポーツドクター中村格子先生のブログ
スポーツドクター中村格子先生のブログ







 整形外科医のための英語ペラペラ道場
整形外科医のための英語ペラペラ道場
岡山大学整形外科 杉本佳久先生のブログです。



 つよぽんの避難所
つよぽんの避難所 つよぽん先生のブログ




 整形外科 論文ナナメ読み (JBJSなどなど)

愛知県のがみたけ 先生のブログです。

 Regista フットボールショップ
Registaフットボールショップ



 整形外科医のブログ)  17年目の整形外科医のブログ





 関節鏡外科医のblog
関節鏡外科医のブログ




 整形外科医リエチ先生の エンジョイサイクリング ランニング
整形外科医リエチ先生の エンジョイサイクリング ランニング

http://blog.riechi.net/
PT  ATC Technician LInk
 リアライン日記 蒲田和芳先生のブログ
 フィットネスの勧め フィットネスの勧め
 放射線技師魂 放射線技師魂のブログ@画像診断
じんどう整骨院アスリート
SAKA MASAYUI PTのブログ
サッカーのリンク


 薄野の舞姫
股関節痛を温存療法されている薄野の舞姫さんのブログ
ブログランキング
にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ
ニホン村 医療 医者
にほんブログ村 病気ブログ 手足・腕・膝の病気へ
応援のクリックお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 手足・腕・膝の病気へ
応援のクリックお願いします。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ