まずは
「なでしこジャパン」 優勝おめでとうございます。

私も午前4時半におきて、後半から観戦しました。
本当に本当に最後まであきらめない、踏まれても踏まれても 強く立ち上がる  なでしこと言う名前にふさわしい、人たちが集まったチームでしたね。


今日は股関節唇損傷の治療を行う上で、 正しい解剖とその役割について御説明いたします。
スライドは、大阪市大の山崎真哉先生が作成していただいたのを、改変して供覧しています。
山崎先生ありがとうございます。

002












1)骨と関節
股関節は 骨盤および大腿骨骨頭から構成されています。
寛骨臼(acetabular)は、腸骨、坐骨、恥骨の三つの骨から構成される。
寛骨の外側面に存在し、小児期に癒合します。寛骨臼は、深い寛骨臼切痕によって下方を遮られた馬蹄形の月状軟骨(Lunate)関節軟骨があり、寛骨臼の凹部の中心は 寛骨臼より深くなっており、関節面とはなっておらず滑膜組織で覆われています

寛骨臼は、大腿骨骨頭をうけるソケットしての役割を担い、大腿骨頭は、関節窩に合わさっています。





005













関節唇は、寛骨臼関節窩の辺縁に付着している線維軟骨の環であり。
関節唇は十分な深さを持つようになり、寛骨臼縁の大腿骨頭に対する適合性の悪さを修正しています。

関節唇は三角形を呈し、3つの面を有します。
内側面は寛骨臼縁および横靭帯に強固に付着しています。
中心面は寛骨臼に連なる関節軟骨にそって並び大腿骨頭と関節を形成しています。
外側面は、関節唇の縁が関節内に遊離し、その基部が関節包とつながっています。







015













016
















関節唇の役割は、大腿骨が関節窩ソケット内への吸引し、安定化させる効果、
そして、骨頭の周りをシーリングしており、股関節の安定および衝撃吸収に貢献しています。





この股関節唇が損傷をうけると、大腿骨頭が不安定となり、
臼蓋と骨頭の間に挟まったり、骨頭が安定せずに、臼蓋のなかで脳振盪をおこすように中で軟骨同士がぶつかって、軟骨が損傷され、次第に軟骨が破壊されて、変形性股関節症へと進行する場合が有ります。



この股関節唇が傷んでいるか否かは、通常のレントゲン写真ではわからないので、
股関節痛が続く場合には、専門医を受診して、必要が有れば MRという骨以外を描出する検査をおこなうことをお勧めします。


股関節鏡外来では、 アスリートの股関節痛の原因となる、 大腿骨寛骨臼インピンジメント (股関節インピンジメント)、 股関節唇損傷、 臼蓋形成不全、 股関節離断性骨軟骨炎(OCD)などを、最新鋭の精密検査で、迅速に診断します。


股関節 痛み 原因がわからない  
股関節脱臼後 痛み が続く方、 リハビリの仕方や治療に困る方は是非ご相談下さい。

治療は、リハビリや消炎鎮痛剤で治療できるものは保存治療し、それでも難治性の症例は股関節鏡視下(股関節の内視鏡)に治療します。
大きな傷で行う手術より、1cmくらいの小さな傷で、筋肉を傷つけること無く 損傷された組織だけを修復しますので、早期リハビリ、早期スポーツ復帰が可能となります。

福岡県 北九州 山口県 大分県 佐賀県 広島県 愛媛県 大阪府 関西 神戸 兵庫県 関東 東京 神奈川 横浜 千葉 栃木 などから股関節痛 患者さんが来られるスポーツ股関節外来にお問い合わせ下さい

福岡和仁会病院
桜クリニック
福岡スポーツクリニック
でも行っています。



野球 サッカー 柔道 ラグビー ゴルフ アメリカンフットボール チアリーディング スケート アイスホッケー ホッケー 水泳 陸上競技 バレエ スキー スノーボード テニスTennis
クチコミを見る
などのスポーツで股関節が痛む方 股関節唇損傷 の方
新体操 体操 アイスホッケー スケート バレエ ダンス ヒップポップなど股関節が緩くて 関節唇損傷があり股関節痛があるかたは 
思春期から 中年くらいまでで 初期の変形性股関節症で 股関節が痛むかた 
交通事故で 骨盤骨折後に骨折は治癒したが 未だに股関節が痛む方 関節唇が損傷されている可能性があります。

プロスポーツ選手 トップアスリート、 エリート アスリートで股関節が痛む方で診察を希望される方。隠密診察可能です。
プライバシーは守秘します。詳しくはご相談ください。

成長期の股関節痛
成長期の スポーツ障害


肘関節 野球肘、関節内遊離体 離断性骨軟骨炎(OCD) などで保存療法で治らない方。



肩関節痛でお悩みの方
腱板断裂 肩関節脱臼  スポーツで肩痛のかた
野球 ソフトボール テニス ラグビー  で肩を痛めた選手
関節鏡で肩のなかを最小侵襲で治療しています。
山口 熊本 大分 福岡 で肩関節鏡視下手術を希望される方
当院では様々な肩関節痛の原因を詳細に検査し、関節鏡視下に小さな侵襲で 治療しています。

産業医科大学整形外科は 
他大学出身の先生の 後期研修医 専門修練医
 関節鏡のトレーニングするフェローを広く 募集しています。興味の有る方は是非ご一報を
1年以上のかたは、給料も保証されます。

soushi@med.uoeh-u.ac.jp

Dr Soshi Uchida MD, PhD has been practicing his passion, orthopaedic surgery, for the last decade. The principles of sports medicine emphasize a comprehensive team approach in the conservative treatment of injuries with the goal of helping the patient return to a healthy state, and focuses on the prevention of new or recurrent injuries. When surgery is necessary, Dr. Uchida's specialty in arthroscopic techniques, especially hip arthroscopy, emphasizes less invasive surgery for a potentially easier and quicker recovery. These principles, initially developed for the competitive athlete, apply to all injuries whether they occur in the recreational environment, work place, or at home
Many patients living in Fukuoka, Nagasaki, Oita, Osaka, Kobe, Kyoto, Tokyo, Yokohama present to our hospital for their hip problem.

関節鏡のファンタジスタ 内田宗志 soushi@med.uoeh-u.ac.jp