スポーツ整形外科医S. Uのブログ Sports Physician S.U Blog

Dr. Soshi Uchida of Wakamatsu hospital for sports injury is an orthopedic surgeon dedicated to research and treatment of hip, shoulder, knee and elbow sports injuries We will do our best for the treatment for the patients with smile and special skills. 関節鏡視下手術のテクニックを駆使して、最小侵襲で患者さんを治療しているドクターが綴るスポーツ医学の小ネタです。 22 年間のJリーグ のチームドクター(柏→川崎(富士通時代)→大分 2010年からJリーグ入りしたギラヴァンツ北九州)の経験と、自身の柔道(3段)とラグビーをしてきており、幅広いスポーツ選手を診療しています。私の持ち味は、笑顔で診察します。 怪我をした選手に勇気、元気、根気を与えることをモットーとしています。カナダ トロント大学へ医学留学を2年間しており、英語を話せる外国人の診察もしています。nSports Physician SU Sports Medicine Blog

Hip Arthroscopy 股関節鏡視下手術

Dr Soshi Uchida MD, PhD has been practicing his passion, orthopaedic surgery, for the last decade. The principles of sports medicine emphasize a comprehensive team approach in the conservative treatment of injuries with the goal of helping the patient return to a healthy state, and focuses on the prevention of new or recurrent injuries. When surgery is necessary, Dr. Uchida's specialty in arthroscopic techniques, especially hip arthroscopy, emphasizes less invasive surgery for a potentially easier and quicker recovery. These principles, initially developed for the competitive athlete, apply to all injuries whether they occur in the recreational environment, work place, or at home. He is a well-known figure in hip arthroscopic surgery, lecturing, travelling and teaching widely. In addition he has contributed extensively to the design and development of special instruments for arthroscopic surgery of the hip joint. Many patients living in Fukuoka, Nagasaki, Oita, Osaka, Kobe, Kyoto, Tokyo, Yokohama present to our hospital for their hip problem.

論文アクセプトされやした。Our Manuscript accepted

Our manuscript entitled Ms. No. KSST-D-17-01212R4
Arthroscopic Anterior Inferior Iliac Spine Decompression Does Not Alter Postoperative Muscle Strength: A Matched Comparative Study has been accepted for the publication in Knee Surgery, Sports Traumatology, Arthroscopy.


我らが敬愛する 理学療法士の 立石聡史先生が 執筆した 論文が
ヨーロッパスポーツ整形外科 膝 関節鏡学会 (ESSKA)のオフィシャルジャーナル KSSTAにアクセプトされました。



Ref.: Ms. No. KSST-D-17-01212R4
Arthroscopic Anterior Inferior Iliac Spine Decompression Does Not Alter Postoperative Muscle Strength: A Matched Comparative Study
Knee Surgery, Sports Traumatology, Arthroscopy

Dear Dr. UCHIDA,

I am pleased to tell you that your work has now been accepted for publication in Knee Surgery, Sports Traumatology, Arthroscopy.

Thank you for submitting your work to this journal.

With Kind Regards,
Prof Jon Karlsson
Editor-in-chief/
Editorial office
Knee Surgery, Sports Traumatology, Arthroscopy




AIIS












内容は以下 日本語訳
【目的】
本研究の目的は、下前腸骨棘(AIIS)の減圧術による膝伸展筋および股関節屈
筋の変化や、AIIS decompressionの有無にて臨床成績を比較することである。
【方法】
FAIに対する鏡視下手術を受けた60人の患者を、関節鏡視下手術のみを受けた
FAI群の31例(AIIS Type I; n=5, Type II; n=26, Type III; n=0)とAIIS減圧を追加
したAIIS群の29例(AIIS Type I; n=5, Type II; n=24, Type III; n=0)に分類した。
膝伸展および股関節屈曲筋力を手術前および手術後6ヶ月で評価した。Modified
Harris Hip score(MHHS)、Nonarthritic Hip Score(NAHS)およびiHOT-12を患
者立脚型評価として術前および手術後6ヵ月に評価した。
【結果】
AIIS群では、術前および術後の膝伸筋筋力に有意差はなかった。 AIIS群の股関
節屈曲筋力は術前と比較して有意に改善した(p <0.05)が、 FAI群では股関節
屈曲筋力の有意な改善はみられなかった。両群間で術前および術後MHHSおよ
びNAHSの有意差はなかったが、FAI群の術後iHOT-12はAIIS群より低値であっ
た(p <0.01)。 AIIS群の再手術率はFAI群と比較して有意に低かった(p
<0.05)。
【結論】
AIIS decompressionは、FAIに対する鏡視下手術と併せて実施することで、再
手術率を低下させ、膝伸展および股関節屈曲筋力を低下させることなく、良好
な臨床成績を示した。


Soshi Uchida MD, Orthopaedic Surgeon 内田宗志



Soshi Uchida work at  内田宗志 (DR SU)は下記の病院で診察をしています。

Wakamatsu Hospital for University of Occupational and Environmental Health (産業医科大学若松病院)

Wakamatsu hospital for UOEH





Arex Oyamadai Orthopaedic CLinic 右をクリック 
アレックス尾山台整形外科

Arex- Oyamadai English site

 第一 第3木曜日



Kyoto Shimogamo Hospital 右をクリック  京都下鴨病院


第四木曜日


学会などで 予定が変更になりますので 詳しくはお問い合わせください。


プロスポーツ選手や芸能人などの診察は、医師の守秘義務の元 漏洩しないように 格別の注意を払って、診察をしています。詳しくはお問い合わせください。

Hip arthroscopy for subchondral insufficiency fracture 大腿骨骨頭軟骨下脆弱性骨折の分類と鏡視下内固定術の 成績

Hip arthroscopy enables classification and treatment of precollapse subchondral insufficiency fracture of the femoral head associated intra‑articular pathology


股関節鏡は、関節内病変に関連される圧潰前の大腿骨頭軟骨下脆弱性骨折の分類と治療を可能にする。


Soshi Uchida1 ・ Moriyuki Noguchi1 ・ Hajime Utsunomiya1 ・ Shiho Kanezaki1 ・Toshiharu Mori2 ・ Dean K. Matsuda3 ・ Akinori Sakai2


Department of Orthopaedic Surgery, Wakamatsu Hospital of the University of Occupational and Environmental Health, Kitakyushu, Japan
Knee Surg Sports Traumatol Arthrosc 2017

ヨーロッパの スポーツ整形外科学会のオフィシャルジャーナル KSSTAに掲載された論文です。

原著は、下記のリンクから無料でダウンロードできます。

Hip arthroscopy for SIFFH

大腿骨頭壊死との鑑別が難しい なかなか治らない大腿骨骨頭軟骨下脆弱性骨折 (SIFFH)を 関節鏡でがっつりなおします、 これは非常に股関節鏡の威力を発揮して来た疾患です。



Abstract
概説
Purpose The purposes of this study were to investigate (1) the clinical, radiographic and arthroscopic presentation of patients with subchondral insufficiency fracture of the femoral head (SIFFH) and (2) the outcomes following arthroscopic treatment with internal fixation using hydroxyapatite poly-lactate acid (HA/PLLA) threaded pins and concomitant arthroscopic treatment of associated findings.
目的:本研究の目的は、(1)大腿骨頭の軟骨下脆弱性骨折(SIFFH)を有する患者の臨床的、レントゲン的及び関節鏡的状態を調査すること、及び(2)関連所見の鏡視下治療と併用したHA/PLLAピンを用いた内固定後のOutcomesを評価することであった。

Methods Nine patients (median age 49.0 years, range 43-65, five female and four male patients) with SIFFH who underwent arthroscopic treatment with labral repair, capsular closure and internal fixation of SIFFH using HA/PLLA pins were retrospectively reviewed. Inclusion criteria were adult patients with precollapse SIFFH with minimum 1-year follow-up (median follow-up 30.0 months, range 12-56).
方法:関節唇修復、関節包閉鎖、及びHA/PLLAピンを用いたSIFFHの内固定の鏡視下治療を受けたSIFFHを有する9患者(中間年齢49.0歳、範囲43-65、女性5患者及び男性4患者)が後ろ向きにレビューされた。包含基準は、最短1年の経過観察(中間経過観察30.0ヶ月、範囲12-56)を伴う圧潰前のSIFFHを有する成人患者であった。

Results Acetabular labral tears were observed in all patients. The median BMI was 24.3 kg/m2 (range 20.1-31.8). Clinical presentations and radiographic measurements demonstrated mixed type FAI in six patients, borderline developmental dysplasia in two patients and pincer type FAI in one patient. The median MHHS significantly improved from preoperatively (67.1, range 36.3-78.0) to post-operatively (96.8, range 82.5-100; p = 0.001). The median NAHS significantly improved from preoperatively (34.0, range 17-63) to post-operatively (78.0 range 61-80; p = 0.001).
結果:股関節唇断裂は全患者らに観察された。中間BMIは24.3kg/m2(範囲20.1-31.8)であった。臨床症状及びレントゲン計測は、9患者においてmixedタイプFAI、2患者において境界型形成不全、そして1患者においてpincerタイプFAIを示した。中間MHHSは、術前(67.1点、範囲36.3-78.0)から術後(96.8点、範囲82.5-100;p=0.001)に有意に改善した。中間NAHSは、術前(34.0点、範囲17-63)から術後(78.0点、61-80;p=0.001)に有意に改善した。

Conclusion SIFFH is associated with bony deformities and labral tears. Precollapse SIFFH can be treated with bioabsorbable pin stabilization of unstable lesions and treatment of associated intra-capsular pathology in those with stable lesions as determined by a new arthroscopic classification system with promising early outcomes.
結語:SIFFHは骨性変形及び関節唇断裂に関連される。圧潰前SIFFHは、新たな関節鏡分類システムによって判定された安定病変を有する患者らにおいて、不安定病変部位の吸収性ピンを用いた安定化と、関連される関節包内病変の治療を用いて、有望な短期Outcomesを伴い、治療可能とされる。
Level of Evidence IV.
エビデンスレベル4。


Keywords Subchondral insufficiency fracture of the femoral head ・ Hip arthroscopy ・ Acetabular labral tear Femoroacetabular impingement ・ Arthroscopic internal fixation ・ Femoral head fracture


※大腿骨頭軟骨下脆弱性骨折は、稀な疾患と言われていますが、私自身、股関節鏡の立ち合いで、何度も、その疑いを感じさせる症例に遭遇しています。

それは、上記の基礎的変形(特にBDDH)と関節唇断裂の合併に関連される可能性があります。

このコンテキスト内における股関節鏡では、SIFFHは、決して稀ではないように感じられます。

※さらに、関節唇断裂の症状があれば、SIFFHの症状に追加されるため、保存療法が不成功となる可能性も考えられます。

股関節の術後の筋力低下 股関節屈筋力低下へのアプローチ Approach for muscle weakness of hip flexor after hip surgery 

股関節の術後の筋力低下 股関節屈筋力低下へのアプローチ
Approach for muscle weakness of hip flexor after hip surgery 



股関節鏡を含めた股関節の手術全般の手術の後に、合併症や後遺症が残ることがあります。
術前に説明して同意を得たとしても、患者さんは苦痛をしいられます。


主なものとしては
深部静脈血栓症 Deep vein thrombosis
細菌感染   Infection
牽引による合併症  Traction related complication
皮膚損傷      Skin injury
神経絞扼性障害 Neuropathy
複合局所疼痛症候群
などがあります。

神経絞扼性障害 Neuropathyの中の一つで、

股関節や骨盤領域、の術後に、股関節が屈曲できない、膝が伸ばせない、 大腿前面が痺れる症状が出ることがあり これは大腿神経 Femoral Nerveという神経が絞扼(圧迫されて締め付けられる)されていることで起こります。

鼡径部と股関節の前面にある神経は、

大腿外側皮神経 Lateral femoral cutaneous nerve

大腿神経 Femoral Nerve

閉鎖神経 Obturator nerve


スライド094








これらは 腰神経叢に属していて、脊髄神経から分岐し骨盤・臀部・性器・下肢のうちに大腿・膝・脹脛(ふくらはぎ)へ繋がる神経叢の名称。

腰神経叢は脊髄神経から分岐し背中・腹部・鼠径部と下肢のうち大腿・脹脛・足に繋がる仙骨神経叢と相互に連結しているためこれらを合わせて腰仙骨神経叢と呼ばれます。



外側大腿皮神経:上前腸骨棘の内側で鼠径靭帯の下をくぐり、大腿外側面の皮膚に分布


閉鎖神経(L2~L4):閉鎖動脈と共に閉鎖管を通った後の場合
筋枝:大腿内転筋群(外閉鎖筋・薄筋・長内転筋・短内転筋・大内転筋)を支配
皮枝:大腿内側面の皮膚に分布


大腿神経(L2~L4):鼠径靭帯の下の筋裂孔を通って大腿動脈に沿って下行
筋枝:骨盤腔内で腸腰筋への枝を出し、骨盤から出た後は恥骨筋・縫工筋・大腿四頭筋・膝関節神経を支配
皮枝:主に大腿前面の皮膚へ分布










スライド093

















この真ん中にある 大腿神経が 股関節や骨盤のの手術や外傷(怪我)の後に、圧迫されて 絞扼されると下記のような症状が出てきます。


股関節が曲がらない(太ももを持ち上げることができない)
具体的には 階段が昇れない症状が多いです。

SLRができない 寝た状態で、膝を伸ばして 脚をあげることができない

太ももの前のしびれ


これらだけでなく、しびれはないけど 鼡径部や大腿前面が痛みがある(もわっっとする痛み)
またしびれや知覚鈍麻など 知覚の異常がないのに 筋力が低下していることもあります。




軽い症状の場合は、 リハビリだけで改善しますが、圧迫が強いとリハビリだけでは改善しないことがあります。症状も典型的ではないことや筋電図や神経生理学的な検査でもわからないことが多く、
医師にもわからない場合もあります。




最近私たちは   圧迫された神経の絞扼部分を 超音波ガイド下に 細い針を侵入させて
生理食塩水を注入して、圧迫部分の圧を除圧する   HydroRelease (HR)を行なっております。




femoral nerve US










大腿神経を生理食塩水で囲むように 周りの筋膜や鼠径靭帯から圧迫を解除します。






この注射で  診断に重要であること、
HRは診断にも有用である可能性があることがわかってきました。



骨盤、股関節の手術  外傷後の   産婦人科 泌尿器科  骨盤周囲の手術の後の

鼡径部痛、しびれ 大腿前面部痛   股関節が曲げにくい、
階段が昇らない症状が持続して、

保存療法でも改善しない場合は、  専門医にお問い合わせください。


DSU




AOSSM & ISAKOS Hip Arthroscopy Course The Hip in the Athlete – An International Perspective

Soshi Uchida Soshi Uchida MD, Orthopaedic Surgeon 内田宗志 is invited as a faculty of AOSSM & ISAKOS Hip Arthroscopy Course The Hip in the Athlete – An International Perspective.
アメリカスポーツ整形外科AOSSM と ISAKOSとの共催による Hip Arthroscopy Courseの International facultyとして3人のうちの1人として招待されました。

http://www.sportsmed.org/…/Members/E…/Upcoming_Meetings.aspx


Preliminary Program
AOSSM & ISAKOS Hip Arthroscopy Course
The Hip in the Athlete – An International Perspective
Friday, April 13, 2018
3:00 – 3:10PM Welcome & Course Overview
Brian D. Busconi, MD & Marc R. Safran, MD
SESSION I
3:10 – 3:20PM Evolution of Groin Pain in Athletes – From Adductor to Sports Hernia to FAI
Brian D. Busconi, MD
3:20 – 3:30PM Evaluation of the Patient – H & P
Allston Stubbs, MD, MBA
3:30 – 3:40PM Essentials of Imaging – XR, MRI, CT Include collision software
Anil S. Ranawat, MD
3:40 – 3:50PM Ultrasound
J. W. Thomas Byrd, MD
3:50 – 4:00PM Indications for Hip Arthroscopy
Shane J. Nho, MD, MS
4:00 – 4:10PM Panel Discussion
SESSION II (Not surgical -describe what to do about it)
4:10 - 4:20PM Hip in the Athlete – Patterns of Damage in Differing Sports
Marc R. Safran, MD
4:20 – 4:30PM FAI – Anatomy and Pathophysiology and Pattern Damage CAM, Pincer, AIIS and Ilioischial
Michael Dienst, MD
4:30 – 4:40PM The Dancer and Gymnast Hip – Microinstability
Marc R. Safran, MD
4:40 – 4:50PM The Contact Athlete – Hip Dislocation / Macro Instability (Football, Ice Hockey, Wrestling)
J. W. Thomas Byrd, MD
4:50 – 5:00PM European Perspective the Hip in Soccer
Nicolas Bonin, MD
5:00 – 5:20PM BREAK

5:20 – 5:30PM DDH – How Image, How Repair, Limitations
Anil S. Ranawat, MD
5:30 – 5:40PM Adolescent Hip Disorders –LCP, SCFE
Victor M. Ilizaliturri, MD
5:40 – 5:50PM Hip OA – Is There a Role
Allston Stubbs, MD, MBA
5:50 – 6:00PM Greater Trochanteric Pain Syndrome / Gluteal Tears
Benjamin G. Domb, MD
6:00 – 6:10PM Deep Gluteal Space Syndrome
Hal D. Martin, DO
6:10 – 6:20PM Proximal Hamstring Injuries
Brian D. Busconi, MD
6:20 – 6:30PM Extra-articular Impingement: Trochanteric Ischiofemoral Impingement
Soshi Uchida, MD, PhD
6:30 – 6:45PM Core Muscle Injuries - Dx & Rx
Brian D. Busconi, MD
6:45 – 7:30PM DINNER BREAK (Pizza & Beer)
SESSION III
7:30 – 7:40PM Rehabilitation – Pre-Surgery – Tips, Tricks, Pearls
Stephen K. Aoki, MD
7:40 – 7:50PM Hip Practice Management
John J. Christoforetti, MD
7:50 – 8:00PM Economics of Hip Arthroscopy
Richard Chad Mather III, MD
8:00 – 8:10PM Outcomes in the Athlete – What Outcomes Should I Use Nicholas Mohtadi, MD, MSc, FRCSC
8:10 – 8:25PM Results / Outcomes of Hip Arthroscopy in Athletes
Marc J. Philippon, MD
8:25 – 9:00PM Panel Discussion, Cases
Saturday, April 14, 2018
SESSION I - A/S Basic, Cartilage and Labrum
7:00 – 7:10AM Overview
Brian D. Busconi, MD & Marc R. Safran, MD
7:10 – 7:25AM Hip Access – Tips & Tricks & Portal Anatomy
Stephen K. Aoki, MD
7:25 – 7:35AM Acetabular Sided Lesions – Pincer
Hal D. Martin, DO
7:35 – 7:45AM PeriAcetabular Issues: AIIS, Rim Stress Fx
Richard Chad Mather III, MD

7:45 - 7:55AM Chondral Injury Resection / MFx Repair / Biocartilage
John J. Christoforetti, MD

7:55 – 8:10AM Labral Repair / Fixation / Resection
Nicholas Mohtadi, MD, MSc, FRCSC
8:10 – 8:20AM Labral Reconstruction
Marc J. Philippon, MD
8:20 – 8:30AM Capsular Treatment – Interportal, Capsular, Repair
Shane J. Nho, MD, MS
8:30 – 11:30AM Morning Lab – Central Compartment
Portal Placement, Capsulotomy, Rim Trimming, Labral
Refixation / Reconstruction
11:30AM – 12:30PM LUNCH
SESSION II - Cam and Capsule
12:30 – 12:45PM Femoral Sided Pathology & Treatment Cam and LCP and SCFE Michael Dienst, MD
12:45 – 1:00PM How Manage Capsule in DDH Can mention Cam
Benjamin G. Domb, MD

1:00 – 1:10PM How to Arthroscopically Manage the Bone DDH
Sochi Uchida, MD, PhD

1:10 – 1:20PM Iliopsoas Tendon
Victor M. Ilizaliturri, MD
1:20 – 1:40PM Rehabilitation – Post Op
FAI & Labral Repair
OCD of Cartilage
Capsular Injury
Repair Gluteus
Nicolas Bonin, MD
1:45 – 5:00PM Afternoon Lab – Cam and IP and Capsule
Femoral Osteochondroplasty, Capsular Repair, Psoas Tendon
SPEAKERS
Brian D. Busconi, MD (Chair)
Marc R. Safran , MD (Chair)
Stephen K. Aoki, MD
J. W. Thomas Byrd, MD
John J. Christoforetti, MD
Benjamin G. Domb, MD
Victor M. Ilizaliturri, MD
Hal D. Martin, DO
Richard Chad Mather III, MD
Nicholas Mohtadi, MD, MSc, FRCSC
Shane J. Nho, MD, MS
Marc J. Philippon, MD
Anil S. Ranawat, MD
Allston Stubbs, MD, MBA

ISAKOS FACULTY
Sochi Uchida, MD, PhD
Nicolas Bonin, MD
Michael Dienst, MD

ADDITIONAL LAB FACULTY
Sherwin S. W. Ho, MD, BA
Leandro Ejinisman, MD
Patrick Birmingham, MD
Jason L. Koh, MD
James T. Rosneck, MD
Jonathan D. Packer, MD
Thomas Sean Lynch, MD
Aaron J. Krych, MD

Upcoming Meetings
This is a page listing the latest course offerings from the AOSSM.
SPORTSMED.ORG

Soshi Uchida MD, Orthopaedic Surgeon 内田宗志



Soshi Uchida work at  内田宗志 (DR SU)は下記の病院で診察をしています。

Wakamatsu Hospital for University of Occupational and Environmental Health (産業医科大学若松病院)

Wakamatsu hospital for UOEH





Arex Oyamadai Orthopaedic CLinic 右をクリック 
アレックス尾山台整形外科

Arex- Oyamadai English site

 第一 第3木曜日



Kyoto Shimogamo Hospital 右をクリック  京都下鴨病院


第四木曜日


学会などで 予定が変更になりますので 詳しくはお問い合わせください。


プロスポーツ選手や芸能人などの診察は、医師の守秘義務の元 漏洩しないように 格別の注意を払って、診察をしています。詳しくはお問い合わせください。









第38回北九州股関節研究会 の ご案内

第38回北九州股関節研究会



謹啓
猛暑の侯、先生方におかれましては、益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
さて、第38回北九州股関節研究会を下記要領にて開催させて頂きます。
ご多忙中の事とは存じますが、万障お繰り合わせの上、多数ご臨席賜りますようご案内申し上げます。謹白



日時    :平成29年9月12日(火)    18時50分〜20時00分


場所    :リーガロイヤルホテル小倉   
リーガロイヤルホテル小倉 
  3階    オーキッド
北九州市小倉北区浅野2−14−2 TEL   093−531−1121

製品紹介 18時50分〜   「経皮吸収型製剤について」 久光製薬株式会社


特別講演 19時00分〜

座   長:飯塚病院   整形外科   部長   原   俊彦   先生

『   アスリートの股関節痛の診断と治療−鏡視下手術最前線2017− 』


というタイトルで

演    者:産業医科大学若松病院    整形外科    スポーツ関節鏡センター
    内田    宗志     が講演をさせていただきます。




※尚、当日は軽食をご用意しております。


*この講演を受けた方は、
日整会専門医認定資格継続単位[2、11]1単位   または
日整会認定スポーツ医資格継続単位[S]1単位を取得可能です。
*参加費:1,000円
*日整会教育研修会受講料:1,000円



共催   北九州股関節研究会/久光製薬株式会社


Soshi Uchida work at  内田宗志 (DR SU)は下記の病院で診察をしています。

Wakamatsu Hospital for University of Occupational and Environmental Health (産業医科大学若松病院)

Wakamatsu hospital for UOEH





Arex Oyamadai Orthopaedic CLinic 右をクリック 
アレックス尾山台整形外科

Arex- Oyamadai English site

 第一 第3木曜日



Kyoto Shimogamo Hospital 右をクリック  京都下鴨病院

livedoor プロフィール

Dr. S.U

Dr Soshi Uchida MD, PhD has been practicing his passion, orthopaedic surgery, for the last two decade. The principles of sports medicine emphasize a comprehensive team approach in the conservative treatment of injuries with the goal of helping the patient return to a healthy state, and focuses on the prevention of new or recurrent injuries. When surgery is necessary, Dr. Uchida's specialty in arthroscopic techniques emphasizes less invasive surgery for a potentially easier and quicker recovery.
1992年 産業医科大学卒業
&#8226; 1992年 関東労災病院整形外科 スポーツ整形外科
&#8226; 2002年 トロント大学医学部 博士研究員&#8226;幹細胞研究
&#8226; 2006年〜 産業医科大学整形外科 助教
&#8226;   2012年〜 産業医科大学若松病院整形外科 診療教授
日本体育協会公認スポーツドクター
労働衛生コンサルタント(保健衛生)
日本整形外科学会専門医

スポーツ歴 柔道 ラグビー

Dr Soshi Uchida website
英語のホームページを作成しました。 たずねてみてください。 Dr Soshi Uchida website
 産業医科大学若松病院
産業医科大学若松病院 連絡先 〒808−0024 北九州市若松区浜町1丁目17−1 電話 093−761−0090 当科へのお問い合わせメール uoehwakamatsusports@gmail.com 8月31日より変更になりました。 当院への外来予約専用ダイヤル TEL:093-285-3203 * 月〜金 9時〜18時 までご連絡下さい。
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Twetter
カテゴリー
ドクターのブログリンク

 NEJMを超えてゆけ
NEJMを超えてゆけ!



 スポーツドクター中村格子先生のブログ
スポーツドクター中村格子先生のブログ







 整形外科医のための英語ペラペラ道場
整形外科医のための英語ペラペラ道場
岡山大学整形外科 杉本佳久先生のブログです。



 つよぽんの避難所
つよぽんの避難所 つよぽん先生のブログ




 整形外科 論文ナナメ読み (JBJSなどなど)

愛知県のがみたけ 先生のブログです。

 Regista フットボールショップ
Registaフットボールショップ



 整形外科医のブログ)  17年目の整形外科医のブログ





 関節鏡外科医のblog
関節鏡外科医のブログ




 整形外科医リエチ先生の エンジョイサイクリング ランニング
整形外科医リエチ先生の エンジョイサイクリング ランニング

http://blog.riechi.net/
PT  ATC Technician LInk
 リアライン日記 蒲田和芳先生のブログ
 フィットネスの勧め フィットネスの勧め
 放射線技師魂 放射線技師魂のブログ@画像診断
じんどう整骨院アスリート
SAKA MASAYUI PTのブログ
サッカーのリンク



 薄野の舞姫
股関節痛を温存療法されている薄野の舞姫さんのブログ
ブログランキング
にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ
ニホン村 医療 医者
にほんブログ村 病気ブログ 手足・腕・膝の病気へ
応援のクリックお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 手足・腕・膝の病気へ
応援のクリックお願いします。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ