スポーツ整形外科医S. Uのブログ Sports Physician S.U Blog

Dr. Soshi Uchida of Wakamatsu hospital for sports injury is an orthopedic surgeon dedicated to research and treatment of hip, shoulder, knee and elbow sports injuries We will do our best for the treatment for the patients with smile and special skills. 関節鏡視下手術のテクニックを駆使して、最小侵襲で患者さんを治療しているドクターが綴るスポーツ医学の小ネタです。 18年間のJリーグ のチームドクター(柏→川崎(富士通時代)→大分 2010年からJ2昇格したギラヴァンツ北九州)の経験と、自身の柔道(3段)とラグビーをしてきており、幅広いスポーツ選手を診療しています。私の持ち味は、笑顔で診察します。 怪我をした選手に勇気、元気、根気を与えることをモットーとしています。カナダ トロント大学へ医学留学を2年間しており、英語を話せる外国人の診察もしています。 Sports Physician SU Sports Medicine Blog

Dr Soshi Uchida MD, PhD has been practicing his passion, orthopaedic surgery, for the last decade. The principles of sports medicine emphasize a comprehensive team approach in the conservative treatment of injuries with the goal of helping the patient return to a healthy state, and focuses on the prevention of new or recurrent injuries. When surgery is necessary, Dr. Uchida's specialty in arthroscopic techniques, especially hip arthroscopy, emphasizes less invasive surgery for a potentially easier and quicker recovery. These principles, initially developed for the competitive athlete, apply to all injuries whether they occur in the recreational environment, work place, or at home. He is a well-known figure in hip arthroscopic surgery, lecturing, travelling and teaching widely. In addition he has contributed extensively to the design and development of special instruments for arthroscopic surgery of the hip joint. Many patients living in Fukuoka, Nagasaki, Oita, Osaka, Kobe, Kyoto, Tokyo, Yokohama present to our hospital for their hip problem.

国際股関節鏡学会 International Society of HIp Arthroscopy Faculty Invitationに私の後輩が選ばれた〜〜



国際股関節鏡学会 International Society of HIp Arthroscopy Faculty Invitationに私の後輩が選ばれた〜〜





中島うつ








写真 左 中島裕貴先生 右 宇都宮啓先生

まず5月からアメリカのコロラド州 Vailにある  Steadman Philippon Research Institute (SPRI) に Research Associate(Research Fellowより上のポジション)に勤務を始めた
宇都宮啓(うつのみやはじめ)先生

なんと座長と教育研修講演の講師に招待されました。今までの海外での我々の発表やAJSMなどの Co-Authorとしての業績が評価されました。

Dr. Hajime Utsunomiya
ISHA Identification #: 7814
ISHA Login Email: hajime.utsu@gmail.com

RE: Faculty Invitation
ISHA Annual Scientific Meeting
September 15-17, 2016 • San Francisco, California, USA
On behalf of the International Society for Hip Arthroscopy President, Dr. Marc Safran, and Program Chairman, Dr. Allston Stubbs, you are invited to participate as a faculty/presenter at the ISHA Annual Scientific Meeting, to be held in San Francisco, California, USA on September 15-17, 2016. The ISHA Annual Scientific Meeting will include lectures, debates, case presentations, scientific papers, and the new Individualized Clinical Tutorial (ICT) Cadaver Lab Sessions.

Section: Scientific Session IV: Hip Dilemmas
Session Title: Floor Discussion
Session Format: Discussion
Role in Session: Moderator
Date: Thursday, 09/15/2016
Time: 04:25 PM - 04:30 PM


Section: ICL #11
Session Title: Instructional Course Lecture #11 - Future Trends in Hip Joint Tissue Basic Science: Labral Cartilage, Articular Cartilage, Capsuloligamentous Complex, Subchondral Plate and Bone
Session Format: Instructional Course
Role in Session: Faculty
Date: Friday, 09/16/2016
Time: 02:00 PM - 03:30 PM


大学院生の中島裕貴先生
彼は 昨年のフランス Lionで開催された ISAKOSでの  「リヨン喜劇」  と言われる 発表で
座長二人(Marc Safran先生と  Allston Stubb先生)に評価されました
Marc Safran先生は今回の学会長  Allston Stubb先生は  Program 作成委員長であります。
この二人の目にとまったんでしょう


Dr. Hirotaka Nakashima
ISHA Identification #: 57698
ISHA Login Email: hiro_nakashima@ybb.ne.jp
RE:
Faculty Invitation
ISHA Annual Scientific Meeting
September 15-17, 2016 • San Francisco, California, USA
On behalf of the International Society for Hip Arthroscopy President, Dr. Marc Safran, and Program Chairman, Dr. Allston Stubbs, you are invited to participate as a faculty/presenter at the ISHA Annual Scientific Meeting, to be held in San Francisco, California, USA on September 15-17, 2016. The ISHA Annual Scientific Meeting will include lectures, debates, case presentations, scientific papers, and the new Individualized Clinical Tutorial (ICT) Cadaver Lab Sessions.
Section:


Section:
Scientific Session XII: Advanced Hip Imaging Symposium
Session Title:
Three Steps to Maximize Your Intraoperative Hip Imaging
Session Format:
Lecture
Role in Session:
Presenter
Date:
Friday, 09/16/2016
Time:
05:03 PM - 05:10 PM



私の後輩の先生が このような評価を得られることはとても嬉しいことです。




不肖私も座長と Panel discussionに当たりました。


Dr. Soshi Uchida
ISHA Identification #: 7810


RE: Faculty Invitation
ISHA Annual Scientific Meeting
September 15-17, 2016 • San Francisco, California, USA
On behalf of the International Society for Hip Arthroscopy President, Dr. Marc Safran, and Program Chairman, Dr. Allston Stubbs, you are invited to participate as a faculty/presenter at the ISHA Annual Scientific Meeting, to be held in San Francisco, California, USA on September 15-17, 2016. The ISHA Annual Scientific Meeting will include lectures, debates, case presentations, scientific papers, and the new Individualized Clinical Tutorial (ICT) Cadaver Lab Sessions.

Section: ICL 4: Making the Impossible Possible: LCP, SCFE, AVN, Inflammatory Dz
Session Title: Making the Impossible Possible: LCP, SCFE, AVN, Inflammatory Dz
Session Format: Instructional Course
Role in Session: Chair
Date: Friday, 09/16/2016
Time: 06:30 AM - 08:00 AM


Section: Scientific Session XV: PANEL SESSION II & KEYNOTE
Session Title: #3: Global Perspective on Government Management & Oversight of Hip Arthroscopy
Session Format: Panel Discussion
Role in Session: Faculty
Date: Saturday, 09/17/2016
Time: 10:00 AM - 10:15 AM



日本代表3人が 若松病院から選ばれました。日本代表として頑張ります。










内田宗志は  

Dr. Soshi Uchida is taking care of the patient in Fukuoka, Tokyo and Kyoto.


産業医科大学若松病院

 火曜日と水曜日の午後外来をしています。


尾山台整形外科クリニック 東京関節鏡センター

東京都世田谷区でも第1 第3木曜日午前中と土曜日隔週で診察をしています。詳しくは御問い合わせください。






京都下鴨病院

古都 京都でも 第四木曜日に外来をしています。 午後手術をしています。


大阪 奈良 和歌山などの関西方面の方や愛知県 三重県、岐阜県、名古屋、岐阜 福井 や 北陸 石川 富山  股関節鏡が必要な方が来られて 診察を受けられています。












60回韓国股関節学会へ招待されたが武者修行に

一週間前に
第60回韓国股関節学会に招待されて講演をしてきました。その前の日に、 Jeonjuという都市にある全北大学校(チョンブク大学)のPark先生とYoon先生に招待されて Hip Preservation surgeryというコースのレクチャーをしに行ってきました。


ところが何か雰囲気が違う、X藤先生のCPOと 私の親友のAllston Stubb先生のHip Scopeが書いてあって 術者がそれぞれ書かれていました。もう一つ Hip Scopeと書いてあって 術者が書いていませんでした。




IMG_2211











X藤先生を素早い骨きり術を拝見して「すごいな いつかあんな風になれたらいいなあ〜〜もっと頑張らねば」っって思いましたが、
その出番はすぐに訪れることになりました。











IMG_2218














その後アメリカのノースカロライナ州から来られた Allston Stubb先生のライブサージェリー
難しい症例でしたが 細かな解説付きで頑張っておられました。

その後
何と何の知らせもなく、いきなり ライブサージェリーをやってください って言われました。







さて手術場に行って股関節内にガイドワイヤーを入れたところで股関節鏡の専用のequipmentが全く用意されていないとナースが入っていました。
(ガイドワイヤー越しに カニュレーティッドの鈍棒を用いてカニューラを入れますが、これがないとかなりの達人でないと入りません)  周りが凍りついて、どうなるんだろうという雰囲気に、、、
しかしカニューラそのものを一気に関節内に挿入することができました。(ここで周りから歓声)
それでもまだ手術の道具は慣れていないものが出てきて 糸を切る道具でさえ 糸が切れないボロボロの器械が出てくるし、 




IMG_2235













IMG_2238





























誰かが仕組んだわざとなのか それとも彼らのdisorganizationなのか わかりませんが、若い韓国のドクターと一緒に成就することができました。彼らは私のことを「兄貴」と呼んでくれるようになりました。
股関節鏡はtotalで1000例以上行っており、たくさんの局面に遭遇してきました。
いろいろなことが起こっても 冷静を保ち、笑顔で、オーラ全開で、ポジティブにしてきたからこそ成し得たことだと思います。
いい経験ができました。今まで支えてくださった皆様ありがとうございました。

今回は招待講演と言っても、武者修行になりました。
韓国にサッカーの試合などに行くと、様々な アウェイの洗礼を受けることがあると聞きます。
医師の世界も同じようなことなんだろうなのか/疑問ですが


かの国の医療は、患者さんの安全を第一に考えていただきたいと思いました。













IMG_2303

















仲良しの Dr Allston Stubb先生と



内田宗志は  

Dr. Soshi Uchida is taking care of the patient in Fukuoka, Tokyo and Kyoto.


産業医科大学若松病院

 火曜日と水曜日の午後外来をしています。


尾山台整形外科クリニック 東京関節鏡センター

東京都世田谷区でも第1 第3木曜日午前中と土曜日隔週で診察をしています。詳しくは御問い合わせください。






京都下鴨病院

古都 京都でも 第四木曜日に外来をしています。 午後手術をしています。


大阪 奈良 和歌山などの関西方面の方や名古屋、岐阜 福井や 北陸 石川 富山の方が来られて 診察を受けられています。















大腿骨寛骨臼インピンジメントへの股関節鏡視下手術の術後成績 アスリートと非アスリートとの比較 Clinical Journal of Sport Medicineのアクセプト論文

First author 村田 洋一 の論文が CJSMにアクセプトされました。村田先生が修練医の時にISAKOSで発表した内容がようやく論文として公表されます。


our paper entitled : CJSM-16-25R1, entitled "A comparison of clinical outcome between athletes and non-athletes undergoing hip arthroscopy for femoroacetabular impingement" has been accepted for publication in Clinical Journal of Sport Medicine.


論文タイトル
 A comparison of clinical outcome between athletes and non-athletes undergoing hip arthroscopy for femoroacetabular impingement
大腿骨寛骨臼インピンジメントへの股関節鏡視下手術の術後成績 アスリートと非アスリートとの比較

要旨
Abstract
Objective: to compare the clinical outcome of arthroscopic surgery for femoroacetabular impingement (FAI) between athlete and non-athlete patients.

目的:アスリートと非アスリートの大腿骨寛骨臼インピンジメントの股関節鏡視下手術の臨床成績を比較すること。

Design: retrospective case control study. Level of Evidence III
デザイン: 後ろ向きケースコントロール研究 レベル3

Patients and Methods: 74 patients who underwent arthroscopic FAI correction from March 2009 to April 2012 were enrolled in this study. The patients were divided into two groups, according to their sports participation. (47 in athlete and 27 in non-athlete group).
2009年3月から 2012年4月までに施行した患者74人を対象としています。アスリート47人 非アスリート27人に分けて比較しました。

Main Outcome Measures: We reviewed clinical and radiographic data for all patients, up to a minimum of two years after surgery. We used analysis of covariance (ANCOVA) to compare the mean patient reported outcomes (PRO) scores including modified Harris hip score (MHHS) and the non-arthritis hip score (NAHS) preoperatively, at 6 months, at 12 months and at 24 months after surgery.
Results: The mean age at time of surgery in the athlete group was significantly lower than that in the non-athlete group. While there was no significant difference in preoperative MHHS and NAHS, the mean NAHS at 6, 12, 24 months postoperatively and the mean MHHS at 24 months postoperatively in athletes were significantly higher than that in non-athletes (p < 0.05).
FAIと診断された患者さんの 臨床成績とレントゲン写真を調べました。最低2年フォローしています。
患者立脚型成績のスコアーは modified harris hip scoreとnon arthritic hip scoreを用いました。術前、術後6ヶ月12ヶ月24ヶ月で調べました。平均年齢は アスリート群のほうが若く、NAHSは術後6、12、24か月とも有意にアスリート群の方が良好でした。 MHHSは術後24か月で良好でした。


Conclusions: Although arthroscopic FAI correction and labral preservation surgery is generally beneficial, it appears to provide a better clinical outcome in athletes than in non-athletes.
股関節鏡視下FAIの手術は、アスリートの方が非アスリートより、良好な成績を供給できるようです。





手術は股関節鏡手術で下記のような  FAIを骨形成を行い、股関節唇を修復し、関節包を修復しています。






























Dear Dr Uchida,
I am pleased to inform you that your work has been accepted for publication in Clinical Journal of Sport Medicine. Your manuscript will begin the production process but is not yet assigned to a specific issue of the Journal.
On behalf of the Clinical Journal of Sport Medicine, I thank you for allowing us to review this manuscript. I am certain the scientific and medical communities will find it interesting and useful.
http://cjsm.edmgr.com/
With kind regards,
Jonathan Kemmerer-Scovner, BA
Editorial Coordinator
Clinical Journal of Sport Medicine











内田宗志は  

Dr. Soshi Uchida is taking care of the patient in Fukuoka, Tokyo and Kyoto.


産業医科大学若松病院

 火曜日と水曜日の午後外来をしています。


尾山台整形外科クリニック 東京関節鏡センター

東京都世田谷区でも第1 第3木曜日午前中と土曜日隔週で診察をしています。詳しくは御問い合わせください。






京都下鴨病院

古都 京都でも 第四木曜日に外来をしています。 午後手術をしています。


大阪 奈良 和歌山などの関西方面の方や名古屋、岐阜 福井や 北陸 石川 富山の方が来られて 診察を受けられています。




































月刊スポーツメディスンN0180に 記事が掲載されました。

月刊スポーツメディスン N0.180  正確には「創刊」は1989年で、当初は季刊でした(Sportsmedicine Quarterly)。月刊化されて15年目の節目に 登場させていただきました。
清家さん あざっす

股関節鏡の特集はこれで三回め

最初に登場したのは 2010年 (下をクリック)

月刊スポーツメディスン No.118

私がまだ駆け出しの頃でした。


二回目に登場したのがその2年後 (下をクリック)

月刊スポーツメディスンNo 138



今回は股関節鏡を本格的に開始して 八年経過した


スライド1






























月刊スポーツメディスン No.180


症例を積み重ねて 患者さんから教えていただいたことがたくさんありました。
良い症例は 本当に素晴らしいパフォーマンスを発揮できるようになり スポーツに復帰していかれます。
しかし軟骨損傷が高度、高齢の女性、寛骨臼形成不全 の方は、やはりまだ股関節鏡では治すことが未だに難しいです。

また保存療法の進歩も絶大になってきました。




初めて雑誌の表紙に 後ろ姿を載せていただきました。
これは自分では決して見ることができない ものですので あえてそうしていただきました。


この写真は たまたま手術を見学に来られていた コアパワーヨガのカリスマ 本橋恵美さん (下記をクリック)に撮影していただきました。(本当はこそっと取られました 笑)



本橋恵美さんのブログ











自分の見えない姿を 他の人から見てご指摘いただく。
まだまだ自分はこれからも成長していけると思えるような 写真を載せて
また1日1日目の前にある目標を一つ一つ 克服して 積み重ねていきたいと思います。














興味のある方は是非   読み応えあります。
読んでいただいた方々 患者さん サポートしてくださる皆様に 感謝しながら
これからも精進していきます。





月刊スポーツメディスン 購入方法















IMG_1911











編集者の 清家輝文さんとは 二十年来のおつきあいをさせていただいています。
黒崎の 私たちの行きつけのお店で パシャり 








内田宗志は  

Dr. Soshi Uchida is taking care of the patient in Fukuoka, Tokyo and Kyoto.


産業医科大学若松病院

 火曜日と水曜日の午後外来をしています。


尾山台整形外科クリニック 東京関節鏡センター

東京都世田谷区でも第1 第3木曜日午前中と土曜日隔週で診察をしています。詳しくは御問い合わせください。






京都下鴨病院

古都 京都でも 第四木曜日に外来をしています。 午後手術をしています。


大阪 奈良 和歌山などの関西方面の方や名古屋、岐阜 福井や 北陸 石川 富山の方が来られて 診察を受けられています。















月刊スポーツメディスン10年パック(CD版)
月刊スポーツメディスン編集部
ブックハウス・エイチディ
2011-02-10
























Dr Cecilia Pascual Garrido と 山門浩太郎先生 との講演と 論文の必要性

4月13日 水曜日に 若松スポーツ関節鏡研究会を開催しました。
雨の日にもかかわらず 70名の先生方にご参加いただきました 厚く御礼申し上げます。



IMG_1950













山門先生は 金沢大学ご出身で かの金沢大学はAAOSに毎年10本もアクセプトされる。アクティビティーの高い教室です。そこから福井総合病院の部長としてご活躍されています。

広範囲腱板断裂に対するマネージメントについて お話してくださいました。



非常にわかりやすく また英語が流暢で 英語のスライドを作ってきてくださいました。


IMG_1951


















座長は 最近若松病院で 活躍されている 新進気鋭の 鈴木仁士先生にしていただきました。





Dr Cecilia Pascual Garrido先生 私は親しい友じんとして  C.Cと呼んでいます。


C.Cは 昨年の AAOS JOA combined meetingで一緒に講演をした  Rush universityの Dr. Shane Nho先生の フェローでした。その紹介で 講演をしていただく前に  若松病院で 手術をご見学いただきました。




IMG_1965















左が 内田宗志  右が  Dr.Cecilia


その後 股関節鏡と 股関節の軟骨の再生の話 特に将来の展望ついてお話ししていただきました。


IMG_1953













この二人のすごいところが  この5年間で20本以上の論文を書いているところです。
C.Cは 50本くらい書いているのです。
どうしてそんな時間があるのでしょうか?

アメリカでは 各々のラボに  Research Corrdinatorや Wrting technicianといった いわゆる研究計画立て、論文も書いてくれる人がいるとことでした。

臨床家で手術件数が多くても、これだけの業績を上げることができることがようやく判明しました。


分業と 大量生産の アメリカ 
見習うことが多い 友人が かの国にたくさんいるのは 私は幸せなのかもしれません。

論文を書くということは 患者さんから見ると 私たちを実験台に使ってとか 思われる方もいらっしゃるかもしれません。決してそうではないことをご理解ください。
整形外科医が行う手術は、手術がうまい人の手術が 羨望の眼差しで見られがちですが、そうではないと考えています。
誰が行っても、同じ制度で 同じ成績が得られることが 良い手術 良い治療法だと思います。

私が行っても、うまくどれも同じ制度で行ったと思っても、
もちろん成績がよい人の方が圧倒的に多いですが、中にはなかなか痛みが取れない方
治らない方 悪くなる方 など様々な方がいらっしゃいます。所詮我々が行っているのは患者さんが治るのをお手伝いしているだけなのです。  「神の手」などというのはなりたいけど、絶対になれないんです。

それを正直に正確に まとめて 世の中に公表し、何を改善すればより良い成績になるのかを検証することが医学の発展に繋がっていきます。

若松病院で働き始めて 5年経過しました。
今まで5年間の 総結集をこの1〜2年で 論文としてまとめていきます。
これができるのも 私たちが治療させていただいた患者さんのおかげです。深く感謝いたしております。






内田宗志は  

Dr. Soshi Uchida is taking care of the patient in Fukuoka, Tokyo and Kyoto.


産業医科大学若松病院

 火曜日と水曜日の午後外来をしています。


尾山台整形外科クリニック 東京関節鏡センター

東京都世田谷区でも第1 第3木曜日午前中と土曜日隔週で診察をしています。詳しくは御問い合わせください。






京都下鴨病院

古都 京都でも 第四木曜日に外来をしています。 午後手術をしています。


関西方面の方や名古屋、岐阜 福井の方が来られて 診察を受けられています。







年間股関節鏡の手術件数が200件で  total 1000件を超え、アジアでナンバーワンの手術件数を誇り、海外からも患者さんも来られる 経験豊富で 患者さんに向き合った治療を行っています。



股関節唇損傷は 出血をおこして 水がたまることがあります。
通常はあまり水がたまることはありませんが、股関節唇損傷が長引き、炎症が強く 関節炎がひどくなれば、出血や血管の透過性が亢進して 水がたまります。(俳優の坂口憲二さんの例がそのようです)

股関節専門医もしくはスポーツ整形外科医で股関節鏡の手練れのドクターにご相談ください。



内田宗志は エリートアスリートやほかに知られたくないかたの外来診察も行っています。隠密に来られる方は 下記までんご連絡ください
御問い合わせください   soushi☆med.uoeh-u.ac.jp  (☆を @に変更してください)



尾山台整形外科クリニック 東京関節鏡センター

東京都世田谷区でも木曜日午前中と土曜日隔週で診察をしています。詳しくは御問い合わせください




 










































livedoor プロフィール
Dr Soshi Uchida website
英語のホームページを作成しました。 たずねてみてください。 Dr Soshi Uchida website
 産業医科大学若松病院
産業医科大学若松病院 連絡先 〒808−0024 北九州市若松区浜町1丁目17−1 電話 093−761−0090 当科へのお問い合わせメール uoehwakamatsusports@gmail.com 8月31日より変更になりました。 当院への外来予約専用ダイヤル TEL:093-285-3203 * 月〜金 9時〜18時 までご連絡下さい。
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Twetter
カテゴリー
ドクターのブログリンク

 NEJMを超えてゆけ
NEJMを超えてゆけ!



 スポーツドクター中村格子先生のブログ
スポーツドクター中村格子先生のブログ







 整形外科医のための英語ペラペラ道場
整形外科医のための英語ペラペラ道場
岡山大学整形外科 杉本佳久先生のブログです。



 つよぽんの避難所
つよぽんの避難所 つよぽん先生のブログ




 整形外科 論文ナナメ読み (JBJSなどなど)

愛知県のがみたけ 先生のブログです。

 Regista フットボールショップ
Registaフットボールショップ



 整形外科医のブログ)  17年目の整形外科医のブログ





 関節鏡外科医のblog
関節鏡外科医のブログ




 整形外科医リエチ先生の エンジョイサイクリング ランニング
整形外科医リエチ先生の エンジョイサイクリング ランニング

http://blog.riechi.net/
PT  ATC Technician LInk
 リアライン日記 蒲田和芳先生のブログ
 フィットネスの勧め フィットネスの勧め
 放射線技師魂 放射線技師魂のブログ@画像診断
じんどう整骨院アスリート
SAKA MASAYUI PTのブログ
サッカーのリンク



 薄野の舞姫
股関節痛を温存療法されている薄野の舞姫さんのブログ
ブログランキング
にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ
ニホン村 医療 医者
にほんブログ村 病気ブログ 手足・腕・膝の病気へ
応援のクリックお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 手足・腕・膝の病気へ
応援のクリックお願いします。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ