スポーツ整形外科医S. Uのブログ Sports Physician S.U Blog

Dr. Soshi Uchida of Wakamatsu hospital for sports injury is an orthopedic surgeon dedicated to research and treatment of hip, shoulder, knee and elbow sports injuries We will do our best for the treatment for the patients with smile and special skills. 関節鏡視下手術のテクニックを駆使して、最小侵襲で患者さんを治療しているドクターが綴るスポーツ医学の小ネタです。 18年間のJリーグ のチームドクター(柏→川崎(富士通時代)→大分 2010年からJ2昇格したギラヴァンツ北九州)の経験と、自身の柔道(3段)とラグビーをしてきており、幅広いスポーツ選手を診療しています。私の持ち味は、笑顔で診察します。 怪我をした選手に勇気、元気、根気を与えることをモットーとしています。カナダ トロント大学へ医学留学を2年間しており、英語を話せる外国人の診察もしています。 Sports Physician SU Sports Medicine Blog

Dr Soshi Uchida MD, PhD has been practicing his passion, orthopaedic surgery, for the last decade. The principles of sports medicine emphasize a comprehensive team approach in the conservative treatment of injuries with the goal of helping the patient return to a healthy state, and focuses on the prevention of new or recurrent injuries. When surgery is necessary, Dr. Uchida's specialty in arthroscopic techniques, especially hip arthroscopy, emphasizes less invasive surgery for a potentially easier and quicker recovery. These principles, initially developed for the competitive athlete, apply to all injuries whether they occur in the recreational environment, work place, or at home. He is a well-known figure in hip arthroscopic surgery, lecturing, travelling and teaching widely. In addition he has contributed extensively to the design and development of special instruments for arthroscopic surgery of the hip joint. Many patients living in Fukuoka, Nagasaki, Oita, Osaka, Kobe, Kyoto, Tokyo, Yokohama present to our hospital for their hip problem.

闘病記 CRPSの下肢への股関節鏡手術 20141~08

皆様 M.Mさん 九州の某県から来られた男性の闘病記です。


闘 病 記

私は9才の頃に、ペルテス病の疾患歴があり左股関節に変形が有り、足の長さも2冂短いのですが、痛みも無く普通に歩く事ができ、スポ-ツが大好きで、ジョギングも楽しんでいました。

ところが20XX年X月ジョギング中に、左アキレス腱を痛め近所の整形外科医院で、アキレス腱周囲炎と診断され治療しました(ロキソニン、冷シップ)。経過も良くすぐに完治した様に思えたのですが、再発!今度の痛みは強烈で、まともに歩けない状態でした。不安でドクタ−に相談するも取り合ってもらえず、それから病院ショッピングが始まりました。4件目の整形外科病院でやっと、CRPS(複合性局所疼痛症候群)と診断されましたが、始めて聞く長い病名、ドクタ-の説明では難治性の痛みの病気とのこと。自宅に帰りネットで調べると、知れば知るほど怖い病気、治るのだろうか?と、絶望感で気持ちが沈んでしまいました。

20XX年XX月末から、紹介された地元の大学病院(麻酔科)で、本格的にCRPSの治療が始まりました。足の症状は、左足のふくらはぎから下は浮腫がひどく、腱も見えにくい程。色は赤紫色に変色し、足首の強い突っ張り。重心を掛けると足の裏に針で刺すような鋭い痛みで歩けず、自発疼痛が有り夜もよく眠れませんでした(すでに車いす状態)。

治療内容(1)ブロック注射  腰に硬膜外ブロック注射(週1回のぺ−ス)
               交感神経ブロック(高周波熱凝固法)   1回
    (2)薬物療法    リリカ、イブプロフェイン、ノイロトロピン、デパス
               サインバルタ、等
    (3)重心を掛けない様に指導を受ける。リハビリも自発痛がある時期は禁止
20XX年XX月、上記の治療を1年以上受けましたが残念ながら効果がなく、症状は悪化するばかり。左足は使えないのでかなり細く成り、足首から先は拘縮が始まりつつあるので、主治医に相談しましたが、リハビリの許可はでませんでした。この時点で治療方針に納得できずに転院を考えましたが、田舎に住んでいると病院の選択肢が無いのが現状。転院は諦めて治療と平行してネットでリハビリの勉強を始めました。

20XX年X月、自宅でリハビリ治療を開始しました。温冷交代浴、後に、拘縮している足首と足の指の可動域訓練(足の指1本1本自分の手で動かし始める。ボキボキ音が出るほど)。

20XX年X月、私の場合はリハビリ治療の効果で血液の循環が良くなり、腫れと痛みが取れてきて、奇跡的に拘縮していたと思われた足首と指も少しずつ動くようになり、自己診断
ですが、寛解の状態かも知れないと思い、本格的に下肢の筋トレを開始し、同時に松葉杖を使って歩行訓練も始めました。すべて順調に回復しているように思えましたが、左股関節に電気が走るような痛みを感じ始めましたので、様子を見ながら少しずつ重心を掛けたのですが、掛けるたびに痛みが強烈になってきました。この時点で仕方なく自己リハビリは中止して、同病院の整形外科を始めて受診しました。検査の結果、あなたの股関節はペルテス病独特の股関節変形症に成っており、人工股関節置き換え術をお薦めしたいのですが、年齢的にまだ早いのと、CRPSの疾患があるので、あと5年ほど装具をつけてのリハビリを頑張って頂き、その後手術を検討された方が良いでしょう。との提案がありましたが、すでに1年半以上車椅子生活を送っている私にとっては、とても長すぎるし辛いので、納得出来ませんでした。

20XX年X月、リハビリで評判の良い6件目の病院へ転院しました。自己リハビリで失敗して痛みは股関節が中心になってしまいました。プロのリハビリ指導で痛みが消滅すればと思いつつ3ヶ月間頑張りましたが、症状は回復せず疼痛は益々強くなり、眠れない日々が
続きました。さすがにもうだめかと、諦めの境地となり心が折れそうになりました。でも

何とか早く治して自分の足で歩きたいと言う気持ちが強くて、改めてCRPS患者のブログを読み始めると、全国には同じ病気で寝たきりの状態になっても諦めず、それどころかブログで励ましてさえくれる大勢の患者仲間が居られるのがわかり、多くの勇気を頂きました。私も絶対諦めてはいけないと思いました。

20XX年XX月、全国のどこかにCRPSの患者でも手術の経験がある名ドクタ-が居られるのではないか?と患者のブログを調べていたら、気持ちが通じたのでしょう.

 産業医大若松病院の内田宗志先生のブログに出会えたのです。(遙かアメリカから来られて、両股関節にCRPSの疾患があるのに手術を受けておられる。しかも現在は杖なしで歩いて居られるのだ)このブログを見た瞬間、私に大きな希望が湧いてきました。


両下肢CRPSの闘病記




私の知る限りでは内田先生しか居られないと思い、何の迷いも無く、すぐに診察の予約を取りました。




20xx年1x月xx日、初診でレントゲン、可動域検査、筋力検査。問診で2年以上も車椅子
生活を送っているのをお伝えすると、内田先生は、大変でしたね、でも治りますよ、と励まして下さいました。余談ですが、先生の第一印象は、顔は野武士のように勇ましい風貌ですが、笑顔がやさしく人情味のあふれる方だと思いました。

20XX年XX月XX日、再診、精密検査(造影剤注入MRI)をして頂き、内田先生はMRIの画像
を指さしながら、「あなたの股関節はペルテス病の後遺症でかなりの変形が有り、しかも股関節の隙間がほとんど無く、軟骨もかなりすり減っているように見えるので手術という選択肢で治る可能性があります。

手術の方法は、股関節の、かぶりが浅い部分を自分自身の腰の骨の一部を使って股関節の棚形成をした後で、骨髄を採取して濃縮し、細胞をまぶして軟骨再生の施術を施します」とのこと。軟骨が再生できる事は始めて知りましたし、最先端の技術に驚きでいっぱいでした。内田先生は落ち着いた態度で、
「あなたの手術は僕の手術例の中でも、非常に難しい手術になりますが、一緒に頑張りましょう」と、力強く励まして下さいました。説明を聞き、手術しない限り痛みも消えないし、歩けない事も再確認出来ましたので、出来るだけ早期に手術を希望していることをお伝えしました。すぐに手術の日程(2014.ッッx)も決まり安心しました。これまでの2年以上の痛みの苦しみと車椅子生活から卒業出来るかも知れないという希望で、不安など全然有りませんでした。

2014年X月ッx日、内田先生をはじめとする手術スタッフの皆様のおかげで、難しい最先端の手術は成功しました。その後心配していましたCRPSの痛みの悪化も無く、リハビリも順調に進みました。内田先生は、お忙しいのに毎日のように来てくださり励まして下さいましたし、麻酔科の寺田先生も1日2回、痛みは大丈夫ですか?と声を掛けていただき、徹底した疼痛管理で安心して入院生活を過ごせました。また若松病院では、同じ股関節の手術を受けて居られる患者さんが多く、患者同士で励ましあいながらリハビリが出来たのも、元気をもらえたし、心のリハビリにもなり、良い成果を得られたのだと思います。もちろん経験豊富なリハビリ師の高い技術、看護師さんの優しい励ましの言葉、最高の環境で回復期を過ごせたのは幸せでした。4月には松葉杖で歩けるまでに成り、こんなに早く回復できるとは驚きでした。改めて産業医大若松病院の内田先生始め、すべてのスタッフに大変感謝いたしております。有り難う御座いました。

2014年X月術後7ヶ月、現在は自宅でリハビリをしながら、一本杖で歩けるまでに成りました。今後は杖
無しで(CRPSと共存共栄しながらも)歩くのを目指して頑張るつもりです。内田先生に手術して頂き人生が前向きに変わり感謝の気持ちでいっぱいです。


MMさんのいつも前向きな お姿に、私たちスタッフ一同は逆に勇気をいただきました。
闘病記もどうもありがとうございました。この場をかりて厚く御礼申し上げます。





私たちが提供する治療は、患者さんの治る力を 手術やリハビリによってお手伝いをしているだけですので、もちろん一回の治療で、十分に治らないこともあります。

どの医療機関にいかれても、リスクなどを十分に丁寧に説明を聞いた上で、治療をうけられることをおすすめします。








産業医科大学若松病院整形外科 火曜日外来


アレックス尾山台整形外科クリニック
アレックス尾山台整形外科クリニック 東京関節鏡センター








京都下鴨病院


で外来を行っています。



産業医科大学若松病院への予約について

* 紹介状(診療情報提供書)をお持ちの方で、ご予約を希望される方は、受診希望日の前日までに外来予約係へご連絡下さい。
TEL:093-285-3203
* 月〜金 9時〜18時
までご連絡下さい。





股関節鏡外来では、 アスリートの股関節痛の原因となる、 大腿骨寛骨臼インピンジメント (股関節インピンジメント)、 股関節唇損傷、 臼蓋形成不全、 股関節離断性骨軟骨炎(OCD)などを、最新鋭の精密検査で、迅速に診断します。


股関節 痛み 原因がわからない  
股関節脱臼後 痛み が続く方、 リハビリの仕方や治療に困る方は是非ご相談下さい。
ペルテス病 や大腿骨頭辷り症 の変形で股関節痛が残存するかた。


治療は、リハビリや消炎鎮痛剤で治療できるものは保存治療し、それでも難治性の症例は股関節鏡視下(股関節の内視鏡)に治療します。
大きな傷で行う手術より、1cmくらいの小さな傷で、筋肉を傷つけること無く 損傷された組織だけを修復しますので、早期リハビリ、早期スポーツ復帰が可能となります。

福岡県 北九州 山口 下関 大分県 佐賀県 広島県 大阪府 関西 神戸 兵庫県 関東 東京 神奈川 横浜 千葉 栃木 などから股関節痛 患者さんが来られるスポーツ股関節外来にお問い合わせ下さい
名古屋 静岡からも スポーツ股関節外来に来られます。


他院でもスポーツ股関節外来を行っております。





野球 サッカー 柔道 ラグビー ゴルフ アメリカンフットボール チアリーディング スケート アイスホッケー ホッケー 水泳 陸上競技 バレエ スキー スノーボード テニスTennis
クチコミを見る
などのスポーツで股関節が痛む方 股関節唇損傷 の方
新体操 体操 アイスホッケー スケート バレエ ダンス ヒップポップなど股関節が緩くて 関節唇損傷があり股関節痛があるかたは 
思春期から 中年くらいまでで 初期の変形性股関節症で 股関節が痛むかた 
交通事故で 骨盤骨折後に骨折は治癒したが 未だに股関節が痛む方 関節唇が損傷されている可能性があります。

プロスポーツ選手 トップアスリート、 エリート アスリートで股関節が痛む方で診察を希望される方。隠密診察可能です。
プライバシーは守秘します。詳しくはご相談ください。


成長期の股関節痛
成長期の スポーツ障害


肘関節 野球肘、関節内遊離体 離断性骨軟骨炎(OCD) などで保存療法で治らない方。



肩関節痛でお悩みの方
腱板断裂 肩関節脱臼  スポーツで肩痛のかた 肩関節後方 亜脱臼 脱臼
野球 ソフトボール テニス ラグビー  で肩を痛めた選手
関節鏡で肩のなかを最小侵襲で治療しています。
山口 熊本 大分 福岡 で肩関節鏡視下手術を希望される方
当院では様々な肩関節痛の原因を詳細に検査し、関節鏡視下に小さな侵襲で 治療しています。


難治性のスポーツ障害(ジャンパー膝、アキレス腱炎、足底筋膜炎)、
内側側幅靭帯損傷や股関節唇損傷の保存療法、などに多血小板血漿療法(PRP platelet rich plasma)が有効です。
PRP外来を産業医科大学および産業医科大学若松病院で展開しています。是非一度試してください。

soushi@med.uoeh-u.ac.jp

Dr Soshi Uchida MD, PhD has been practicing his passion, orthopaedic surgery, for the last decade. The principles of sports medicine emphasize a comprehensive team approach in the conservative treatment of injuries with the goal of helping the patient return to a healthy state, and focuses on the prevention of new or recurrent injuries. When surgery is necessary, Dr. Uchida's specialty in arthroscopic techniques, especially hip arthroscopy, emphasizes less invasive surgery for a potentially easier and quicker recovery. These principles, initially developed for the competitive athlete, apply to all injuries whether they occur in the recreational environment, work place, or at home
Many patients living in Fukuoka, Nagasaki, Oita, Osaka, Kobe, Kyoto, Tokyo, Yokohama present to our hospital for their hip problem.

Soshi内田博士博士一直奉行在过去十年中,骨科手术,他的激情。运动医学的原则,强调全面的团队在帮助病人恢复到健康状态的目标受伤保守治疗方法,并侧重于预防新发或复发受伤。当手术是必要的,内田的博士,尤其是髋关节镜,关节镜技术的专业强调少一个潜在的更容易,恢复快的微创手术。这些原则,最初是为竞技运动员,应用在娱乐环境是否发生的所有伤害,工作场所,还是在家
许多病人住在北九州市,福冈,长崎,大分,大阪,神户,京都,东京,横滨,目前我们医院的臀部问题。

産業医科大学若松病院 スポーツ関節鏡センター
 内田宗志 soushi&#med.uoeh-u.ac.jp  &#を@にかえて送ってください。










国際股関節鏡学会2014 ブラジル リオデジャネイロ  ISHA 2014 in Rio

国際股関節鏡学会の2014のプログラム。


ISHA click here
 
2014年10月10日に 内田宗志が講演します。



Friday, October 10 2014
14:05 - 14:12 Lecture
Retroverted Acetabulum - Resect vs. Acetabular Osteotomy
Ira Zaltz,

14:12 - 14:19 Lecture
Other Acetabular Approaches to DDH Other Than PAO - Is There Still A Role?
Kota Shibata,

14:19 - 14:26 Lecture
When Do you Add Femoral Osteotomy with Acet Osteotomy in DDH?
Marco Teloken, MD BRAZIL

14:26 - 14:33 Lecture
Should You Do a Scope With a PAO
Steven Olson, MD USA

14:33 - 14:40 Lecture
Arthroscopic Shelf
Soshi Uchida, MD, PhD, Prof JAPAN

14:40 - 14:47 Lecture
When Should We Scope DDH?
Omer Mei-Dan, MD USA

14:47 - 14:55 Discussion
Omer Mei-Dan, MD USA
Steven Olson, MD USA
Kota Shibata,
Marco Teloken, MD BRAZIL
Soshi Uchida, MD, PhD, Prof JAPAN
Ira Zaltz,






私たちが提供する治療は、患者さんの治る力を 手術やリハビリによってお手伝いをしているだけですので、もちろん一回の治療で、十分に治らないこともあります。

どの医療機関にいかれても、リスクなどを十分に丁寧に説明を聞いた上で、治療をうけられることをおすすめします。








産業医科大学若松病院整形外科 火曜日外来


アレックス尾山台整形外科クリニック
アレックス尾山台整形外科クリニック 東京関節鏡センター








京都下鴨病院


で外来を行っています。



産業医科大学若松病院への予約について

* 紹介状(診療情報提供書)をお持ちの方で、ご予約を希望される方は、受診希望日の前日までに外来予約係へご連絡下さい。
TEL:093-285-3203
* 月〜金 9時〜18時
までご連絡下さい。





股関節鏡外来では、 アスリートの股関節痛の原因となる、 大腿骨寛骨臼インピンジメント (股関節インピンジメント)、 股関節唇損傷、 臼蓋形成不全、 股関節離断性骨軟骨炎(OCD)などを、最新鋭の精密検査で、迅速に診断します。


股関節 痛み 原因がわからない  
股関節脱臼後 痛み が続く方、 リハビリの仕方や治療に困る方は是非ご相談下さい。
ペルテス病 や大腿骨頭辷り症 の変形で股関節痛が残存するかた。


治療は、リハビリや消炎鎮痛剤で治療できるものは保存治療し、それでも難治性の症例は股関節鏡視下(股関節の内視鏡)に治療します。
大きな傷で行う手術より、1cmくらいの小さな傷で、筋肉を傷つけること無く 損傷された組織だけを修復しますので、早期リハビリ、早期スポーツ復帰が可能となります。

福岡県 北九州 山口 下関 大分県 佐賀県 広島県 大阪府 関西 神戸 兵庫県 関東 東京 神奈川 横浜 千葉 栃木 などから股関節痛 患者さんが来られるスポーツ股関節外来にお問い合わせ下さい
名古屋 静岡からも スポーツ股関節外来に来られます。


他院でもスポーツ股関節外来を行っております。





野球 サッカー 柔道 ラグビー ゴルフ アメリカンフットボール チアリーディング スケート アイスホッケー ホッケー 水泳 陸上競技 バレエ スキー スノーボード テニスTennis
クチコミを見る
などのスポーツで股関節が痛む方 股関節唇損傷 の方
新体操 体操 アイスホッケー スケート バレエ ダンス ヒップポップなど股関節が緩くて 関節唇損傷があり股関節痛があるかたは 
思春期から 中年くらいまでで 初期の変形性股関節症で 股関節が痛むかた 
交通事故で 骨盤骨折後に骨折は治癒したが 未だに股関節が痛む方 関節唇が損傷されている可能性があります。

プロスポーツ選手 トップアスリート、 エリート アスリートで股関節が痛む方で診察を希望される方。隠密診察可能です。
プライバシーは守秘します。詳しくはご相談ください。


成長期の股関節痛
成長期の スポーツ障害


肘関節 野球肘、関節内遊離体 離断性骨軟骨炎(OCD) などで保存療法で治らない方。



肩関節痛でお悩みの方
腱板断裂 肩関節脱臼  スポーツで肩痛のかた 肩関節後方 亜脱臼 脱臼
野球 ソフトボール テニス ラグビー  で肩を痛めた選手
関節鏡で肩のなかを最小侵襲で治療しています。
山口 熊本 大分 福岡 で肩関節鏡視下手術を希望される方
当院では様々な肩関節痛の原因を詳細に検査し、関節鏡視下に小さな侵襲で 治療しています。


難治性のスポーツ障害(ジャンパー膝、アキレス腱炎、足底筋膜炎)、
内側側幅靭帯損傷や股関節唇損傷の保存療法、などに多血小板血漿療法(PRP platelet rich plasma)が有効です。
PRP外来を産業医科大学および産業医科大学若松病院で展開しています。是非一度試してください。

soushi@med.uoeh-u.ac.jp

Dr Soshi Uchida MD, PhD has been practicing his passion, orthopaedic surgery, for the last decade. The principles of sports medicine emphasize a comprehensive team approach in the conservative treatment of injuries with the goal of helping the patient return to a healthy state, and focuses on the prevention of new or recurrent injuries. When surgery is necessary, Dr. Uchida's specialty in arthroscopic techniques, especially hip arthroscopy, emphasizes less invasive surgery for a potentially easier and quicker recovery. These principles, initially developed for the competitive athlete, apply to all injuries whether they occur in the recreational environment, work place, or at home
Many patients living in Fukuoka, Nagasaki, Oita, Osaka, Kobe, Kyoto, Tokyo, Yokohama present to our hospital for their hip problem.

Soshi内田博士博士一直奉行在过去十年中,骨科手术,他的激情。运动医学的原则,强调全面的团队在帮助病人恢复到健康状态的目标受伤保守治疗方法,并侧重于预防新发或复发受伤。当手术是必要的,内田的博士,尤其是髋关节镜,关节镜技术的专业强调少一个潜在的更容易,恢复快的微创手术。这些原则,最初是为竞技运动员,应用在娱乐环境是否发生的所有伤害,工作场所,还是在家
许多病人住在北九州市,福冈,长崎,大分,大阪,神户,京都,东京,横滨,目前我们医院的臀部问题。

産業医科大学若松病院 スポーツ関節鏡センター
 内田宗志 soushi㊙med.uoeh-u.ac.jp  ㊙を@にかえて送ってください。


Dr. Soshi Uchida visit MacSports Group at McMaster University.

On August 7th, 2014,Dr. Soshi Uchida was visiting the MacSports Group at MacMaster University Hospital. , Dr. Uchida is dedicated to research and treatment of hip, shoulder, knee and elbow sports injuries and is an expert in hip arthroscopy. This visit provided an opportunity for mutual sharing of research ideas and knowledge. The MacOrtho group presented updates on thier femoroacetabular impingement (FAI) related research and discussed the design and conduct of systematic reviews and meta-analyses. Dr. Uchida provided insights into his research on the treatment of hip dysplasia which is sort of uncommon in North America.


MacMaster University






内田宗志が、マクマスター大学のDr Ayeniを訪問して、システマティックレビューのセッションの知識をシェアーしました。また北米ではあまり一般的ではない 寛骨臼形成不全について最新の知識と術式について講演しました。



In attendance were: Olufemi Ayeni, Soshi Uchida, Darren de SA, Daniel Hoppe, Seb Heaven, Nolan Horner, Marie-Claude Leblanc, Moin Khan, Marcin Kowalczuk, Sarah Crouch and Nicole Simunovic.
Soshi's Son Kenshi Uchida




P8070283














P8070284

















下記の内容がアジェンダです。
Agenda as follows

8:15am
Welcome and Introductions
Olufemi Ayeni

8:20am
Overview of the Methodology of Systematic Reviews
Nicole Simunovic

8:40am
Surgical Management of Internal Snapping Hip Syndrome: A Systematic Review Evaluating Open and Arthroscopic Approaches
Moin Khan

8:50am The Learning Curve for Hip Arthroscopy: A Systematic Review Daniel Hoppe



9:00am Arthroscopic Surgery for Synovial Chondromatosis of the Hip: A Systematic Review of Rates and Predisposing Factors for Recurrence Darren de SA


9:10am YouTube as an Information Source for Femoroacetabular Impingement: A Systematic Review of Video Content Daniel Hoppe




Complications of Open and Arthroscopic Treatment
9:50am
Hip Arthroscopy in the Setting of Hip Arthroplasty: A Systematic Review of Indications, Outcomes and Complications
Sebastian Heaven
10:00am
Gait And Lower Extremity Kinematic Analysis as an Outcome Measure Following Femoroacetabular Impingement Surgery
Hussain Al Radwan
10:10am
Ligamentum Teres Injuries of the Hip: A Systematic Review Examining Surgical Indications, Treatment Options, and Outcomes
Darren de SA
10:20am
Hip arthroscopin in Dysplasia
Soshi Uchida



P8070292













P8070293






















http://fhs.mcmaster.ca/macortho/MacSports_Group_and_Soshi_Uchida.html
@WakasportsMed: Dr Soshi Uchida gave a talk about hip arthroscopy for dysplasia and learned about systematic review at McMaster University. McMaster University
内田宗志がカナダのマクマスター大学の共同研究に参加して、股関節のエビデンスベースの知識の共有をしました。産業医大若松病院とマクマスター大学のコラボレーションが始まります。




ただし、私たちが提供する治療は、患者さんの治る力を 手術やリハビリによってお手伝いをしているだけですので、もちろん一回の治療で、十分に治らないこともあります。

どの医療機関にいかれても、リスクなどを十分に丁寧に説明を聞いた上で、治療をうけられることをおすすめします。








産業医科大学若松病院整形外科 火曜日外来


アレックス尾山台整形外科クリニック
アレックス尾山台整形外科クリニック 東京関節鏡センター








京都下鴨病院


で外来を行っています。



産業医科大学若松病院への予約について

* 紹介状(診療情報提供書)をお持ちの方で、ご予約を希望される方は、受診希望日の前日までに外来予約係へご連絡下さい。
TEL:093-285-3203
* 月〜金 9時〜18時
までご連絡下さい。





股関節鏡外来では、 アスリートの股関節痛の原因となる、 大腿骨寛骨臼インピンジメント (股関節インピンジメント)、 股関節唇損傷、 臼蓋形成不全、 股関節離断性骨軟骨炎(OCD)などを、最新鋭の精密検査で、迅速に診断します。


股関節 痛み 原因がわからない  
股関節脱臼後 痛み が続く方、 リハビリの仕方や治療に困る方は是非ご相談下さい。
ペルテス病 や大腿骨頭辷り症 の変形で股関節痛が残存するかた。


治療は、リハビリや消炎鎮痛剤で治療できるものは保存治療し、それでも難治性の症例は股関節鏡視下(股関節の内視鏡)に治療します。
大きな傷で行う手術より、1cmくらいの小さな傷で、筋肉を傷つけること無く 損傷された組織だけを修復しますので、早期リハビリ、早期スポーツ復帰が可能となります。

福岡県 北九州 山口 下関 大分県 佐賀県 広島県 大阪府 関西 神戸 兵庫県 関東 東京 神奈川 横浜 千葉 栃木 などから股関節痛 患者さんが来られるスポーツ股関節外来にお問い合わせ下さい
名古屋 静岡からも スポーツ股関節外来に来られます。


他院でもスポーツ股関節外来を行っております。





野球 サッカー 柔道 ラグビー ゴルフ アメリカンフットボール チアリーディング スケート アイスホッケー ホッケー 水泳 陸上競技 バレエ スキー スノーボード テニスTennis
クチコミを見る
などのスポーツで股関節が痛む方 股関節唇損傷 の方
新体操 体操 アイスホッケー スケート バレエ ダンス ヒップポップなど股関節が緩くて 関節唇損傷があり股関節痛があるかたは 
思春期から 中年くらいまでで 初期の変形性股関節症で 股関節が痛むかた 
交通事故で 骨盤骨折後に骨折は治癒したが 未だに股関節が痛む方 関節唇が損傷されている可能性があります。

プロスポーツ選手 トップアスリート、 エリート アスリートで股関節が痛む方で診察を希望される方。隠密診察可能です。
プライバシーは守秘します。詳しくはご相談ください。


成長期の股関節痛
成長期の スポーツ障害


肘関節 野球肘、関節内遊離体 離断性骨軟骨炎(OCD) などで保存療法で治らない方。



肩関節痛でお悩みの方
腱板断裂 肩関節脱臼  スポーツで肩痛のかた 肩関節後方 亜脱臼 脱臼
野球 ソフトボール テニス ラグビー  で肩を痛めた選手
関節鏡で肩のなかを最小侵襲で治療しています。
山口 熊本 大分 福岡 で肩関節鏡視下手術を希望される方
当院では様々な肩関節痛の原因を詳細に検査し、関節鏡視下に小さな侵襲で 治療しています。


難治性のスポーツ障害(ジャンパー膝、アキレス腱炎、足底筋膜炎)、
内側側幅靭帯損傷や股関節唇損傷の保存療法、などに多血小板血漿療法(PRP platelet rich plasma)が有効です。
PRP外来を産業医科大学および産業医科大学若松病院で展開しています。是非一度試してください。

soushi@med.uoeh-u.ac.jp

Dr Soshi Uchida MD, PhD has been practicing his passion, orthopaedic surgery, for the last decade. The principles of sports medicine emphasize a comprehensive team approach in the conservative treatment of injuries with the goal of helping the patient return to a healthy state, and focuses on the prevention of new or recurrent injuries. When surgery is necessary, Dr. Uchida's specialty in arthroscopic techniques, especially hip arthroscopy, emphasizes less invasive surgery for a potentially easier and quicker recovery. These principles, initially developed for the competitive athlete, apply to all injuries whether they occur in the recreational environment, work place, or at home
Many patients living in Fukuoka, Nagasaki, Oita, Osaka, Kobe, Kyoto, Tokyo, Yokohama present to our hospital for their hip problem.

Soshi内田博士博士一直奉行在过去十年中,骨科手术,他的激情。运动医学的原则,强调全面的团队在帮助病人恢复到健康状态的目标受伤保守治疗方法,并侧重于预防新发或复发受伤。当手术是必要的,内田的博士,尤其是髋关节镜,关节镜技术的专业强调少一个潜在的更容易,恢复快的微创手术。这些原则,最初是为竞技运动员,应用在娱乐环境是否发生的所有伤害,工作场所,还是在家
许多病人住在北九州市,福冈,长崎,大分,大阪,神户,京都,东京,横滨,目前我们医院的臀部问题。

産業医科大学若松病院 スポーツ関節鏡センター
 内田宗志 soushi㊙med.uoeh-u.ac.jp  ㊙を@にかえて送ってください。


完全鏡視下の骨軟骨移植 肘離断性骨軟骨炎(OCD)の成績は? Arthroscopic OAT for elbow OCD

肘離断性骨軟骨炎(以下OCD)に対する自家 骨軟骨柱移植術 (以下OAT)
arthroscopic osteochondral autograft for ostechondritis dissecans of elbow joint.

关节镜下自体骨软骨为肘关节ostechondritis炎





合計10例に達して、1年以上フォローしましたので、先日 当院の熊谷達人(くまがえひろと)先生が 福岡整形外科研究会で報告しました。




熊谷達人先生は 肩と肘の関節鏡に卓越した技術を習得し、患者さんのため日夜努力しています。











広範囲・進行期の病変にも対応でき、良好な治療成績が報告されており、有効な治療方法です。しかし、OATを鏡視下に行った報告は少ないです。 。

本研究の目的は、上腕骨小頭OCDに対して施行した肘関節鏡視下OATの術後成績を調査することです。




対象は、当院にて2009年4月から2013年3月までの5年間に、上腕骨小頭のOCDに対して鏡視下手術をおこなった54例54肘のうち、 OATを施行し術後1年以上経過した10例10肘。OATの適応は、Takaharaらの報告に準じ、上腕骨小頭の外側広範囲型や中央型であっても50%以上の骨軟骨欠損、鏡視重症度分類ではICRS OCD grade3または4の症例として手術を行いました。




スライド04












5.症例の内訳は、全例男性で、スポーツは野球、利き腕側の右側でした。手術時年齢は、11歳から16歳で平均13.9歳でした。
初診時のX線分類は、
分離期3肘、
遊離期7肘、

例的分解,在所有情况下的男人,运动是正确的棒球,占主导地位的臂侧。年龄在手术时为13.9岁,平均16年11年。
所述第一医疗检查当时透视分类,
隔离期3弯头,
自由赛季7弯头,











部位別の分類では、
外側広範型が8肘、
中央型が2肘でした。
術後経過観察期間は7から35か月で、平均17.1か月でした。

其他网站的分类,
外粗放型8弯头,
中心型是二肘。
7-35月,是手术后17.1个月平均随访期。















スライド05



















6.全例に、Smith and Nphew 社性の (器械の名前 と写真を載せる)関節鏡視下に大腿骨外顆より骨軟骨柱を採取し、関節鏡視下に病巣部へ骨軟骨柱を移植しました。
これらの症例に対し、関節鏡所見、移植骨軟骨柱の本数・サイズ、骨癒合時期復帰時期・復帰状況、術前後の関節可動域、術前後のTimmerman and Andrews scoreについて検討しました。

在所有情况下,收集史密斯和Nphew的属性,关节镜,移植骨软骨岛石柱骨软骨柱比股骨髁(帖子中的照片和仪器的名称)的病变在关节镜人。
对于这些情况,我已经研究了关节活动范围的议案数量大小关节镜检查结果,移植骨软骨柱,骨愈合时间返回时间和返回状态,手术前后,为蒂默曼和安卓比分手术前后。









スライド06




















7.臨床結果を示します。
関節鏡所見は、ICRS OCD grade3が2肘、grade4が8肘でした。移植骨軟骨柱の本数は、1から3本で平均1.7本、直径は3.5から8.5mmで平均6.3mmでした。






スライド07















8.骨癒合は3から6か月で得られておりますが、1例は骨軟骨柱の圧壊を認め、関節症性変化が進行しました。
投球開始時期は5から10か月で平均6.6か月、復帰状況は10例中9例は元のポジションに復帰しましたが、1例は骨軟骨柱圧壊と橈骨の前方転位と外反変形をを認め、疼痛は消失したものの機能障害を認め、はピッチャーからファーストにポジション変更をしてプレイに復帰しました。





スライド08















伸展可動域は、1肘で増悪、1肘は不変でしたが、他の8肘では術前後で改善しており、平均で、-19.0°から術後は-7.5°に改善していました



屈曲可動域は、1肘で増悪がありましたが、残りの9肘は改善・または不変で、術前平均112.5°から術後129°と、これは統計学的に有意に改善していました。

Timmerman and Andrews scoreは全例で改善し、200点満点のうち、術前平均123.5点から最終フォローアップ時に188.5点に有意に改善しておりました。




.症例を供覧します。
11歳の野球選手、ポジションはショート。右肘の痛みが続き、初診時の関節可動域は0-0-115°、回内外制限はなく、腕橈関節に圧痛を認めました。Timmerman and Andrews scoreは135点でした。
単純X線で外側広範型の遊離期、CTでも上腕骨小頭の50%を超える骨軟骨欠損で、遊離体を認め、MRIでも遊離体を認めておりました。保存療法14ヶ月行いましたが症状改善なく、手術を行いました。







スライド12
































This movie shows arthroscopic surgical technique of osteochondral transplantation for elbow osteochondritis dissecans.


手術は全身麻酔下に仰臥位で行いました。ソフトスポットポータルから鏡視して、
関節内の滑膜を切除すると、遊離した骨軟骨片を認め、ICRS OCD grade4と判断。遊離体を摘出し、母床をrefreshします。
続いて、膝の関節鏡に移り、グラフトハーベスターを、用いて大腿骨外顆から8.5mm×15mmの骨軟骨柱を採取します。
再び肘の関節鏡に戻り、病変部に垂直に骨孔を穿ち、採取した骨軟骨柱を病変部へ移植しました。







スライド14




















.術後は3ヶ月での骨癒合を確認後、徐々に術後5ヶ月でシャドー 開始、インタバル投球プログラムをを開始し、6ヶ月で元のショートに完全復帰しました。
最終観察時の関節可動域は0-0-140に改善し、Timmerman and Andrews scoreも満点の200点になっておりました。
術後1年の単純X線では、移植骨片は周囲となじんでおり、MRIでも軟骨面の連続性を認めました。







スライド15


















鏡視下のOATのメリットは、低侵襲であること、Openで確認できない部位の滑膜切除や骨棘切除などもその他の病変も鏡視下に同時に行えることなどがあげられます。。
一方、関節鏡の手術手技が難しいというデメリットが考えられます。





スライド16

























16 いままでの 観血的 OATの報告を調べてみると、我々の術後成績も可動域、スポーツ復帰率やTimmerman and Andrews scoreで160点以上のgood/excellentの率もほぼ同等の結果であり、良好な結果と考えられました。





















17.本研究のLimitationとしてはretrospective studyであること、症例数が少ないこと、フォローの期間が短いこと、単一施設であることなどがあげられます。。












鏡視下OATは低侵襲であり、肘OCDに対して有用な治療法と考えられます。

ほかの他施設は、観血的に手術を行ってますが、当院では鏡視下でおこなえるものは鏡視下に行っています。術後の疼痛も少なく、患者さんの苦痛を軽減できます。
長期的にそれほど差がないかもしれませんが、患者さんにとっては一生に一度あるかないか大きなイベントですので、できるだけ安心して治療を提供してあげたいと思います。


ただし、私たちが提供する治療は、患者さんの治る力を 手術やリハビリによってお手伝いをしているだけですので、もちろん一回の治療で、十分に治らないこともあります。

どの医療機関にいかれても、リスクなどを十分に丁寧に説明を聞いた上で、治療をうけられることをおすすめします。








産業医科大学若松病院整形外科 火曜日外来


アレックス尾山台整形外科クリニック
アレックス尾山台整形外科クリニック 東京関節鏡センター








京都下鴨病院


で外来を行っています。



産業医科大学若松病院への予約について

* 紹介状(診療情報提供書)をお持ちの方で、ご予約を希望される方は、受診希望日の前日までに外来予約係へご連絡下さい。
TEL:093-285-3203
* 月〜金 9時〜18時
までご連絡下さい。





股関節鏡外来では、 アスリートの股関節痛の原因となる、 大腿骨寛骨臼インピンジメント (股関節インピンジメント)、 股関節唇損傷、 臼蓋形成不全、 股関節離断性骨軟骨炎(OCD)などを、最新鋭の精密検査で、迅速に診断します。


股関節 痛み 原因がわからない  
股関節脱臼後 痛み が続く方、 リハビリの仕方や治療に困る方は是非ご相談下さい。
ペルテス病 や大腿骨頭辷り症 の変形で股関節痛が残存するかた。


治療は、リハビリや消炎鎮痛剤で治療できるものは保存治療し、それでも難治性の症例は股関節鏡視下(股関節の内視鏡)に治療します。
大きな傷で行う手術より、1cmくらいの小さな傷で、筋肉を傷つけること無く 損傷された組織だけを修復しますので、早期リハビリ、早期スポーツ復帰が可能となります。

福岡県 北九州 山口 下関 大分県 佐賀県 広島県 大阪府 関西 神戸 兵庫県 関東 東京 神奈川 横浜 千葉 栃木 などから股関節痛 患者さんが来られるスポーツ股関節外来にお問い合わせ下さい
名古屋 静岡からも スポーツ股関節外来に来られます。


他院でもスポーツ股関節外来を行っております。





野球 サッカー 柔道 ラグビー ゴルフ アメリカンフットボール チアリーディング スケート アイスホッケー ホッケー 水泳 陸上競技 バレエ スキー スノーボード テニスTennis
クチコミを見る
などのスポーツで股関節が痛む方 股関節唇損傷 の方
新体操 体操 アイスホッケー スケート バレエ ダンス ヒップポップなど股関節が緩くて 関節唇損傷があり股関節痛があるかたは 
思春期から 中年くらいまでで 初期の変形性股関節症で 股関節が痛むかた 
交通事故で 骨盤骨折後に骨折は治癒したが 未だに股関節が痛む方 関節唇が損傷されている可能性があります。

プロスポーツ選手 トップアスリート、 エリート アスリートで股関節が痛む方で診察を希望される方。隠密診察可能です。
プライバシーは守秘します。詳しくはご相談ください。


成長期の股関節痛
成長期の スポーツ障害


肘関節 野球肘、関節内遊離体 離断性骨軟骨炎(OCD) などで保存療法で治らない方。



肩関節痛でお悩みの方
腱板断裂 肩関節脱臼  スポーツで肩痛のかた 肩関節後方 亜脱臼 脱臼
野球 ソフトボール テニス ラグビー  で肩を痛めた選手
関節鏡で肩のなかを最小侵襲で治療しています。
山口 熊本 大分 福岡 で肩関節鏡視下手術を希望される方
当院では様々な肩関節痛の原因を詳細に検査し、関節鏡視下に小さな侵襲で 治療しています。


難治性のスポーツ障害(ジャンパー膝、アキレス腱炎、足底筋膜炎)、
内側側幅靭帯損傷や股関節唇損傷の保存療法、などに多血小板血漿療法(PRP platelet rich plasma)が有効です。
PRP外来を産業医科大学および産業医科大学若松病院で展開しています。是非一度試してください。

soushi@med.uoeh-u.ac.jp

Dr Soshi Uchida MD, PhD has been practicing his passion, orthopaedic surgery, for the last decade. The principles of sports medicine emphasize a comprehensive team approach in the conservative treatment of injuries with the goal of helping the patient return to a healthy state, and focuses on the prevention of new or recurrent injuries. When surgery is necessary, Dr. Uchida's specialty in arthroscopic techniques, especially hip arthroscopy, emphasizes less invasive surgery for a potentially easier and quicker recovery. These principles, initially developed for the competitive athlete, apply to all injuries whether they occur in the recreational environment, work place, or at home
Many patients living in Fukuoka, Nagasaki, Oita, Osaka, Kobe, Kyoto, Tokyo, Yokohama present to our hospital for their hip problem.

Soshi内田博士博士一直奉行在过去十年中,骨科手术,他的激情。运动医学的原则,强调全面的团队在帮助病人恢复到健康状态的目标受伤保守治疗方法,并侧重于预防新发或复发受伤。当手术是必要的,内田的博士,尤其是髋关节镜,关节镜技术的专业强调少一个潜在的更容易,恢复快的微创手术。这些原则,最初是为竞技运动员,应用在娱乐环境是否发生的所有伤害,工作场所,还是在家
许多病人住在北九州市,福冈,长崎,大分,大阪,神户,京都,东京,横滨,目前我们医院的臀部问题。

産業医科大学若松病院 スポーツ関節鏡センター
 内田宗志 soushi㊙med.uoeh-u.ac.jp  ㊙を@にかえて送ってください。


野球肘 離断性骨軟骨炎(OCD)の外側広範囲型に対する 関節鏡視下骨軟骨移植術 モザイクプラスティー 骨軟骨を最少侵襲で移植、スマートに復帰

棒球肘剥脱性骨软骨炎(OCD)关节软骨移植的粗放式外
야구 팔꿈치 분리 진단 성골 연골 염 (OCD)의 외측 다양한 형식에 대한 관절경 아래 뼈 연골 이식술

野球肘 で特に肘の外側にある 上腕骨小頭の離断性骨軟骨炎(OCD)はしばしば治療に難渋します。

当院では、ほとんどの症例を 関節鏡視下に治療を行い好成績を得ています。

野球肘は、重症度の分類  international cartilage research society (ICRS)の分類

[軟骨評価]
ICRS
. 軟骨安定 ソフトニングのみ Stable, continuity: softened area covered by intact cartilage
. 部分離断しているが 安定 Partial discontinuity, stable on probing
. 完全離断しているが母床にとどまっているComplete discontinuity, “dead in situ,” not dislocated
. 完全に離断して 遊離している Dislocated fragment, loose within the bed or empty defect

があります。

また部位別頻度として

外側広範囲型
中央型
外側型
にわけられます。












001








特に外側広範囲型は 全体の3割くらいの頻度ですが、ICRS grade III からIVになると
治療に難渋するケースがあります。

中央型の場合は、関節鏡視下骨軟骨を固定する方法もしくは 部分切除する方法が選択されます。
骨軟骨を鏡視下に固定する方法は手技が難しく全国どこでも行える術式ではまだありません。
しかしこのタイプの離断性骨軟骨炎(OCD)は、骨軟骨を部分切除するだけで、予後はとてもよいし
当院では100%の確率で野球に復帰できます。

しかし外側広範囲型は、

002








002









スライドのように 外側部まで病変部が及んでおり、骨軟骨を切除すると、外側を支持する骨が欠損してしまうことになるため、肘関節が不安定となり、復帰できない症例があります。


このようなタイプには、モザイクプラスティーという方法で、膝から骨軟骨を円柱状に採取して、肘の骨軟骨欠損部に充填する移植術が選択されます。しかし日本のほとんどの施設で、この術式は観血的(すなわち大きな傷をつくって行う手術) で行われています。



当院では、術後の傷を極力小さくするために鏡視下にこだわって手術を行います
(もちろん離断性骨軟骨炎(OCD)の大きさと部位によっては観血的にせざるをえない症例もあります。)



13歳の症例をご紹介いたします。




001







002











可動域も制限されている状態でした。




003








004








レントゲン写真で 外側広範囲型 と診断









006










前方の関節鏡所見 炎症性の滑膜が増生









007











ソフトスポットの関節鏡ポータルからの鏡視、離断性骨軟骨炎(OCD)部
変性していたため切除






008













009














膝から骨軟骨を採取。





010











術後レントゲン写真です。










012













術後4ヶ月で、ケガをしていたとは思えないくらい 骨軟骨部が癒合しています。





この症例は、まだ投球をはじめていませんが、肘の疼痛も全くなく、バッティング素振りを開始しています。


従来モザイクプラスティーは、大きく切開して行う手術として開発されましたが、関節鏡を用いて
行える症例もでてきており、小さな傷だと術後の疼痛も軽減されるためリハビリがスムーズに行えます。


産業医科大学若松病院整形外科 火曜日外来


アレックス尾山台整形外科クリニック
アレックス尾山台整形外科クリニック 東京関節鏡センター








京都下鴨病院


で外来を行っています。



産業医科大学若松病院への予約について

* 紹介状(診療情報提供書)をお持ちの方で、ご予約を希望される方は、受診希望日の前日までに外来予約係へご連絡下さい。
TEL:093-285-3203
* 月〜金 9時〜18時
までご連絡下さい。





股関節鏡外来では、 アスリートの股関節痛の原因となる、 大腿骨寛骨臼インピンジメント (股関節インピンジメント)、 股関節唇損傷、 臼蓋形成不全、 股関節離断性骨軟骨炎(OCD)などを、最新鋭の精密検査で、迅速に診断します。


股関節 痛み 原因がわからない  
股関節脱臼後 痛み が続く方、 リハビリの仕方や治療に困る方は是非ご相談下さい。
ペルテス病 や大腿骨頭辷り症 の変形で股関節痛が残存するかた。


治療は、リハビリや消炎鎮痛剤で治療できるものは保存治療し、それでも難治性の症例は股関節鏡視下(股関節の内視鏡)に治療します。
大きな傷で行う手術より、1cmくらいの小さな傷で、筋肉を傷つけること無く 損傷された組織だけを修復しますので、早期リハビリ、早期スポーツ復帰が可能となります。

福岡県 北九州 山口 下関 大分県 佐賀県 広島県 大阪府 関西 神戸 兵庫県 関東 東京 神奈川 横浜 千葉 栃木 などから股関節痛 患者さんが来られるスポーツ股関節外来にお問い合わせ下さい
名古屋 静岡からも スポーツ股関節外来に来られます。


他院でもスポーツ股関節外来を行っております。





野球 サッカー 柔道 ラグビー ゴルフ アメリカンフットボール チアリーディング スケート アイスホッケー ホッケー 水泳 陸上競技 バレエ スキー スノーボード テニスTennis
クチコミを見る
などのスポーツで股関節が痛む方 股関節唇損傷 の方
新体操 体操 アイスホッケー スケート バレエ ダンス ヒップポップなど股関節が緩くて 関節唇損傷があり股関節痛があるかたは 
思春期から 中年くらいまでで 初期の変形性股関節症で 股関節が痛むかた 
交通事故で 骨盤骨折後に骨折は治癒したが 未だに股関節が痛む方 関節唇が損傷されている可能性があります。

プロスポーツ選手 トップアスリート、 エリート アスリートで股関節が痛む方で診察を希望される方。隠密診察可能です。
プライバシーは守秘します。詳しくはご相談ください。


成長期の股関節痛
成長期の スポーツ障害


肘関節 野球肘、関節内遊離体 離断性骨軟骨炎(OCD) などで保存療法で治らない方。



肩関節痛でお悩みの方
腱板断裂 肩関節脱臼  スポーツで肩痛のかた 肩関節後方 亜脱臼 脱臼
野球 ソフトボール テニス ラグビー  で肩を痛めた選手
関節鏡で肩のなかを最小侵襲で治療しています。
山口 熊本 大分 福岡 で肩関節鏡視下手術を希望される方
当院では様々な肩関節痛の原因を詳細に検査し、関節鏡視下に小さな侵襲で 治療しています。


難治性のスポーツ障害(ジャンパー膝、アキレス腱炎、足底筋膜炎)、
内側側幅靭帯損傷や股関節唇損傷の保存療法、などに多血小板血漿療法(PRP platelet rich plasma)が有効です。
PRP外来を産業医科大学および産業医科大学若松病院で展開しています。是非一度試してください。

soushi@med.uoeh-u.ac.jp

Dr Soshi Uchida MD, PhD has been practicing his passion, orthopaedic surgery, for the last decade. The principles of sports medicine emphasize a comprehensive team approach in the conservative treatment of injuries with the goal of helping the patient return to a healthy state, and focuses on the prevention of new or recurrent injuries. When surgery is necessary, Dr. Uchida's specialty in arthroscopic techniques, especially hip arthroscopy, emphasizes less invasive surgery for a potentially easier and quicker recovery. These principles, initially developed for the competitive athlete, apply to all injuries whether they occur in the recreational environment, work place, or at home
Many patients living in Fukuoka, Nagasaki, Oita, Osaka, Kobe, Kyoto, Tokyo, Yokohama present to our hospital for their hip problem.

Soshi内田博士博士一直奉行在过去十年中,骨科手术,他的激情。运动医学的原则,强调全面的团队在帮助病人恢复到健康状态的目标受伤保守治疗方法,并侧重于预防新发或复发受伤。当手术是必要的,内田的博士,尤其是髋关节镜,关节镜技术的专业强调少一个潜在的更容易,恢复快的微创手术。这些原则,最初是为竞技运动员,应用在娱乐环境是否发生的所有伤害,工作场所,还是在家
许多病人住在北九州市,福冈,长崎,大分,大阪,神户,京都,东京,横滨,目前我们医院的臀部问题。

産業医科大学若松病院 スポーツ関節鏡センター
 内田宗志 soushi㊙med.uoeh-u.ac.jp  ㊙を@にかえて送ってください。


livedoor プロフィール
 産業医科大学若松病院
産業医科大学若松病院 連絡先 〒808−0024 北九州市若松区浜町1丁目17−1 電話 093−761−0090 当科へのお問い合わせメール uoehwakamatsusports@gmail.com 8月31日より変更になりました。 当院への外来予約専用ダイヤル TEL:093-285-3203 * 月〜金 9時〜18時 までご連絡下さい。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Twetter
カテゴリー
クリニックリンク

 都立大整形外科
都立大整形外科クリニックスポーツ関節鏡センター



 桜クリニック
桜クリニック



 福岡スポーツクリニック
堺整形外科福岡スポーツクリニック




 福岡和仁会病院
福岡和仁会病院




ドクターのブログリンク

 NEJMを超えてゆけ
NEJMを超えてゆけ!



 スポーツドクター中村格子先生のブログ
スポーツドクター中村格子先生のブログ







 整形外科医のための英語ペラペラ道場
整形外科医のための英語ペラペラ道場
岡山大学整形外科 杉本佳久先生のブログです。



 つよぽんの避難所
つよぽんの避難所 つよぽん先生のブログ




 整形外科 論文ナナメ読み (JBJSなどなど)

愛知県のがみたけ 先生のブログです。

 Regista フットボールショップ
Registaフットボールショップ



 整形外科医のブログ)  17年目の整形外科医のブログ



 東京医大スポーツ藩ブログ
東京医大スポーツ藩ブログ
東京医大山藤崇先生のブログです。




 関節鏡外科医のblog
関節鏡外科医のブログ




 整形外科医リエチ先生の エンジョイサイクリング ランニング
整形外科医リエチ先生の エンジョイサイクリング ランニング

http://blog.riechi.net/
PT  ATC Technician LInk
 理学療法士・一色史章の感謝ブログ
理学療法士 一色史章先生のブログ 新進気鋭の渡米しているPT 私の大切な仲間のブログ
 リアライン日記 蒲田和芳先生のブログ
 フィットネスの勧め フィットネスの勧め
 放射線技師魂 放射線技師魂のブログ@画像診断
じんどう整骨院アスリート
サッカーのリンク

 ベリサポのブログ
ニューウェーブ北九州ベリサポのブログ



 薄野の舞姫
股関節痛を温存療法されている薄野の舞姫さんのブログ
ブログランキング
にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ
ニホン村 医療 医者
にほんブログ村 病気ブログ 手足・腕・膝の病気へ
応援のクリックお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 手足・腕・膝の病気へ
応援のクリックお願いします。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ