スポーツ整形外科医S. Uのブログ Sports Physician S.U Blog

Dr. Soshi Uchida of Wakamatsu hospital for sports injury is an orthopedic surgeon dedicated to research and treatment of hip, shoulder, knee and elbow sports injuries We will do our best for the treatment for the patients with smile and special skills. 関節鏡視下手術のテクニックを駆使して、最小侵襲で患者さんを治療しているドクターが綴るスポーツ医学の小ネタです。 18年間のJリーグ のチームドクター(柏→川崎(富士通時代)→大分 2010年からJ2昇格したギラヴァンツ北九州)の経験と、自身の柔道(3段)とラグビーをしてきており、幅広いスポーツ選手を診療しています。私の持ち味は、笑顔で診察します。 怪我をした選手に勇気、元気、根気を与えることをモットーとしています。カナダ トロント大学へ医学留学を2年間しており、英語を話せる外国人の診察もしています。 Sports Physician SU Sports Medicine Blog

Dr Soshi Uchida MD, PhD has been practicing his passion, orthopaedic surgery, for the last decade. The principles of sports medicine emphasize a comprehensive team approach in the conservative treatment of injuries with the goal of helping the patient return to a healthy state, and focuses on the prevention of new or recurrent injuries. When surgery is necessary, Dr. Uchida's specialty in arthroscopic techniques, especially hip arthroscopy, emphasizes less invasive surgery for a potentially easier and quicker recovery. These principles, initially developed for the competitive athlete, apply to all injuries whether they occur in the recreational environment, work place, or at home. He is a well-known figure in hip arthroscopic surgery, lecturing, travelling and teaching widely. In addition he has contributed extensively to the design and development of special instruments for arthroscopic surgery of the hip joint. Many patients living in Fukuoka, Nagasaki, Oita, Osaka, Kobe, Kyoto, Tokyo, Yokohama present to our hospital for their hip problem.

Dr Cecilia Pascual Garrido と 山門浩太郎先生 との講演と 論文の必要性

4月13日 水曜日に 若松スポーツ関節鏡研究会を開催しました。
雨の日にもかかわらず 70名の先生方にご参加いただきました 厚く御礼申し上げます。



IMG_1950













山門先生は 金沢大学ご出身で かの金沢大学はAAOSに毎年10本もアクセプトされる。アクティビティーの高い教室です。そこから福井総合病院の部長としてご活躍されています。

広範囲腱板断裂に対するマネージメントについて お話してくださいました。



非常にわかりやすく また英語が流暢で 英語のスライドを作ってきてくださいました。


IMG_1951


















座長は 最近若松病院で 活躍されている 新進気鋭の 鈴木仁士先生にしていただきました。





Dr Cecilia Pascual Garrido先生 私は親しい友じんとして  C.Cと呼んでいます。


C.Cは 昨年の AAOS JOA combined meetingで一緒に講演をした  Rush universityの Dr. Shane Nho先生の フェローでした。その紹介で 講演をしていただく前に  若松病院で 手術をご見学いただきました。




IMG_1965















左が 内田宗志  右が  Dr.Cecilia


その後 股関節鏡と 股関節の軟骨の再生の話 特に将来の展望ついてお話ししていただきました。


IMG_1953













この二人のすごいところが  この5年間で20本以上の論文を書いているところです。
C.Cは 50本くらい書いているのです。
どうしてそんな時間があるのでしょうか?

アメリカでは 各々のラボに  Research Corrdinatorや Wrting technicianといった いわゆる研究計画立て、論文も書いてくれる人がいるとことでした。

臨床家で手術件数が多くても、これだけの業績を上げることができることがようやく判明しました。


分業と 大量生産の アメリカ 
見習うことが多い 友人が かの国にたくさんいるのは 私は幸せなのかもしれません。

論文を書くということは 患者さんから見ると 私たちを実験台に使ってとか 思われる方もいらっしゃるかもしれません。決してそうではないことをご理解ください。
整形外科医が行う手術は、手術がうまい人の手術が 羨望の眼差しで見られがちですが、そうではないと考えています。
誰が行っても、同じ制度で 同じ成績が得られることが 良い手術 良い治療法だと思います。

私が行っても、うまくどれも同じ制度で行ったと思っても、
もちろん成績がよい人の方が圧倒的に多いですが、中にはなかなか痛みが取れない方
治らない方 悪くなる方 など様々な方がいらっしゃいます。所詮我々が行っているのは患者さんが治るのをお手伝いしているだけなのです。  「神の手」などというのはなりたいけど、絶対になれないんです。

それを正直に正確に まとめて 世の中に公表し、何を改善すればより良い成績になるのかを検証することが医学の発展に繋がっていきます。

若松病院で働き始めて 5年経過しました。
今まで5年間の 総結集をこの1〜2年で 論文としてまとめていきます。
これができるのも 私たちが治療させていただいた患者さんのおかげです。深く感謝いたしております。






内田宗志は  

Dr. Soshi Uchida is taking care of the patient in Fukuoka, Tokyo and Kyoto.


産業医科大学若松病院

 火曜日と水曜日の午後外来をしています。


尾山台整形外科クリニック 東京関節鏡センター

東京都世田谷区でも第1 第3木曜日午前中と土曜日隔週で診察をしています。詳しくは御問い合わせください。






京都下鴨病院

古都 京都でも 第四木曜日に外来をしています。 午後手術をしています。


関西方面の方や名古屋、岐阜 福井の方が来られて 診察を受けられています。







年間股関節鏡の手術件数が200件で  total 1000件を超え、アジアでナンバーワンの手術件数を誇り、海外からも患者さんも来られる 経験豊富で 患者さんに向き合った治療を行う  Dr Soshi Uchidaにお問い合わせください。




股関節唇損傷は 出血をおこして 水がたまることがあります。
通常はあまり水がたまることはありませんが、股関節唇損傷が長引き、炎症が強く 関節炎がひどくなれば、出血や血管の透過性が亢進して 水がたまります。(俳優の坂口憲二さんの例がそのようです)

股関節専門医もしくはスポーツ整形外科医で股関節鏡の手練れのドクターにご相談ください。



内田宗志は エリートアスリートやほかに知られたくないかたの外来診察も行っています。隠密に来られる方は 下記までんご連絡ください
御問い合わせください   soushi☆med.uoeh-u.ac.jp  (☆を @に変更してください)



尾山台整形外科クリニック 東京関節鏡センター

東京都世田谷区でも木曜日午前中と土曜日隔週で診察をしています。詳しくは御問い合わせください




 










































勤勉と倹約の本当の意味を知る。 菜根譚


勤勉とは本来、道徳の実践に励むという意味なのであるが、世の中には財産を増やすための仕事に励むことだと 勘違いしている人が大勢いる。

また倹約という言葉であるが、本来は、お金に無関心という意味なのに、世の中には、ケチを正当化する正当化する口実として使っている人が大勢いる。

この二つが、自らの人間性に磨きをかけるために日々を実践すべきことであるが、
今や私利私欲を追求する道具になっている。これは非常に残念である。


菜根譚 前集163



中国古典の知恵に学ぶ 菜根譚
洪自誠
ディスカヴァー・トゥエンティワン
2007-12-15





中国人からきた本であるが、中国人よりも日本人の方がよく読んでいるという本であります。


第三回若松整形外科スポーツ関節鏡研究会のご案内

謹啓
早春の候、先生方におかれましてはますます御健勝のこととお喜び申し上げます。
下記要領にて第3回若松整形外科スポーツ関節鏡研究会を開催致します。 ご多忙中とは存じますが、万障お繰り合わせの上ご出席賜りますようご案内申し上げます



日 時: 平成28年4月13日(水)19時15分〜
会 場: リーガロイヤルホテル小倉 3階「オーキッド」
リーガロイヤルホテル小倉




住 所: 北九州市小倉北区浅野2−14−2
TEL 093−531−1121

【製品紹介】 19:15〜19:30
  「経皮鎮痛消炎剤の最近の話題」     久光製薬株式会社


【特別講演1】 19:30〜
座長:産業医科大学若松病院 整形外科 鈴木 仁士 先生
演題:『広範囲腱板断裂に対する治療(腱移行術〜人工関節置換術)』
演者:福井総合病院 スポーツ整形外科部長 山門 浩太郎 先生

福井の世界で戦っている山門先生のご登場です。




【特別講演2】 20:30〜
座長:産業医科大学若松病院 整形外科 スポーツ関節鏡センター
診療科長  内田 宗志

私のアメリカのコロラド大学から 若松病院に手術の見学に来られる予定である Cecilia 先生に
ご講演をしていただくことになりました。
新しい軟骨治療についてご講演いただきます。

演題:『Biological and Surgical Treatment of Cartilage Lesion in the Hip  : A New Horizon』
演者:Hip Preservation Center, University of Colorado
Assistant Professor Cecilia Pascual-Garrido




Biological and Surgical Treatment of Cartilage Lesion in the Hip: A New Horizon

Cecilia Pascual-Garrido, MD
Hip Preservation, Sports Medicine
University of Colorado
Denver, Colorado, USA
Cecilia.pascual-garrido@ucdenver.edu





Dr Cecilia Pascual-Garrido







抄録です。 股関節鏡だけでなく 新しく関節軟骨をどのように将来的に治療していくかを New Horizonとして厚く語ってくれるはずです。英語でのご講演 メディカルスタッフの方も是非ご参加ください。

Treatment of hip cartilage disease is challenging and there is no clear algorithm to address this entity. Biomarkers are arising as a promising diagnostic tool as they could play a role in the early assessment of the pre-arthritic joint and as a prognostic factor before and after treatment. In the future, treatment for cartilage lesions will include biological therapies. With the growth of surgical skills in hip arthroscopy, cartilage restoration techniques are evolving in an exponential manner. The purpose of this presentation is to teach and discuss biologics and surgical options of cartilage lesions in the hip. In addition prevalence and treatment of concomitant FAI (femoroacetabular impingement) and hip dysplasia will be discussed. The future of cartilage lesions in the hip emphasizing bioprinting, hydrogels and stem cells will be discussed.




講演1 日整会教育研修単位(N)【必須分野】02 外傷性疾患(スポーツ障害含む) 09 肩甲帯・肩・肘関節疾患
講演2 日整会教育研修単位(N)【必須分野】01 整形外科基礎学 11 骨盤・股関節疾患
※日整会教育研修会受講料:1単位 1,000円  
※参加費:1,000円 
※当日は軽食をご用意しております。
共催 :若松整形外科スポーツ関節鏡研究会 久 光 製 薬 株 式 会 社

平成27年度 第三回 堺臨床整形外科医会学術講演会

菅谷先生とコラボ講演が 2月27日土曜日に 大阪府堺市でありました。


なかなかない 講演ですので、
私も気合いをいれて、 新しいスライドソフト PREZIで講演準備を進めていました。




平成27年度 第三回 堺臨床整形外科医会学術講演会
日時:平成28年2月27日(土) 15:20〜18:30
場所:アゴーラリージェンシー堺 3F 『春慶』


アゴーラリージェンシー堺












Session機15:30−16:30)  
座長 : 医療法人嘉祥会 田村外科 田村 友彦 
 『整形外科医が知っておきたい認知症に関する話題』 
 公立大学法人 大阪市立大学医学部附属病院
                      神経精神科 教授 井上 幸紀 先生


Session供16:30−17:30)
座長 :医療法人 オサダ整形外科クリニック 和田 孝彦 
 『股関節痛の診断の仕方と股関節鏡視下手術のマネージメント』 
 産業医科大学若松病院 整形外科 診療教授 内田 宗志 先生






Session掘17:30−18:30)
座長 :医療法人泉友会 熊野クリニック 熊野 文雄  
 『中高年の肩疾患の特徴と最近の話題』 
 医療法人社団紺整会 船橋整形外科病院 
                 
肩関節・肘関節センター長 菅谷 啓之 先生







菅谷啓之先生は 私の肩関節鏡手術の師匠です。
師匠との共演は はじめてでした。

講演の流れ わかりやすさ は すばらしく 聴衆を魅了していました。


IMG_1398













IMG_1407














和田孝彦先生は 股関節のことを教えてくださった兄貴です。
終わりにステーキを食べにつれていってくださいました。


貴重な経験を 堺でさせていただきました ありがとうございました。









AAOS 2016 Annual meeting in Orlando.

先日アメリカ整形外科アカデミー学会に参加して 口演発表してきました。

口演発表は今年の採択率は8%という難関のなか、 私としては三度目 産業医大スポーツ関節鏡グループからは 5度目の発表でした。

アメリカ人でも一生で一回あるかないかのことなので、発表のときは緊張しています。

3月3日木曜日に発表しました。



IMG_1441











IMG_1448







































IMG_1477



























IMG_1480















アメリカに来ると 日本人だけでなく アメリカなど 他の大学の先生達との交流も盛んになります。



東京医科歯科大学の関矢一郎先生 古賀先生 中川先生とご一緒させていただきました

キューバ料理を堪能しました。














IMG_1423




















慶友病院の 古島先生 山形大学の丸山先生  京都下鴨病院の 森大祐先生も 初日にステーキをいただきました


このような日本の各分野での最高峰の先生達が集うなかに参加させていただけるのも、
若松病院で一緒に働いている 若い先生たち、 病棟 外来スタッフ のかたがたのおかげです。
また患者さんにはたくさんのことをおしえていただいているおかげです。
感謝しています。








livedoor プロフィール
Dr Soshi Uchida website
英語のホームページを作成しました。 たずねてみてください。 Dr Soshi Uchida website
 産業医科大学若松病院
産業医科大学若松病院 連絡先 〒808−0024 北九州市若松区浜町1丁目17−1 電話 093−761−0090 当科へのお問い合わせメール uoehwakamatsusports@gmail.com 8月31日より変更になりました。 当院への外来予約専用ダイヤル TEL:093-285-3203 * 月〜金 9時〜18時 までご連絡下さい。
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Twetter
カテゴリー
ドクターのブログリンク

 NEJMを超えてゆけ
NEJMを超えてゆけ!



 スポーツドクター中村格子先生のブログ
スポーツドクター中村格子先生のブログ







 整形外科医のための英語ペラペラ道場
整形外科医のための英語ペラペラ道場
岡山大学整形外科 杉本佳久先生のブログです。



 つよぽんの避難所
つよぽんの避難所 つよぽん先生のブログ




 整形外科 論文ナナメ読み (JBJSなどなど)

愛知県のがみたけ 先生のブログです。

 Regista フットボールショップ
Registaフットボールショップ



 整形外科医のブログ)  17年目の整形外科医のブログ





 関節鏡外科医のblog
関節鏡外科医のブログ




 整形外科医リエチ先生の エンジョイサイクリング ランニング
整形外科医リエチ先生の エンジョイサイクリング ランニング

http://blog.riechi.net/
PT  ATC Technician LInk
 リアライン日記 蒲田和芳先生のブログ
 フィットネスの勧め フィットネスの勧め
 放射線技師魂 放射線技師魂のブログ@画像診断
じんどう整骨院アスリート
SAKA MASAYUI PTのブログ
サッカーのリンク



 薄野の舞姫
股関節痛を温存療法されている薄野の舞姫さんのブログ
ブログランキング
にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ
ニホン村 医療 医者
にほんブログ村 病気ブログ 手足・腕・膝の病気へ
応援のクリックお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 手足・腕・膝の病気へ
応援のクリックお願いします。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ