股関節の 温存手術 の中でも股関節鏡は、アメリカで進んできました。

Hip arthroscopic procedure which has been recognized as one of the most common hip preservation surgery has been evolving in USA.

技術習得を目指す ドクターが参加する中でもっとも格調の高いシンポジウムの一つに
Vail Hip Symposiumというのがあります。

この講師として 内田宗志が招待されました。

今回の講師は  アメリカからほとんどで
外国からは
カナダ人 一人  イギリス 一人 南アメリカ 一人 チリ 一人 日本から私の一人です。

トレーニングを受ける参加者も  股関節鏡手術を50令以上行ったことがあるという 手練れの方ばかりです。今回3回目となります。頑張ってきました。

相撲レスラーに対する股関節鏡の手術をどのようにするか
を講演してきました。


























Summary
This course is focused on hip preservation. The majority of the day will be spent on hands-on cadaveric training, preceded by case discussions about the hottest topics in hip arthroscopy, including controversies and difficult cases.


Overall Course Objective
A practical wet lab training suited to experienced surgeons looking to enhance their knowledge of reconstructive hip arthroscopy and preservation techniques.

Predominantly hands-on meeting
High faculty-to-delegate ratio
Cases focused on controversial topics and difficult cases
Surgical Solutions in hands-on cadaveric lab
Attire: Casual

Faculty
Course Directors
Marc Philippon, MD
Srino Bharam, MD

Faculty
Robert Boykin, MD - US
JW Thomas Byrd, MD - US
Josip Cakic, MD - So. Africa
Brett Cascio, MD - US
Dan Drawbaugh, CEO SPRI
Guillaume Dumont, MD - US
Michael Ellman, MD - US
Scott Faucett, MD - US
Robert LaPrade, MD, PhD - US
Jovan Laskovski, MD - US
T. Sean Lynch, MD - US
Rodrigo Mardones, MD - Chile
Hal David Martin, DO - US
Jeff Nepple, MD - US
T. Sean Lynch, MD - US
Hal David Martin, DO - US
Jeff Nepple, MD - US
Matthew Price, MD - US
Michelle Rodriguez, MPT, OCS, CMPT - US
Soshi Uchida, MD - Japan
Richard Villar, FRCS - UK
Brian White, MD - US
Cliff Willimon, MD - US
Ivan Wong, MD - Canada
Tom Wuerz, MD - US



IMG_1026









上の写真は  2016年の   Vail Hip Symposiumの時の写真です。

左から友人の Dr Allston Stubb   
Steadman Philippon Research Institute (SPRI)の CEOである Dr Dan Drawbaugh
SPRIの   私の師匠であり友人である  Dr Marc J Philippon
一番右が  私  トロント大学のラグビージャージを着ています。