スポーツ整形外科医S. Uのブログ Sports Physician S.U Blog

Dr. Soshi Uchida of Wakamatsu hospital for sports injury is an orthopedic surgeon dedicated to research and treatment of hip, shoulder, knee and elbow sports injuries We will do our best for the treatment for the patients with smile and special skills. 関節鏡視下手術のテクニックを駆使して、最小侵襲で患者さんを治療しているドクターが綴るスポーツ医学の小ネタです。 18年間のJリーグ のチームドクター(柏→川崎(富士通時代)→大分 2010年からJ2昇格したギラヴァンツ北九州)の経験と、自身の柔道(3段)とラグビーをしてきており、幅広いスポーツ選手を診療しています。私の持ち味は、笑顔で診察します。 怪我をした選手に勇気、元気、根気を与えることをモットーとしています。カナダ トロント大学へ医学留学を2年間しており、英語を話せる外国人の診察もしています。 Sports Physician SU Sports Medicine Blog

Dr Soshi Uchida MD, PhD has been practicing his passion, orthopaedic surgery, for the last decade. The principles of sports medicine emphasize a comprehensive team approach in the conservative treatment of injuries with the goal of helping the patient return to a healthy state, and focuses on the prevention of new or recurrent injuries. When surgery is necessary, Dr. Uchida's specialty in arthroscopic techniques, especially hip arthroscopy, emphasizes less invasive surgery for a potentially easier and quicker recovery. These principles, initially developed for the competitive athlete, apply to all injuries whether they occur in the recreational environment, work place, or at home. He is a well-known figure in hip arthroscopic surgery, lecturing, travelling and teaching widely. In addition he has contributed extensively to the design and development of special instruments for arthroscopic surgery of the hip joint. Many patients living in Fukuoka, Nagasaki, Oita, Osaka, Kobe, Kyoto, Tokyo, Yokohama present to our hospital for their hip problem.

International Hip Courseの講師をしてきました。

皆さんおはようございます。
日曜日 全国的にも晴れて、清々しい朝をおむかえでしょう。

先週、ラスベガスで開催された Stryker社主催の 国際の革新的股関節鏡のコースに、講師として招かれ参加してきました。
Stryker社が日本人を講師として招くのは、関節鏡の分野では初めてのことだそうです。
大変光栄に思い、現地に赴き、参加者に 寛骨臼形成不全と 股関節鏡を安全にセットアップして、合併症について講演しました。


講師は、アメリカから Dr. Ryan Goodwin and Dr Brian McGrath  from USA
チリから  Dr Joaquin Lala from Chile
日本から  DR. Soshi Uchida



Good morning everyone.
The sunny in the country Sunday, You guys would welcome refreshing morning.

International Course of Progressive Hip Arthroscopy sponsored by Stryker CO was held in Las Vegas, ND, USA. I showed up as an invited Faculty.


Stryker's invite as lecturers Japanese, It seems to be the first time in the field of arthroscopy.
I am very honoured to be there and give them a talk about hip arthroscopy in Dysplasia and safe set up and complication.


As Faculty Members,
Dr. Ryan Goodwin and Dr Brian McGrath  from USA
Dr Joaquin Lala from Chile
DR. Soshi Uchida


Attendees came from Chile, Brazil, Japan, Hong Kong and Taiwan.





P9190410











P9190414

















P9200441



















参加者は、カナダ、 チリ、ブラジル、日本、台湾、香港から 様々な国籍のドクターが参加されていました。

日本からは、 
錦野匠一先生、 産業医大若松病院のフェロー サッカーの王子と呼ばれている
金崎志帆先生、 帝京大学
清水朋彦 先生  静岡市立静岡病院 
東邦大学 大森病院  青木秀之 先生
森島達観 先生   愛知医科大学病院



Dr. Sho-ichi Nishikino Wakamatsu hospital. He is called as prince of soccer doctor.
Dr. Shiho Kanezaki from Teikyo University
Dr. Tomohiko Shimizu Shizuoka Shizuoka Municipal Hospital
Dr. Hideyuki Aoki Toho University Omori Hospital
Dr Morishima Aichi Medical University Hospital



DSCN2412
















IMG_5606












IMG_5631













I ate the French, surrounded by beautiful staff of Striker last Dinner.

最後の夜はストライカーの美人スタッフ に囲まれてフレンチを食べました。役得(笑)






日本の股関節鏡の技術はまだまだ遅れています。
日本人として、はじめてインターナショナルに認められたということは、国内で圧倒的な症例数を誇り、産業医科大学若松病院から学会や論文に提出した内容と結果が、認められたと思います。
それには若松病院のスタッフ、看護師、理学療法士、事務の方のなど、数多の方々のご協力があってのことと深く感謝しています。

よい結果だけでなく、良くなかった結果も正直に発表し、なぜ良くなかったのかを検証し、分析して、二度と同じあやちは起こさないようにし患者さんに少しでも貢献できればと思っています。



私だけで年間約200例股関節鏡を行っています。しかし手術適応を慎重に見極めています。
股関節痛で受診される患者さんのうちリハビリで治る方が約8割、約2割の患者さんが手術が必要となります。

他院で股関節鏡を受けて、調子が良くない方も来られます。
FAIの骨のけずり残しや、 下前腸骨棘の存在が、成績不良因子として注目を浴びています。



Technique of Hip Arthroscopy of Japanese orthopaedic surgeons has been still lagging behind surgeons in US.

What I was in invited as a faculty for the first time i
It is because we are always proud of the overwhelming number of cases in the country, submitted studies to the peer review article and Society, from the University of Occupational and Environmental Health Wakamatsu hospital.

I deeply appreciate cooperation of staff Wakamatsu hospital, nurses, physical therapists, the officies,

I hope to contribute to the patients as well as good results, announced honestly the poor clinical results. We are attempting to verify and analyze why was not good.



Now we are performing about 200 cases of hip arthroscopies annually.
I am keeping a cautious eye surgery adaptation because it is better defined to know how to minimise complication rate and poor outcomes.

Indeed, 80% of patients with hip labral tearing can do well with rehabilitation. 20 % of patients require surgery.

Recent studies focus on predictor of revision arthroscopy are Residual FAI and presence of Anterior Inferior Iliac Spine.


If you have any questions, please don't hesitate to contact me at soushi#med.uoeh-u.ac.jp ( convert # to @)












QUOTES

心に響く名言

Impressive QUOTES



弱い者ほど相手を許すことができない。許すということは、強さの証だ。



The weak can never forgive. Forgiveness is the attribute of the strong.

テニス選手の股関節唇損傷の鏡視下手術から不死鳥復活 14歳以下全日本ベスト3

皆様こんにちは
錦織圭選手が全米オープンテニス グランドスラムの一角で 大活躍の準優勝でした。

テニスでも股関節を酷使して、股関節をいためる選手がいらっしゃいます。

その一人
昨年13歳の AK 選手 ( Air Keiではありません)  が股関節痛で来られました。

畑中仁堂先生の じんどうアスリート整骨院 
じんどう整骨院アスリート

あの有名な治療院で治療しても治らないということで、ご紹介いただきました。


おそらく関節内の損傷が考えられる。

保存療法でねばりましたが、
本人は13歳ながらにも
「おもうようなプレイができずに、
 来年、全日本でベスト4に入る、
  そのために手術をする、
半年捨ててもリハビリをがんばって絶対にもどってみせる!」

といって、 昨年の8月に 股関節鏡視下手術を行いました。

内容は関節唇縫合、 トリミング、 大腿骨頭側の CAM骨形成術 関節包縫縮術


術後4ヶ月の超異例のスピードで一度コートにもどり、2013年12月の群馬14歳以下で 準優勝という異例の回復力とおもいきや、
途中で腰痛を併発し、 実際にはフルでコートに戻るには途中回り道もして8ヵ月かかりました。


彼女の絶対にあきらめないという 不屈の精神と
まじめに週6回の術後リハビリを続けたことが 成し遂げられた快挙につながったのです。


Ayumiちゃん
股関節鏡手術復帰後 テニス U-14  全国大会3位 おめでとうございます。

君から私たちは絶対にあきらめない 根気、勇気、元気 そして誰よりもひたむきに努力したこと、周りのみんなに感謝をしていたこと  をおしえていただきました。

感動をありがとうございました。













10460782_686147394794254_8724921259303447876_n
















10624557_675675745852415_7505303651026708872_n

















10624620_1414778131995264_3524612318539525696_n

















10411089_1414778111995266_3281562891461956680_n












産業医科大学若松病院整形外科 火曜日外来







アレックス尾山台整形外科クリニック
アレックス尾山台整形外科クリニック 東京関節鏡センター








京都下鴨病院


で外来を行っています。



産業医科大学若松病院への予約について

* 紹介状(診療情報提供書)をお持ちの方で、ご予約を希望される方は、受診希望日の前日までに外来予約係へご連絡下さい。
TEL:093-285-3203
* 月〜金 9時〜18時
までご連絡下さい。





股関節鏡外来では、 アスリートの股関節痛の原因となる、 大腿骨寛骨臼インピンジメント (股関節インピンジメント)、 股関節唇損傷、 臼蓋形成不全、 股関節離断性骨軟骨炎(OCD)などを、最新鋭の精密検査で、迅速に診断します。


股関節 痛み 原因がわからない  
股関節脱臼後 痛み が続く方、 リハビリの仕方や治療に困る方は是非ご相談下さい。
ペルテス病 や大腿骨頭辷り症 の変形で股関節痛が残存するかた。


治療は、リハビリや消炎鎮痛剤で治療できるものは保存治療し、それでも難治性の症例は股関節鏡視下(股関節の内視鏡)に治療します。
大きな傷で行う手術より、1cmくらいの小さな傷で、筋肉を傷つけること無く 損傷された組織だけを修復しますので、早期リハビリ、早期スポーツ復帰が可能となります。

福岡県 北九州 山口 下関 大分県 佐賀県 広島県 大阪府 関西 神戸 兵庫県 関東 東京 神奈川 横浜 千葉 栃木 などから股関節痛 患者さんが来られるスポーツ股関節外来にお問い合わせ下さい
名古屋 静岡からも スポーツ股関節外来に来られます。


他院でもスポーツ股関節外来を行っております。





野球 サッカー 柔道 ラグビー ゴルフ アメリカンフットボール チアリーディング スケート アイスホッケー ホッケー 水泳 陸上競技 バレエ スキー スノーボード テニスTennis
クチコミを見る
などのスポーツで股関節が痛む方 股関節唇損傷 の方
新体操 体操 アイスホッケー スケート バレエ ダンス ヒップポップなど股関節が緩くて 関節唇損傷があり股関節痛があるかたは 
思春期から 中年くらいまでで 初期の変形性股関節症で 股関節が痛むかた 
交通事故で 骨盤骨折後に骨折は治癒したが 未だに股関節が痛む方 関節唇が損傷されている可能性があります。

プロスポーツ選手 トップアスリート、 エリート アスリートで股関節が痛む方で診察を希望される方。隠密診察可能です。
プライバシーは守秘します。詳しくはご相談ください。


成長期の股関節痛
成長期の スポーツ障害


肘関節 野球肘、関節内遊離体 離断性骨軟骨炎(OCD) などで保存療法で治らない方。



肩関節痛でお悩みの方
腱板断裂 肩関節脱臼  スポーツで肩痛のかた 肩関節後方 亜脱臼 脱臼
野球 ソフトボール テニス ラグビー  で肩を痛めた選手
関節鏡で肩のなかを最小侵襲で治療しています。
山口 熊本 大分 福岡 で肩関節鏡視下手術を希望される方
当院では様々な肩関節痛の原因を詳細に検査し、関節鏡視下に小さな侵襲で 治療しています。


難治性のスポーツ障害(ジャンパー膝、アキレス腱炎、足底筋膜炎)、
内側側幅靭帯損傷や股関節唇損傷の保存療法、などに多血小板血漿療法(PRP platelet rich plasma)が有効です。
PRP外来を産業医科大学および産業医科大学若松病院で展開しています。是非一度試してください。

soushi@med.uoeh-u.ac.jp

Dr Soshi Uchida MD, PhD has been practicing his passion, orthopaedic surgery, for the last decade. The principles of sports medicine emphasize a comprehensive team approach in the conservative treatment of injuries with the goal of helping the patient return to a healthy state, and focuses on the prevention of new or recurrent injuries. When surgery is necessary, Dr. Uchida's specialty in arthroscopic techniques, especially hip arthroscopy, emphasizes less invasive surgery for a potentially easier and quicker recovery. These principles, initially developed for the competitive athlete, apply to all injuries whether they occur in the recreational environment, work place, or at home
Many patients living in Fukuoka, Nagasaki, Oita, Osaka, Kobe, Kyoto, Tokyo, Yokohama present to our hospital for their hip problem.

Soshi内田博士博士一直奉行在过去十年中,骨科手术,他的激情。运动医学的原则,强调全面的团队在帮助病人恢复到健康状态的目标受伤保守治疗方法,并侧重于预防新发或复发受伤。当手术是必要的,内田的博士,尤其是髋关节镜,关节镜技术的专业强调少一个潜在的更容易,恢复快的微创手术。这些原则,最初是为竞技运动员,应用在娱乐环境是否发生的所有伤害,工作场所,还是在家
许多病人住在北九州市,福冈,长崎,大分,大阪,神户,京都,东京,横滨,目前我们医院的臀部问题。

産業医科大学若松病院 スポーツ関節鏡センター
 内田宗志 soushi㊙med.uoeh-u.ac.jp  ㊙を@にかえて送ってください。














第7回中越臨床整形外科研究会 のご案内

第7回中越臨床整形外科研究会
日時 2014年9月5日(金)19:00〜

Dr Soshi Uchida will give a lecture about how to make the right diagnosis and hip arthroscopic management for patient with groin pain.






会場

ホテルニューオータニ長岡
長岡市台町2-8-35    Tel.0258-37-1111




19:00〜
情報提供

〜PROGRAM〜

「骨粗鬆症におけるボノテオ錠の位置づけ 」 

アステラス製薬株式会社 



座長


一般演題

 長岡中央綜合病院 整形外科 部長 長谷川 淳一 先生


19:05〜



「 ビスフォスホネート関連顎骨壊死について 」
−歯科医師からみたBP製剤−



     長岡赤十字病院 歯科口腔外科 部長 飯田 明彦 先生   




特別講演


19:30〜





「股関節痛の診かたと
        股関節鏡視下手術 up to date」
      
    産業医科大学若松病院 整形外科 
             診療教授 内田 宗志 先生

尚、会終了後、情報交換の場をご用意しております。
日本整形外科学会専門医資格継続1単位が以下選択の上認定されます。 《受講料:1,000円》
【分野番号】
     【11】骨盤・股関節疾患
  【13】リハビリテーション(理学療法、義肢装具を含む)

    





 

国際股関節鏡学会2014 ISHA 2014 Paper Presentationで Sandyこと Dr 山藤 見参

国際股関節鏡学会の  ポスター発表だけでなく 日本人でやってくれた人がいました。

ペーパープレゼンテーション   Oral Presentatiom 口演に選ばれた


あの男あの男  そうです。  

鹿島アントラーズの チームドクター 東京医科大学  

股関節鏡坊主の会 会長


山藤崇先生  私の Young Brotherです。


IMG_2227












Marcを一緒に山藤先生を囲んでの写真


IMG_3127














昨年の ISHA 2013で私にマフラーの誕生日プレゼントをくださった山藤先生と一緒の写真

このように 正しいことを見極めて、非常に素直で謙虚で やる気がある ドクターの
 今後の活躍に乞うご期待ください





土曜日の発表です。


11:19 - 11:43 Oral Paper
Scientific Paper Presentations #48-51
11:19 View Details Labral Tears And Hip Anteversion
John O'hara, FRCS FRCSI FRCSC MCH UNITED KINGDOM
11:25 View Details Labral Reconstruction with Illiotibial Band Autograft and Semitendinosus Allograft Improves Hip Joint Contact Area and Contact Pressure: An In-Vitro Analysis
Shane J. Nho, MD MS USA
11:31 View Details Labral Base Hematoma: A Tension-Sided Injury Pattern
Anil Ranawat, MD USA
11:37 View Details Labrum Morphology After Arthroscopic Labral Repair Using Looped Simple Stitch Technique
Takashi Sando, MD, PhD JAPAN





一緒に並んでいる 発表者は強者ばかりで、 Debateがきつそうですが、
カナダにいた山藤先生なら大丈夫 皆さん応援を御願いします。





山藤先生のブログ リンクしています。


スポーツ藩ブログ 渡加とか 





livedoor プロフィール
 産業医科大学若松病院
産業医科大学若松病院 連絡先 〒808−0024 北九州市若松区浜町1丁目17−1 電話 093−761−0090 当科へのお問い合わせメール uoehwakamatsusports@gmail.com 8月31日より変更になりました。 当院への外来予約専用ダイヤル TEL:093-285-3203 * 月〜金 9時〜18時 までご連絡下さい。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Twetter
カテゴリー
クリニックリンク

 都立大整形外科
都立大整形外科クリニックスポーツ関節鏡センター



 桜クリニック
桜クリニック



 福岡スポーツクリニック
堺整形外科福岡スポーツクリニック




 福岡和仁会病院
福岡和仁会病院




ドクターのブログリンク

 NEJMを超えてゆけ
NEJMを超えてゆけ!



 スポーツドクター中村格子先生のブログ
スポーツドクター中村格子先生のブログ







 整形外科医のための英語ペラペラ道場
整形外科医のための英語ペラペラ道場
岡山大学整形外科 杉本佳久先生のブログです。



 つよぽんの避難所
つよぽんの避難所 つよぽん先生のブログ




 整形外科 論文ナナメ読み (JBJSなどなど)

愛知県のがみたけ 先生のブログです。

 Regista フットボールショップ
Registaフットボールショップ



 整形外科医のブログ)  17年目の整形外科医のブログ



 東京医大スポーツ藩ブログ
東京医大スポーツ藩ブログ
東京医大山藤崇先生のブログです。




 関節鏡外科医のblog
関節鏡外科医のブログ




 整形外科医リエチ先生の エンジョイサイクリング ランニング
整形外科医リエチ先生の エンジョイサイクリング ランニング

http://blog.riechi.net/
PT  ATC Technician LInk
 理学療法士・一色史章の感謝ブログ
理学療法士 一色史章先生のブログ 新進気鋭の渡米しているPT 私の大切な仲間のブログ
 リアライン日記 蒲田和芳先生のブログ
 フィットネスの勧め フィットネスの勧め
 放射線技師魂 放射線技師魂のブログ@画像診断
じんどう整骨院アスリート
サッカーのリンク

 ベリサポのブログ
ニューウェーブ北九州ベリサポのブログ



 薄野の舞姫
股関節痛を温存療法されている薄野の舞姫さんのブログ
ブログランキング
にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ
ニホン村 医療 医者
にほんブログ村 病気ブログ 手足・腕・膝の病気へ
応援のクリックお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 手足・腕・膝の病気へ
応援のクリックお願いします。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ