セントルイスにある 大学病院の   Dr Neppleの研究グループの論文を読んでみました。

FAIの骨形態は、ほとんどが両側に同じような骨形態を有している患者さんが多く。
その多くの方が 片側が痛がるのですが、手術をするときに、反対側が痛くなるんじゃないかと心配されて来られます。

その方達に、有用な論文を見つけてみましたので読んでみますね。





FAIを有する患者間における対側股関節の前向き解析: 疾患進行に対して何が危険因子であるのか?

A Prospective Analysis of the Contralateral Hip Among Patients With Femoroacetabular Impingement What Are the Risk Factors for Disease Progression?



A Prospective Analysis of the
Contralateral Hip Among Patients
With Femoroacetabular Impingement
What Are the Risk Factors for Disease Progression?
FAIを有する患者間における対側股関節の前向き解析
疾患進行に対して何が危険因子であるのか?

Craig R. Louer,* MD, Gail Pashos,* BS, John C. Clohisy,* MD, and Jeffrey J. Nepple,*y MD
Investigation performed at the School of Medicine, Washington University,
St Louis, Missouri, USA
The American Journal of Sports Medicine 2018


Background: The pathophysiology of femoroacetabular impingement (FAI) remains to be better
understood, including factors affecting symptom development and disease progression.
背景:FAIの病態生理は、症状の発展及び疾患進行に影響を及ぼす因子を含め
て、まだ十分には理解されていない。


Purpose: (1) To determine rates of initial and subsequent symptom development in the contralateral hip of
patients with symptomatic FAI and (2) to identify predictors of the development of symptomatic
contralateral FAI.
目的:(1)症候性FAIを有する患者らの対側股関節における初回及びその後の
症状発症の比率を決定する事、及び(2)症候性対側FAI発症の予測因子を同定
する事。


Study Design: Case-control study; Level of evidence, 3.
研究デザイン:症例-対照研究;エビデンスレベル3.
Methods: This prospective study cohort included the contralateral hip of 179 consecutive patients
undergoing primary surgical treatment of FAI. At presentation and follow-up time points, patients recorded
the presence of symptoms in the contralateral hip. Patients with a minimum 1-year follow-up were included
in the final cohort. Univariate analysis compared the patient characteristics and FAI imaging characteristics
(cam and pincer) of initially asymptomatic patients who developed symptoms and those who remained
asymptomatic. Kaplan-Meier survival curves were calculated to demonstrate symptom development over
time.
方法:前向き研究コホートには、FAIの初回外科的治療を受けた179人の連続患者の
対側股関節が含まれた。初診時と経過観察時点において、患者らは、対側股関
節における症状の存在の記録を有した。最短1年の経過観察を有する患者らが
、最終コホートに包含された。単変量解析は、最初無症状で、その後に症状を発症
した患者と、無症候性のままの患者の特徴とFAI画像的特徴(Cam及びPincer)
を比較した。Kaplan-Meier生存曲線が、経過にわたった症状の発症を実証する
ために算出された。


Results: A total of 148 patients (83%) were followed for at least 1 year (mean, 2.9 years). Thirty-four (23%)
patients had symptoms in the contralateral hip at the time of the initial presentation. An additional 27 hips
(24% of the initially asymptomatic) developed symptoms during the follow-up period at a mean 2.0 years
from presentation. Head-neck offset ratio on the anteroposterior pelvis radiograph was significantly lower

among hips that developed symptoms (0.153 vs 0.163 asymptomatic group, P = .027).

結果:合計148患者(83%)が、少なくとも1年間(平均、2.9年)、経過観察
された。34患者(23%)が、初診時に対側股関節の症状を有した。27股(初回
無症候性の24%)が、平均2.0年の経過観察期間中に症状を発症した
。AP骨盤レ
ントゲン上のHead-neck offset ratioは、症状発症した股関節において有意に低かっ
た(0.153 vs 0.163無症候性群、p=0.027)。


Maximum alpha angle (P = .503), lateral center edge angle (P = .975), and crossover sign (P = .865) were
not predictive of the development of symptoms. Patients developing contralateral hip symptoms were less
likely to have a UCLA (University of California, Los Angeles) activity score of 9 or 10 at presentation
(18.2% vs 43.8%, P = .032). The total arc of rotation in flexion (internal rotation in 90_ of flexion 1 external
rotation in flexion) was significantly decreased in hips developing symptoms (39.4o vs 50.4o, P =.012).
Kaplan-Meier survival analysis demonstrated that 72%, 67%, 56%, and 48% of all patients remained
asymptomatic at 1, 2, 3, and 4 years, respectively.

最大αアングル(p=0.503)、LCEA(p=0.975)、及びクロスオーバーサイン(p=0.865)は、
症状発症の予測因子ではなかった。対側股関節症状を発症した患者らは、初診
時に9点または10点のUCLA activityスコアを有する可能性が低かった(18.2% vs
43.8%, p=0.032)。屈曲(90度屈曲における内旋+屈曲における外旋)におけ
る合計アークが、症状を発症した股関節において、有意に低かった(39.4度 vs
50.4度、p=0.012)。Kaplan-Meier生存解析は、1、2、3、及び4年、それぞれ
において、全患者の72%、67%、56%、及び48%が無症候性のままであること
を示した。

Conclusion: Approximately 1 in 4 patients with FAI presents with symptoms in the contralateral hip, and
an additional 1 in 4 patients develops significant symptoms in the following 4 years. Several factors,
including low activity level, less hip rotational motion, and decreased head-neck offset ratio, were
significantly associated with the development of symptoms, while the alpha angle and crossover sign were not.
結語:FAIを有する患者の約4分の1が対側股関節の症状を呈し、さらに4分の1
の患者が、その後4年以内に有意な症状を発症する。低い活動性、より少ない
股関節回旋可動域、及び低いhead-neck offset ratioを含めたいくつかの因子が
、有意に、症状の発症に関連があったが、αアングルとクロスオーバーサインは関連がなかった。



約23%の患者が、初診時に、中等度の対側症状を報告した。4年の経過観察にわたって、追加的に29%(合計52%)が中等度の対側症状を発症した。より高い活動レベル、より大きな屈曲のモーションアーク、そして、AP骨盤レントゲン上で計測されたときのより増加したoffset(HNOR)が、研究期間中に症状を発症する可能性がより少なかった。これらの結果は、短期から中期の進行情報を伴い、医師と患者の両方の支援を可能とし、対側無症候性股関節に対する治療意思決定を容易にする可能性がある。関連される危険因子の更なる調査が、症状発症の病態生理に洞察を提供するだけでなく、予防戦略の情報提供を可能とするものと考える。』



※もう片方も手術を実施するかどうかは別にして、4年で約50%が中等度の疼痛を発症するというのは、非常に参考になリマス。