Hip arthroscopy enables classification and treatment of precollapse subchondral insufficiency fracture of the femoral head associated intra‑articular pathology


股関節鏡は、関節内病変に関連される圧潰前の大腿骨頭軟骨下脆弱性骨折の分類と治療を可能にする。


Soshi Uchida1 ・ Moriyuki Noguchi1 ・ Hajime Utsunomiya1 ・ Shiho Kanezaki1 ・Toshiharu Mori2 ・ Dean K. Matsuda3 ・ Akinori Sakai2


Department of Orthopaedic Surgery, Wakamatsu Hospital of the University of Occupational and Environmental Health, Kitakyushu, Japan
Knee Surg Sports Traumatol Arthrosc 2017

ヨーロッパの スポーツ整形外科学会のオフィシャルジャーナル KSSTAに掲載された論文です。

原著は、下記のリンクから無料でダウンロードできます。

Hip arthroscopy for SIFFH

大腿骨頭壊死との鑑別が難しい なかなか治らない大腿骨骨頭軟骨下脆弱性骨折 (SIFFH)を 関節鏡でがっつりなおします、 これは非常に股関節鏡の威力を発揮して来た疾患です。



Abstract
概説
Purpose The purposes of this study were to investigate (1) the clinical, radiographic and arthroscopic presentation of patients with subchondral insufficiency fracture of the femoral head (SIFFH) and (2) the outcomes following arthroscopic treatment with internal fixation using hydroxyapatite poly-lactate acid (HA/PLLA) threaded pins and concomitant arthroscopic treatment of associated findings.
目的:本研究の目的は、(1)大腿骨頭の軟骨下脆弱性骨折(SIFFH)を有する患者の臨床的、レントゲン的及び関節鏡的状態を調査すること、及び(2)関連所見の鏡視下治療と併用したHA/PLLAピンを用いた内固定後のOutcomesを評価することであった。

Methods Nine patients (median age 49.0 years, range 43-65, five female and four male patients) with SIFFH who underwent arthroscopic treatment with labral repair, capsular closure and internal fixation of SIFFH using HA/PLLA pins were retrospectively reviewed. Inclusion criteria were adult patients with precollapse SIFFH with minimum 1-year follow-up (median follow-up 30.0 months, range 12-56).
方法:関節唇修復、関節包閉鎖、及びHA/PLLAピンを用いたSIFFHの内固定の鏡視下治療を受けたSIFFHを有する9患者(中間年齢49.0歳、範囲43-65、女性5患者及び男性4患者)が後ろ向きにレビューされた。包含基準は、最短1年の経過観察(中間経過観察30.0ヶ月、範囲12-56)を伴う圧潰前のSIFFHを有する成人患者であった。

Results Acetabular labral tears were observed in all patients. The median BMI was 24.3 kg/m2 (range 20.1-31.8). Clinical presentations and radiographic measurements demonstrated mixed type FAI in six patients, borderline developmental dysplasia in two patients and pincer type FAI in one patient. The median MHHS significantly improved from preoperatively (67.1, range 36.3-78.0) to post-operatively (96.8, range 82.5-100; p = 0.001). The median NAHS significantly improved from preoperatively (34.0, range 17-63) to post-operatively (78.0 range 61-80; p = 0.001).
結果:股関節唇断裂は全患者らに観察された。中間BMIは24.3kg/m2(範囲20.1-31.8)であった。臨床症状及びレントゲン計測は、9患者においてmixedタイプFAI、2患者において境界型形成不全、そして1患者においてpincerタイプFAIを示した。中間MHHSは、術前(67.1点、範囲36.3-78.0)から術後(96.8点、範囲82.5-100;p=0.001)に有意に改善した。中間NAHSは、術前(34.0点、範囲17-63)から術後(78.0点、61-80;p=0.001)に有意に改善した。

Conclusion SIFFH is associated with bony deformities and labral tears. Precollapse SIFFH can be treated with bioabsorbable pin stabilization of unstable lesions and treatment of associated intra-capsular pathology in those with stable lesions as determined by a new arthroscopic classification system with promising early outcomes.
結語:SIFFHは骨性変形及び関節唇断裂に関連される。圧潰前SIFFHは、新たな関節鏡分類システムによって判定された安定病変を有する患者らにおいて、不安定病変部位の吸収性ピンを用いた安定化と、関連される関節包内病変の治療を用いて、有望な短期Outcomesを伴い、治療可能とされる。
Level of Evidence IV.
エビデンスレベル4。


Keywords Subchondral insufficiency fracture of the femoral head ・ Hip arthroscopy ・ Acetabular labral tear Femoroacetabular impingement ・ Arthroscopic internal fixation ・ Femoral head fracture


※大腿骨頭軟骨下脆弱性骨折は、稀な疾患と言われていますが、私自身、股関節鏡の立ち合いで、何度も、その疑いを感じさせる症例に遭遇しています。

それは、上記の基礎的変形(特にBDDH)と関節唇断裂の合併に関連される可能性があります。

このコンテキスト内における股関節鏡では、SIFFHは、決して稀ではないように感じられます。

※さらに、関節唇断裂の症状があれば、SIFFHの症状に追加されるため、保存療法が不成功となる可能性も考えられます。