スポーツ整形外科医S. Uのブログ Sports Physician S.U Blog

Dr. Soshi Uchida of Wakamatsu hospital for sports injury is an orthopedic surgeon dedicated to research and treatment of hip, shoulder, knee and elbow sports injuries We will do our best for the treatment for the patients with smile and special skills. 関節鏡視下手術のテクニックを駆使して、最小侵襲で患者さんを治療しているドクターが綴るスポーツ医学の小ネタです。 18年間のJリーグ のチームドクター(柏→川崎(富士通時代)→大分 2010年からJ2昇格したギラヴァンツ北九州)の経験と、自身の柔道(3段)とラグビーをしてきており、幅広いスポーツ選手を診療しています。私の持ち味は、笑顔で診察します。 怪我をした選手に勇気、元気、根気を与えることをモットーとしています。カナダ トロント大学へ医学留学を2年間しており、英語を話せる外国人の診察もしています。 Sports Physician SU Sports Medicine Blog

Dr Soshi Uchida MD, PhD has been practicing his passion, orthopaedic surgery, for the last decade. The principles of sports medicine emphasize a comprehensive team approach in the conservative treatment of injuries with the goal of helping the patient return to a healthy state, and focuses on the prevention of new or recurrent injuries. When surgery is necessary, Dr. Uchida's specialty in arthroscopic techniques, especially hip arthroscopy, emphasizes less invasive surgery for a potentially easier and quicker recovery. These principles, initially developed for the competitive athlete, apply to all injuries whether they occur in the recreational environment, work place, or at home. He is a well-known figure in hip arthroscopic surgery, lecturing, travelling and teaching widely. In addition he has contributed extensively to the design and development of special instruments for arthroscopic surgery of the hip joint. Many patients living in Fukuoka, Nagasaki, Oita, Osaka, Kobe, Kyoto, Tokyo, Yokohama present to our hospital for their hip problem.

Consider These 10 Tips to Avoid Fall Sports Injuries  AAOS



AAOS presents Orthopaedic surgeons provide safety tips to avoid football, soccer and other fall sport injuries


AAOS



ROSEMONT, Ill. —Football, soccer, cheerleading and volleyball are popular fall youth sports activities. As kids settle into the new school year, they’re also excited to hit the field again. To help reduce the risk of common injuries, the American Academy of Orthopaedic Surgeons (AAOS) and the American Orthopaedic Society for Sports Medicine (AOSSM) offer safety tips to keep kids in the game and out of emergency rooms.

According to the Consumer Product Safety Commission (CPSC) in 2013:

Approximately 881,700 football-related injuries occurred in kids 5-18 years old
Nearly 434,000 were treated for soccer injuries
99,884 were treated for cheerleading-related injuries
More than 94,000 for volleyball related injuries

EXPERT ADVICE
“Overuse injuries are the most common types of sports-related injuries,” said AAOS spokesperson
Michael S. George, MD, who specializes in sports medicine. “Often times the initial aches and pains felt during the progression of an injury are overlooked by young athletes. It’s essential to teach them about the importance of informing a coach or parent about pain because an undiagnosed injury can become more severe in the long run.”

SPORTS SAFETY TIPS

Have a pre-season physical examination and follow your doctor’s recommendations.

Warm-up and cool down properly with low-impact exercises like walking or cycling.

Consistently incorporate strength training and stretching. A good stretch involves not going beyond the point of resistance and should be held for 10-12 seconds.

Hydrate adequately to maintain health and minimize muscle cramps. Waiting until you are thirsty is often too late to hydrate properly.

Keep an eye out for unsafe play surfaces. Playing grounds should be in good condition.

Don’t play through the pain. Speak with an orthopaedic sports medicine specialist or athletic trainer if you have any concerns about injuries.

When participating, wear protective gear such as properly fitted cleats, pads, helmets, mouth guard or other necessary equipment for the selected sport.

Play multiple positions and/or sports during the off-season to minimize overuse injuries.

Pay attention to weather conditions such as wet, slippery fields that can lead to injuries.

Avoid the pressure to overtrain. Listen to your body and decrease training time and intensity, if pain or discomfort develops. This will reduce the risk of injury and help avoid “burn-out.”

福井県臨床整形外科医会教育研修会のご案内

福井県臨床整形外科医会教育研修会のご案内

謹啓 時下、先生には益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
さてこの度、『福井県臨床整形外科医会教育研修会』を下記の要領で開催致します。
ご多忙の折とは存じますが、万障お繰り合わせの上何卒ご出席賜りますよう
ご案内申し上げます。
謹白
平成26年6月吉日
福井県臨床整形外科医会
会長  清水 宏和

日時:平成26年10月23日(木)19:00〜
場所:福井パレスホテル 
福井市順化1丁目5-18 TEL 0776-23-3800


情報提供 19:00-19:15
      「プロレナール錠について」   大日本住友製薬株式会社
教育研修会 
座長 清水整形外科 院長 清水 宏和 先生
『大腿骨寛骨臼インピンジメント(FAI)に対する
治療戦略と股関節鏡視下手術』
演者 産業医科大学若松病院 整形外科 診療教授 内田 宗志 先生

◎日整会教育研修会単位に認定されております。単位の必要な方は、受け付けの際に
1,000円納付下さい。
【整形外科専門医資格継続のため 】
◎日本医師会生涯教育研修単位の対象になります【】。
◎会終了後、情報交換会の場をご用意しております。

共催  福井県臨床整形外科医会
大日本住友製薬株式会社

トライデントスポーツ医療看護専門学校の講演

トライデントスポーツ医療看護専門学校 理学療法学科
秋期特別講演会および懇親会のご案内

このたび、下記の要領で理学療法学科主催の特別講演会を行います。当校関係者の皆様のご参加を、心よりお待ちしております。なお、特別講演会の終了後、講師の内田宗志先生を囲んで懇親会を行いますので、お気軽にご参加下さい。


■特別講演会

テーマ:股関節に対する整形外科診療最前線 −スポーツ傷害から鏡視下手術まで−
講 師:内田 宗志  
産業医科大学若松病院整形外科スポーツ関節鏡センター 診療教授

日 時:平成26年10月25日(土曜日) 17:00〜19:00
受付16:30〜
会 場:トライデントスポーツ医療看護専門学校 E館8階ホール
    〒464-8611 愛知県名古屋市千種区今池1-5-31(裏面地図参照)
URL http://sports.trident.ac.jp/
対 象:医師及びコメディカル医療従事者・スポーツ関連専門職の方(先着順にて150名まで)
会 費:無料
¬**************************************

■懇親会 
日 時:平成26年10月25日(土曜日) 19:30〜 開始予定
場 所:ホテルレオパレス名古屋 1階レストラン パティオRestaurant Patio(裏面地図参照)
会 費:3,000円(先着順にて50名まで)
※ 当日のキャンセルにつきましては、運営の都合上会費をいただくことになりますので、あらかじめご了承下さい。

**************************************
E-mail:tcs-pt@kawaijuku.jp
以下の項目を明記して、E-mailでお申込み下さい。 折り返しご連絡させて頂きます。
記入事項:―蠡亜糞施設名、所属部署)、∋疚勝↓O⇒軅茵E-mailならびに電話番号)
同施設で、複数名お申し込みされる場合は、取りまとめてご記入ください。
なお、ご登録アドレスは「docomo.ne.jp」や「softbank.ne.jp」「ezweb.ne.jp」など携帯電話会社のドメインではご連絡できません。Yahoo!やHotmail、GmailなどのPC用メールアドレスでのご登録をお願いします。(i.softbank.jpはご利用いただけます。)

※ 恐れ入りますが、準備の都合上10/12(金)までにお知らせください。なお、応募多数の場合、お断りをさせていただくこともございます。

Testimony letter from Foreigner Patient with FAI トルコから来られて手術を受けた患者さんの体験

Wakamatsu Hospital, Fukuoku, Japan
FAO - Prof. Dr. Soshi Uchida
Date: 20/10/2014
Sub: FAI / Hip Arthroscopy Surgery on 1st of Oct 2014



Dear Dr Uchida,



I am writing this letter to show my appreciation for the treatment of my hip joint problem in your hospital.
I have to say that your solid and extraordinary skill in performing Hip Arthroscopy surgery is not easy to achieve, you really did great job and helped me to get rid of my major problems in hip joint as well as groin, Thanks millions.

In nurse and rehabilitation stations, they took great care of me while I was at your facility. The quality of service was extremely high which helped me to recover fast.

I want to mention that all points I made were the real feelings and thoughts coming from the deepest side of my hearth.

I really like japan very much and i am impressed the level of people who are very well educated and have very good manner. beside the surgery, I met very nice people around and made very good friends.


I would also like to extend my thanks to the other staff members as well. They were all very supportive and helpful. I really appreciate this attitude of your staff and believe that they have trained in a very professional manner.


Keep up the great work. I wish you all the best.
Yours faithfully,

Mr. MGO from Turkey.





Dr Soshi Uchida consults out of Wakamatsu hospital for University of Occupational and Environmental health on Tuesday and Wednesday; and out of Oyamadai Orthopaedic Clinic on Thursday and Saturday and also out of Kyoto Shimogamo hospital on every 4th Thursday.
When attending your consultation, please ensure that you have current physician’s referral and bring any recent x-rays, scans, MRIs or other investigations related to your condition. Dr. Soshi Uchida operates at the following hospitals including private hospital in Tokyo and Kyoto city.


Dr Soshi Uchida has a preeminent surgical technique of arthroscopic surgery, especially hip arthroscopy following procedures..
1) Hip arthroscopic Labral repair and reconstruction.
2) Hip arthroscopy for synovial osteochondromatosis.
3) Hip Arthroscopic Shelf Acetabuloplasty for the patients and athletes with hip dysplasia.
4) Hip arthroscopy for femoroacetabular impingement



1) Wakamatsu Hospital for the University of Occupational and Environmental Health Japan.
Address: 1-17- 1 Hamamachi Wakamatsu Kitakyushu Fukuoka 808-0024 Japan
Phone: +81-93-761-0090 (extension: 6142)
Fax:+81-93-588-3904
http://www.uoeh-u.ac.jp/wakamatsu.html


























2) Ar-ex Oyamadai Orthopaedic ~ Tokyo Arthroscopy Surgery Center~

Address: 4-13-1 Todoroki Setagaya Tokyo 158-0082 Japan
Phone: +81-3-5758-3007
Fax: +81-5758-3008
http://ar-ex.jp/oyamadai/index.shtml

















3) Kyoto Shimogamo Hospital
Address:17 Shimogamo Higashi MOrigamae-cho Sakyoku Kyoto 696-0866 Japan
Phone: +81-75-781-1158

http://www.shimogamo.jp/























If you have any questions, please don't hesitate to contact me at soushi$med.uoeh-u.ac.jp (please change $ to @)

患者さん体験談、ママさんバレー

患者さんからの体験談です。



私は48歳でママさんバレーを楽しく5年程やっていました。

ある日右股関節がみるみる痛くなり、全くジャンプできなくなり、

そのうち寝ている時ですらずっと引きつるような痛みが続き、

バレーボールはもちろんできず、歩くことさえも苦痛になりました。

何をしても痛みは治まらず、もうこのまま大好きなバレーボールも一生できなくなり

唯一の趣味を失ってしまうのかと、どん底の気持ちでいました。

その時、藁にもすがる思いで調べまくり、内田宗志先生のことを知りました。

そして思い切って股関節唇鏡下手術を受けることにしました。

東京在住ですが、子供の春休みに合わせるため北九州の若松病院まで行き手術を受けました。

初めての手術でたくさん不安もあり、全身麻酔の後が一番きつかったですが

翌日からは普通にごはんも食べれて、数日後には松葉杖での歩行もでき

10日位で退院して東京に帰ってきました。(今はもっと早いようですが)

若松病院の医療スタッフの方々は、対応も親切で優しく、技術も本当に素晴らしかったので

遠い土地で一人ぽっちの入院生 活でしたが、穏やかに安心して過ごせました。

手術が終わって数か月後には、一度諦めていたバレーボールがまた少しずつできるようになりました。



そんな今

内田宗志先生には感謝の気持ちでいっぱいです。

内田先生は

長期間私を苦しめていた憎い痛みを取り除いてくれました。

そして

バレーボールを通してできたたくさんの仲間と久しぶりに再会でき、一緒にプレーができ、笑顔があり

勝った時の喜びを味わったり、みんなで飲む試合後の楽しい飲み会も、もう一度実現できるようになりました。

諦めかけていた楽しい 生活を取り戻してくれました。


すべて内田先生のおかげです。

まさしく「神の手」です。

そして手術の技術はもちろんですが、いつも笑顔でやさしいまなざしなのが大好きです。

ただ手術をするだけでなく、患者さんの身になって考えてくれている暖かさが伝わるので

内田先生のお顔を見るだけでもホッとするのです。

本当に神です。

日本に内田先生という素晴らしいドクターがいてくれて本当に感謝です。

ありがとうございました。



逆足も必ず内田先生にやってもらいたいです。

livedoor プロフィール
 産業医科大学若松病院
産業医科大学若松病院 連絡先 〒808−0024 北九州市若松区浜町1丁目17−1 電話 093−761−0090 当科へのお問い合わせメール uoehwakamatsusports@gmail.com 8月31日より変更になりました。 当院への外来予約専用ダイヤル TEL:093-285-3203 * 月〜金 9時〜18時 までご連絡下さい。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Twetter
カテゴリー
クリニックリンク

 都立大整形外科
都立大整形外科クリニックスポーツ関節鏡センター



 桜クリニック
桜クリニック



 福岡スポーツクリニック
堺整形外科福岡スポーツクリニック




 福岡和仁会病院
福岡和仁会病院




ドクターのブログリンク

 NEJMを超えてゆけ
NEJMを超えてゆけ!



 スポーツドクター中村格子先生のブログ
スポーツドクター中村格子先生のブログ







 整形外科医のための英語ペラペラ道場
整形外科医のための英語ペラペラ道場
岡山大学整形外科 杉本佳久先生のブログです。



 つよぽんの避難所
つよぽんの避難所 つよぽん先生のブログ




 整形外科 論文ナナメ読み (JBJSなどなど)

愛知県のがみたけ 先生のブログです。

 Regista フットボールショップ
Registaフットボールショップ



 整形外科医のブログ)  17年目の整形外科医のブログ



 東京医大スポーツ藩ブログ
東京医大スポーツ藩ブログ
東京医大山藤崇先生のブログです。




 関節鏡外科医のblog
関節鏡外科医のブログ




 整形外科医リエチ先生の エンジョイサイクリング ランニング
整形外科医リエチ先生の エンジョイサイクリング ランニング

http://blog.riechi.net/
PT  ATC Technician LInk
 理学療法士・一色史章の感謝ブログ
理学療法士 一色史章先生のブログ 新進気鋭の渡米しているPT 私の大切な仲間のブログ
 リアライン日記 蒲田和芳先生のブログ
 フィットネスの勧め フィットネスの勧め
 放射線技師魂 放射線技師魂のブログ@画像診断
じんどう整骨院アスリート
サッカーのリンク

 ベリサポのブログ
ニューウェーブ北九州ベリサポのブログ



 薄野の舞姫
股関節痛を温存療法されている薄野の舞姫さんのブログ
ブログランキング
にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ
ニホン村 医療 医者
にほんブログ村 病気ブログ 手足・腕・膝の病気へ
応援のクリックお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 手足・腕・膝の病気へ
応援のクリックお願いします。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ