まずは日本代表 アジアカップ 4度目の優勝おめでとうございます。
寝不足のかた多いと思います。

大活躍した香川選手が、第五中足骨疲労骨折を受傷しました。

別の名前を Jones骨折 ジョーンズ骨折といいます。
Jones fracture ジョーンズ骨折ってなんですか?



スポーツ整形外科医SUのブログ







他の病院でジョーンズ骨折っていわれたんですが、特殊なものなのですか?

ジョーンズ骨折(第五中足骨疲労骨折)とは私達サッカーを専門にするものにとっては非常に頻繁に扱う疲労骨折です。サッカーでは非常に多く発生します。
足の小指の根元がサイドステップを繰り返すことで疲労骨折してしまいます。

私たちが2006年〜2010年まで44例の第五中足骨疲労骨折を治療していますが、そのうち40例はサッカー選手です。また2例のみ女性で 圧倒的に男性に多いのが特徴的です。

発生の原因は
1)硬い地面での競技活動
2)硬いシューズを使用 (NIKEのシューズは多いという報告もあります)
3)足が内反といって 足の裏が内側に傾いている為、足の小指に重心がかかりやすい
などがあげられます。

症状は
第五足趾の裏側と外側に圧痛があり、急性期には腫脹と疼痛があります。
歩行障害があり、足をつくと痛みが有ります。
慢性期では、腫脹があまりなく疼痛もそれほど強く出ない場合も有ります。


画像所見
レントゲン写真でよくわかります。

クリックしてみてください ↓













23歳男性 プロサッカー選手 (香川選手とは関係ありません)


第五中足骨基部疲労骨折(Jones fracture)

- Radiographs:
    - in addition to fracture location (which distinguishes avulsion from Jones frx), it is important to note
           characteristic features at the frx site;
           - acute fractures should show sharp frx margins and no intramedullary sclerosis;
           - delayed union will show persistent frx line in both cortices, periosteal callus (use hot lamp), and intra-medullary sclerosis;
           - stress frx is revealed by a widened frx line and varying degrees of meduallary sclerosis;

    - frx configuration in young adolescents:
           - orientation of apophyseal line is parallel to shaft of metatarsal and it does not extend proximally into joint;
           - frx lines tend to be oriented more transversely to the joint;



















髄内にスクリューを入れる方法で、がっちりと固定する術式です。


治療


保存療法;

通常の疲労骨折は休めば治癒します。
しかし、このジョーンズ骨折も3ヶ月ほど休めば、骨折線が消えてきて治癒したかにみえます。
この骨折で保存的な治療が選択される場合は、偽関節となっていない新鮮なタイプの骨折のみに有効です。しかし運動を再開すると同じ場所に骨折線が再び現れてきて、再骨折をしてしまう、非常にやっかいな骨折です。

しかもギプスを6〜8週間装着しなければならず、それも苦痛です。

疲労骨折は休めばなおるのですが、3ヶ月程度の短期間の運動中止では再発が防止できないため、スポーツレベルが高い場合には、手術を選択することが多いと考えられています。

手術は、上記のように 骨のなかにある骨髄という場所に、ギザギザとした釘をくれて固定します。

絶対に手術ができない場合や受けたくない場合には、
超音波骨折治療器(LIPUS)を用いて治療すると、意外と治癒しますが時間がかかります。



手術後のリハビリテーションは骨の癒合具合で判断しますが、
8週間目からジョギング開始、
10週目でランニングと基本的なボールトレーニング、
12週目から完全にフイジカル合流して試合に備えます。

術後には再再骨折を(保存的療法に比べて)極めて少なく抑えれることができます。






産業医科大学若松病院

連絡先
〒808−0024
北九州市若松区浜町1丁目17−1
電話 093−761−0090
整形外科へのお問い合わせメール
uoehsports@yahoo.co.jp

soushi@med.uoeh-u.ac.jp
私のメールでも大丈夫です。



当院への予約について

* 紹介状(診療情報提供書)をお持ちの方で、ご予約を希望される方は、受診希望日の前日までに外来予約係へご連絡下さい。
TEL:093-285-3203
* 月〜金 9時〜18時
までご連絡下さい。





股関節鏡外来では、 アスリートの股関節痛の原因となる、 大腿骨寛骨臼インピンジメント (股関節インピンジメント)、 股関節唇損傷、 臼蓋形成不全、 股関節離断性骨軟骨炎(OCD)などを、最新鋭の精密検査で、迅速に診断します。


股関節 痛み 原因がわからない  
股関節脱臼後 痛み が続く方、 リハビリの仕方や治療に困る方は是非ご相談下さい。
ペルテス病 や大腿骨頭辷り症 の変形で股関節痛が残存するかた。


治療は、リハビリや消炎鎮痛剤で治療できるものは保存治療し、それでも難治性の症例は股関節鏡視下(股関節の内視鏡)に治療します。
大きな傷で行う手術より、1cmくらいの小さな傷で、筋肉を傷つけること無く 損傷された組織だけを修復しますので、早期リハビリ、早期スポーツ復帰が可能となります。

福岡県 北九州 山口県 大分県 佐賀県 広島県 大阪府 関西 神戸 兵庫県 関東 東京 神奈川 横浜 千葉 栃木 などから股関節痛 患者さんが来られるスポーツ股関節外来にお問い合わせ下さい
名古屋 静岡からも スポーツ股関節外来に来られます。

野球 サッカー 柔道 ラグビー ゴルフ アメリカンフットボール チアリーディング スケート アイスホッケー ホッケー 水泳 陸上競技 バレエ スキー スノーボード テニスTennis
クチコミを見る
などのスポーツで股関節が痛む方 股関節唇損傷 の方
新体操 体操 アイスホッケー スケート バレエ ダンス ヒップポップなど股関節が緩くて 関節唇損傷があり股関節痛があるかたは 
思春期から 中年くらいまでで 初期の変形性股関節症で 股関節が痛むかた 
交通事故で 骨盤骨折後に骨折は治癒したが 未だに股関節が痛む方 関節唇が損傷されている可能性があります。

プロスポーツ選手 トップアスリート、 エリート アスリートで股関節が痛む方で診察を希望される方。隠密診察可能です。
プライバシーは守秘します。詳しくはご相談ください。


成長期の股関節痛
成長期の スポーツ障害


肘関節 野球肘、関節内遊離体 離断性骨軟骨炎(OCD) などで保存療法で治らない方。



肩関節痛でお悩みの方
腱板断裂 肩関節脱臼  スポーツで肩痛のかた
野球 ソフトボール テニス ラグビー  で肩を痛めた選手
関節鏡で肩のなかを最小侵襲で治療しています。
山口 熊本 大分 福岡 で肩関節鏡視下手術を希望される方
当院では様々な肩関節痛の原因を詳細に検査し、関節鏡視下に小さな侵襲で 治療しています。



soushi@med.uoeh-u.ac.jp

Dr Soshi Uchida MD, PhD has been practicing his passion, orthopaedic surgery, for the last decade. The principles of sports medicine emphasize a comprehensive team approach in the conservative treatment of injuries with the goal of helping the patient return to a healthy state, and focuses on the prevention of new or recurrent injuries. When surgery is necessary, Dr. Uchida's specialty in arthroscopic techniques, especially hip arthroscopy, emphasizes less invasive surgery for a potentially easier and quicker recovery. These principles, initially developed for the competitive athlete, apply to all injuries whether they occur in the recreational environment, work place, or at home
Many patients living in Fukuoka, Nagasaki, Oita, Osaka, Kobe, Kyoto, Tokyo, Yokohama present to our hospital for their hip problem.

関節鏡のファンタジスタ 内田宗志 soushi@med.uoeh-u.ac.jp