スポーツ整形外科医S. Uのブログ Sports Physician S.U Blog

Dr. Soshi Uchida of Wakamatsu hospital for sports injury is an orthopedic surgeon dedicated to research and treatment of hip, shoulder, knee and elbow sports injuries We will do our best for the treatment for the patients with smile and special skills. 関節鏡視下手術のテクニックを駆使して、最小侵襲で患者さんを治療しているドクターが綴るスポーツ医学の小ネタです。 22 年間のJリーグ のチームドクター(柏→川崎(富士通時代)→大分 2010年からJリーグ入りしたギラヴァンツ北九州)の経験と、自身の柔道(3段)とラグビーをしてきており、幅広いスポーツ選手を診療しています。私の持ち味は、笑顔で診察します。 怪我をした選手に勇気、元気、根気を与えることをモットーとしています。カナダ トロント大学へ医学留学を2年間しており、英語を話せる外国人の診察もしています。nSports Physician SU Sports Medicine Blog

Hip Arthroscopy 股関節鏡視下手術

Dr Soshi Uchida MD, PhD has been practicing his passion, orthopaedic surgery, for the last decade. The principles of sports medicine emphasize a comprehensive team approach in the conservative treatment of injuries with the goal of helping the patient return to a healthy state, and focuses on the prevention of new or recurrent injuries. When surgery is necessary, Dr. Uchida's specialty in arthroscopic techniques, especially hip arthroscopy, emphasizes less invasive surgery for a potentially easier and quicker recovery. These principles, initially developed for the competitive athlete, apply to all injuries whether they occur in the recreational environment, work place, or at home. He is a well-known figure in hip arthroscopic surgery, lecturing, travelling and teaching widely. In addition he has contributed extensively to the design and development of special instruments for arthroscopic surgery of the hip joint. Many patients living in Fukuoka, Nagasaki, Oita, Osaka, Kobe, Kyoto, Tokyo, Yokohama present to our hospital for their hip problem.

Arthroscopic Management for OCD lesion関節鏡視下の骨軟骨移植で大腿骨頭離断性骨軟骨炎 (大腿骨頭軟骨損傷)をがっつり治す

暑い日が続いていますがみなさまご健勝のこととお慶び申し上げます。
さて今回は 私の3ヶ月前に掲載された英語論文を 日本語訳をしましたので、 股関節の軟骨損傷を鏡視下に がっつり治すという日本語のテーマですがご一読いただけましたら幸いです。

*本和訳は英語の原文の非公式な翻訳であり、原文との間で万一内容に齟齬がある場合には、原文が優先されます。
Arthroscopic osteochondral autologous transplantation for the treatment of osteochondritis dissecans of the femoral head
大腿骨頭の離断性骨軟骨炎の治療に対する鏡視下自家骨軟骨移植
Soshi Uchida*, Hajime Utsunomiya, Eisaburo Honda, Shiho Kanezaki, Eiichiro Nakamura, Cecilia Pascual-Garrido, and Akinori Sakai
Wakamatsu hospital of University of Occupational and Environmental Health, Kitakyushu, Fukuoka, Japan
SICOT J 2017, 3, 18

本論文のサイトから原著は入手できます。

Uchida et al


Abstract – Osteochondritis dissecans (OCD) of the femoral head is an unusual cause of hip pain. It can be associated with other intra-articular pathologies including: acetabular labral tears or bone deformities such as Legg-Calve- Perthes Disease (LCPD). In this article, we propose a modern surgical technique using an arthroscopic antegrade and retrograde osteochondral autologous transplantation (OAT) procedure for assessing and treating OCD lesions of the femoral head.
概説:大腿骨頭の離断性骨軟骨炎(OCD)は、股関節痛の稀な原因の1つである。それは、股関節唇断裂、またはペルテス病のような骨性異常を含めた他の関節内病変に関連される場合がある。本稿において、我々は、大腿骨頭のOCD病変の評価及び治療のための鏡視下Antegrade(順行性)及びRetrograde(逆行性)自家骨軟骨移植(OAT)を用いたModern手術テクニックを提案する。

Introduction
序論
Osteochondritis dissecans (OCD) in the hip is an uncommon condition characterized by the separation of the osteochondral lesion from the subchondral bone. Lindholm et al. reported 36 patients treated for OCD lesions of the elbow, ankle, and hip during a period of 20 years. Only six (five men and one woman) of the 36 patients had OCD lesions of the hip [1]. Several studies have shown a higher prevalence of OCD of the femoral head in patients with Legg-Calve-Perthes disease (LCPD) [2–4].
股関節の離断性骨軟骨炎(OCD)は、軟骨下骨からの骨軟骨病変の分離によって特徴づけられる稀な状態である。Lindholmらは、20年の期間にわたり、肘、足関節、及び股関節のOCD病変に対して治療された36患者を報告した。36患者中6人のみ(男性5人及び女性1人)が、股関節のOCD病変を有した。いくつかの研究が、ペルテス病を有する患者らにおける大腿骨頭OCDのより高い発生率を示してきた。

The vast majority of patients with symptomatic OCD lesions of the femoral head require surgical management when nonsurgical treatment fails. Fragment removal can cause joint incongruity predisposing toward osteoarthritis. Thus ideally, the aim of surgical interventions should be to restore the articular surface congruity and preserve normal joint kinematics.
大腿骨頭の症候性OCD病変を有する大多数の患者らは、保存的治療を失敗したとき、手術治療を必要とする。骨片の摘出は、OAの素因となる関節不適合性の原因となりえるものである。したがって、手術介入は、関節面の適合性を復元し、正常な関節Kinematicsを温存することを目的にすべきである。

Numerous surgical procedures including: fragment fixation with bone pegs, osteochondral autograft transplantation (OAT), fresh OAT allograft, and joint arthroplasty have all been reported. Arthroscopic osteochondral autologous transplantation (OAT) is a well-developed and promising technique for the treatment of isolated, full-thickness cartilage lesions in knee and ankle joints [5–7].
骨ペグを用いたFragment固定、自家骨軟骨移植(OAT)、新鮮OAT同種移植、及び関節置換を含めた多数の手術手技が報告されてきた。鏡視下自家骨軟骨移植(OAT)は、膝及び足関節における単独の全層軟骨病変の治療に対する、有望なテクニックである。


In the literature, however, most of the patients treated for osteochondral lesions in the hip require an open surgical dislocation procedure. Hip arthroscopy is a fascinating tool for assessing and treating hip pathologies including labral tears and femoroacetabular impingement (FAI). Our previous report demonstrated antegrade OAT for treating OCD lesion of femoral head as an innovative and novel technique [8]. In addition, retrograde OAT for chondral lesion of the medial central area of the femoral head has also been reported [9]. The purpose of this article was to demonstrate a novel surgical technique and case presentation of arthroscopic OAT for the treatment of OCD lesion of femoral head.
しかしながら、文献上、股関節の骨軟骨病変に対して治療された大半の患者らは、OpenのSurgical dislocation手技を必要とする。股関節鏡は、関節唇断裂及びFAIを含めた股関節病変の評価及び治療に対する魅力的なツールである。我々の以前の報告は、革新的及び斬新なテクニックとして、大腿骨頭のOCD病変の治療に対するAntegradeのOATを実証した。されに追加して、大腿骨頭の内側中心領域の軟骨病変に対するRetrograde OATも報告してきた。本稿の目的は、大腿骨頭のOCD病変の治療に対する鏡視下OATの新たな手術テクニックと症例を提示することにあった。


Surgical technique
手術テクニック
Hip arthroscopy
The patient was placed in a modified supine position on the traction table (Hip Positioning System, Smith & Nephew Endoscopy, Andover, MA), under general and epidural anesthesia, with a well-padded perineal post. Countertraction on the contralateral leg was obtained by abduction. The involved hip was internally rotated and slightly flexed. First, arthroscopic evaluation for intra-articular lesions, including labral tearing and associated cartilage damage, was performed through an anterolateral portal (ALP) and a midanterior portal (MAP). Intra-portal capsulotomy using a beaver knife (Becton Dickinson, Franklin Lakes, NJ) was completed to improve accessibility of the scope and surgical instruments.
患者は、全身麻酔及び硬膜外麻酔下で、十分にパッドされたペロニールポストを伴った牽引テーブル(Hip Positioning System, Smith & Nephew Endoscopy, Andover, MA)上に仰臥位に設置された。対側下肢のカウンター牽引が外転によって得られた。罹患股関節は、内旋及び軽度屈曲された。まず、関節唇断裂及びそれに関連される軟骨損傷を含めた関節内病変に対する関節鏡評価が、前外側ポータル(ALP)と中前ポータル(MAP)を介して実施された。Beaverナイフ(Becton Dickinson, Franklin Lakes, NJ)を用いたポータル間関節包切開が、スコープと手術インスツルメントの操作性を改善するために達成された。


Case 1: antegrade osteochondral autograft
症例1:Antegrade(順行性)自家骨軟骨移植
A 40-year-old female patient presented to us with a 12-month history of left hip pain. Physical examination showed limited range of motion (ROM) with a flexion of 90_ and internal rotation of 15_. She had positive impingement sign and hip dial test. Plain radiographs showed a lateral center edge angle (LCEA) of 23_ and an alpha angle of 65_ suggesting borderline hip dysplasia and concomitant cam impingement (Figure 1A). Computed tomography (CT) and magnetic resonance imaging (MRI) confirmed an OCD lesion of the femoral head (Figures 1B and 1C).
40歳の女性患者が、左股関節痛の12ヶ月の病歴を有して当科を受診した。理学検査は、屈曲90度と内旋15度の可動域制限を示した。彼女は、陽性のインピンジメントサインと股関節ダイアルテストを有した。単純レントゲンは、23度のLCEAと65度のαアングルを示し、境界型股関節形成不全にCamインピンジメントの共存を示唆した(図1A)。CT及びMRIから、大腿骨頭のOCD病変が確認された(図1B及び1C)。




スライド01








Partial tearing at the anterior site of the acetabular labrum (9:30 position) and associated cartilage softening at rim lesion were observed. This last was classified as grade 1 of the Multicenter Arthroscopy of the Hip Outcomes Research Network (MAHORN) [10]. The thermoplasty was carried out using a radiofrequency probe for the treatment of the partial tearing of the labrum (VAPER, DePuy Mitek, Raynham, MA). Next, the OCD lesion was observed at the anterosuperior portion of the femoral head (Figure 2A). A proximal midanterior portal (PMAP) was established to access the OCD lesion. This was performed with the hip at 10_ of extension. The condition of the cartilage was evaluated using a probe and determined that refixation was not appropriate (Figure 2A).
股関節唇の前方部位(9:30)における部分断裂と、それに関連される軟骨Softeningのリム病変が観察された。後者は、MAHORNのグレード1として分類された。関節唇の部分断裂の治療に対して、RFプローブ(VAPER, DePuy Mitek, Raynham, MA)を用いた温熱形成術が実施された。次にOCD病変が、大腿骨頭の前上方部位に観察された(図2A).PMAPがOCD病変をアクセスするために設置された。これは、股関節伸展10度で実施された。軟骨の状態が、プローブを用いて評価され、再固定が適切でないことが決定された(図2A)。

スライド02













A decision was made to proceed with osteochondral transplantation. Next, viewing from the ALP, the degenerative cartilage lesion was resected using a shaver (DYONICS BONECUTTERTM PLATINUM 4.5 mm, Smith & Nephew Endoscopy, Andover, MA) and a curette inserted through the PMAP (Relevator, DePuy Mitek, Tokyo, Japan) (Figure 2B).
骨軟骨移植の決定が行われた。次に、ALP鏡視で、PMAPから挿入された、シェーバー(DYONICS BONECUTTERTM PLATINUM 4.5 mm, Smith & Nephew Endoscopy, Andover, MA)とキュレット(Relevator, DePuy Mitek, Tokyo, Japan)を用いて,
変性軟骨病変は切除された(図2B)。

The OAT technique was performed using the MosaicPlasty autologous osteochondral grafting system (Smith & Nephew Endoscopy, Andover, MA). The size of the lesion was determined to be 8.5 mm in diameter. This was assessed making sure the chisel was perpendicular to the articular surface (Smith & Nephew Endoscopy, Andover, MA). After releasing traction a cylindrical autologous osteochondral graft (8.5 mm diameter) was harvested arthroscopically from the ipsilateral knee joint with full extension of hip and knee (Figure 2C).
OATテクニックは、MosaicPlasty自家骨軟骨移植システム(Smith & Nephew Endoscopy, Andover, MA)を用いて実施された。病変のサイズは、直径8.5mmであると決定された。このシステムは、チゼルが関節面に対して垂直であることを評価できるものであった(Smith & Nephew Endoscopy, Andover, MA)。牽引解除後、円筒形の自家骨軟骨グラフト(8.5mm径)が、股関節及び膝完全伸展状態で、同側膝関節から鏡視下で採取された(図2C)。




The superior lateral aspect of the intercondylar notch was used as the donor site. The Chizel (Smith & Nephew Endoscopy, Andover, MA) was introduced through the superolateral portal in the knee and driven into the bone to a depth of 12 mm. The harvester, containing the graft, was then removed by twisting the T-handle. At the recipient site, a drill guide at a 90_ angle to the recipient site was inserted, through the PMAP, while viewing through the scope located in the ALP. The subchondral bone was drilled to a depth of 14 mm. The dilator was inserted into the drill guide and tapped to the desired depth. The osteochondral autograft was placed over the lesion and tapped into position, until articular surface, making sure it flushed with the host joint surface (Figures 2D and 2E).
顆間窩の上外側面がDonor siteとして用いられた。Chizel (Smith & Nephew Endoscopy, Andover, MA)が膝の上外側ポータルから挿入され、12mmの深さまで骨内に打ち込まれた。それから、Harvester内のグラフトが、Tハンドルをツイストすることによって取り出された。Recipient siteにおいて、ALPから鏡視しながら、PMAPを介して、Recipient siteに対して90度の角度でドリルガイドが挿入された。軟骨下骨が14mmの深さまでドリリングされた。ダイレーターがドリルガイド内に挿入され、望まれる深さまでテーパーされた。骨軟骨自家グラフトが、病変上に配置され、Host側の関節面とそれがフラッシュすることを確認しながら、関節面まで、タップされた(図2D及び2E)。





After the central compartment procedure was finalized, the traction was released to assess the peripheral compartment. A cam lesion that had diffuse cartilage damage (International Cartilage Research Society (ICRS) grade II) was seen at the femoral head-neck junction.
Central compartment手技の終了後、牽引が、Peripheral compartmentをアクセスするために解除された。瀰漫性軟骨損傷(ICRSグレード2)を有したCam病変が、大腿骨頭頚部移行部に観察された。
Arthroscopic dynamic assessment confirmed cam impingement. Thus, cam osteoplasty was carried out using a motorized round burr. Lastly, capsular closure was performed in the hip at 40_ of flexion, through the MAP as described previously. A total of two side-to-side stitches were placed to close the capsule. Modified Harris hip score (MHHS) improved from 59.4 preoperatively to 88 at three years after surgery. Non-arthritis hip score improved from 72.5 to 87.5 at three years after surgery.
鏡視下動的評価によりCamインピンジメントが確認された。Cam osteoplastyが、シェーバーラウンドバーを用いて実施された。最後に、関節包縫縮が、以前に詳細したように、MAPを介して、股関節屈曲40度で実施された。合計2本のSide-to-sideスティッチが関節包を閉鎖するために配置された。MHHSは、術前59.4点から、術後3年で88点に改善された。NAHSは、術前72.5点から、術後3年で87.5点に改善された。






Case 2: retrograde osteochondral autograft transplantation
症例2:Retrograde(逆行性)自家骨軟骨移植
A 18-year-old badminton male player presented with right hip pain for the past 18 months. The pain was worsened by walking and stepping. Physical examination showed pain on internal rotation and hip flexion at 90_. Plain X-ray identified a lateral center edge angle (LCEA) of 18_ and an OCD lesion with concomitant deformity of the femoral head. OCD lesion of the femoral head, hip dysplasia, and Perthes like deformity of proximal femur was diagnosed (Figures 3A and 3B).
18歳の男性バドミントン選手は、18か月の右股関節痛の病歴を有した。痛みは、歩行及びステップ時に増悪した。理学検査は、股関節90度屈曲及び内旋で痛みを示した。単純レントゲンは、18度のLCEAと大腿骨頭の変形に共存したOCD病変を同定した。大腿骨頭のOCD病変、股関節形成不全及び近位大腿骨のペルテス様変形が診断された(図3A及び3B)。




スライド03














Perthes like deformity was classified as Stulberg grade I. CT and MRI demonstrated an OCD lesion of femoral head partially separated from the subchondral bone in association with a cystic lesion in the subchondral bone at the central-superior portion of the femoral head [11]. Since nonsurgical treatment failed, hip arthroscopy and retrograde osteochondral autograft transplantation were indicated.
ペルテス様変形は、Stulbergグレード気畔類された。CT及びMRIは、大腿骨頭の中上方部位における軟骨下骨の嚢胞病変に関連した軟骨下骨から部分的に分離した大腿骨頭のOCD病変を示した。保存的治療に失敗したたため、股関節鏡視下Retrograde自家骨軟骨移植が適応となった。
During the central compartment procedure, an anterosuperior acetabular labral tear (slightly degenerative flattened) was confirmed. Labral repair was performed with a suture anchor fixation (Figures 4A and 4B). After releasing traction, a dynamic assessment to evaluate impingement was performed confirming FAI cam impingement (Figure 4C). Cam osteoplasty was performed (Figure 4D).
Central compartment手技中に、前上方関節唇断裂(軽度変性)が確認された。関節唇修復が、スーチャーアンカー固定法を用いて実施された(図4A及び4B)。牽引解除後、インピンジメントを評価するための動的評価が、CamタイプFAIインピンジメントを確認するために実施された(図4C)。Cam osteoplastyが行なった(図4D)。






スライド04













After reapplying traction, the OCD lesion (ICRS grade III) was observed in the weightbearing area and perifoveal area of the femoral head (Figures 6A and 6B).
牽引再適用後、OCD病変(ICRSグレード3)が、大腿骨頭の荷重面と寛骨臼窩周辺領域に観察された(図6A及び6B)。



Under fluoroscopy, a CROSSTRAC Hip Guide System (Smith & Nephew Endoscopy, Andover, MA) was introduced through the ALP (Figure 5). The aimer of CROSSTRAC GUIDE SYSTEM was placed at the center of a completely separated OCD lesion and a 2.4 mm guide-wire was drilled from greater trochanter with direct visualization from the MAP (Figure 5).
透視下で、CROSSTRAC Hip Guide System(Smith & Nephew Endoscopy, Andover, MA)がALPを介して挿入された(図5)。CROSSTRAC GUIDE SYSTEMのエイマーが、完全に分離されたOCD病変の中心に配置され、MAPからの直接鏡視下で、2.4mmガイドワイヤーが、大転子からドリリングされた(図5)。

スライド05






Then, the aimer of CROSSTRAC GUIDE SYSTEM was placed at the partially separated OCD lesion and three 2.0 mm K-wires were introduced from the greater trochanter toward the articular surface of femoral head using CROSSTRAC GUIDE SYSTEM, performing a retrograde fixation with K-wires of the OCD lesion of the femoral head (Figure 6C and 6E).
その後、CROSSTRAC GUIDE SYSTEMのエイマーが、部分的に分離されたOCD病変に配置され、3本の3.0mmK-ワイヤーが、CROSSTRAC GUIDE SYSTEMを用いて、大転子から大腿骨頭の関節面に向けて挿入され、大腿骨頭のOCD病変のK-ワイヤーを用いてRetrograde固定が実施された(図6C及び6E)。


スライド06


















After releasing traction, a cylindrical autologous osteochondral graft (10 mm diameter) was harvested arthroscopically from the ipsilateral knee joint in a full extension of knee (Figure 2C). The superior lateral aspect of the intercondylar notch was used as the donor site. The 10-mm size Chizel (Smith & Nephew, Andover, MA) was introduced through the superolateral knee portal. It was driven into the bone to a depth of 25 mm. The harvester, containing the graft, was then removed by twisting the T-handle.
牽引解除後、円筒形自家骨軟骨グラフト(10mm直径)が、完全伸展膝の同側膝関節から鏡視下に採取された(図2C)。顆間窩の上外側面がDonor siteとして用いられた。10mmサイズのChizel(Smith & Nephew, Andover, MA)が上外側膝ポータルを介して挿入された。それは、深さ25个泙嚢内に打ち込まれた。それから、ハーベスター内のグラフトがT-ハンドルをツゥイストすることによって取り出された。









For retrograde OAT procedure, a Core reamer (anterior cruciate ligament (ACL) drill guide system) was utilized to make a graft tunnel through the 2.4 mm ACL drill guide wire from greater trochanter to reach out to the articular surface of the femoral head (Figure 6F). The autologous OATS was delivered through the tunnel by using bone tunnel dilator from greater trochanter (Figure 6G).
Retrograde OAT手技に対して、Coreリーマー(ACLドリルガイドシステム)が、大転子から、大腿骨頭の関節面の外まで、2.4mmACLドリルガイドを介してグラフトの骨孔を作成するために用いられた(図6F)。自家OATSが、大転子から、骨孔ダイレーターを用いる事によって、骨孔を介して運び込まれた(図6G)。

Postoperative X-ray showed good healing of OAT and retrograde fixation at OCD lesion of the femoral head (Figure 7). Since the patient required the removal of K-wires, second-look hip arthroscopy at 12 months was performed demonstrating good healing of the OCD lesion of the femoral head (Figure 8).
術後レントゲンは、大腿骨頭のOCD病変のOAT及びRetrograde固定の良好な治癒を示した(図7)。患者がK-ワイヤーの除去を必要としたため、12ヶ月目に、Second-look股関節鏡が、大腿骨頭のOCD病変の良好な治癒を実証するために実施された(図8)。



スライド08










スライド09














Modified Harris hip score (MHHS) improved from 69.8 preoperatively to 100 at 14 months after surgery.
Non-arthritis hip score improved from 88.7 to 100 at 14 months after surgery.
MHHSは、術前69.8点から、術後14か月の100点まで改善した。NAHSは、術前88.7点から術後14か月の100点まで改善した。
Postoperative rehabilitation
術後リハビリテーション
Postoperative rehabilitation was used for both antegrade and retrograde OAT procedures. The patients were placed in a brace (Philippon brace, Bledsoe, Dallas, TX), for three weeks, to protect the hip and limit abduction and rotation. Gentle passive range of motion (ROM) exercise was initiated during the first week, under the supervision of a physiotherapist.
術後リハビリテーションは、AnteguradeとRetrogradeの両方のOAT手技に対して用いられた。患者は、股関節を保護し、外転及び回旋を制限するために、3週間、ブレース(Philippon brace, Bledsoe, Dallas, TX)が装着された。緩徐な受動可動域エクササイズが、理学療法士の指導下で、第1週中に開始された。
The patient remained non-weight bearing, during the first four weeks. Active hip flexion was limited, during phase I (the first four weeks), to minimize the risk of hip flexor inflammation. From week four to five, weight bearing was gradually increase and the patient was progressed to full weight bearing at eight weeks after surgery. The patients were allowed to start swimming and do stationary bikewith resistance at four months after surgery. Endurance strengthening began at 24 weeks after surgery; only after range of motion was maximized and after good stability in gait and movement was observed. Throughout this phase, there was no low impact aerobic conditioning.
患者は、最初の4週間、非荷重が維持された。自動股関節屈曲は、股関節屈筋の炎症の危険性を最小限にするために、フェーズ1(最初の4週)の間、制限された。4週から5週までに、荷重が徐々に増加され、患者は、術後8週目に全荷重に進行した。患者は術後4ヵ月目に、水泳及び抵抗を伴ったエアロバイクの実施が許可された。持久力強化は、術後24週目に開始された;最大可動域が改善され、歩行及び動作の良好な安定性が観察された場合に限り。このフェーズを通して、低衝撃のエアロバイクに何の規制も付けられなかった。
Discussion
考察
In this study, we demonstrated two cases with OCD lesions of femoral head treated with an arthroscopic antegrade and retrograde OAT technique for treating OCD lesions in the hip. In this article, the first case was associated with acetabular labral tear and the second case was associated with LCPD, acetabular labral tear, and hip dysplasia. There are several studies looking at OCD lesions with LCPD. Rowe et al. have shown that seven of 363 hips (about 2%) with LCPD have concomitant OCD lesions [12].
本研究において、我々は、股関節のOCD病変の治療に対するための鏡視下Antegrade及びRetrograde OATテクニックで治療された大腿骨頭のOCD病変を有した2例を示した。本稿において、最初の症例は、股関節唇断裂に関連があり、2例目の症例は、LCPD、股関節唇断裂及び股関節形成不全に関連があった。ペルテス病に伴うOCD病変を観察したいくつかの研究が存在する。Roweらは、ペルテス病を有する363股のうち7股(約2%)がOCD病変の共存を有することを示した。
Steenbrugge and Macnicol reported four cases with OCD lesions of the femoral head diagnosed about four years following the occurrence of LCPD [4]. We think OCD lesion of femoral head may sequel to other hip pathologies including labral tears and/or LCPD.
SteenbruggeとMacnicolは、ペルテス病発症の約5年後に、大腿骨頭のOCD病変の診断を有した4例を報告した。我々は、大腿骨頭のOCD病変が、関節唇断裂及び/またはペルテス病を含めた他の股関節病変に続発する可能性があると考える。
Clohisy et al. described good clinical outcomes of residual Perthes like deformity and hip dysplasia treated with open surgical dislocation and concomitant periacetabular osteotomy [13]. Several studies have shown that shelf acetabuloplasty is also useful for treating Perthes like deformity with concurrent hip dysplasia [14, 15]. Recently, we developed a new endoscopic technique of shelf acetabuloplasty for treating hip dysplasia as well as intra-articular pathologies [16]. Thus, we utilized endoscopic shelf procedure concomitantly with arthroscopic OAT procedures. There are several case reports of patients with osteochondral lesions of the femoral head undergoing OAT procedure.
Clohisyらは、Open Surgical dislocationとPAOの併用で治療されたペルテス様残存変形と股関節形成不全の良好な臨床的Outcomeを詳細した。7研究は、Shelf acetabuloplastyもまた、股関節形成不全を伴うペルテス様変形を治療することに対して有用である。最近、我々は、股関節形成不全だけでなく、関節内病変の治療に対してShelf acetabuloplastyの新しい鏡視下テクニックを開発した。したがって、我々は、鏡視下Shelf手技と同時に、鏡視下OAT手技も利用してきた。大腿骨頭の骨軟骨病変に対してOAT手技を受けた患者の症例報告がいくつか存在する。
Nam et al. reported two cases of osteochondral lesions of the femoral head who had undergone OAT procedure combined with osteochondral fragment fixation after traumatic anterior dislocation of the hip joint. They demonstrated good clinical outcomes and graft incorporation showed by the MRI study [17]. Girard et al. demonstrated the surgical technique and clinical outcomes following OAT after treating 10 patients with OCD lesions of the femoral head. They revealed excellent well healed incorporation of autologous graft in all radiographs [18].
Namらは、股関節の外傷性前方脱臼後の骨軟骨片固定と組み合わせてOAT手技を受けた大腿骨頭骨軟骨病変の2例を報告した。彼らは、良好な臨床的Outcomeと、MRI研究によって示された良好なグラフト癒合を実証した。Girardらは、大腿骨頭のOCD病変を有する10患者の手術テクニックとOAT治療後の臨床Outcomeを示した。彼らは、全てのレントゲンにおいて、極めて良好に治癒された自家グラフトの組み込みを明らかにした。
Gagala et al. also reported good result following fragment fixation combined with OAT for treating osteochondral defect after posterior fracture dislocation of the hip joint. They proposed good clinical outcomes and graft congruity confirmed by MRI [19]. All those case reports described require an open surgical dislocation with a trochanteric osteotomy to assess and treat the osteochondral lesion.
Gagalaらもまた、股関節の後方脱臼骨折後の骨軟骨欠損の治療のためのOATと組み合わせたFragment固定後の良好な結果を報告した。彼らは、良好な臨床成績とMRIによって確認されたGraftの適合性を提案した。それらすべての詳細された症例報告は、骨軟骨病変を評価し治療するために、転子部骨切り術を伴うOpen surgical dislocation法を必要とするものである。
Contrary to arthroscopic procedures, open approaches could have higher rates of complications, such as, non-union of the greater trochanter and slower recovery [20]. Hip arthroscopy is less invasive and promising tool for assessing and treating hip intra-articular pathologies. Matsuda and Safran demonstrated good clinical outcomes after arthroscopic internal fixation of an OCD lesion in the femoral head using metal headless compression screws [21]. Arthroscopic OAT would be more advantageous if OCD lesion is irreparable and degenerative. Kubo et al. described a new surgical technique of arthroscopic antegrade OAT procedure for treating OCD at the anterosuperior aspect of the femoral head [8]. Cetinkaya et al. also described a surgical technique with arthroscopic retrograde OAT procedures for treating OCD lesion at the central weight-bearing area of the femoral head [9].
鏡視下手技とは対照的に、Openアプローチ法は、大転子癒合不全のような合併症のより高い発生率とより遅延した回復を有する可能性が考えられる。股関節鏡は低侵襲手技であり、股関節内病変の評価及び治療に対する有望なツールである。Matsuda及びSafranは、Metal headless compressionスクリューを用いて、大腿骨頭OCD病変の鏡視下内固定後の良好な臨床成績を実証した。鏡視下OATは、OCD病変が修復不能で変性している場合に、より利点となると考えられる。KuboとUchidaらは、大腿骨頭の前上方面におけるOCDを治療するための、鏡視下Antegrade OAT手技の新しい手術テクニックを詳細に報告した。Cetinkayaらも、大腿骨頭の荷重中心部におけるOCD病変の治療に対する鏡視下Retrograde OAT手技を用いた手術テクニックを詳細した。


Indication and contraindication
適応と禁忌
The indication of antegrade OAT technique is an OCD lesion (ICRS classification grades III and IV) at the anteriorsuperior or anterior-lateral aspect of the femoral head [22]. The indication of retrograde OAT technique is OCD lesion at center and/or posterior aspect of the femoral head. Contraindication of these techniques are an infection surrounding hip joint and osteoarthritis (Table 1).
Antegrade OATテクニックの適応は、大腿骨頭の前上方または前外側面におけるOCD病変(ICRS分類グレード3及び4)である。Retrograde OATテクニックの適応は、大腿骨頭の中心及び/または後方領域のOCD病変である。これらのテクニックの禁忌は、股関節周辺の感染及びOAである(表1)。



Advantage and disadvantage
利点と欠点
Arthroscopic OAT to treat OCD lesion of the femoral head has several advantages and some disadvantages. The advantages are that this procedure is minimally invasive and it has the potential for early rehabilitation and quicker recovery. Concurrent lesions can be readily assessed and treated arthroscopically. Surgeons are able to assess impingement issues and other intra-articular pathologies, such as, acetabular labral tears, ligamentous tearing, and cartilage delamination since OCD of the femoral head is often associated with other pathologies.
大腿骨頭のOCD病変を治療するための鏡視下OATは、いくつかの利点と一部の
欠点を有する。利点は、この手技が最小侵襲手技であること、そして潜在的に早期リハビリテーションとより早期回復を有することにある。共存病変は、鏡視下で、容易に評価及び治療が可能となる。術者らは、大腿骨頭のOCDが、しばしば、他の病変と関連されるため、インピンジメント問題や、股関節唇断裂、円靭帯断裂及び軟骨デラミネーションのような他の関節内病変の評価を可能となる。
However, considerable disadvantages are that this procedure is meticulous and technically demanding. The targeting of retrograde drilling is also is difficult despite the use of CROSSTRAC system. There is the possibility of donor-site morbidity, such as, donor-site pain in the knee joint.
しかしながら、この手技は、慎重性を要し、技術的に高難度というかなりの欠点を有する。Retrogradeドリリングのターゲッティングもまた、CROSSTRACシステムの使用にもかかわらず、難しい。膝関節のDonor-site痛のようなDonor-site morbidityの可能性も存在する。



Conclusion
結語
Hip arthroscopy plays a crucial therapeutic and diagnostic tool for the treatment of several hip pathologies including: labrum tears, cartilage damage and impingement. These reported techniques add a potential role of hip arthroscopy for the treatment of OCD.
股関節鏡は、関節唇断裂、軟骨損傷及びインピンジメントを含めた、いくつかの股関節病変の治療に対する重要な治療的及び診断的ツールの役割を有する。これらの報告されたテクニックは、OCDの治療に対する股関節鏡の潜在的役割を追加する。


股関節 軟骨損傷 疲労骨折 大腿骨頭骨軟骨移植などでお困りの方は ぜひお問い合わせください。

Arthroscopic Treatment of a Displaced Nonunion of the Anterior Inferior Iliac Spine Causing Extra-articular Impingement 関節外インピンジメントを引き起こした転位したNonunion AIISサッカー選手への鏡視下治療

今週は 先月 Orthopaedicというジャーナルに掲載された 我々の論文
産業医科大学若松病院にフェローとして来られた 柴原基(しばはらもとい)先生が執筆された論文



Arthroscopic Treatment of a Displaced Nonunion of the Anterior Inferior Iliac Spine Causing Extra-articular Impingement
関節外インピンジメントを引き起こした転位した癒合不全の下前腸骨棘Nonunion AIISの鏡視下治療



Motoi Shibahara, MD, PhD; Yasuo Ohnishi, MD, PhD; Eisaburo Honda, MD; Dean K. Matsuda, MD; Soshi Uchida, MD, PhD
The authors are from the Department of Orthopaedic Surgery and Sports Medicine (MS, YO, EH, SU), Wakamatsu Hospital of the University of Occupational and Environmental Health, Kitakyushu, Japan; and DISC Sports and Spine (DKM), Marina del Rey, California.
Orthopedics. 2017


下記がリンクになります  ( Please click URL below)

Arthroscopic Treatment of a Displaced Nonunion of the Anterior Inferior Iliac Spine Causing Extra-articular Impingement.





abstract
要約

This report describes a case of nonunion of an anterior inferior iliac spine (AIIS) apophyseal avulsion fracture with resultant subspine impingement combined with symptomatic femoroacetabular impingement (FAI). A 16-year-old male soccer player presented with a 6-month history of right groin pain exacerbated by kicking and running. The patient was diagnosed with a displaced nonunion of the AIIS apophysis avulsion fracture causing secondary extra-articular impingement beyond cam-type FAI by physical examination and radiological findings. The authors performed arthroscopic AIIS decompression, with concurrent FAI correction and labral repair and capsular closure. At 4 months after surgery, a radiograph and a computed tomography scan showed complete bony union of the AIIS apophyseal nonunion. Modified Harris Hip Sore and Nonarthritic Hip Score improved from 74.8 and 61, respectively, to 100 for both at final follow-up. The effectiveness of arthroscopic decompression of the AIIS as part of a comprehensive minimally invasive surgery including FAI correction and labral repair resulted in complete union of the AIIS and pain-free return to sport and bony union.
本稿は、症候性FAIを合併し結果として、Subspineインピンジメントを伴ったnonunion 下前腸骨棘(AIIS) 骨端裂離骨折の1例を紹介する。思春期の16歳男性サッカー選手は、Kicking及びランニングにより増悪する右鼠蹊部痛の6ヶ月の病歴を呈した。患者は、理学検査及びレントゲン所見によって、CamタイプFAI以外に、二次性関節外インピンジメントを引き起こすAIIS骨端裂離骨折後の転位した偽関節の合併と診断された。著者らは、鏡視下AIIS除圧術と同時にFAIの矯正及び関節唇修復そして関節包縫合を実施した。術後4ヵ月におけるレントゲンとCTは、AIIS骨端癒合不全の完全な骨癒合を示した。MHHSとNAHSは、それぞれ、74.8点と61点から、最終経過観察時に、両方100点に改善した。FAIの矯正と関節唇修復術を含めた包括的最小侵襲手術の一部としてAIISの鏡視下除圧術の効果は、AIISの完全統合と無痛スポーツ復帰及び骨癒合をもたらした。

Avulsion fractures of the anterior inferior iliac spine (AIIS) apophyses are common injuries in pediatric and adolescent athletes.1 Because the origin of the straight head of the rectus femoris is the AIIS, violent contraction of this muscle during activities such as running, jumping, or kicking may cause an avulsion fracture.1 A recent study reported AIIS extra-articular impingement against the distal femoral neck with excessive distal and/or anterior protrusion and that AIIS impingement can be developmental or the result of prior AIIS avulsions.2
AIIS骨端の裂離骨折は、小児及び思春期アスリートにおいて一般的な損傷である。大腿直筋直頭の起始部がAIISに存在するため、ランニング、ジャンピング、またはKickingのような運動時にこの筋肉の激しく収縮して、裂離骨折を引き起こす可能性がある。


Hip arthroscopy has been used as an effective surgery for the assessment and treatment of acetabular labral tears with femoroacetabular impingement (FAI). A recent study revealed that AIIS impingement combined with FAI can be treated by hip arthroscopy.2
股関節鏡は、FAIを伴う股関節唇断裂の評価及び治療に対する有効な手術法として用いられている。最近の研究は、FAIに共存するAIISインピンジメントが股関節鏡によって治療可能であることを明らかにしてきた。

Matsuda and Calipusan3 published a case report of an adolescent athlete with an AIIS avulsion fracture with subsequent distal protruding malunion who was successfully treated with hip arthroscopy including arthroscopic “spinoplasty.”
Matsuda及びCalipusanは、AIIS裂離骨折後に遠位に突出した変形治癒を有する思春期アスリートに対して鏡視下「Spinoplasty」を含めた股関節鏡で良好に治療しえた1例報告を発表した。

However, to the current authors’ knowledge, extra-articular impingement resulting from nonunion of an AIIS apophyseal avulsion fracture combined with FAI has not been reported. The authors present the clinical and radiographic findings and the arthroscopic treatment of a patient with displaced nonunion of the AIIS causing extra-articular impingement.
しかしながら、著者らの知る限り、FAIと共存したAIIS骨端裂離骨折のnonunionからもたらされた関節外インピンジメントの報告は今まで無かった。著者らは、関節外インピンジメントを引き起こしたAIIS転移性nonunionを有する患者らの臨床及びレントゲン所見、そして鏡視下治療を提示する。


Case Report
症例報告


A 16-year-old male soccer player presented with a 6-month history of right groin pain exacerbated by kicking and running and refractory to nonoperative treatment, including nonsteroidal anti-inflammatory drugs and physiotherapy. He attempted to return to soccer, but his groin pain increasingly worsened.
16歳男性サッカー選手は、Kicking及びランニングによって増悪する右鼠蹊部痛の6ヶ月の病歴を有して受診した。その後、非ステロイド性抗炎症薬及び理学療法を含めた保存的治療に抵抗を示した。

He had no previous significant medical history and no evidence of trauma to the hip or symptoms from the lumbar spine or contralateral hip. On physical examination, he had tenderness over the right groin region. Hip range of motion was limited to 90° of flexion, 20° of flexed-hip internal rotation with a positive anterior impingement sign, and 30° of external rotation. An anteroposterior pelvic radiograph showed nonunion of the AIIS protruding distally at the level of the apex of the femoral head (Figure 1A).
患者は、特に目立った病歴を有さず、股関節に対する外傷のエビデンス、または脊椎からの症状も対側股関節の症状もなかった。理学検査上、患者は右鼠蹊部領域上の圧痛があった。股関節可動域は、屈曲90度、屈曲内旋20度の前方インピンジメントサイン陽性と外旋30度の制限を有した。AP骨盤レントゲンは、大腿骨頭の頂点レベルにおける遠位に突出したAIISの偽関節を示した(図1A)。

The lateral center edge angle was 29°4 with a cephalad crossover sign suggesting focal pincer impingement. The false profile view showed anterior distal protrusion of the AIIS with cortical hypertrophy (Figure 1B).5
LCEAは、29度であり、限局性Pincerインピンジメントを示唆する頭側クロスオーバーサインをともなうことが示された。False profile viewは、(図1B)。

The triradiate and femoral capital physes remained opened. Axial computed tomography scans with 3-dimensional reconstruction confirmed prominent deformity of the AIIS and nonunion of the AIIS avulsion fracture extending below the anterosuperior acetabular rim (Figure 1C).
Triradiate及びFemoral capital physesは離解したままであった。3D再構成を伴う軸CTスキャンから、AIISの隆起変形と前上方寛骨臼縁下まで延長するAIIS裂離骨折のnonunionが確認された(図1C)。

Magnetic resonance arthrography showed anterosuperior labral tearing (Figure 1D). The patient was diagnosed with a displaced nonunion of the AIIS apophysis avulsion fracture causing secondary extra-articular impingement beyond cam-type FAI.
MRAは、前上方関節唇断裂を示した(図1D)。患者は、CanタイプFAI以外に、AIIS骨端裂離骨折の転位性nonunionによる二次性関節外インピンジメントと診断された。



Figure 1
















Surgical Technique
手術テクニック
Supine hip arthroscopy was performed on a traction table. The anterolateral portal and mid-anterior portal were established. Interportal capsulotomy was performed. Perilabral focal synovitis was visualized at the level of the AIIS. An anterosuperior labral tear was treated with labral refixation after limited acetabuloplasty of the anterosuperior rim (Figures 2A-B).
仰臥位股関節鏡が牽引テーブル上で実施された。ALPとMAPが設置された後、ポータル間関節包切開が実施された。関節唇周辺の限局性滑膜炎が、AIISのレベルに観察された。前上方関節唇断裂は、前上方寛骨臼縁の限定的Acetabuloplasty後に関節唇再固定で治療された(図2A-B)。

The anterosuperior capsule was undercut with a shaver and a radiofrequency probe in the area of the AIIS to expose the rim and the AIIS. Decompression of the inferior AIIS was performed using a motorized round burr via the mid-anterior portal (Figure 2C). After releasing traction, a dynamic impingement test in hip abduction showed significant cam impingement. Femoroplasty was performed with confirmed eradication of ongoing FAI and subspinal impingement (Figure 2D).
寛骨臼縁とAIISを露出するために、AIISの領域の前上方関節包の下側がシェーバーとRFプローブで切除した。下方AIISの除圧が、MAPを介して、シェーバーラウンドバーを用いて行った(図2C)。牽引解除後、股関節外転の動的インピンジメントテストが、有意なCamインピンジメントを示した。Femoroplastyが、実際に観察するとFAIとSubspinalインピンジメントの消失を確認しながら行った。(図2D)。



pdf















Finally, capsular closure was performed to stabilize the joint as previously described.6 Postoperative radiograph and computed tomography scans showed complete bony union of the AIIS apophyseal nonunion (Figure 3).
最後に、関節包縫合が、以前に詳細されたように、関節を安定化するために実施された。術後レントゲンとCTは、AIIS骨端癒合不全の完全な骨癒合を示した(図3)。



Figure 3














Postoperative Rehabilitation
術後リハビリテーション
The patient was placed in a brace for 3 weeks to protect the hip and limit abduction and rotation. Gentle passive range of motion exercise was initiated during the first we
ek, under the supervision of a physiotherapist. The patient remained non– weight bearing during the first 4 weeks. Active hip flexion was limited during phase I (the first 4 weeks) to minimize the risk of hip flexor tendonitis. From week 4 to 5, weight bearing gradually increased, and the patient was liberalized to full weight bearing at 8 weeks postoperatively.
患者は、股関節を保護し、外転及び回旋を制限するために、3週間ほど装具をつけた。緩徐な受動可動域エクササイズが、理学療法士の指導下で1週目の間に開始された。患者は、最初の4週間、非荷重が保持された。自動股関節屈曲は、フェーズ1(最初の4週)の間、股関節屈筋腱炎の危険性を最小限に抑えるために制限された。4週から5週まで、荷重が徐々に増加され、術後8週に、患者は完全荷重が許可された。


With improved mobility, stability, and proprioception, the patient began running and using a resistance stationary bike at 3 months postoperatively. Endurance strengthening and agility drills commenced at 4 months when a radiograph confirmed complete union of the AIIS avulsion.
可動性、安定性、及び自己受容感覚が改善し、患者は、術後3ヶ月目に、抵抗エアロバイク行った。その後ランニングを開始した。レントゲンで、AIIS裂離骨折の完全治癒が確認された4ヵ月の時点から、持久力強化と敏捷性訓練が開始した。

The patient returned to soccer 4 months postoperatively without pain and discomfort. Preoperative modified Harris Hip Score and Nonarthritic Hip Score improved from 74.8 and 61, respectively, to 100 for both at final follow-up.
患者は、痛みと違和感なく、術後4ヵ月でサッカーに復帰した。術前MHHSとNAHSは、それぞれ、74.8点及び61点から、最終経過観察時に両方とも100点まで改善した。

Discussion
考察


This report presents the first known case of an AIIS nonunion with subspine impingement that was successfully treated with arthroscopic inferior osteoplasty of the inferior protruding region with resultant bony union.
Most AIIS avulsion fractures occur with an extension movement of the hip joint with the knee flexed during running, turning, and kicking activities.1,7
本稿では、AIIS突出領域を鏡視下下方Osteoplastyによって結果的に骨癒合し良好に治療しえたSubspineインピンジメントを伴うAIIS nonunionの初めての症例を紹介する。大半のAIIS裂離骨折は、ランニング、Turning及びKicking運動時の膝屈曲状態の股関節伸展動作で発生する。

Avulsion of the AIIS apophysis is usually related to hip hyperextension and knee flexion while attempting to kick a ball, which prompts maximum exertion of the rectus femoris tendon.7 Repetitive hip flexion and internal rotation can cause nonunion of an AIIS avulsion fracture.
AIIS骨端の裂離骨折は、通常、大腿直筋腱の能力を最大限に発揮させて、ボールを蹴ろうとする際の股関節過伸展と膝屈曲に関連した。反復性股関節屈曲及び内旋は、AIIS剥離骨折の癒合不全を引き起こす場合がある。


The authors believe the current AIIS fracture displaced during an avulsion mechanism, causing the distal protrusion with resultant symptomatic subspine impingement. The nonunion was caused by repetitive micromotion from ongoing abutment with the proximal femur. However, another possible mechanism might be a preexisting type 3 AIIS (with developmental distal protrusion) that initially fractured via a mechanical conflict without displacement, with resultant nonunion from ongoing repetitive micromotion.
著者らは、このAIIS骨折が、剥離骨折発生時に転位し遠位突出を引き起こしものであり、その結果として症候性Subspineインピンジメントをもたらしたと信じる。骨癒合不全は、近位大腿骨との現存するAbutmentからの反復性Micromotionによって引き起こされた。しかしながら、別の可能性のあるメカニズムとして、タイプ3 AIIS(発達性遠位突出)が既存する状態で、最初は、転位を有さなかった骨折が、それによる反復性Micromotionの力学的衝突を介して、結果的にnonunionとなったということも考えられる。

Either pathomechanism might cause the patient’s history of acute pain, subspine impingement, and distal protruding AIIS with nonunion. Although conservative management can provide satisfactory outcomes for avulsion fractures of the AIIS,8-10 the course of treatment varies, ranging from 3 weeks to 4 months.7 If conservative management fails, surgical intervention is indicated. Generally, surgery has been proposed for the minority of patients with displacement of greater than 2 cm, symptomatic nonunion, and bony hypertrophy.11
どちらかの病態機序が、急性疼痛、Subspineインピンジメント及びnonunionの遠位に突出したAIISの患者病歴の原因となった可能性がある。保存治療はAIIの裂離骨折に対する良好なOutcomeを提供可能であるが、その治療経過は、3週から4ヵ月に及び多様である。もし保存治療が失敗したなら、外科的介入が適用される。一般的に、手術は、2儖幣紊療尚漫⊂標性Nonunion、及び骨性肥厚を有する少数の患者らに提案されてきた。

Several reports have described that open reduction and internal fixation can provide excellent results.12 On the other hand, exostosis resection has also had good results, with a full range of hip motion if symptomatic impingement was clearly significant.13
観血的整復術(大きく開いて行う手術方法) 及び内固定法の多くの報告が、優れた結果を提供可能であることを述べてきた。その一方で、症候性インピンジメントが明らかに有意である場合、外骨腫の切除もまた、股関節完全可動域を伴った良好な結果をもたらす。

Anterior inferior iliac spine impingement has been increasingly defined as a source of hip pain.14 Larson et al2 noted that hip dysfunction in patients with a prominent AIIS was most likely related to impingement, occurring between an AIIS prominence and the anterior aspect of the femoral neck when the hip was flexed to more than 90°.
AIISは股関節痛の原因として、ますます多く定義されるようになってきている。Larsonらは、突出したAIISを有する患者らにおける股関節機能不全が、股関節が90度以上屈曲されるとき、AIISの突出部と大腿骨頚部の前面との間に発生するインピンジメントに最も多く関連される可能性に言及した。

The current patient also had symptomatic intra-articular pathology, including cam FAI and labral tearing, in addition to subspine impingement and nonunion of the AIIS. Concurrent FAI and labral pathology in the setting of subspine impingement has been previously described.3,14
また、本患者は、SubspineインピンジメントとAIISのnonunionに加えて、CamタイプFAIと関節唇断裂を含めた症候性関節内病変を有した。Subspineインピンジメントの設定におけるFAIと関節唇病変の共存は、以前に詳細されてきた。
Preoperative and intraoperative findings distinguished AIIS impingement from FAI. The authors observed specific findings, including groin pain with straight hip flexion and tenderness over the AIIS on physical examination, excessive anterior and distal extension of the AIIS on false profile view, and sclerosis of the margin of the AIIS on anteroposterior view.
術前と術中所見は、AIISインピンジメントとFAIの区別を認めた。著者らは、理学検査に関して、Straight股関節屈曲を伴う鼠蹊部痛と、AIIS上の圧痛、そして、False profile view上のAIISの過剰な前方及び遠位の延長、及びAP view上のAIIS辺縁の硬化を含めた、特異的所見を観察した。

Arthroscopic findings also confirmed focal synovitis at the level of the prominent AIIS. However, the authors were not able to detect reactive changes at the anterior distal femoral neck. It is likely that this patient had components of subspine and femoroacetabular impingement contributing to his symptoms and both were simultaneously and successfully addressed with hip arthroscopy.
また、関節鏡所見は、突出したAIISのレベルにおける限局性滑膜炎も確認した。しかしながら、著者らは、前方の遠位大腿骨頚部における反応性変化を検出できなかった。このことは、本患者が、症状に寄与するSubspineとFAIの構成を有していたためであると考えられ、両インピンジメントは股関節鏡で同時に、そして良好に処置された。

Untreated or residual AIIS impingement is also an important predictor of revision hip arthroscopy in patients with FAI.14,15 Therefore, it is recognized that symptomatic AIIS impingement not responding to conservative measures should be considered for arthroscopic AIIS decompression.
未治療、または残存AIISインピンジメントもまた、FAIを有する患者らにおける再股関節鏡の重要な予測因子の1つである。したがって、保存的手段に応答しない症候性AIISインピンジメントは、鏡視下AIIS除圧が検討されるべきであることが認識されている。

Hip arthroscopic surgery provides an attractive and less invasive alternative to more open approaches. Matsuda and Calipusan3 reported a similar case showing that arthroscopic decompression of the AIIS was effective in the treatment of the AIIS malunion concomitant with FAI.
股関節鏡は、Openアプローチ法よりも魅力的な低侵襲の代替手段となりえるものである。Matsuda及びCalipusanは、FAIに共存するAIIS変形治癒の治療において、AIISの鏡視下除圧術が、有効であったことを示した類似症例を報告した。

Unlike that case, the current case had nonunion of the AIIS. The authors performed arthroscopic decompression of the AIIS, labral repair, and cam osteoplasty to reduce impingement, promoting successful healing of the nonunion proximal to the decompressed area. The authors surmise that by eradicating ongoing AIIS impingement, the nonunion was relieved of repetitive abutment and micromotion, enabling spontaneous bony union without internal fixation.
その症例とは異なり、本症例は、AIISのnonunionを有した。著者らは、AIISの鏡視下除圧、関節唇修復及びインピンジメントを削減し、除圧された領域に対して近接したnonunionの良好な治癒を促進するために、Cam Osteoplastyを実施した。著者らは、現存するAIISインピンジメントを消失させることによって、nonunionが反復性アバットメントとマイクロモーションから解放され、内固定無しの自然な骨癒合を可能にしたと推測する。

Although one may question whether labral repair was required with confirmed detachment only at the 3-o’clock rim position, limited proximal labral takedown was performed during focal acetabuloplasty with subsequent refixation. Because the 3-o’clock position has the smallest acetabular safety angle and the lowest depth of the drilling with higher risk of iatrogenic chondral penetration,16 the authors opted for suture anchor fixation at the 2-o’clock position, which enabled successful labral reattachment without acetabular chondral violation.
関節唇修復が、剥離が確認された寛骨臼縁の3時の位置のみに必要とされるかどうか疑問とされる可能性があるが、限定的な近位の関節唇Takedownが限局性Acetabuloplasty時に実施され、その後に再固定された。3時の位置は、最も少ない寛骨臼安全角度と、医原性軟骨貫通のより高い危険性を伴った、最も低いドリリング深度を有するため、著者らは、2時の位置に、スーチャーアンカーの固定を選択し、そのことは、寛骨臼軟骨損傷を伴わずに良好な関節唇の再縫着を可能にした。

Advantages of this less invasive approach are a shorter recovery time and the ability to assess and treat concurrent intra-articular pathology. Disadvantages of this approach are complications specific to arthroscopic surgery, including, but not limited to, traction-related injury. Limitations of this study included only one case and short-term follow-up. Further studies are needed to determine the optimal treatment for AIIS nonunion in the setting of subspine impingement.
この低侵襲アプローチ法の利点は、早期回復と、同時に関節内病変を評価し治療するその能力にある。本アプローチ法の欠点は、牽引関連損傷に限らない股関節鏡に関連される特異的な合併症が含まれる。本研究の制限には、1例限定であること、及び短期経過観察であることが含まれる。今後の研究は、Subspineインピンジメントの設定におけるAIIS nonunionに対する最適治療を決定するために必要とされる。

Conclusion
結語
Arthroscopic AIIS decompression, with concurrent FAI decompression and labral repair when indicated, is a minimally invasive surgery. It can provide clinical benefit and bony union for patients with protruded nonunion of the AIIS.
関節鏡視下FAI除圧と関節唇修復術を併用した鏡視下AIIS除圧術は、低侵襲手術である。突出したAIISのnonunionを有する患者らに対して、臨床的利点と骨癒合の提供を可能とする。






IMG_1662









IMG_0146














 First Authorの柴原基先生です。 
一緒に仕事をしている写真が全くなく ステーキを食べている写真か 走っている時の写真がありました。(笑)上の写真は ステーキを食べている写真、 下の写真は ケンブリッジで柴原先生が発表した次の日にジョギングをご一緒した時の写真です。






ここで宣伝です。
柴原基先生は 6月1日に 下記に開院されます。


しばはら整形外科スポーツ関節クリニック



地元のかたに愛されるキャラである基先生の今後のご活躍をお祈りしています。











Arthroscopic Shoelace Capsular Closure Technique in the Hip using Ultratape Arthroscopy Techniques

Our manuscript entitled Arthroscopic Shoelace Capsular Closure Technique in the Hip using Ultratape
Arthroscopy Techniques has been accepted for publication in Journal of Arthroscopy techniques

関節鏡視下に 靴紐縫いのテクニックで 股関節包を縫縮する 新しいテクニックが

Arthroscopy Techniquesに アクセプトされました。


もともと関節包が緩い体質の患者さん
関節鏡手術の後に、関節包が柔らかすぎて痛みが残っている患者さんに対して
効果抜群の 方法として 注目されています。

投稿して 約3週間という 異例の早さの アクセプトでした。





Ref.: Mss. No. ARTH-16-794R1
Arthroscopic Shoelace Capsular Closure Technique in the Hip using Ultratape
Arthroscopy Techniques




shoelace suture














Dear Dr. Uchida:

Thank you for your revision of the above-referenced manuscript. Everything is satisfactory and I am pleased to inform you that it has been accepted for publication in our open-access online journal, Arthroscopy Techniques.

Please note that the production process often requires the best plans to change. Thus, we cannot give you a specific date of publication.

Again, congratulations on the acceptance of your article.

Sincerely,

Melissa B. Schmidt
Managing Editor
Arthroscopy Techniques


下記が抄録です。

 Hip arthroscopy is promising tool for assessing and treating intra-articular pathologies including labral tears, cartilage injuries and ligamentum teres tears of the hip. Inter-portal capsulotomy allows for better visualization and accessibility of the arthroscope and working instruments. The hip capsule has been defined as a crucial stabilizer of the hip joint. Thus, capsular closure is recognized as an important procedure to prevent postoperative instability after hip arthroscopic surgery. Despite the routine capsular closure during hip arthroscopy, there are a small subset of patients that complain of hip pain and dysfunction after surgery most likely because of disruption of hip closure site following routine complete capsular closure using strong suture for treating hip instability.
This technical note describes the arthroscopic shoelace capsular suture technique using a strong ultratape, for treating FAI with capsular laxity and borderline hip dysplasia























動画です。共著者の Ceciliaのナレーションです。




内田宗志は  

Dr. Soshi Uchida is taking care of the patient in Fukuoka, Tokyo and Kyoto.


産業医科大学若松病院

 火曜日と水曜日の午後外来をしています。


尾山台整形外科クリニック 東京関節鏡センター

東京都世田谷区でも第1 第3木曜日午前中と土曜日隔週で診察をしています。詳しくは御問い合わせください。






京都下鴨病院

古都 京都でも 第四木曜日に外来をしています。 午後手術をしています。


大阪 奈良 和歌山などの関西方面の方や愛知県 三重県、岐阜県、名古屋、岐阜 福井 や 北陸 石川 富山  股関節鏡が必要な方が来られて 診察を受けられています。








国際股関節鏡学会 International Society of HIp Arthroscopy Faculty Invitationに私の後輩が選ばれた〜〜



国際股関節鏡学会 International Society of HIp Arthroscopy Faculty Invitationに私の後輩が選ばれた〜〜





中島うつ








写真 左 中島裕貴先生 右 宇都宮啓先生

まず5月からアメリカのコロラド州 Vailにある  Steadman Philippon Research Institute (SPRI) に Research Associate(Research Fellowより上のポジション)に勤務を始めた
宇都宮啓(うつのみやはじめ)先生

なんと座長と教育研修講演の講師に招待されました。今までの海外での我々の発表やAJSMなどの Co-Authorとしての業績が評価されました。

Dr. Hajime Utsunomiya
ISHA Identification #: 7814
ISHA Login Email: hajime.utsu@gmail.com

RE: Faculty Invitation
ISHA Annual Scientific Meeting
September 15-17, 2016 • San Francisco, California, USA
On behalf of the International Society for Hip Arthroscopy President, Dr. Marc Safran, and Program Chairman, Dr. Allston Stubbs, you are invited to participate as a faculty/presenter at the ISHA Annual Scientific Meeting, to be held in San Francisco, California, USA on September 15-17, 2016. The ISHA Annual Scientific Meeting will include lectures, debates, case presentations, scientific papers, and the new Individualized Clinical Tutorial (ICT) Cadaver Lab Sessions.

Section: Scientific Session IV: Hip Dilemmas
Session Title: Floor Discussion
Session Format: Discussion
Role in Session: Moderator
Date: Thursday, 09/15/2016
Time: 04:25 PM - 04:30 PM


Section: ICL #11
Session Title: Instructional Course Lecture #11 - Future Trends in Hip Joint Tissue Basic Science: Labral Cartilage, Articular Cartilage, Capsuloligamentous Complex, Subchondral Plate and Bone
Session Format: Instructional Course
Role in Session: Faculty
Date: Friday, 09/16/2016
Time: 02:00 PM - 03:30 PM


大学院生の中島裕貴先生
彼は 昨年のフランス Lionで開催された ISAKOSでの  「リヨン喜劇」  と言われる 発表で
座長二人(Marc Safran先生と  Allston Stubb先生)に評価されました
Marc Safran先生は今回の学会長  Allston Stubb先生は  Program 作成委員長であります。
この二人の目にとまったんでしょう


Dr. Hirotaka Nakashima
ISHA Identification #: 57698
ISHA Login Email: hiro_nakashima@ybb.ne.jp
RE:
Faculty Invitation
ISHA Annual Scientific Meeting
September 15-17, 2016 • San Francisco, California, USA
On behalf of the International Society for Hip Arthroscopy President, Dr. Marc Safran, and Program Chairman, Dr. Allston Stubbs, you are invited to participate as a faculty/presenter at the ISHA Annual Scientific Meeting, to be held in San Francisco, California, USA on September 15-17, 2016. The ISHA Annual Scientific Meeting will include lectures, debates, case presentations, scientific papers, and the new Individualized Clinical Tutorial (ICT) Cadaver Lab Sessions.
Section:


Section:
Scientific Session XII: Advanced Hip Imaging Symposium
Session Title:
Three Steps to Maximize Your Intraoperative Hip Imaging
Session Format:
Lecture
Role in Session:
Presenter
Date:
Friday, 09/16/2016
Time:
05:03 PM - 05:10 PM



私の後輩の先生が このような評価を得られることはとても嬉しいことです。




不肖私も座長と Panel discussionに当たりました。


Dr. Soshi Uchida
ISHA Identification #: 7810


RE: Faculty Invitation
ISHA Annual Scientific Meeting
September 15-17, 2016 • San Francisco, California, USA
On behalf of the International Society for Hip Arthroscopy President, Dr. Marc Safran, and Program Chairman, Dr. Allston Stubbs, you are invited to participate as a faculty/presenter at the ISHA Annual Scientific Meeting, to be held in San Francisco, California, USA on September 15-17, 2016. The ISHA Annual Scientific Meeting will include lectures, debates, case presentations, scientific papers, and the new Individualized Clinical Tutorial (ICT) Cadaver Lab Sessions.

Section: ICL 4: Making the Impossible Possible: LCP, SCFE, AVN, Inflammatory Dz
Session Title: Making the Impossible Possible: LCP, SCFE, AVN, Inflammatory Dz
Session Format: Instructional Course
Role in Session: Chair
Date: Friday, 09/16/2016
Time: 06:30 AM - 08:00 AM


Section: Scientific Session XV: PANEL SESSION II & KEYNOTE
Session Title: #3: Global Perspective on Government Management & Oversight of Hip Arthroscopy
Session Format: Panel Discussion
Role in Session: Faculty
Date: Saturday, 09/17/2016
Time: 10:00 AM - 10:15 AM



日本代表3人が 若松病院から選ばれました。日本代表として頑張ります。










内田宗志は  

Dr. Soshi Uchida is taking care of the patient in Fukuoka, Tokyo and Kyoto.


産業医科大学若松病院

 火曜日と水曜日の午後外来をしています。


尾山台整形外科クリニック 東京関節鏡センター

東京都世田谷区でも第1 第3木曜日午前中と土曜日隔週で診察をしています。詳しくは御問い合わせください。






京都下鴨病院

古都 京都でも 第四木曜日に外来をしています。 午後手術をしています。


大阪 奈良 和歌山などの関西方面の方や愛知県 三重県、岐阜県、名古屋、岐阜 福井 や 北陸 石川 富山  股関節鏡が必要な方が来られて 診察を受けられています。












月刊スポーツメディスンN0180に 記事が掲載されました。

月刊スポーツメディスン N0.180  正確には「創刊」は1989年で、当初は季刊でした(Sportsmedicine Quarterly)。月刊化されて15年目の節目に 登場させていただきました。
清家さん あざっす

股関節鏡の特集はこれで三回め

最初に登場したのは 2010年 (下をクリック)

月刊スポーツメディスン No.118

私がまだ駆け出しの頃でした。


二回目に登場したのがその2年後 (下をクリック)

月刊スポーツメディスンNo 138



今回は股関節鏡を本格的に開始して 八年経過した


スライド1






























月刊スポーツメディスン No.180


症例を積み重ねて 患者さんから教えていただいたことがたくさんありました。
良い症例は 本当に素晴らしいパフォーマンスを発揮できるようになり スポーツに復帰していかれます。
しかし軟骨損傷が高度、高齢の女性、寛骨臼形成不全 の方は、やはりまだ股関節鏡では治すことが未だに難しいです。

また保存療法の進歩も絶大になってきました。




初めて雑誌の表紙に 後ろ姿を載せていただきました。
これは自分では決して見ることができない ものですので あえてそうしていただきました。


この写真は たまたま手術を見学に来られていた コアパワーヨガのカリスマ 本橋恵美さん (下記をクリック)に撮影していただきました。(本当はこそっと取られました 笑)



本橋恵美さんのブログ











自分の見えない姿を 他の人から見てご指摘いただく。
まだまだ自分はこれからも成長していけると思えるような 写真を載せて
また1日1日目の前にある目標を一つ一つ 克服して 積み重ねていきたいと思います。














興味のある方は是非   読み応えあります。
読んでいただいた方々 患者さん サポートしてくださる皆様に 感謝しながら
これからも精進していきます。





月刊スポーツメディスン 購入方法















IMG_1911











編集者の 清家輝文さんとは 二十年来のおつきあいをさせていただいています。
黒崎の 私たちの行きつけのお店で パシャり 








内田宗志は  

Dr. Soshi Uchida is taking care of the patient in Fukuoka, Tokyo and Kyoto.


産業医科大学若松病院

 火曜日と水曜日の午後外来をしています。


尾山台整形外科クリニック 東京関節鏡センター

東京都世田谷区でも第1 第3木曜日午前中と土曜日隔週で診察をしています。詳しくは御問い合わせください。






京都下鴨病院

古都 京都でも 第四木曜日に外来をしています。 午後手術をしています。


大阪 奈良 和歌山などの関西方面の方や名古屋、岐阜 福井や 北陸 石川 富山の方が来られて 診察を受けられています。















月刊スポーツメディスン10年パック(CD版)
月刊スポーツメディスン編集部
ブックハウス・エイチディ
2011-02-10
























livedoor プロフィール
Dr Soshi Uchida website
英語のホームページを作成しました。 たずねてみてください。 Dr Soshi Uchida website
 産業医科大学若松病院
産業医科大学若松病院 連絡先 〒808−0024 北九州市若松区浜町1丁目17−1 電話 093−761−0090 当科へのお問い合わせメール uoehwakamatsusports@gmail.com 8月31日より変更になりました。 当院への外来予約専用ダイヤル TEL:093-285-3203 * 月〜金 9時〜18時 までご連絡下さい。
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Twetter
カテゴリー
ドクターのブログリンク

 NEJMを超えてゆけ
NEJMを超えてゆけ!



 スポーツドクター中村格子先生のブログ
スポーツドクター中村格子先生のブログ







 整形外科医のための英語ペラペラ道場
整形外科医のための英語ペラペラ道場
岡山大学整形外科 杉本佳久先生のブログです。



 つよぽんの避難所
つよぽんの避難所 つよぽん先生のブログ




 整形外科 論文ナナメ読み (JBJSなどなど)

愛知県のがみたけ 先生のブログです。

 Regista フットボールショップ
Registaフットボールショップ



 整形外科医のブログ)  17年目の整形外科医のブログ





 関節鏡外科医のblog
関節鏡外科医のブログ




 整形外科医リエチ先生の エンジョイサイクリング ランニング
整形外科医リエチ先生の エンジョイサイクリング ランニング

http://blog.riechi.net/
PT  ATC Technician LInk
 リアライン日記 蒲田和芳先生のブログ
 フィットネスの勧め フィットネスの勧め
 放射線技師魂 放射線技師魂のブログ@画像診断
じんどう整骨院アスリート
SAKA MASAYUI PTのブログ
サッカーのリンク



 薄野の舞姫
股関節痛を温存療法されている薄野の舞姫さんのブログ
ブログランキング
にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ
ニホン村 医療 医者
にほんブログ村 病気ブログ 手足・腕・膝の病気へ
応援のクリックお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 手足・腕・膝の病気へ
応援のクリックお願いします。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ