スポーツ整形外科医S. Uのブログ Sports Physician S.U Blog

Dr. Soshi Uchida of Wakamatsu hospital for sports injury is an orthopedic surgeon dedicated to research and treatment of hip, shoulder, knee and elbow sports injuries We will do our best for the treatment for the patients with smile and special skills. 関節鏡視下手術のテクニックを駆使して、最小侵襲で患者さんを治療しているドクターが綴るスポーツ医学の小ネタです。 18年間のJリーグ のチームドクター(柏→川崎(富士通時代)→大分 2010年からJ2昇格したギラヴァンツ北九州)の経験と、自身の柔道(3段)とラグビーをしてきており、幅広いスポーツ選手を診療しています。私の持ち味は、笑顔で診察します。 怪我をした選手に勇気、元気、根気を与えることをモットーとしています。カナダ トロント大学へ医学留学を2年間しており、英語を話せる外国人の診察もしています。 Sports Physician SU Sports Medicine Blog

Dr Soshi Uchida MD, PhD has been practicing his passion, orthopaedic surgery, for the last decade. The principles of sports medicine emphasize a comprehensive team approach in the conservative treatment of injuries with the goal of helping the patient return to a healthy state, and focuses on the prevention of new or recurrent injuries. When surgery is necessary, Dr. Uchida's specialty in arthroscopic techniques, especially hip arthroscopy, emphasizes less invasive surgery for a potentially easier and quicker recovery. These principles, initially developed for the competitive athlete, apply to all injuries whether they occur in the recreational environment, work place, or at home. He is a well-known figure in hip arthroscopic surgery, lecturing, travelling and teaching widely. In addition he has contributed extensively to the design and development of special instruments for arthroscopic surgery of the hip joint. Many patients living in Fukuoka, Nagasaki, Oita, Osaka, Kobe, Kyoto, Tokyo, Yokohama present to our hospital for their hip problem.

姫路整形外科リハビリテーション&スポーツ研究会で 講演します。


特別研修会
「股関節痛の診方と股関節鏡視下手術の実際」
第1回特別研修会を開催にあたり、小野志操先生 と柴原先生と一緒に講演することになりました。

よろしく御願いします。

また違う話をしますよ〜〜


テーマ:「股関節痛の診かたと股関節鏡視下手術の実際」

講 師:内田宗志 先生(産業医科大学若松病院整形外科臨床教授)
    柴原 基 先生(ツカザキ病院整形外科部長)
    小野志操 先生(京都下鴨病院主任理学療法士)

日 程:平成27年4月4日土曜日、17時30分開場、18時開演予定。

会 場:県立姫路労働会館

申 込:要事前申込、当日参加も可能
(受付を円滑に行うために、なるべく事前申込をお願いします。当日参加の場合、会場定員を超過すると入場をお断りする可能性があります。 ご了承下さい。)    

申し込み開始期間:平成26年12月1日より開始

参加費:事前申し込み  医師      5000円
           セラピスト・他 3000円

*事前申し込みの期間は3月28日が締め切り日です。
 
    当日参加    医師        6000円
           セラピスト・他   4000円

事前申し込み方法: 「特別研修会 参加申し込み」ページからお申し込みください。

懇親会:研修会終了後姫路駅周辺で懇親会を開催する予定です。
    人数上限あり、定員になり次第参加受付終了となります。
    内田先生も参加予定です!
    懇親会の参加費は3500円となります。


参加申し込みは
こちらから

姫路整形外科リハビリテーション&スポーツ研究会

 
*日本理学療法士協会 
 専門理学療法士制度の認定講習会として認定されました。
 運動器理学療法専門分野:5ポイント
 
 
*日本整形外科学会
 専門医単位認定研修会として認定されました。
 「骨盤・股関節疾患」分野:1単位

トミージョン手術の 術後成績 システマティックレビュー

トミージョン手術の記事を書いていましたら、日刊ゲンダイスポーツの取材をがありました。
昨日の記事に掲載されていますので ご覧ください。


トミージョン手術のリスクとは



トミージョン手術は、経験値の高いスポーツ整形外科医にとっては、それほど難しい手術ではありませんが、やはり一般整形外科でできるものではありません。

またスポーツ紙の記事によっては 100%復帰率などということが書いてありますが、
私の経験上、 100%目指してどんなに顔晴っても、やはり合併症などがひきおこり、
復帰できない症例もあります。


もう少し医学的エビデンスをもとに、詳細にみていきましょう




The Outcome of Elbow Ulnar Collateral
Ligament Reconstruction in Overhead
Athletes
A Systematic Review
Mark A. Vitale, MD, MPH, and Christopher S. Ahmad,* MD
From the Center for Shoulder, Elbow, and Sports Medicine, Department of Orthopaedic
Surgery, Columbia University, New York, New York



The Outcome of Elbow Ulnar Collateral Ligament Reconstruction in Overhead Athletes A Systematic Review



抄録の日本語訳を紹介します。


背景:オーバーヘッド選手肘の尺骨側副靱帯(UCL)の損傷は、一般的損傷であるが、治療せずに放置をした場合は、キャリア・エンディングとなるかもしれない。

目的:このシステマティック・レビューの目的は、オーバーヘッド選手でUCL再建の、すべての公開されたレポートを確認し、どの手術がよりよい成績であるかどうかを確認することでした。

研究デザイン:システマティックレビュー。

方法:オーバーヘッド選手でUCL再建を評価し、公表された研究論文の系統的レビューを行った。
Ovid Medlineのデータベースを使用。最小1年間のフォローアップを行った、UCL再建を施行したアスリートのコホートを持つすべての研究8レベルIII(後ろ向きコホート)の研究の合計8個で、その結果、含まれていた。のデータベースコンパイル済みの変数 人口統計学的変数、外科技術、コンウェイ・ジョーブの評価、および合併症の割合と種類を含む関心、。
さらに、研究は、選択、性能、検出、および除外バイアスの証拠について評価した


結果:人口統計データーは、各々の研究で似ていた。おおむね 83%の患者は術後成績がすばらしかった。 全体で 10%の合併症頻度であった。最も多い合併症は、術後尺骨神経麻痺であり 約6%に発生した。
筋肉を分けていくアプローチは、 屈筋腱を切離して行うアプローチよりも、術後成績が優れていた。

屈筋 回内筋群の切離するアプローチは  70%しか優れた結果がえられず、尺骨神経麻痺の発生頻度は 20%に対して、筋肉を分けて傷つけずにいくアプローチは 87%が優れた成績であり 尺骨神経麻痺の発生頻度は6%であった。

ドッキングテクニックは、Figure 8 (元祖Jobe 法 トミージョン手術)よりも 腫j痛成績がよかった。

結論:手術テクニックの進歩と、 とりわけよくもちいられている 筋肉スプリットアプローチは、 尺骨神経への取り扱いリスクが低くなり
ドッキングテクニックは 手術の合併症のリスクを低下させ、手術成績を向上させるという結果にんたる。
トミージョン損傷はかつては、キャリアーエンディング損傷としていちづけられていたが、
UCL再建術(トミージョン手術)の発展と進歩により、元のポジションや より高いレベルへの復帰が期待される。


Abstract

Background: Tears of the ulnar collateral ligament (UCL) of the elbow are common injuries in overhead athletes that may be career-ending if left untreated.
Purpose: The goal of this systematic review was to review all published reports of UCL reconstruction in overhead athletes, determine which techniques were associated with better outcomes, and assess the strengths and weaknesses of current data.
Study Design: Systematic review.
Methods: A systematic review of published studies evaluating reconstruction of the UCL in overhead athletes was performed using the Ovid Medline database. All studies with a cohort of athletes who underwent UCL reconstruction with a minimum of 1 year follow-up were included, resulting in a total of 8 Level III (retrospective cohort) studies. A database compiled variables of interest, including demographic variables, surgical techniques, Conway-Jobe ratings, and percentage and type of complications. Additionally, studies were evaluated for evidence of selection, performance, detection, and exclusion biases.
Results: Demographic data were similar between studies. Overall, 83% of patients in all studies had an excellent result. There was an overall 10% complication rate, with the most common complication being postoperative ulnar neuropathy, which occurred in 6% of patients. Transition to the muscle-splitting approach was associated with better outcomes than detachment of the flexor-pronator mass, as there was only a 70% rate of excellent results and a 20% rate of postoperative ulnar neuropathy in patients treated with detachment of the flexor-pronator mass compared with 87% excellent results and a 6% rate of postoperative ulnar neuropathy in patients treated with a muscle-splitting approach. Abandoning obligatory ulnar nerve transposition was associated with better outcomes, as there was only a 75% rate of excellent results and a 9% rate of postoperative ulnar neuropathy in patients treated with obligatory ulnar nerve transposition compared with 89% excellent results and a 4% rate of postoperative ulnar neuropathy in patients who did not have obligatory ulnar nerve transposition. The docking technique was associated with better outcomes, as there was a 76% rate of excellent results and an 8% rate of ulnar neuropathy in patients treated with a figure-of-8 technique compared with 90% excellent results and a 3% rate of postoperative ulnar neuropathy in patients treated with the docking technique and 95% excellent results and a 5% rate of postoperative ulnar neuropathy in patients treated with a modified docking technique.
Conclusion: The evolution in surgical techniques, most notably use of a muscle-splitting approach to the flexor-pronator mass, decreased handling of the ulnar nerve, and use of the docking technique, have resulted in improved outcomes and reduced complications. Although injury to the UCL was once a career-ending injury in overhead athletes, development and continued evolution of UCL reconstruction have made return to previous or higher level of athletic participation in sports highly likely. Future research should continue to utilize higher levels of evidence and compare new graft fixation techniques in an attempt to further improve the ability of overhead athletes to return to sports.
Keywords:










トミージョン損傷 肘尺側側副靭帯 治療のアルゴリズム と手術術式

投球スポーツによる肘尺側側副靭帯損傷 (トミージョン損傷) は、 選手生命を脅かし
1977年以前では、 キャリアーエンディング損傷といって 選手を引退させる損傷とされてきあmした。

1974年に、当時ドジャースのチームドクターだったフランク・ジョーブ博士が 靭帯再建術(通称トミージョン手術)を開発しました。
その初めての患者となったのが、その手術の通称として名を残すことになるトミー・ジョン。この手術後、ジョンは3度にわたって20勝をマークするなど164勝をマークして、同じ故障に悩む投手たちに光明をもたらしました。




昨日の項では、 保存療法の PRPについて 述べましたが、
やはり手術が必要な方もいらっしゃいます。

PRPも完全に断裂している選手には効果がないことが多いです。




治療のアルゴリズム

















治療のアルゴリズムは
理学所見で、不安定性が認められ、投球時の内側部痛が顕著にでている選手


MRで損傷がはっきりとしたものがなければ まずは保存療法となります。


MRで損傷がはっきりと認められ、さらに不安定性が 3ミリ以上あるものは
手術の適応として 選手本人と相談をして 手術をするか否かを決定しています。



手術の方法は 
アメリカの術式と 日本の 伊藤法とがあります。



UCL 再建術











Jobe博士が開発した 手術は  Jobe 法として  再建する腱を  八の字に移植する方法です。

2000年台になって登場した  Docking 法は  腱を上腕骨側で同じ骨孔にドッキングさせて移植をする方法です。




破断強度
















このバイオメカニクスによる研究では  Jobe 法よりも  docking法のほうが 靭帯が断裂する破断強度は おおきい すなわち  docking法のほうが 強いということが示唆されます。










日本で 慶友整形外科病院の 伊藤先生が 開発した  伊藤法
これはドッキング法ににていますが、 これに骨孔に 骨移植をして より強度をあげる手術術式です。

産業医科大学若松病院でも 従来の トミージョン手術ではなく より強い  docking 法に 伊藤法でおこなっている docking 法+骨移植術を行っています。















トミージョン手術を回避するにやるべきことは? PRPの効果 野球選手の肘尺側側副靭帯損傷 

トミージョン手術を回避するために 田中将大選手は PRP(多血小板血漿)療法をうけ、順調に回復しているのは 皆さんの記憶にまだ残っていることでしょう!


もちろんPRPだけが効果があるのではなく、本人をはじめとするリハビリテーションの努力によって選手は回復することがあります。


IMG_5758











IMG_5763













PRPは、自己の血液を特別な方法で分離し、血液成分の中でも良く傷を治す成分 (主にPDGF、TFF-β、IGF-?、EGF等の成長因子)を濃縮し、その一部分を手術時や外来での注射で、自己修復能力を促進させるために、用いる手法です。
近年、再生医療の研究が進む中、本法の術式が確立され、 創傷治癒の促進、止血効果、組織再生能、術後の疼痛軽減を目的に用いており、 特に欧米では整形外科や、皮膚科領域においても広く臨床応用されています。
この手法はご自身の血液をその場で採取し用いるため、 極めて安全かつ効率的に良好な結果の得られる手法です。




当院でも  トミージョン損傷 肘の UCL 尺側側副靭帯損傷に対して PRPをおこなってきました。


適応は;
1)UCL損傷と診断
2)エコーやMRで 断裂していて 不安定性がが顕著であること
3)社会的な理由で、手術ができない症例




2012年から2014年までの間に   UCL損傷(トミージョン損傷)と診断され、同部に PRP治療をうけた患者 13名  平均年齢16歳 (14〜21歳)

ピッチャー8人 キャっちゃ^2人 内野手1名 外野手1名であった

レントゲン写真上 裂離骨折が認められたのは 3例あった

12例中 8例が PRPで疼痛が消失し 、元のレベルへと復帰した。
1例は再建術、  尺骨神経炎で神経剥離をしたのは1名 であった。


12名中 1名が 効果がなく、 トミージョン手術をうけた。



以上が当院の Preliminaryな結果です。


故に トミージョン手術をうけるまえに PRP療法をうけることがメリットがあると思われます。


しかし 肘尺側側副靭帯損傷 (トミージョン損傷)にならないことがもっとも重要です。

高校野球で 連投している投手をみます。

アメリカでは、小学校から高校までの投球回数を 厳しく制限されています。

人間の体も、野球の投球のように酷使すれば 消耗品といっしょでこわれてきます。

指導者たちは、やはり子供たちの将来性を考えて、チームの勝利にこだわらず、
うまくローテーションでつないていくことが大切です。



















投球によるトミージョン損傷  Tommy John Injury 肘内側側副靭帯損傷(尺側側副靭帯損傷) ダルビッシュ選手が怪我とは?

ダルビッシュ有投手が 肘の痛みで一発で 投球ができなくなりました。

3月13日の会見で
MRI(磁気共鳴画像装置)を(6日午後に)撮って、球場に帰ってきてマイスター先生(レンジャーズのチームドクター)に診てもらって、『トミー・ジョン手術(靱帯修復手術の通称)した方がいいんじゃないか』って言われた瞬間に決めた。その場で、トミー・ジョンするだろうとは言いました」

この
Tommy John トミージョン 手術 は どのようなもので どのような選手がうけるのでしょうか

Tommy John手術は、 


 この手術法は1974年に、当時ドジャースのチームドクターだったフランク・ジョーブ博士が開発したもので、初めての患者となったのが、その手術の通称として名を残すことになるトミー・ジョン。この手術後、ジョンは3度にわたって20勝をマークするなど164勝をマークして、同じ故障に悩む投手たちに光明をもたらしました。






医学会では  Jobe法といって 考案した術者の名前がついています。


この手術をうける野球選手はどのような怪我なのでしょうか?








images-1









野球の投球動作は、写真のように肘が外反されます。






肘のストレス















そのときにかかる肘への負担は、一球投げるごとに 大人では平均62ニュートン(キロ) 子供では23ニュートン(キロ)の力が加わります。

投球回数が多くなればなるほど  また 大リーグの投手のように、 中4日で投球を投げ続けると 

肘への負担が度重なり、最初は炎症が生じます。







A00644F01














肘の内側には 内側靭帯(尺側靭帯) UCLというものがあり、肘が外反されないように、押さえている靭帯があります。

その靭帯にまず炎症が生じ、炎症が長引くと 靭帯組織が次第に脆弱化し(弱くなり) しまいには、靭帯が断裂してしまいます。


これはどんなに体を鍛えていても、柔軟や筋トレをしていても、使いすぎてしまうと、車のエンジンやブレーキパッドや タイヤがすり減ってくるように、 靭帯は損傷してくるものです。

これがおこらないようにするために、投球を制限する必要があります。


米国のメジャーリーグベースボールの 投手 ピッチャーの 約3分の1が トミージョン手術を受けていたと AAOS(アメリカ整形外科アカデミー) の ホームページで報告されています。


AAOS Tommy John injuries












livedoor プロフィール
Dr Soshi Uchida website
英語のホームページを作成しました。 たずねてみてください。 Dr Soshi Uchida website
 産業医科大学若松病院
産業医科大学若松病院 連絡先 〒808−0024 北九州市若松区浜町1丁目17−1 電話 093−761−0090 当科へのお問い合わせメール uoehwakamatsusports@gmail.com 8月31日より変更になりました。 当院への外来予約専用ダイヤル TEL:093-285-3203 * 月〜金 9時〜18時 までご連絡下さい。
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Twetter
カテゴリー
ドクターのブログリンク

 NEJMを超えてゆけ
NEJMを超えてゆけ!



 スポーツドクター中村格子先生のブログ
スポーツドクター中村格子先生のブログ







 整形外科医のための英語ペラペラ道場
整形外科医のための英語ペラペラ道場
岡山大学整形外科 杉本佳久先生のブログです。



 つよぽんの避難所
つよぽんの避難所 つよぽん先生のブログ




 整形外科 論文ナナメ読み (JBJSなどなど)

愛知県のがみたけ 先生のブログです。

 Regista フットボールショップ
Registaフットボールショップ



 整形外科医のブログ)  17年目の整形外科医のブログ





 関節鏡外科医のblog
関節鏡外科医のブログ




 整形外科医リエチ先生の エンジョイサイクリング ランニング
整形外科医リエチ先生の エンジョイサイクリング ランニング

http://blog.riechi.net/
PT  ATC Technician LInk
 リアライン日記 蒲田和芳先生のブログ
 フィットネスの勧め フィットネスの勧め
 放射線技師魂 放射線技師魂のブログ@画像診断
じんどう整骨院アスリート
SAKA MASAYUI PTのブログ
サッカーのリンク



 薄野の舞姫
股関節痛を温存療法されている薄野の舞姫さんのブログ
ブログランキング
にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ
ニホン村 医療 医者
にほんブログ村 病気ブログ 手足・腕・膝の病気へ
応援のクリックお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 手足・腕・膝の病気へ
応援のクリックお願いします。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ