スポーツ整形外科医S. Uのブログ Sports Physician S.U Blog

Dr. Soshi Uchida of Wakamatsu hospital for sports injury is an orthopedic surgeon dedicated to research and treatment of hip, shoulder, knee and elbow sports injuries We will do our best for the treatment for the patients with smile and special skills. 関節鏡視下手術のテクニックを駆使して、最小侵襲で患者さんを治療しているドクターが綴るスポーツ医学の小ネタです。 22 年間のJリーグ のチームドクター(柏→川崎(富士通時代)→大分 2010年からJリーグ入りしたギラヴァンツ北九州)の経験と、自身の柔道(3段)とラグビーをしてきており、幅広いスポーツ選手を診療しています。私の持ち味は、笑顔で診察します。 怪我をした選手に勇気、元気、根気を与えることをモットーとしています。カナダ トロント大学へ医学留学を2年間しており、英語を話せる外国人の診察もしています。nSports Physician SU Sports Medicine Blog

スポーツの股関節痛 HIP pain and Groin pain

Dr Soshi Uchida MD, PhD has been practicing his passion, orthopaedic surgery, for the last decade. The principles of sports medicine emphasize a comprehensive team approach in the conservative treatment of injuries with the goal of helping the patient return to a healthy state, and focuses on the prevention of new or recurrent injuries. When surgery is necessary, Dr. Uchida's specialty in arthroscopic techniques, especially hip arthroscopy, emphasizes less invasive surgery for a potentially easier and quicker recovery. These principles, initially developed for the competitive athlete, apply to all injuries whether they occur in the recreational environment, work place, or at home. He is a well-known figure in hip arthroscopic surgery, lecturing, travelling and teaching widely. In addition he has contributed extensively to the design and development of special instruments for arthroscopic surgery of the hip joint. Many patients living in Fukuoka, Nagasaki, Oita, Osaka, Kobe, Kyoto, Tokyo, Yokohama present to our hospital for their hip problem.

American Journal of Sports Medicine 2019 に掲載されました 

Our manuscript entitlled Hip Arthroscopic Management Can
Improve Osteitis Pubis and Bone Marrow Edema in Competitive Soccer Players With Femoroacetabular Impingement has been published in American Journal of Sports Medicine.


Saito and Uchida in The American Journal of Sports Medicine 2019




First author Dr Saito.
第一著者の斎藤昌愛先生は、4年前にまだ専門医を取得していない頃に、聖路加国際病院から、国内留学として産業医科大学若松病院で半年間研修されました。私と一緒に勉強していただきました/。
物腰の柔らかい 静かな 好青年ですが、非常にガッツがある 将来有望新進気鋭の整形外科医です。

サッカーでは、福井県のサッカー強豪校 丸岡高校の キャプテン 10番を務め、 日本大学では東医体四連覇の立役者です。

当院で行ってきたサッカー選手の FAIの股関節鏡視下手術の術後成績を 一緒に調べました。

難治性の恥骨結合炎の方には 朗報です。/


この論文は
股関節鏡による FAI大腿骨寛骨臼に対する手術は、サッカー選手の恥骨結合炎とMRIで認められる恥骨部の骨髄浮腫を改善することができる というタイトルです。



背景:症候性サッカー選手におけるFAIと恥骨結合炎(OP)の相関性に関する知識は不足する。』

Purpose: To elucidate whether arthroscopic FAI correction is effective for young competitive soccer players with FAI combined with OP or perisymphyseal pubic bone marrow edema (BME).

『目的:鏡視下FAI矯正術は、OP(恥骨結合炎)、または、恥骨結合周辺の骨髄浮腫(BME)とFAIの組み合わせを有する若年競技サッカー選手に対して有効であるのかどうか解明すること。』


Methods: A total of 577 consecutive patients who underwent arthroscopic FAI correction were retrospectively reviewed with a minimum 2-year follow-up. Competitive soccer players who were professional, college, and high school athletes were included. The authors assessed the modified Harris Hip Score and Nonarthritic Hip Score preoperatively and at 6 months, 1 year, and 2 years after surgery. In addition, players were divided into groups according to radiographic evidence of OP and BME (2 groups each). Clinical outcomes, return to play, and radiographic assessments were compared between groups.

方法:最短2年の経過観察を伴った合計577人の鏡視下FAI矯正術を受けた連続患者が、後ろ向きに調査された。プロフェッショナル、学生及び高校生の競技サッカー選手が、包含された。著者らは、術前及び術後6カ月、1年、2年におけるMHHSとNAHSを評価した。さらに、選手は、OPとBMEのレントゲンエビデンスに従って分けられた(各2群)。臨床Outcomes、競技復帰、及びレントゲン評価が、群間で比較された。


☆そして『結果』を抜粋します。

Results: Twenty-eight hips met the inclusion criteria. The median modified Harris Hip Score significantly improved after hip arthroscopy (81.4, preoperatively; 95.7 at 6 months, P = .0065; 100 at 1 year, P = .0098; 100 at 2 years, P = .013). The median Nonarthritic Hip Score also significantly improved (75.0, preoperatively; 96.3 at 6 months, P = .015; 98.8 at 1 year, P = .0029; 100 at 2 years, P = .015). Furthermore, 92.0% of players returned to play soccer at the same or higher level of competition at a median 5.5 months (range, 4-15 months); 67.8% had radiological confirmation of OP; and 35.7% had pubic BME. The alpha angle was significantly higher in pubic BME group than the no–pubic BME group (64.8_ vs 59.2_, P = .027), although there was no significant difference between the OP and no-OP groups. The prevalence of tenderness of the pubic symphysis significantly decreased preoperatively
(32.1%) to postoperatively (3.6%). Magnetic resonance imaging findings confirmed that pubic BME disappeared in all players at a median 11 months (range, 6-36) after initial surgery.

『結果:28股が包含基準に合致した。MHHS中央値は、股関節鏡術後に有意に改善した(術前81.4点;術後6カ月95.7点;1年100点;2年100点)。NAHS中央値も有意に改善した(術前75.0点;6カ月96.3点;1年98.8点;2年100点)。さらに、96.3%の選手は、中央5.5カ月(範囲、4−15カ月)において、同じかまたはより高いレベルのサッカーの試合に復帰した;67.8%はOPのレントゲン的確認を有した;そして35.7%は恥骨BMEを有した。αアングルは、OP群と非OP群間に有意差は無かったが、非恥骨BME群よりも、恥骨BME群において有意により高かった(64.8度 vs 59.2度)。恥骨結合の圧痛の発生率は、術前(32.1%)から術後(3.6%)に、有意に低下した。MRI所見は、恥骨BMEが、初回手術の中央11カ月後(範囲6−36)に、全選手において消失することが確認された。』


●サッカー選手と恥骨結合炎(OP)の関係性を抜粋します。

『サッカーは世界で最も人気の高いチームスポーツの1つである。サッカーは、激しく、しばしば瞬発的かつ過激なキッキング、ピボッティング、方向転換及びツイスティングに関与するため、ほとんどのサッカー選手は、athletic pubalgiaの最も一般的な状態の1つである、恥骨結合炎(OP)に苦しめられている。

恥骨結合炎は、オーバーユース損傷から骨盤前方にもたらされる、恥骨結合炎及び/または恥骨結合周辺骨の有痛性疾患である。サッカー選手だけが、しばしば、FAIと恥骨結合炎の合併を有するアスリートではない。ナショナルフットボールリーグ研究は、FAIを有するアメリカンフットボール選手において、54%のレントゲン的OPの有病率を示し、他の研究は、レントゲン的FAIを有さないコホートに対して、有するコホートにおける症候性OPの5.26倍のオッズ比を認めた。』

サッカー選手の FAIはより効率に 恥骨結合炎を合併することが明らかとなりました。



『最近の研究は、FAIからの股関節可動域制限が、ストレスの変換をもたらし、OPに関連される代償性損傷パターンを示す可能性を認めた。』



『恥骨結合炎は、多くの場合、活動によって誘発される、恥骨中央部痛または内側鼠径部痛によって特徴づけられる。恥骨結合またはその近位の触診による圧痛、及び、股関節内転に抵抗する疼痛が存在する可能性がある。通常、より慢性のOPを伴って、レントゲン変化が、硬化像及び恥骨結合の拡大を伴う融解として出現する。恥骨結合周辺の骨髄浮腫(BME)が、しばしば、MRI上で検出される。OPは通常、非外科的措置(すなわち、非ステロイド性抗炎症薬、活動修正、スポーツの変更、理学療法、恥骨結合へのステロイド注射)に応答するが、競技復帰の長期間の遅延を有する。』



●目的を抜粋します。 

『現行の文献は、症候性サッカー選手におけるFAIとOPの相関性についての明確な理解を欠いている。本研究の目的は、恥骨結合炎または恥骨骨髄浮腫を有する競技サッカー選手における鏡視下FAI矯正術後の臨床的Outcome、特徴、及び競技復帰を調査することにあった。』



●考察から抜粋します。

『本研究には5つの主要所見があります。』

1. 競技サッカー選手におけるFAIの鏡視下治療が、PROスコアの有意な改善を提供した。

2. 選手の92%が、股関節鏡後、5.5カ月中央値において、同じか、またはそれ以上の競技レベルへの復帰を可能とした。

3. 我々の研究集団の25人の男性競技サッカー選手(28股)において、67.8%がOPのレントゲン確認を有した;35.7%がMRI上の恥骨結合周辺BMEを有し;そしてαアングルが、非恥骨BME群よりも恥骨BME群において有意に高かった。

4. 恥骨結合部の触診圧痛が、術前(32.1%)から術後(3.6%)に有意に減少した。

5. 35.7%しか術前BMEのエビデンスを有さなかったが、術後恥骨BMEは、この所見を示した全ての患者において、股関節鏡後11カ月中央値(範囲6−36)に消失した。




BME術前術後















『我々の患者の大多数が、症候性股関節の股関節鏡後に改善及びサッカーに復帰し、より重度のCam FAIと一致する、より高い平均αアングルを有するとした、我々の研究所見は、罹患したアスリートに対する最初の治療として、FAIの根治、並びに軟骨関節唇手術を伴う股関節鏡のパフォーマンスを支持する。』



●恥骨結合周辺の骨髄浮腫(BME)を調査した理由は?

『いくつかの研究が、恥骨BMEが、時に症候性となる、恥骨のサッカー特異的ストレス反応に応答する可能性を示してきた。』



●なぜ、鏡視下FAI手技が、恥骨結合炎をも治癒可能とするのか?

『本研究の所見は、以前に詳細された、股関節ROM制限から恥骨結合領域に対するストレス移動の病態機序と一致する。恥骨結合の局所性圧痛は、術前(32.1%)から術後(3.6%)に有意に減少した。さらに、術側と非術側の恥骨BMEは、鏡視下FAI手術後に、全患者において消失した。』



『Birminghamらは、屍体研究において、仮想されたCamインピンジメントが恥骨結合モーションを増加することを実証し、そのことは、股関節ROM制限を有するインピンジメントが、フットボール選手及びサッカー選手のサブセットにおいて、恥骨結合炎に寄与する可能性があるとした我々の所見を支持するものとなる。』



●最後に結語を抜粋します。


Conclusions: Arthroscopic management for FAI provides favorable clinical outcomes, a high rate of return to sports, and, when present, resolution of pubic BME among competitive soccer players.
『症候性FAIを有するサッカー選手の67.8%が、OPのレントゲンエビデンスを有し、35.7%がMRI上の恥骨BMEを有した。FAIに対する鏡視下手術は、競技サッカー選手間において、高いスポーツ復帰率と、存在するとき、恥骨BMEの解消を伴い、良好な臨床的Outcomesを提供した。』



Soshi Uchida MD, Orthopaedic Surgeon 内田宗志

Soshi Uchida MD website



Soshi Uchida work at  内田宗志 (DR SU)は下記の病院で診察をしています。

Wakamatsu Hospital for University of Occupational and Environmental Health (産業医科大学若松病院)

Wakamatsu hospital for UOEH



Arex Oyamadai Orthopaedic CLinic 右をクリック 
アレックス尾山台整形外科

Arex- Oyamadai English site

 第一 第3木曜日



Kyoto Shimogamo Hospital 右をクリック  京都下鴨病院


第2と4木曜日


学会などで 予定が変更になりますので 詳しくはお問い合わせください。


プロスポーツ選手や芸能人などの診察は、医師の守秘義務の元 漏洩しないように 格別の注意を払って、診察をしています。詳しくはお問い合わせください。

















第9回東北スポーツ整形外科懇話会 で講演します

東北スポーツ整形外科懇話会

で講演をさせていただきます。いつも通過するだけで 初めて降り立つ盛岡
東北の若手整形外科の先生と一緒に勉強させていただくことを楽しみにしています。

ホテルメトロポリタン盛岡本館4階【姫神】
TEL:019-629-2601

特別講演会のご案内

参加費:1,000円(医師のみ)

平成28年10月29日土曜日

●情報提供17時15分~17:30分

『最近の経皮吸収型製剤の話題』

●特別講演I 17時30分~18時30分

岩手医科大学整形外科学講座

座 長: 講 師 田島 吾郎 先生

『アスリートの股関節痛の日常診療のコツと最新治療』

産業医科大学若松病院 整形外科 スポーツ関節鏡センター
演 者:診療教授 内田 宗志

◆申請単位 N-2(外傷性疾患)、N-11(骨盤・股関節疾患)、S(日整会スポーツ医)



●特別講演II18時30分~19時30分

岩手医科大学整形外科学講座

座 長:主任教授 土井田 稔 先生

『サッカー選手の足部・足関節傷害 ‐病態からみた再発予防へのこだわり‐』

奈良県立医科大学 スポーツ医学講座

演 者: 教 授 熊井 司 先生

◆申請単位 N-2(外傷性疾患)、N-12(膝・足関節・足疾患)、S(日整会スポーツ医)



3年ぶりに熊井先生との共演を楽しみにしています。





熊井先生とのしゃしん






内田宗志は  

Dr. Soshi Uchida is taking care of the patient in Fukuoka, Tokyo and Kyoto.


産業医科大学若松病院

 火曜日と水曜日の午後外来をしています。


尾山台整形外科クリニック 東京関節鏡センター

東京都世田谷区でも第1 第3木曜日午前中と土曜日隔週で診察をしています。詳しくは御問い合わせください。






京都下鴨病院

古都 京都でも 第四木曜日に外来をしています。 午後手術をしています。


大阪 奈良 和歌山などの関西方面の方や名古屋、岐阜 福井や 北陸 石川 富山の方が来られて 診察を受けられています。












My Future Dream

わたしの将来の夢は、
1. 世界に通用する関節鏡の上手なスポーツ整形外科医をたくさん育てること
2. 股関節鏡の最大の難敵である、軟骨損傷、変形性関節症を、股関節鏡でなおれるように研究開発すること。
3. Marcと臨床応用可能な幹細胞治療を確立すること
夢はまだまだ果てしなく続きます。
夢を持ち続けることは大切なことです。
夢はみるものではなく、かなえるものです。

皆様よいお年をおむかえください。


My future dream is
1. Raising a lot good arthroscopists and sports doctors who will be world-class.
2. the biggest challenge in the field of hip arthroscopy is hip osteoarthritis, cartilage damage to it. To cope with this biggest problem, It is important for us to develop and research.

3. to establish the clinical application of stem cell therapy.


These dreams still continue forever.

Dreams are not for wishing, but for granting.

A Happy New Year.


Soshi Uchida

なかなか治らない恥骨結合炎 恥骨部痛は 大腿骨寛骨臼インピンジメント (FAI) が合併している

世界陸上がはじまりました。 皆さん応援されていますか?

陸上だけではなく、サッカー、ラグビー アメリカンフットボールで
恥骨部痛 鼠径部痛の原因として 頻繁に認められる恥骨結合炎という スポーツ傷害があります。


恥骨結合およびその周辺の内転筋や腹筋の付着部の炎症
スポーツによる繰り返すストレスによって引きおこります。

サッカー引退した中田英寿選手鼠径部痛症行軍 最近では 陸上 競歩の 鈴木雄介選手 恥骨部痛 恥骨結合炎で 苦しんでいたと聴きます


身体所見 Clinical Presentation

恥骨結合に疼痛と齟齬田和編放散痛
Pain localized over the symphysis and radiating outward
内転筋の疼痛と 下腹部痛
Adductor pain or lower abdominal pain.
疼痛は ランニングやピボット動作、キックなどで悪化する。
Pain exacerbated by activities such as running, pivoting on 1 leg, kicking, or pushing off to change direction, as well as by lying on the side

座位から立ち上がるときや 寝返りなどで 疼痛やクリックなどをたまに認める



診察所見


恥骨部にダイレクトに圧迫を加えて 圧痛があれば陽性

The most specific test for osteitis pubis is a direct-pressure spring test, performed as follows:

Palpate the athlete’s pubic bone directly over the pubic symphysis; tenderness to touch is often noted at that point
Slide your fingertips a few centimeters laterally to each side, and apply direct pressure on the pubic rami; with this pressure, the patient feels pain in the symphysis
To see if one side or the other produces more pain or lateral pain, apply ipsilateral pressure







画像所見:

単純レントゲン写真 Plain Radiograph



スライド04







 MR
STIRで 高信号領域を認める。これは炎症があると白くうつります



スライド13










スライド14












この症例は なかなか治らない 恥骨結合炎で わたしにコンサルトをうけた 17歳のラグビー選手です。


通常は 
保存療法 
リハビリや 安静 消炎鎮痛剤などを 投与すると たいていのかたは 良くなります。


しかしなかなか良くならないひとは、恥骨結合炎だけでなく、 股関節唇損傷や大腿骨寛骨臼インピンジメント 'Femoroacetabular impingement) が潜んでいることがあります。


当院のサッカー選手の FAIの治療について 発表しましたが、
サッカー選手の FAIの 約63.5% は 恥骨結合炎を合併していました。 



High incidence of athletic pubalgia symptoms in professional athletes with symptomatic femoroacetabular impingement
S Hammoud, A Bedi, E Magennis, WC Meyers… - … : The Journal of …, 2012 - Elsevier





Treatment of athletes with symptomatic intra-articular hip pathology and athletic pubalgia/sports hernia: a case series CM Larson, BR Pierce, MR Giveans - Arthroscopy: The Journal of Arthroscopy 2011 - Elsevi

Larson



も FAIにともなって インピンジメントにより 恥骨結合に負担がかかり インピンジメントをおこしてくるのではないかと考察しています。




この症例は やはり恥骨部痛 恥骨結合炎と FAI (femoroacetabular impingement)を合併していました。股関節鏡で FAIの治療を行い 股関節唇を修復して 改善しています。



股関節唇損傷の治療 FAIの治療は 私たちが患者さんが治りにくい状態になっているのを手術をして 治るお手伝いをしています。
股関節痛 鼠径部痛 恥骨結合炎は よく医師と相談をして 治療方針をしっかりと説明をうけて 治療をうけられることをおすすめいたします。



恥骨結合炎 恥骨部痛で 困っている患者さん選手の 一助になれば幸いです。



恥骨炎症 恥骨部痛 競歩 陸上

内田宗志が ISAKOS comittee memberに選ばれました

ISAKOSという関節鏡の学会では世界最高峰の学会から、コミッティーメンバーに選ばれました。


Dear Dr. Uchida,

On behalf of the ISAKOS Committee on Committees, we invite you to serve as a member of the ISAKOS Hip, Groin & Thigh Committee for the 2015-2019 term.

As a member of this committee, you are encouraged to attend all committee meetings and participate in the year-end conference calls. Committee meetings are held in conjunction with the following conferences.

Please be advised that ISAKOS is unable to reimburse committee members for any expenses associated with travel to ISAKOS committee meetings or congresses. All Committee Members must be Active Members in good standing with their membership dues paid in full.


以下のメンバーで構成されています。


Name Country/Region Position         Term 2013 Congress
Per Holmich DENMARK Deputy Chair     2015 - 2019
Leandro Ejnisman BRAZIL   Member       2015 - 2019
John O'Donnell AUSTRALIA Chair       2015 - 2017
Nicolas Bonin FRANCE      Member       2015 - 2019
Nick Mohtadi CANADA       Member     2015 - 2019
Thomas Sampson USA       Member     2015 - 2019
Allston Stubbs USA         Member     2015 - 2019
Soshi Uchida JAPAN       Member      2015 - 2019


これも支えてくださっている皆様  教えてくださっている患者様のおかげです。
感謝しています。



livedoor プロフィール

Dr. S.U

Dr Soshi Uchida MD, PhD has been practicing his passion, orthopaedic surgery, for the last two decade. The principles of sports medicine emphasize a comprehensive team approach in the conservative treatment of injuries with the goal of helping the patient return to a healthy state, and focuses on the prevention of new or recurrent injuries. When surgery is necessary, Dr. Uchida's specialty in arthroscopic techniques emphasizes less invasive surgery for a potentially easier and quicker recovery.
1992年 産業医科大学卒業
• 1992年 関東労災病院整形外科 スポーツ整形外科
• 2002年 トロント大学医学部 博士研究員•幹細胞研究
• 2006年〜 産業医科大学整形外科 助教
•   2012年〜 産業医科大学若松病院整形外科 診療教授
日本体育協会公認スポーツドクター
労働衛生コンサルタント(保健衛生)
日本整形外科学会専門医

スポーツ歴 柔道 ラグビー

Dr Soshi Uchida website
英語のホームページを作成しました。 たずねてみてください。 Dr Soshi Uchida website
 産業医科大学若松病院
産業医科大学若松病院 連絡先 〒808−0024 北九州市若松区浜町1丁目17−1 電話 093−761−0090 当科へのお問い合わせメール uoehwakamatsusports@gmail.com 8月31日より変更になりました。 当院への外来予約専用ダイヤル TEL:093-285-3203 * 月〜金 9時〜18時 までご連絡下さい。
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Twetter
カテゴリー
ドクターのブログリンク

 NEJMを超えてゆけ
NEJMを超えてゆけ!



 スポーツドクター中村格子先生のブログ
スポーツドクター中村格子先生のブログ







 整形外科医のための英語ペラペラ道場
整形外科医のための英語ペラペラ道場
岡山大学整形外科 杉本佳久先生のブログです。



 つよぽんの避難所
つよぽんの避難所 つよぽん先生のブログ




 整形外科 論文ナナメ読み (JBJSなどなど)

愛知県のがみたけ 先生のブログです。

 Regista フットボールショップ
Registaフットボールショップ



 整形外科医のブログ)  17年目の整形外科医のブログ





 関節鏡外科医のblog
関節鏡外科医のブログ




 整形外科医リエチ先生の エンジョイサイクリング ランニング
整形外科医リエチ先生の エンジョイサイクリング ランニング

http://blog.riechi.net/
PT  ATC Technician LInk
 リアライン日記 蒲田和芳先生のブログ
 フィットネスの勧め フィットネスの勧め
 放射線技師魂 放射線技師魂のブログ@画像診断
じんどう整骨院アスリート
SAKA MASAYUI PTのブログ
サッカーのリンク



 薄野の舞姫
股関節痛を温存療法されている薄野の舞姫さんのブログ
ブログランキング
にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ
ニホン村 医療 医者
にほんブログ村 病気ブログ 手足・腕・膝の病気へ
応援のクリックお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 手足・腕・膝の病気へ
応援のクリックお願いします。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ