スポーツ整形外科医S. Uのブログ Sports Physician S.U Blog

Dr. Soshi Uchida of Wakamatsu hospital for sports injury is an orthopedic surgeon dedicated to research and treatment of hip, shoulder, knee and elbow sports injuries We will do our best for the treatment for the patients with smile and special skills. 関節鏡視下手術のテクニックを駆使して、最小侵襲で患者さんを治療しているドクターが綴るスポーツ医学の小ネタです。 18年間のJリーグ のチームドクター(柏→川崎(富士通時代)→大分 2010年からJ2昇格したギラヴァンツ北九州)の経験と、自身の柔道(3段)とラグビーをしてきており、幅広いスポーツ選手を診療しています。私の持ち味は、笑顔で診察します。 怪我をした選手に勇気、元気、根気を与えることをモットーとしています。カナダ トロント大学へ医学留学を2年間しており、英語を話せる外国人の診察もしています。 Sports Physician SU Sports Medicine Blog

Dr Soshi Uchida MD, PhD has been practicing his passion, orthopaedic surgery, for the last decade. The principles of sports medicine emphasize a comprehensive team approach in the conservative treatment of injuries with the goal of helping the patient return to a healthy state, and focuses on the prevention of new or recurrent injuries. When surgery is necessary, Dr. Uchida's specialty in arthroscopic techniques, especially hip arthroscopy, emphasizes less invasive surgery for a potentially easier and quicker recovery. These principles, initially developed for the competitive athlete, apply to all injuries whether they occur in the recreational environment, work place, or at home. He is a well-known figure in hip arthroscopic surgery, lecturing, travelling and teaching widely. In addition he has contributed extensively to the design and development of special instruments for arthroscopic surgery of the hip joint. Many patients living in Fukuoka, Nagasaki, Oita, Osaka, Kobe, Kyoto, Tokyo, Yokohama present to our hospital for their hip problem.

第25回膝肩スポーツの会 での講演のご案内

皆さん 暑い日が続いておりますがいかがお過ごしでしょうか?

謹啓 時下、先生方には益々ご清栄の段お慶び申し上げます。
さて、第25回膝肩スポーツの会講演会を下記の如く開催致します。先生方におかれましてはご多忙
  のおり恐縮に存じますが、是非、お誘い合わせの上、ご出席賜りますようご案内申し上げます。
尚、本会はクールビズを推奨しておりますのでノーネクタイでのご参加をよろしくお願い申し上げます。
                                                              謹白


日 時 : 2015年7月25日(土) 午後2時30分より
会 場 : 東京第一ホテル錦  2F ブリランテ (名古屋



東京第一ホテル錦





症例検討会  午後2:30〜 4:00
司会; 名古屋大学 整形外科講師 平岩秀樹先生

特別講演

【特別講演機   (午後 4:15〜5:15)
座 長       JCHO東京新宿メディカルセンター 整形外科 部長 三嶋 真爾先生
     
〜 休  憩 〜
* 興味ある症例がございましたら、是非お持ち寄り下さい
【 情報提供 】  関節機能改善剤 アルツディスポ関節注25mg について
 「 「先生って スポーツドクターですか?」
          〜私のしてきた事〜 」
  びわじま整形外科 院長 井戸田 仁 先生



【特別講演供   (午後5:30〜6:30)
座 長           名古屋大学 整形外科 講師 酒井 忠博 先生  

アスリートの股関節痛に対する治療戦略
          −鏡視下手術最前線2015− 」
  産業医科大学若松病院 整形外科 診療教授 内田 宗志        
   






* 特別講演気脇本整形外科教育研修会〔専門医【02】外傷性疾患(スポーツ傷害を含む)or【13】リハビリテーション(理学
療法,義肢装具を含む)、またはスポーツ医資格継続〕1単位として認定されております。
   特別講演兇脇本整形外科教育研修会〔専門医【02】外傷性疾患(スポーツ傷害を含む)or【11】骨盤・股関節疾患、また
はスポーツ医資格継続〕1単位として認定されております。
   なお、単位申請の方は1単位につき1,000円を申し受けます。

日本リハビリテーション医学会専門医 ・ 認定臨床医生涯教育研修会単位(2講演で5単位)として認定されております。

日本医師会生涯教育講座 3.5単位として認定されております。(カリキュラムコード1.専門職としての使命感、2.継続的な
   学習と臨床能力の保持、5.医師-患者関係とコミュニケーション、13.地域医療、57.外傷、61.関節痛、62.歩行障害)  

参加費 として1,000円を頂きます。 なお、終了後、意見交換の場をご用意しております。
共催  膝肩スポーツの会
     科研製薬株式会社








Arthroscopy Tehcniuqesにアクセプト論文  股関節鏡視下骨軟骨移植術

Takanori Kubo先生と一緒に書いた論文
股関節鏡視下骨軟骨移植(モザイクプラスティー)の論文が Arthroscopy Techniquesにアクセプトされました〜


Femoroacetabular impingementと合併している離断性骨軟骨炎に対する股関節鏡視下骨軟骨移植術の論文です。
非常に難しいとされてきて 通常観血的に行われる離断性骨軟骨炎を 最小侵襲の小さな創で行う画期的な手術術式です。


Ref.: Mss. No. ARTH-15-408R1
Hip Arthroscopic Osteochondral Autologous Transplantation for treating Osteochondral Dissecans of Femoral Head. Technical Note
Arthroscopy Techniques
Dear Dr. Uchida:
Thank you for your revision of the above-referenced manuscript. Everything is satisfactory and I am pleased to inform you that it has been accepted for publication in our open-access online journal, Arthroscopy Techniques.
Please note that the production process often requires the best plans to change. Thus, we cannot give you a specific date of publication.
Again, congratulations on the acceptance of your article.
Sincerely,
Melissa E. Berbusse
Managing Editor
Arthroscopy Techniques

第3回St.Luke’s Orthopedic Seminarのご案内

謹啓
時下、先生方には益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
この度下記要領にて第3回St.Luke’s Orthopedic Seminarを開催することになりました。
御多忙中とは存じますが、万障お繰り合わせの上、ご出席賜りますようお願い申し上げます。                                                     
謹白

日  時 : 平成27年7月16日(木) 18:45〜
会  場 : 聖路加国際病院 本館2階 トイスラー記念ホール 
      住所:東京都中央区明石町9−1   
            TEL:03−3541−5151  


【PROGRAM】
 
・製品紹介 (18:45〜19:00) 持続性疼痛治療剤『ノルスパンテープ』 久光製薬株式会社

座長 聖路加国際病院 整形外科 部長 黒田 栄史 先生

・講演1   (19:00〜20:00)
   演題 『変形性関節症の診断と治療 
       〜人工関節術後のスポーツ復帰率〜 』
   演者  聖路加国際病院 整形外科 医長  辻 荘市 先生

 日整会専門医資格継続1単位
  {リハビリテーション(理学療法、義肢装具を含む)} 又は、《S》スポーツ医資格継続1単位を取得できます。

・特別講演 (20:00〜21:00)
  演題 『FAIに対する股関節鏡視下手術最前線』
  演者 産業医科大学若松病院 整形外科 スポーツ関節鏡センター
                診療科長 診療教授 内田 宗志 先生
 
 日整会専門医資格継続1単位{外傷性疾患(スポーツ障害を含む) 、骨盤・股関節疾患}を取得できます。


・ 会終了後、情報交換会を予定しております。
・ 参加費1,000円ならびに単位申請費1単位につき1,000円を徴収させて頂きます。
 *受講証明は日整会IC会員カードを用いて行いますので、ご持参下さい。



勝つための暑さ対策 水分補給の仕方

今年の梅雨は、比較的涼しい日が続いていますが、気象庁の長期予報では、今年もエルニーニョ現象が続いており、夏は暑くなるという予報です。


エルニーニョ現象がおこる夏は、西日本はかなり暑くなる年が多かったようです。
梅雨の合間の晴れ間や梅雨があけたときに、急に気温が上昇することがあります。梅雨の時期にあまり暑い環境に体が慣れていない場合、急に気温が上昇すると、熱中症になりやすい危険性があります。


「熱中症」は、高温多湿な環境に長くいることで、徐々に体内の水分や塩分 のバランスが崩れ、体温調節機能がうまく働かなくなり、体内に熱がこもった状態を指します。屋外だけでなく室内で何もしていないときでも発症し、 救急搬送されたり、場合によっては死亡することもあります。 熱中症について正しい知識を身につけ、体調の変化に気をつけるとともに、 周囲にも気を配り、熱中症による健康被害を防ぎましょう。



水分摂取

○ 体内の水分総量は、体重の約2/3をうめます。

○体内の水溶液を総称して体液という。体液は細胞外液と細胞内液に分けられ、
そのうち細胞内液は体液の50〜60%をうめる。

<水分摂取の必要性>
〕浪鮑醉僉運搬作用、体温保持がある
熱中症の予防
集中力の持続
ぢ領呂両談廚鯔匹
ゥ僖侫ーマンス維持

根性論で水を飲ませないなどとすると、スタミナがうばわれ、神経の反射がにぶりますので、試合中の判断能力も失われます。


〇練習前、練習中、練習後にこまめに水分補給を行う。
〇ノドに渇きを感じた時には、すでにかなりの水分が失われている!
〇発汗した分だけ水分をとらないとだめ!
〇練習中汗を多くかく場合約15分ごとに、スポーツドリンクを倍に薄め、ある程度冷やしてこまめに飲料する。(一回で多量に飲まない)
〇摂取量は、練習前後の体重差が少ない量が適量といわれている。
○水分補給はいかに速く体内に吸収されるかである(糖分が多いと胃で溜まってしまい腸で吸収されない)
*特に暑い環境での試合・練習では熱中症を発症しやすくなりますので、水分は十分に摂取してください。
*運動後、非常に濃い尿が少量しか排出されなかったり、数時間も尿意を
催さなかったりする場合は運動中の水分摂取が足りないです。

汗が多くでるときの実際の水分摂取
「暑い時(練習中かなり汗をかくとき)」
練習前:薄目のスポーツ飲料
練習中:スポーツ飲料(濃いめのスポーツ飲料は半分に薄めて)
練習後:スポーツ飲料+クエン酸(梅干しなど


「水分補給の量」
○のどが渇いてからでは遅い(すでに脱水が始まっている)
◎運動が終わって1時間以内にトイレにいけばOK
◎ 練習後体重減が1坩米發覆蕋錬法扮親宛綢僚鼎2坩幣絽困辰討い譴价水症状の可能性あり)

練習前・試合前:薄目のスポーツドリンクを30分前までに500性函蔑習開始前までにおしっこが出るくらいでOK)
練習中・試合中:汗がぼたぼた垂れるときはスポーツドリンクに塩をひとつま
み入れる、ただししょっぱいと感じたら塩の量は多い。




※試合中は会場が暑い時はタイムの時に後頭部と頸椎部に氷を当てると体温の上昇を防げ、集中力も継続できます

練習後:試合後:スポーツドリンク+クエン酸(なければ梅干しなど)の入った飲料をすぐ飲む、量は適当でよいが250性箸楼む。その後着替えてからストレッチなどクールダウンをおこなう。
        特に、次の試合がある場合や試合が続く場合、筋肉のダメージを考慮するとタンパク質(特にBCAA分岐鎖のアミノ酸)の摂取も必要である。ゼリー状のものがよい。


寛骨臼形成不全(臼蓋形成不全)に対する股関節鏡視下手術の術後成績不良因子

皆様 梅雨が本格的になりましたが如何御すごしでしょうか?

このたび 私たちが 今まで臨床研究してきました論文が American Journal of Sports Medicineにアクセプトされました。整形外科の分野では最高峰のトップジャーナルです。

どのような仕事か少し解説していきます。

タイトル
Clinical and Radiographic Predictors for a Worsened Clinical Outcome, following Hip Arthroscopic Labral Preservation and Capsular Closure, in Developmental Dysplasia of the Hip.

寛骨臼形成不全に対する股関節鏡視下関節唇温存、関節包縫縮 の臨床的レントゲン的な術後成績不良因子


論文要旨

背景;寛骨臼形成不全 (以下 DDH)の患者は、関節唇損傷、関節不安定症、さらに変形性関節症へと進行するより大きなリスクがある。しかしながら股関節鏡視下手術のマネージメントに関しては、賛否両論がある。

2009年から2011年までの間に股関節鏡視下手術を行った患者のうち 両側例、変形性関節症などをのぞく 28人(男性6例 女性22例)を対象とした。平均年齢28.4歳  28人中 6人が再手術、3人が Tonnis grade IIへとOAに進行した 合計9人を 成績不良群  他19人は成功群とした。
Cox hazard analysis, univariate analysisそして、Kaplan Myere法を用いて解析した。

結果
28人中 9人( 37.5%)
は 成績不良であった。
Shenton Lineが破綻している。
Femoral Neck Shaft Angle > 140°
CE 角 <19°
BMI >23
は術後成績不良因子となりる。




原著 要旨

論文が掲載されたらのせます。





ということです。

これはアメリカスポーツ医学ジャーナル (American Journal of Sports Medicine)が、採択してくれた最大の理由は、 成績不良例を正直にだして解析した結果、どのような症例に対して股関節鏡をやらないほうがよいのか?  適応を明確にする 試金石となる仕事だからだと思います。

成績不良例の患者さんは、やはり申し訳ないことをしたという気持ちでいっぱいですが
その結果得られたことを 自分たちの施設だけでなく、より多くの方に知っていただくことになりました。患者さんには本当に多くのことを教えていただいています。

この論文がアクセプトされたことを契機に、医師やメディカルスタッフのすべての人は、患者さんにいつも感謝しながら、医療に従事することが大切だと 改めて感じました。


これからも謙虚に、誠実に、元気と勇気を患者さんに与えながら、がんばりたいと思います。















livedoor プロフィール
Dr Soshi Uchida website
英語のホームページを作成しました。 たずねてみてください。 Dr Soshi Uchida website
 産業医科大学若松病院
産業医科大学若松病院 連絡先 〒808−0024 北九州市若松区浜町1丁目17−1 電話 093−761−0090 当科へのお問い合わせメール uoehwakamatsusports@gmail.com 8月31日より変更になりました。 当院への外来予約専用ダイヤル TEL:093-285-3203 * 月〜金 9時〜18時 までご連絡下さい。
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Twetter
カテゴリー
ドクターのブログリンク

 NEJMを超えてゆけ
NEJMを超えてゆけ!



 スポーツドクター中村格子先生のブログ
スポーツドクター中村格子先生のブログ







 整形外科医のための英語ペラペラ道場
整形外科医のための英語ペラペラ道場
岡山大学整形外科 杉本佳久先生のブログです。



 つよぽんの避難所
つよぽんの避難所 つよぽん先生のブログ




 整形外科 論文ナナメ読み (JBJSなどなど)

愛知県のがみたけ 先生のブログです。

 Regista フットボールショップ
Registaフットボールショップ



 整形外科医のブログ)  17年目の整形外科医のブログ





 関節鏡外科医のblog
関節鏡外科医のブログ




 整形外科医リエチ先生の エンジョイサイクリング ランニング
整形外科医リエチ先生の エンジョイサイクリング ランニング

http://blog.riechi.net/
PT  ATC Technician LInk
 リアライン日記 蒲田和芳先生のブログ
 フィットネスの勧め フィットネスの勧め
 放射線技師魂 放射線技師魂のブログ@画像診断
じんどう整骨院アスリート
SAKA MASAYUI PTのブログ
サッカーのリンク



 薄野の舞姫
股関節痛を温存療法されている薄野の舞姫さんのブログ
ブログランキング
にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ
ニホン村 医療 医者
にほんブログ村 病気ブログ 手足・腕・膝の病気へ
応援のクリックお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 手足・腕・膝の病気へ
応援のクリックお願いします。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ