スポーツ整形外科医S. Uのブログ Sports Physician S.U Blog

Dr. Soshi Uchida of Wakamatsu hospital for sports injury is an orthopedic surgeon dedicated to research and treatment of hip, shoulder, knee and elbow sports injuries We will do our best for the treatment for the patients with smile and special skills. 関節鏡視下手術のテクニックを駆使して、最小侵襲で患者さんを治療しているドクターが綴るスポーツ医学の小ネタです。 26年間のJリーグ のチームドクター(柏→川崎(富士通時代)→大分 2010年からJリーグ入りしたギラヴァンツ北九州)の経験と、自身の柔道(3段)とラグビーをしてきており、幅広いスポーツ選手を診療しています。私の持ち味は、笑顔で診察します。 怪我をした選手に勇気、元気、根気を与えることをモットーとしています。カナダ トロント大学へ医学留学を2年間しており、英語を話せる外国人の診察もしています。nSports Physician SU Sports Medicine Blog

Dr Soshi Uchida MD, PhD has been practicing his passion, orthopaedic surgery, for the last decade. The principles of sports medicine emphasize a comprehensive team approach in the conservative treatment of injuries with the goal of helping the patient return to a healthy state, and focuses on the prevention of new or recurrent injuries. When surgery is necessary, Dr. Uchida's specialty in arthroscopic techniques, especially hip arthroscopy, emphasizes less invasive surgery for a potentially easier and quicker recovery. These principles, initially developed for the competitive athlete, apply to all injuries whether they occur in the recreational environment, work place, or at home. He is a well-known figure in hip arthroscopic surgery, lecturing, travelling and teaching widely. In addition he has contributed extensively to the design and development of special instruments for arthroscopic surgery of the hip joint. Many patients living in Fukuoka, Nagasaki, Oita, Osaka, Kobe, Kyoto, Tokyo, Yokohama present to our hospital for their hip problem.

Shoulder arthroscopic bony Bankart Repair with suture anchors. 骨性バンカート病変に対して肩関節鏡視下にがっつり固定










Shoulder arthroscopic bony Bankart Repair with suture anchors. 骨性バンカート病変に対して肩関節鏡視下にがっつり固定


を更新いたしました。


肩関節鏡視下手術のなかで最も難しい手術のうちの一つです。

股関節鏡視下手術認定医一覧



読者の方の一人から
下記のようなメッセージをいただきました。

>ネットで検索しても、整体業者などが多く出て、なかなか股関節唇損傷という難しい症状名にはたどり>着けません。無駄なお金と時間を費やした患者は私だけではないようです。

日本股関節学会では下記のような技術認定医制度を設けています。
この専門医のいる病院であれば、 股関節痛でお悩みの患者さんは解決する近道だと思います。


http://hip-society.jp/tech/document/5_list_nintei.pdf?v210601

まずは医師の的確な診断をしたあと、保存療法で経過観察をするか 手術を受けるのかは
担当の先生にご相談ください。



伊藤 雅之 燕労災病院
内田 宗志  産業医科大学若松病院   アレックス尾山台東京関節鏡センター 京都下鴨病院
でも
診察を受けれます。

宇都宮 啓 東京整形外科スポーツクリニック
     産業医科大学若松病院 で 10年間修行

大島 誠吾 松山赤十字病院

大原 英嗣 市立ひらかた病院

金治 有彦 藤田医科大学
加谷 光規 加谷整形外科クリニック
    (北海道)
川崎 拓 滋賀医科大学

小林 直実 横浜市立大学附属市民総合医療センター

山藤 崇 アントラーズスポーツクリニック

杉山 肇 神奈川リハビリテーション病院

富沢 一生 獨協医科大学

錦野 匠一 錦野クリニック  
    産業医科大学若松病院で 研修

野口 森幸 JCHO 仙台病院

橋本 慎吾 神戸大学附属病院

福井 清数 金沢医科大学

福島 健介 北里大学

藤井 英紀 東京慈恵会医科大学

星野 裕信 浜松医科大学

三村 朋大 滋賀医科大学

山崎 琢磨 呉医療センター中国がんセンター

山田 和希 岡山大学
     産業医科大学若松病院で 研修

山本 泰宏 健康科学大学

和田 孝彦 (医)オサダ整形外科

渡邊 宣之 公立陶生病院

(敬称略・五十音順)

股関節外側の痛みの診断のための 臨床解剖 と超音波診療と鏡視下手術2022


みなさまこんばんは

新しく動画をつくって 股関節外側にある 大転子に付着する解剖学を
みんなで学んでみましょう。











成長期(骨格が未成熟)の肩関節不安定症の管理 マネージメント について

肩関節の脱臼をすると、中学生から高校生にかけて、骨格が未成熟(成長期)のアスリートに対しては治療方法がいまだに悩ましい課題です。
まだ骨端線が閉じていないから、保存療法でなんとかなるかもしれない という医療従事者側の思惑と、 保護者も可能であれば手術をさけたいという 思いが合わさり、 保存療法を選択することが少なくありません。


いくつかの文献がありますので、それに準じて治療方法を決めていますので、簡単にご紹介いたします。

ボストン大学のOwens先生のグループで Li先生が First authorで
JAAOSに発表している論文を紹介します。

下記から原著がダウンロードできます。

Management of Shoulder Instability in the Skeletally Immature Patient

論文要旨です。


Several studies have focused on management of shoulder instability in the adolescent and young adult population. However, a paucity of literature exists regarding shoulder dislocation in the skeletally immature population. The presence of an open physis makes the dislocated pediatric shoulder a challenging clinical problem. In general, management includes prompt reduction and
sling immobilization. In athletic patients aged ≥14 years with a Bankart lesion, early surgical intervention may be warranted because of the higher risk of recurrent instability. However, the literature on younger skeletally immature patients is less clear in terms of risk of further instability and the necessity of surgical
intervention. In the skeletally immature population, a relatively low rate of recurrent instability after primary dislocation has been reported in the recent literature. Surgical intervention should be considered for patients with recurrent instability.

いくつかの研究は、思春期や若年成人における肩の不安定性の管理に焦点をあてている。しかし、骨格が未熟な集団における肩関節脱臼に関する文献はほとんどない。開放性骨膜の存在により、小児の肩関節脱臼は臨床的に難しい問題である。一般的に、管理は迅速な整復とスリングによる固定を含む。14歳以上の運動選手でBankart病変がある場合、不安定性の再発のリスクが高いため、早期の外科的介入が正当化されるかもしれない。しかし、骨格が未熟な若年層の患者に関する文献は、以下の点であまり明確ではありません。
さらなる不安定性のリスクと外科的介入の必要性という点では、このようなことが言える。骨格が未熟な集団では、最近の文献では、一次脱臼後の不安定性の再発率が比較的低いことが報告されている。外科的介入を行うべき 不安定性が再発した患者さんには、検討の余地があります。





肩関節脱臼の約20%は20歳未満で発生しています。そのほとんどが前方脱臼で、男性に多くみられます。
外傷性肩甲上腕骨脱臼は10歳以下ではまれであり、外傷性脱臼の2%未満である。全体の推定
米国における肩関節脱臼の発生率は10万人年あたり23.9人であり、0歳から9歳の年齢層よりも20歳から29歳の年齢層で発生する脱臼の方がかなり多く、それぞれ10万人年あたり47.8人と0.92人となっています。


骨格が未熟な肩では、関節包靭帯損傷は本当にまれです。
小児の肩の関節包は成人のそれよりもはるかに弾力性があり、より回復力があることが示唆されている。さらに、関節包の関節窩への挿入は、骨格的に未熟な患者ではより外側にあり、その結果、より小さな 前内側凹部 治癒後、この関節包の構造により前部関節包の張力が増加し、不安定性の再発が起こりにくくなると考えられています。


脱臼をすると前方の関節包靭帯が弛緩する。
この組織の弛緩の増加は、臨床的な関連性を持つ可能性がある。Postacchiniらは、脱臼時に12歳から17歳の青年期患者28名を対象とした研究において、脱臼後平均7年目にX線画像評価を行った。脱臼時に14〜17歳であった患者において 脱臼の再発率は92%であり、これらの患者のいずれにも、その後の外科的介入を必要とするバンカート病変が画像上で観察された。しかし、13歳以下の年齢層では、MRI上でBankart病変は見られず、全ての患者が手術なしで治療できた。著者らは、若い年齢層の患者の肩は再移動する傾向がほとんどなく、それは包帯の弾性に起因していると結論付けている。

14歳という年齢が鍵となります。





スライド1



14歳以上であり、 骨端線(成長線)がレントゲン写真上閉鎖していれば、大人と同じように治療します。再脱臼率が高いことを患者さんにご説明をし、初回脱臼でも手術をすることが多いです。




14歳以下であり、 初回脱臼で リハビリテーションなど保存療法を行います。
再度脱臼をした場合には、  MRI 関節造影MRが望ましいです。

Bankart 病変があれば、 手術で安定させます。
Bankart 病変がなければ、 リハビリテーションや非手術療法で様子を見ます。

















形成不全性股関節症と 寛骨臼形成不全の診断

形成不全性股関節症とは、股関節の発育不全(寛骨臼形成不全)で生じる股関節症と定義される。

関節症とは、 軟骨が摩耗して、擦り切れ、軟骨の隙間がなくなり、痛みが生じるような状態を関節症といいます。
関節症には、レントゲン写真にて関節の隙間(関節裂隙)の広さから病気の進行程度を判断します。
前期股関節症→初期股関節症→進行期股関節症→末期股関節症と4段階の病期で進行します。



前関節症:寛骨臼形成不全など股関節形成に異常がみられますが、関節の形(関節軟骨)はまだ保たれています。この時期は長時間歩行後に脚がだるい、疲れ易いなどの症状があります。

初期股関節症:関節軟骨が磨耗して関節の隙間が狭くなりはじめた時期です。骨の周囲がX線で白くなって見えます(硬化)。この時期には筋力強化などのリハビリテーション治療が必要です。関節の変形の進行を予防するために関節温存手術を行う場合があります。


進行期股関節症:関節軟骨が広範囲に変性磨耗して関節の隙間が明らかに狭くなります。この頃になると骨のなかに嚢胞(Cyst)という空洞ができたり、骨のトゲ(骨棘)ができて変形はかなり進行しています。人工関節置換術の適応が多くなります。この頃にはしゃがみこみが困難になったり(可動域制限)、関節屈伸時の痛み・歩行時痛がとれなくなります。

末期股関節症:関節軟骨が完全に消失し関節のすきまがなくなります。
関節軟骨のすり減りが広範囲となり、関節裂隙が明らかに狭くなります。この頃になると軟骨下骨に嚢胞(Cyst)という空洞ができたり、関節周囲の骨のトゲ(骨棘)が大きくなったりして関節変形は進行していきます。進行すると安静時の痛みが出現し日常生活動作にも支障がでるようになります。治療としては主に人工股関節置換術を行います。


寛骨臼形成不全(臼蓋形成不全)とは、寛骨臼の形成が不十分で、被覆が浅い(股関節の屋根が浅い)疾患です。 アジア人、特に日本人に多く、成人男性0〜2%、女性2〜7%が寛骨臼形成不全と言われており、女性に多いことがこの疾患の特徴です。 荷重部が狭く、部分的に負荷がかかり、その状態が続くとその部分の軟骨がすり減っていきます

注)以前臼蓋形成不全という呼称は、日本整形外科学会用語集で 寛骨臼形成不全と統一されました。


寛骨臼形成不全は、レントゲン指標で診断します。

lateral center-edge angle(LCEA):大腿骨頭に対する寛骨臼外側の相対的な被覆程度を反映したである2)。正確な股関節正面像にて、骨頭中心と寛骨臼外側縁を結ぶ線と両側涙痕下縁を結ぶ線(tear drop line)に垂直な線とのなす角度で表し、20°未満をDDH、20〜25°を境界型DDH(BDDH)とすることが多いとされます。3,4)。



スライド1















Acetabular roof obliquity(ARO)Tonnis angleともいいます。5):寛骨臼の傾斜を評価するもので、股関節正面像において寛骨臼荷重部硬化帯(sourcil)内外側縁を結ぶ線とtear drop lineとのなす角で表し、15°より大きい場合は寛骨臼の形成不全があるとしています。

スライド2















false profile


















vertical center anterior angle(VCA angle):骨頭の前方被覆の評価としてfalse profile像(立位で骨盤を65°斜位にして撮影)におけるは、骨頭中心からsourcil前縁までを結ぶ線と水平線に対する垂線のなす角度で表し、25°以下が前方領域の形成不全があるとしている6)。








スライド3
























FEAR indexとは

一方、borderline BDDHにおいては、股関節の不安定性が実際にあるかどうか判断することは難しい。この問題に対して、Wyattら7)は不安定性の有無を判断する新たな画像評価法を提案している。彼らは大腿骨頭の骨端線が成長過程で反力に対して垂直に配向するというバイオメカニクスの概念に基づき、sourcilの内外側縁を結んだ線と大腿骨頭内の骨硬化線(骨端線が閉鎖した跡)とのなす角度、Femoro-Epiphyseal Acetabular Roof (FEAR) indexを計測し(図4)、外側への開きが大きい場合は股関節の不安定性があるとした。これは、有症状のborderline B DDHの手術治療において、関節鏡だけで処置が可能なのか、寛骨臼骨切り術まで行った方がよいのかを判断する上で有用な評価法になるかもしれない。







レントゲン写真指標 図











スライド1


















livedoor プロフィール

Dr. S.U

Dr Soshi Uchida MD, PhD has been practicing his passion, orthopaedic surgery, for the last two decade. The principles of sports medicine emphasize a comprehensive team approach in the conservative treatment of injuries with the goal of helping the patient return to a healthy state, and focuses on the prevention of new or recurrent injuries. When surgery is necessary, Dr. Uchida's specialty in arthroscopic techniques emphasizes less invasive surgery for a potentially easier and quicker recovery.
1992年 産業医科大学卒業
• 1992年 関東労災病院整形外科 スポーツ整形外科
• 2002年 トロント大学医学部 博士研究員•幹細胞研究
• 2006年〜 産業医科大学整形外科 助教
•   2012年〜 産業医科大学若松病院整形外科 診療教授
日本体育協会公認スポーツドクター
労働衛生コンサルタント(保健衛生)
日本整形外科学会専門医

スポーツ歴 柔道 ラグビー

Dr Soshi Uchida website
英語のホームページを作成しました。 たずねてみてください。 Dr Soshi Uchida website
 産業医科大学若松病院
産業医科大学若松病院 連絡先 〒808−0024 北九州市若松区浜町1丁目17−1 電話 093−761−0090 当科へのお問い合わせメール 当院への外来予約専用ダイヤル TEL:093-285-3203 * 月〜金 9時〜18時 までご連絡下さい。
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Twetter
カテゴリー
ドクターのブログリンク

 NEJMを超えてゆけ
NEJMを超えてゆけ!



 スポーツドクター中村格子先生のブログ
スポーツドクター中村格子先生のブログ





 整形外科医のための英語ペラペラ道場
整形外科医のための英語ペラペラ道場
岡山大学整形外科 杉本佳久先生のブログです。



 つよぽんの避難所
つよぽんの避難所 つよぽん先生のブログ




 整形外科 論文ナナメ読み (JBJSなどなど)

愛知県のがみたけ 先生のブログです。

 Regista フットボールショップ
Registaフットボールショップ



 整形外科医のブログ)  17年目の整形外科医のブログ




 関節鏡外科医のblog
関節鏡外科医のブログ



 マラソン膝関節外科医のブログ
マラソン膝関節外科医のブログ




 整形外科医リエチ先生の エンジョイサイクリング ランニング
整形外科医リエチ先生の エンジョイサイクリング ランニング

http://blog.riechi.net/
PT  ATC Technician LInk
 リアライン日記 蒲田和芳先生のブログ
 フィットネスの勧め フィットネスの勧め
 放射線技師魂 放射線技師魂のブログ@画像診断
じんどう整骨院アスリート
SAKA MASAYUI PTのブログ
サッカーのリンク


 薄野の舞姫
股関節痛を温存療法されている薄野の舞姫さんのブログ
ブログランキング
にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ
ニホン村 医療 医者
にほんブログ村 病気ブログ 手足・腕・膝の病気へ
応援のクリックお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 手足・腕・膝の病気へ
応援のクリックお願いします。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ