スポーツ整形外科医S. Uのブログ Sports Physician S.U Blog

Dr. Soshi Uchida of Wakamatsu hospital for sports injury is an orthopedic surgeon dedicated to research and treatment of hip, shoulder, knee and elbow sports injuries We will do our best for the treatment for the patients with smile and special skills. 関節鏡視下手術のテクニックを駆使して、最小侵襲で患者さんを治療しているドクターが綴るスポーツ医学の小ネタです。 22 年間のJリーグ のチームドクター(柏→川崎(富士通時代)→大分 2010年からJリーグ入りしたギラヴァンツ北九州)の経験と、自身の柔道(3段)とラグビーをしてきており、幅広いスポーツ選手を診療しています。私の持ち味は、笑顔で診察します。 怪我をした選手に勇気、元気、根気を与えることをモットーとしています。カナダ トロント大学へ医学留学を2年間しており、英語を話せる外国人の診察もしています。nSports Physician SU Sports Medicine Blog

Dr Soshi Uchida MD, PhD has been practicing his passion, orthopaedic surgery, for the last decade. The principles of sports medicine emphasize a comprehensive team approach in the conservative treatment of injuries with the goal of helping the patient return to a healthy state, and focuses on the prevention of new or recurrent injuries. When surgery is necessary, Dr. Uchida's specialty in arthroscopic techniques, especially hip arthroscopy, emphasizes less invasive surgery for a potentially easier and quicker recovery. These principles, initially developed for the competitive athlete, apply to all injuries whether they occur in the recreational environment, work place, or at home. He is a well-known figure in hip arthroscopic surgery, lecturing, travelling and teaching widely. In addition he has contributed extensively to the design and development of special instruments for arthroscopic surgery of the hip joint. Many patients living in Fukuoka, Nagasaki, Oita, Osaka, Kobe, Kyoto, Tokyo, Yokohama present to our hospital for their hip problem.

新型コロナウィルス感染拡大の中 新しい挑戦 VOL.1 2nd ASHA meeting

みなさまおはようございます。
みなさまのご協力のおかげで、 新型コロナウィルスの感染拡大が収まりつつあります。

4月6日から緊急事態宣言が発動されて、
関東と北海道をのぞいて、 5月21日に関西も解除されました。


4月初めに、感染拡大が一気に進む中、私たち
産業医科大学若松病院整形外科

が Organizing chairpersonとして アジア股関節鏡学会を ウェブ開催しました。

無料で  e-poster 抄録などをご覧にいただくことが可能です。



第2回アジア股関節鏡学会




今現在、世の中医学情報としては、新型コロナウィルスの医学情報がほとんどです。
しかしながら、他の医学分野の情報や発展をそのために途絶えさせるわけにはいかないと考えました。


全国的な学会はほぼ中止や延期という decisionがなされる中で
1月に 中止ではなく、  Web開催を行う決定をし、みなさまの多大なるご協力のおかげで やり遂げることができました。























この開催方式は、世界各国からメールをいただき、賞賛され、Game changerとなるとおっしゃっていただけました。


世の中では、ある国が 別の国を、「感染拡大した責任を取れ」だの
ツイッターや SNSでは、政府や医療機関などの批判や中傷が あとを絶ちません。

しかしこの新型コロナウィルスの影響で 
本当に感染した患者さん
そのご家族
そして休業を余儀なくされて、毎日の生活が苦境に多々させている人

私の身近にいらっしゃいますが、この人たちは、批判や中傷などせず、一生懸命生きています。
生きぬこうと 必死です。


みなさま この時期だからこそ、自分のやれることを 見つけて、また他の人の手助けになれることを
一つ一つ丁寧に 真心を込めて行っていくことこそ、
世界のために大切だと思います。














高位脛骨骨切り術 とは  High tibial osteotomyとは


〜患者さんとご家族の方へ〜



変形性膝関節症は中高年の女性を中心に日本国内だけで約2500万人がかかっているといわれており、高齢化社会の進展に伴ってさらに増加すると見込まれています。保存療法で改善しないと
手術が必要です。


この冊子は、その手術が必要となった方、特に高位脛骨骨切り術
(HTO手術:High Tibial Osteotomy 略してHTO)を受けられ
る方へ手術の理解を深めて頂くと共に、他の手術との比較など参
考にして頂きたく作成致しました。
皆様の疑問や不安が無くなると共に、手術後、早期に仕事や運動
や趣味に復帰されるよう切に願っております。






ここにパンフレットがありますので


ご覧ください


高位脛骨骨切り術 パンフレット









イベルメクチン 新型コロナウィルスへの有効性   なぜ効くのか?/Impα/β1ヘテロダイマーに結合して不安定化する 

 最近新型コロナウィルスの感染拡大が 世界中を席巻しています。
少し 明るい話題としては、
 大村智教授 (北里大学)らが開発された 線虫の薬 イベルメクチン (Ivermectin)
が効果があるという 話題です、

その研究の和訳をご紹介いたします。
原著は こちら
https://papers.ssrn.com/sol3/papers.cfm?abstract_id=3580524


Importance: There is no established anti-viral therapy for treating COVID-19 illness.
重要性:COVID-19疾患を治療するための確立された抗ウイルス療法はありません

Objective: To study the usefulness of Ivermectin, an antimicrobial therapy, in COVID-19 outcomes.
目的:COVID-19の転帰における抗菌薬であるイベルメクチンの有用性を研究することである。



Design: An international, multicenter, observational propensity-score matched case-controlled study using prospectively collected data on patients diagnosed with COVID-19 between January 1, 2020 and March 31, 2020.


設計:2020年1月1日から2020年3月31日の間にCOVID-19と診断された患者に関する前向きに収集されたデータを使用した、国際的な多施設観察傾向スコア対応症例対照研究。



Setting: An international multi- institutional deidentified healthcare outcomes database.
設定:国際的な複数機関による匿名化された医療成果データベース。


Participants: Hospitalized patients diagnosed with COVID-19 determined by presence of a positive laboratory finding confirming SARS-CoV-2 infection.
参加者:SARS-CoV-2感染を確認する陽性の検査所見の存在によって決定された、COVID-19と診断された入院患者。



Exposure: Ivermectin (150mcg/Kg) administered once compared with COVID-19 patients receiving medical therapy without ivermectin.

暴露:イベルメクチンなしで薬物療法を受けているCOVID-19患者 及びイベルメクチン(150mcg / Kg)1回投与された患者との 比較。



Main Outcome: The principal outcome was to assess the association of ivermectin administration with survival in COVID-19.

主な結果:主な結果は、イベルメクチン投与とCOVID-19の生存との関連を評価すること。



Results: The cohort (including 704 ivermectin treated and 704 controls) was derived from 169 hospitals across 3 continents with COVID-19 illness. The patients were matched for age, sex, race or ethnicity, comorbidities and a illness severity score (qSOFA). Of those requiring mechanical ventilation fewer patients died in the ivermectin group (7.3% versus 21.3%) and overall death rates were lower with ivermectin (1.4% versus 8.5%; HR 0.20 CI 95% 0.11-0.37, p<0.0001).

結果:コホート(イベルメクチン治療704例および対照704例を含む)は、COVID-19疾患のある3つの大陸の169の病院から得られました。患者は、年齢、性別、人種または民族、併存症、および疾患重症度スコア(qSOFA)について照合されました。人工呼吸を必要とする患者のうち、イベルメクチン群で死亡した患者はより少なく(7.3%対21.3%)、全体的な死亡率はイベルメクチンの方が低かった(1.4%対8.5%、HR 0.20 CI 95%0.11-0.37、p <0.0001)。



Conclusions and Relevance: The administration of ivermectin during COVID-19 illness in hospitalized patients is associated with a lower mortality and hospital length of stay. These findings require confirmation in randomized controlled trials.
結論と関連性:入院患者のCOVID-19疾患におけるイベルメクチンの投与は、死亡率と入院期間の低下に関連しています。これらの調査結果は、無作為化比較試験での確認が必要です。



Note: Conflict of Interest: Dr. Mehra reports no direct conflicts pertinent to the development of this paper. Other general conflicts include consulting relationships with Abbott, Medtronic, Janssen, Mesoblast, Portola, Bayer, NupulseCV, FineHeart, Leviticus and Triple Gene. Dr. Desai is the founder of Surgisphere Corporation, Chicago, IL. The other authors have no pertinent conflicts to report.


注:利益相反:Mehra博士は、このホワイトペーパーの開発に関連する直接的な衝突はないと報告しています。その他の一般的な競合には、Abbott、Medtronic、Janssen、Mesoblast、Portola、Bayer、NupulseCV、FineHeart、Leviticus、Triple Geneとのコンサルティング関係が含まれます。デサイ博士は、イリノイ州シカゴのSurgisphere Corporationの創設者です。他の著者は、報告する適切なconflictはありません。


Ethical Approval: The data analyses are deemed exempt from ethics review.
倫理的承認:データ分析は、倫理審査の対象外と見なされます。


Keywords: covid19, ivermectin, outcomes

キーワード:covid19、イベルメクチン、結果


この研究は、イベルメクチンの有用性を示唆する結果が出ていますが、
この感染拡大が広がる中で 有効な治療方法がないこと、
急なデーター収集が必要であったことなどから 倫理審査を得ていないこと
無作為試験でないこと
などがこの研究の限界だとは思います。

イベルメクチンの 明らかな作用機序はありませんが、死亡率が1/6に減少したことは 希望が持てる結果であること。
イベルメクチンは 一錠のみ内服、。 一錠 60セントと安価
すでに 承認されて、副作用が 少ないことなどが利点です。





また試験管内  In vitroでの研究で


The FDA-approved drug ivermectin inhibits the replication of SARS-CoV-2 in vitro. Caly L1, Druce JD1, Catton MG1, Jans DA2, Wagstaff KM3.

インビトロで広域スペクトルの抗ウイルス活性を有することが、以前に示されているFDA承認の抗寄生虫薬であるイベルメクチンが、Vero-hSLAMへの単一の添加により、原因ウイルス(SARS-CoV-2)の阻害剤であることを報告されました、さらに SARS-CoV-2による感染から2時間後の細胞は、48時間でウイルスRNAを約5000倍減少させることができます。 したがって、イベルメクチンは、ヒトでの利益の可能性についてさらに調査する必要があります。



この論文では イベルメクチンの 抗ウィルス作用機序は


https://www.ncbi.nlm.nih.gov/core/lw/2.0/html/tileshop_pmc/tileshop_pmc_inline.html?title=Click%20on%20image%20to%20zoom&p=PMC3&id=7129059_gr1_lrg.jpg



スクリーンショット 2020-05-09 23.30.57(2)




イベロメクチンが企てるコロナウイルスに対する抗ウイルス作用の概略図。

IMPα/β1は細胞質内のコロナウイルスカーゴタンパク質(上)に結合し、核膜孔複合体(NPC)を介して核の中に移行していきます。そこで核は複合体がバラバラになり、ウイルスカーゴは宿主細胞の抗ウイルス応答を低下させ、感染を促進します。  ところが、イベルメクチンは、Impα/β1ヘテロダイマーに結合して不安定化し、Impα/β1がウイルスタンパク質(下部)に結合するのを防ぎ、核に入るのを防ぎます。 これにより、抗ウイルス応答の阻害が減少し、通常のより効率的な抗ウイルス応答がもたらされる可能性があります。



ということまでわかってきているようです。




大村先生は、ノーベル賞を受賞された2015年の 翌々年
2017年, 仙台で開催された 日本整形外科学会に、特別講演をしていただきました。

その時に、運よく一番前の席でご講演を拝聴することができたことを、昨日のことのように思い出します。

衝撃的だったのは イベルメクチンを発見するまでに
10万株の微生物をお調べになったこと
その中で、たった一つだけ 伊東のゴルフ場の土壌で見つけた バクテリアが線虫を殺す作用を有していたこと
これををアメリカに送ることで  イベルメクチン開発につながったことです。

MSD社では、莫大な費用をかけて開発しましたが、アフリカには貧しい人が何百万人も感染しているので、 ほとんどタダで薬を提供したこと


そのコツコツと膨大なお仕事をこなす ひたむきな 努力に深い感銘を受けました。

さらにびっくりしたのが 皆様もご存知かもしれませんが、
大村先生は
最初は高校の理科の先生になりたかったが  山梨に教職の就職先がなく、仕方なく上京して 東京都立墨田工業高等学校定時制に5年間
勤務された時に 仕事をしながら 一生懸命勤務する学生たちに心を打たれて、 改めて勉強し直そうと決心されて 東京理科大学の大学院へと進学されたお話。

高校の先生になれなかった時は落胆されたそうですが、そのあとにこのような大成に繋がるのであれば、一回一回の失敗は、次につながら明日への糧になると信じて 諦めずに挑戦し続けることが大切だということを改めて教えられました。

 さらに留学先は 三つの候補があると、言われたそうですが、 その中で、あえて 一番給料が低い という理由で 選んだというお話をされたのがびっくりしました。
そのことが ノーベル賞へと繋がる 研究と メルクとの開発に繋がっていくのです。

人はあえて 辛い 貧しい 道を 行くことはなかなかしないものですが
ハングリー精神は日本人がもっとも忘れているものなのかもしれません。


また、有名な大学を卒業していなくても、地道にハングリー精神で、コツコツと人のために研究をし続けることこそが、このように大成することができるんだ と勇気を与えてくれました。


みなさん このような時期だからこそ、多くの勉強をして、人間性を成長させて、この未曾有の危機を克服していきましょう。












スマートフォンネック Smartphone causes neck pain

みなさんおはようございます。

新型コロナウィルスの感染拡大が広がる中、 みなさま #StayHome ステイホームされていると思います。 スマートフォンを利用する頻度が増えていらっしゃるのではないでしょうか?


スマートフォンの利用者は、2010年くらいから急激に増え始め

総務省の調べによると

2016年には、国民の約70%がスマートフォンを使用していることになります。




スマートフォンを利用すると 
下記のように首が前屈するような かしげる状態が 長時間続きます、。






RS=^ADBGVX






スクリーンショット 2020-05-09 09.51.57(2)







そうすると 前方にある椎間板に負担がかかり。、

頚部の後ろの筋肉にが硬くなりやすくなり

首や肩こりの原因になります。

CBIというカナダのホームページの記載によりますと、

テキストやプラウザを見るために 頭を曲げると、頚椎に余分な多くのストレスがかかります。
実際にスマートフォンを見下ろすように頭をかしげると、脊椎に 最大60ポンドlb= 27.21554kg
もの圧力がかかる可能性があります。

15度の頭の傾きでも 27ポンド近くの圧力が加わるとのことです

この姿勢は自然なものではなく、余分な力が蓄積すると、脊椎や周囲の支持軟組織に不規則なストレスがかかる可能性があります。







それを避けるためにいろいろなことを試しましょう。





まっすぐ座る

長時間 頭を前に傾げないように気をつける。



下記をクリックして

6つのヨガ体操








体操を行ってみてください。



生活様式が代わり、ストレスが多いと思います。
コロナウィルス感染拡大の懸念が取れない中 病院にもなかなか行かないように済ますには

まずは予防 そして健康な体にメインテナンスをするということが大切です。

みなさまあともう少し 頑張りましょう。



引用文献

1. Spine Universe, High Tech Can be a Pain in the Neck
2. Assessment of Stresses in the Cervical Spine Caused by Posture and Position of the Head, Journal Surgical Technology International, 2014
3. CBI Health group website







微生物と宿主(人間)との戦いの4つの結末 

みなさまおはようございます、
StayHomeのGW お疲れ様でした。本日からお仕事の方も、まだご自宅にいらっしゃる方も
なぜ Stayhomeが大切なのか? 私は専門外かもしれませんが、お話ししたいと思います。





細菌やウィルスなどの微生物にとって 哺乳類や鳥類は体内の温度が一定で、栄養分も豊富な環境であるためなんとか滑り込んで繁殖しようとしています。


微生物が病原性を持った物が入り、感染すると、 細胞が傷ついて栄養分を横取りされたり、遺伝子を乗っ取られて 癌化することもある(子宮頚がん など)です、

そこで宿主は、免疫機能による防御システムを発達させて、微生物を排除あるいは懐柔しようと図っているのです。


この両者の戦いは、 以下のいずれかの結末になります。(出展 感染症の歴史 石弘之 著)



1)宿主が微生物の攻撃で敗北して死滅する。

致死率の高い ラッサ熱   エボラ出血熱などがこれに当たる。ウィルスは他の宿主に映ることができないと 宿主とともに運命をともにし、両者が共倒れして 流行が終息します。



2)宿主側の攻撃が奏功して 微生物が敗北して死滅する。

ワクチンの効果がてきめんに作用して 天然痘などは根絶されています。
ハンセン病、ポリオ、黄熱病なども 期待されています。

3)宿主と微生物が和平関係を結ぶことです。

宿主の体内に共存している 大腸菌などがこれにあたります。


4)宿主と微生物がそれぞれに防御を固めて 果てしない戦いを繰り広げる

水痘ウィルス(水疱瘡) などがこれにあたります。 このウィルスは一度感染すると 宿主の神経細胞に永久に潜んでいますが、忘れたころい復活して 帯状疱疹などを引き起こします。




さて新型コロナウィルスは 凄腕ワクチンが開発されて、2)になるのか
いつかは 宿主とともに死滅して 人と人との接触を断つことによって 死滅するのか


特に 緊急事態宣言が出されて、 人と人との接触を断つことに重点が置かれています。
みなさま とても不安な日々をお過ごしになり、親しいお方にもお会いすることが叶わず、辛い思いをしていらっしゃると心中お察しいたします。


PCR検査の拡充が遅れてしまい、不顕性感染の患者の数が把握できていないことも 問題視されています。

これはよほどの国家予算を投入しない限り、数を把握することはもう手遅れかもしれません。

現在私たちがやるべきことは、人と人との接触を抑えることにおよって 
ウィルスを伝播させないこと


そして2)宿主側が免疫力をアップして 死滅させることが 肝心だということが
WHOや諸国の 保健省の判断が一致していると考えます。

日本は、かなり感染数が減少してきており、抑え込まれてきていると思います。
あともう少しみんなで頑張りましょう。




Reference
出展




























livedoor プロフィール

Dr. S.U

Dr Soshi Uchida MD, PhD has been practicing his passion, orthopaedic surgery, for the last two decade. The principles of sports medicine emphasize a comprehensive team approach in the conservative treatment of injuries with the goal of helping the patient return to a healthy state, and focuses on the prevention of new or recurrent injuries. When surgery is necessary, Dr. Uchida's specialty in arthroscopic techniques emphasizes less invasive surgery for a potentially easier and quicker recovery.
1992年 産業医科大学卒業
&#8226; 1992年 関東労災病院整形外科 スポーツ整形外科
&#8226; 2002年 トロント大学医学部 博士研究員&#8226;幹細胞研究
&#8226; 2006年〜 産業医科大学整形外科 助教
&#8226;   2012年〜 産業医科大学若松病院整形外科 診療教授
日本体育協会公認スポーツドクター
労働衛生コンサルタント(保健衛生)
日本整形外科学会専門医

スポーツ歴 柔道 ラグビー

Dr Soshi Uchida website
英語のホームページを作成しました。 たずねてみてください。 Dr Soshi Uchida website
 産業医科大学若松病院
産業医科大学若松病院 連絡先 〒808−0024 北九州市若松区浜町1丁目17−1 電話 093−761−0090 当科へのお問い合わせメール uoehwakamatsusports@gmail.com 8月31日より変更になりました。 当院への外来予約専用ダイヤル TEL:093-285-3203 * 月〜金 9時〜18時 までご連絡下さい。
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Twetter
カテゴリー
ドクターのブログリンク

 NEJMを超えてゆけ
NEJMを超えてゆけ!



 スポーツドクター中村格子先生のブログ
スポーツドクター中村格子先生のブログ







 整形外科医のための英語ペラペラ道場
整形外科医のための英語ペラペラ道場
岡山大学整形外科 杉本佳久先生のブログです。



 つよぽんの避難所
つよぽんの避難所 つよぽん先生のブログ




 整形外科 論文ナナメ読み (JBJSなどなど)

愛知県のがみたけ 先生のブログです。

 Regista フットボールショップ
Registaフットボールショップ



 整形外科医のブログ)  17年目の整形外科医のブログ





 関節鏡外科医のblog
関節鏡外科医のブログ




 整形外科医リエチ先生の エンジョイサイクリング ランニング
整形外科医リエチ先生の エンジョイサイクリング ランニング

http://blog.riechi.net/
PT  ATC Technician LInk
 リアライン日記 蒲田和芳先生のブログ
 フィットネスの勧め フィットネスの勧め
 放射線技師魂 放射線技師魂のブログ@画像診断
じんどう整骨院アスリート
SAKA MASAYUI PTのブログ
サッカーのリンク



 薄野の舞姫
股関節痛を温存療法されている薄野の舞姫さんのブログ
ブログランキング
にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ
ニホン村 医療 医者
にほんブログ村 病気ブログ 手足・腕・膝の病気へ
応援のクリックお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 手足・腕・膝の病気へ
応援のクリックお願いします。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ