来年3月の ラスベガスで開催される
アメリカ整形外科アカデミー AAOS 2019に 我々の  abstractがアクセプトされました。

これで8個目の AAOS発表となります。

股関節鏡術後に疼痛が続いている患者さんを 注意深く 診察をすると
Deep gluteal syndromeという  下肢の痺れや筋力低下を来たす患者さんがいらっしゃることがわかりました。

その患者さんは   CRPSなどという診断をつけられて ペインクリニックで加療されていらっしゃる方もいらっしゃいます。
神経伝導速度が 異常が出ないことが多く、 非常に診断が難しい疾患です。

この頻度は 全手術の約1%に昇ります。

リスクファクターとしては
身体が柔らかい、女性 何回も手術をしている 患者さんが
術後になりやすいことがこの研究でわかりました。




Dear Dr. Soshi Uchida:

Congratulations! The AAOS Central Program Committee has accepted your abstract application(s) as a Paper presentation for the AAOS 2019 Annual Meeting, March 12-16 in Las Vegas, Nevada. Your paper presentation number, presentation time and the title are listed in the link below. All scientific program sessions are taking place at the Venetian/Sands Expo.

You will be presenting the following paper(s):

Application Title: Prevalence and Preoperative Risk Factors for Postoperative Deep Gluteal Syndrome Following Hip Arthroscopic Surgery
Application Number: 9949
Event Title: Adult Reconstruction Hip IV (511-525)
Event Day: Thursday, March 14, 2019
Overall Event Time: 8:00 AM - 10:00 AM
Individual Presentation Time: 9:42 AM - 9:48 AM



Again, congratulations and thank you for participating in the 2019 Annual Meeting of the American Academy of Orthopaedic Surgeons. We appreciate your prompt attention to the matters outlined in this letter. We look forward to your presentation at the 2019 Annual Meeting Las Vegas!

Sincerely,
Charles M. Davis III, MD, PhD
Chair, AAOS Central Program Committee